仮想通貨市場はまだまだ上昇の余地有り

昨日大幅上昇を記録した仮想通貨市場であるが、今日に入ってもまだ上昇の地合いが続いている。

今後も上昇が続くことが予想され、念願のトレンド転換を果たしたといっても良いであろう。

各通貨の様子を見ていく。

ビットコイン(BTC)


(参考 TradingViewの{BTCJPY}チャート   1時間足)

3日5時現在のビットコイン(BTC)価格は534,800円。前日同時刻と比べて14.0%の価格上昇となっている。

2日14時過ぎ頃から46万円を抜け、大幅上昇が始まったビットコインだが、現在は52.2万円~53.7万円のレンジを推移し続けている。

昨日の上昇と比較してしまうと小さな価格変動に感じるが、今までのボラティリティと比べるとかなり大きな価格変動を続けていると言える。 

3日5時現在のビットコイン(BTC)価格は534,800円。前日同時刻と比べて14.0%の価格上昇となっている。

リップル(XRP)

(参考 TradingViewの{XRPUSD}チャート  1時間足)

3日5時現在のリップル価格は0.350ドル(38.96円)。前日同時刻と比べて+10.02%の価格上昇となっている。

リップルは昨日2日14時過ぎから、黄緑ライン(④0.318ドル:35.41円)をブレイクしそのまま大幅上昇を見せている。

その後も強気相場は継続し、一時水色ライン(0.354ドル:39.42円)まで上昇している。 

3日5時現在のリップル価格は0.350ドル(38.96円)。前日同時刻と比べて+10.02%の価格上昇となっている。

イーサリアム(ETH)

(参考 TradingViewのETHUSDチャート   1時間足)

3日6時現在のイーサリアム価格は161ドル(17,928円)。前日同時刻と比べて12.55%の価格上昇となっている。

イーサリアムは昨日の大幅上昇で、重要ラインと考えていたピンクライン(144ドル:16,037円)・青ライン(153ドル:17,039円)を抜けていた。

しかし今日の深夜に入ってからも上昇の勢いは止まらず、もう一つの重要ラインである紫ラインもブレイクしていた。