大手仮想通貨取引所BinanceCEOであるChangpeng Zhao(以下CZ)氏は自身のTwitterにて、「ビットコイン革命はまだ''初期中の初期''」と発言。

ビットコインの高い将来性に自信を持っているようだ。

BinanceCEOはビットコインの将来性に自信を見せる

CZ氏は9日の正午頃、「このゲーム(仮想通貨市場)にもっと早く参加する機会があればよかった」と呟いたユーザーに対して、以下のように返信した。

​「私は(仮想通貨事業に参入するのが)遅すぎた。他の人たちのようにもっと早く始めていればよかった」と、​私は2013年に思っていた。
​そして、私は当時他の人に言われたことを今回(君に)言うよ。
​「我々はまだ、ほんの''初期中の初期''の段階にいるに過ぎないんだ。」

仮想通貨取引所Binanceには好材料が揃う

CZ氏がビットコインをはじめとした仮想通貨の将来に自信を持っている理由としては、Binanceの好調が一因として挙げられるだろう。

先月28日にBinanceプラットフォームにて行われたビットトレントトークン(BTT)ICOではわずか15分で8億円分のトークンを販売。その後一週間でBTTは10倍もの価格上昇を起こしたことで大きな話題となった。

リップル(XRP)が2月最安値を記録するなど、弱気相場を抜け出せていない仮想通貨市場。主要通貨が軒並み不調に陥る中、トロンプラットフォームを利用した仮想通貨のビットトレントトークンは前週比で10倍に及ぶ価格上昇を起こしている。

仮想通貨Tronは先月比+130%の価格高騰をしている。そんな中、創設者のJustin Sun氏は仮想通貨番組CNBC Crypto Traderに出演。Tronの特徴や今後の展望について語った。

BTTのICO成功を受けてか、Binanceでは2月25日に新トークンFetch.AI(FET)のICOを行うことを発表した。

Binanceが発行する独紙トークンBinanceCoin(BNB)も価格上昇を起こしており、同取引所への需要が高まっていることが示唆されている。

このようなポジティブな状況が取り巻くBinanceには、今後より一層注目が集まるだろう。