​ロシア最大のSNS、Vkontakte​が独自仮想通貨の開発に着手したと現地メディアが報じた

Vkontakte​​はロシア国内でFacebookに匹敵するSNSプラットフォームであり、大きな影響が期待される。

​ロシアSNS大手が独自仮想通貨の開発に着手

​​ロシア最大のSNS、Vkontakte​が独自仮想通貨の開発に着手したと現地メディアが報じた。​

Vkontakte​は2018年に独自の電子決済ツール「VK Pay」を導入しており、独自仮想通貨も決済プラットフォームに利用される予定だ。

Vkontakte​​は一日あたり65億通ものメッセージがやり取りされているSNSプラットフォームであり、こんかいの発表により仮想通貨がロシア国内で大きく浸透する可能性がある。

ただし、ロシア政府の仮想通貨事業やブロックチェーンビジネスに対する姿勢は不確定であり、未だ政府内部で論争が続いている。

そのため、独自仮想通貨による決済機能の導入が実現されるかどうかは不透明なままだ。