リップル(XRP)は不安定な市場に

26日19時現在のリップルの価格は33.46円、前日同時刻比で-3.0%の下落となっている。

​リップルは24日15時に大幅な下落を記録。

その後もまた、本日5時から6時にかけて水色ライン(⑤0.285ドル31.86円)をひげ根で下回る大幅な下落をしている。

しかし、7時以降は現在にかけて緩やかな上昇を見せており、今朝の下落前の価格まで回復しつつある。

背景には、SBIホールディングスの北尾氏がリップル社の取締役に就任したという嬉しいニュースが関係しているのかもしれない。

これまでは、ピンクライン(②0.350ドル39.1円)と青ライン(④0.318ドル35.4円)のレンジ内で上昇下落を繰り返していたものの、16日朝に大幅な下落をしていた。​

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート   1時間足)