仮想通貨市場は下落トレンドに逆戻りか

主要仮想通貨は、重要なサポートラインを割り込んでの下落が目立つ相場となっている。今後は再度下目線の厳しい相場となる見込みが強い。

ビットコイン(BTC)

(参考 TradingViewの{BTCJPY}チャート   1時間足)

ビットコイン(BTC)の24日午前4時時点での価格は437,074円。前日同時刻比で-0.5%の下落となった。

ビットコイン価格は44.7万円ライン(②)および43.8万円ライン(④)を両端とするレンジ相場を形成していた。

上昇チャネル(①)を作って上抜けを目指すもレンジ上限の44.7万円ライン(②)で反落し、43.8万円ライン(④)を割り込んで下落した。

その後は再び上昇に転じることができず、相場は下目線へと転じてしまった。

今後は43.4万円ライン(⑤)を割り込んでの下落となるかどうか注目されることになりそうだ

ビットコイン(BTC)の24日午前4時時点での価格は437,074円。前日同時刻比で-0.5%の下落となった。

リップル(XRP)

(参考 TradingViewの{XRPUSD}チャート  1時間足)

リップル(XRP)の24日午前5時時点での価格は0.315ドル(34.6円)。前日同時刻比で-0.6%の下落となった。

リップルの価格は16日から水色の短期の下落トレンドライン(②)とオレンジの短期上昇トレンドラインA(③)の間で三角持ち合いを形成していた。

20日には持ち合いを上に抜けたものの、16日高値の0.330ドル(36.8円)ライン(①)を超えることができず反落。

現在、ピンクの上昇トレンドラインB(⑤)をサポートとして上昇しているものの、0.317ドル(35.3円)ライン(④)が抵抗帯となり上昇が阻まれている。

今後は0.317ドル(35.3円)ライン(④)を上抜けできるか、あるいはピンクライン(⑤)を割り込んでの下落となるかに注目が集まるだろう。 

リップル(XRP)の24日午前5時時点での価格は0.315ドル(34.6円)。前日同時刻比で-0.6%の下落となった。

イーサリアム(ETH)

(参考 TradingViewの{ETHUSD}チャート 1時間足 )

イーサリアム(ETH)の22日午前4時時点の価格は138.34ドル(15,200円)。前日同時刻比で-0.6%の下落となった。

イーサリアムの価格は、オレンジの短期の下落トレンドライン(①)と青い上昇トレンドライン(④)の間に三角持ち合いを形成していた。

一度はこの持ち合いを上に抜け、青色ライン(④)をサポートに上昇していたが、昨日21日深夜にここを割り込むと大きく下落した。

その後上昇チャネル(③)を作って上昇していたが、これも下に割り込んでしまい、下落の一途をたどっている。

今後はピンクの137ドル(15,000円)ライン(⑤)を割り込むかどうかが注目されることになりそうだ。