仮想通貨市場は急激な価格変動のおそれある相場に

仮想通貨市場では、上下の意識されるラインが明確に定まってきている。

そのため、それらのラインをブレイクした場合に大きな価格変動が起きる可能性が高く、注意が必要だ。

ビットコイン(BTC)

(参考 TradingView BTC/JPY 一時間足)

ビットコイン(BTC)の20日17時時点での価格は444,401円。前日同時刻比で+0.9%の上昇となった。

ビットコインの価格は16日に最大1.6万円幅で上昇した後、10日高値である43.8万円ライン(②)付近まで反落。

その後は上を44.6万円ライン(①)、下を43.8万円ライン(②)とするレンジ内を推移している。

今後はこれらの44.6万円ライン(①)、43.8万円ライン(②)付近の値動きが意識されることになるだろう。

このレンジをブレイクした場合はその方向への大きな値動きが発生する可能性が高く、注意が必要だ。

ビットコイン(BTC)の20日17時時点での価格は444,401円。前日同時刻比で+0.9%の上昇となった。

リップル(XRP)

(参考 TradingView XRP/USD 一時間足)

リップル(XRP)の20日17時時点での価格は0.320ドル(35.7円)。前日同時刻価格とほぼ変化はない。

リップルの価格は15日に黒い長期の下落トレンドライン(⑤)で反発した後、短期の上昇トレンドラインA(②)に沿って上昇していた。

しかし、16日に0.330ドル(36.8円)の高値を付けると、その高値を視点とする水色の短期の下落トレンドライン(①)に上昇を阻まれる。

現在は水色ライン(①)とオレンジの短期の上昇トレンドラインB(③)との間に三角持ち合いを形成しながら価格推移している。

今後は水色ライン(①)とオレンジライン(③)のどちらをブレイクするかが注目されることになるだろう。

抜けた場合は急激価格変化が起こる可能性が高く、これらのライン付近の価格推移には注意が必要だ。

リップル(XRP)の20日17時時点での価格は0.320ドル(35.7円)。前日同時刻価格とほぼ変化はない。

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)の20日18時時点の価格は140.92ドル(15,613円)。前日同時刻比で+0.3%と僅かに上昇した。

イーサリアムの価格は、オレンジの下落トレンドライン(①)と青い上昇トレンドライン(③)の間に三角持ち合いを形成している。

今後、これらの2つのラインをどちらに抜けるかが注目されることになるだろう。

またその場合、抜けた方向へ急激に価格が変動する可能師が高いため注意が必要だ。