仮想通貨市場は大幅下落を被る

本日の仮想通貨市場は全体的に大幅に下落している。

それぞれの通貨を見ていこう。

ビットコイン(BTC)

22日17時現在のビットコインの価格は439755円、前日同時刻比で-1.3%の下落となった。

これまでは、12日の昼頃から16日の午前にかけてオレンジ色の短期上昇トレンドライン(③)を意識しながら大幅に上昇するものの、その後21日午後にかけて赤ライン(①44.6万円)と青ライン(③44万円)のレンジの中で上昇下降を繰り返していた。

(参考 TradingView BTC/JPY 一時間足)

22日17時現在のビットコインの価格は439755円、前日同時刻比で-1.3%の下落となった。

 リップル(XRP)

22日18時現在のリップルの価格は34.75円、前日同時刻比で-3.1%の下落となった。

これまでは、13日から14日にかけて最大-11.3%もの下落があったものの、その後17日にかけて大きく上昇しており、オレンジライン(①0.331ドル36.9円)とピンクライン(③0.313ドル34.9円)のレンジ内で上昇下降を繰り返していた。

(参考 TradingView XRP/USD 一時間足)

22日18時現在のリップルの価格は34.75円、前日同時刻比で-3.1%の下落となった。

 イーサリアム(ETH)

22日18時現在のイーサリアムの価格は15256円、前日同時刻比で-2.9%の下落となった。

イーサリアムは、昨日21時から23時にかけて大きく下落。一時はピンクラインを下回った。

その後は現在にかけて緩やかに上昇している。

これまでは、16日の夜から21日夜にかけて青ライン(①145ドル16,100円)とピンクライン(②139ドル15,400円)のレンジ内で上昇下降を繰り返しており、その間ピンクライン(②)に何度もひげ根がタッチしていた。


(参考 TradingView ETH/USD 一時間足)