イーサリアムは非常に詐欺に利用されやすい通貨だと、米調査機関ChainAlysisが報告した。

調査によれば、2018年だけで約40億円分ものイーサリアムが詐欺に利用されているという。

イーサリアムは「非常に詐欺に利用されやすい仮想通貨」

関連する詐欺の多様性や件数、被害額などから、「イーサリアムは非常に詐欺に利用されやすい仮想通貨だ」と米調査機関ChainAlysisが報告した。

イーサリアムを利用した詐欺は多岐にわたる。

シンプルな「振り込め型」詐欺や、人気ウェブウォレットの偽サイトを利用したフィッシング詐欺、ICO詐欺などがその典型だ。

また、近頃ではDappsを利用したねずみ講のようなタイプの詐欺も編み出されており、注意が必要だ。

(出典:ChainAlysis 2018年の詐欺手口の割合 ICO詐欺やフィッシング詐欺が目立つ)

もともと完成度・拡張性の高いプラットフォームであるだけに、様々な詐欺手法が新たに編み出されている。

このような詐欺に引っかからないためにイーサリアムユーザーは、インターネット上の「甘い投資話」に軽々と乗らないように注意したり、コールドウォレットで資産管理をするなど対策すべきだろう。