仮想通貨市場は重要ラインでの激しい攻防が続く

仮想通貨市場は重要ラインで激しい攻防が続いている。

それぞれの通貨を見ていこう。

ビットコイン(BTC)

19日17時現在のビットコインの価格は440,595円、前日同時刻比で-0.08%の下落となった。

本日4時から現在にかけて若干の上昇下降を繰り広げ、現在は昨日に続き青ライン(②)で激しい攻防が続いている。​

これまでは、12日の昼頃から16日の午前にかけてオレンジ色の短期上昇トレンドライン(③)を意識しながら大幅に上昇するものの、その後現在にかけて上昇下降を繰り返している。

(参考 TradingView BTC/JPY 一時間足)

19日17時現在のビットコインの価格は440,595円、前日同時刻比で-0.08%の下落となった。

 リップル(XRP)

19日17時現在のリップルの価格は35.61円、前日同時刻比で-0.3%の下落となった。

本日のリップルは、ピンクライン(③0.318ドル35.4円)に2回ひげ根がタッチしておりピンクライン(③)を守り切れるかに注目が集まっている。​

これまでは、13日から14日にかけて最大-11.3%もの下落があったものの、その後17日にかけて大きく上昇しており、オレンジライン(①0.331ドル36.9円)とピンクライン(③)のレンジ内で上昇下降を繰り返している。

(参考 TradingView XRP/USD 一時間足)

19日17時現在のリップルの価格は35.61円、前日同時刻比で-0.3%の下落となった。

 イーサリアム(ETH)

19日18時現在のイーサリアムの価格は15,628円、前日同時刻比で-0.2%の下落となった。

イーサリアムは、16日の夜から現在にかけて青ライン(①145ドル16,100円)とピンクライン(②139ドル15,400円)のレンジ内で上昇下降を繰り返している。

その間ピンクライン(②)に何度もひげ根がタッチしている。

(参考 TradingView ETH/USD 一時間足)