仮想通貨市場は上値重い相場に

仮想通貨市場は再度重要ラインを上抜けての上昇を試みるも、上値が重く反落の目立つ相場になっている。

ビットコイン(BTC)

(参考 TradingView BTC/JPY 一時間足)

ビットコイン(BTC)の23日17時時点での価格は439,163円。前日同時刻価格とほとんど変化はない。

ビットコインの価格はレンジ上限を44.7万円(②)、レンジ下限を43.8万円(④)とするレンジ相場を推移している。

21日には上昇チャネル(①)を形成しつつレンジを上抜け用とするも反落し、レンジ下限付近まで大きく下落した。

現在は再度上昇を試みる形となっているが、今後は昨日22日の高値でありレンジの中央となる44.3万円(③)を超えられるかどうかが意識されそうだ。

​ビットコイン(BTC)の23日17時時点での価格は439,163円。前日同時刻価格とほとんど変化はない。

​リップル(XRP)

(参考 TradingView XRP/USD 一時間足)

リップル(XRP)の23日17時時点での価格は0.316ドル(35.0円)。前日同時刻比で+0.6%の上昇となった。

リップルの価格は、水色の短期の下落トレンドライン(②)と、オレンジの短期の上昇トレンドライン(③)からなる三角持ち合いを形成していた。

この三角持ち合いを一度は上抜けするも、21日深夜には水色ライン(②)を割り込み大きく下落。

それ以降は、黄緑の0.318ドル(34.9円)ライン(④)が上限として意識されている。

今後はこの0.318ドル(34.9円)ライン(④)を上抜けできるかどうかが注目されることになりそうだ

​リップル(XRP)の23日17時時点での価格は0.316ドル(35.0円)。前日同時刻比で+0.6%の上昇となった。​

イーサリアム(ETH)

​​(参考 TradingView ETH/USD 一時間足)​

イーサリアム(ETH)の23日18時時点の価格は140.19ドル(15,410円)。前日同時刻比で+1.6%の上昇となった。

イーサリアムの価格は、オレンジの短期の下落トレンドライン(①)および青い短期の上昇トレンドライン(③)からなる三角持ち合いを形成していた。

いちじはその三角持ち合いを上抜けしたものの、21には青いライン(③)を割り込んで下落。その後は上昇チャネル(⑤)を形成しながら再度上昇している。

今後はこの上昇チャネル(⑤)​を割り込まずに144ドル(16,000円)ライン(②)まで上昇し続けられるかどうかが意識されるだろう。