仮想通貨市場は今日にも大きな価格変動の可能性

仮想通貨市場は全面的にボラティリティが少なく、今後大きな価格変動が起こることが予想される。

ボラティリティが少ない要因としては中国が旧正月を迎えたことが上げられる。 

仮想通貨調査企業Diar社は取引所の仮想通貨取引高が2017年以降最低記録を更新したと発表した。取引高の低下は仮想通貨価格の乱高下を呼び起こす可能性があり、今後の市場における不安材料になりかねない。

中国は翌2月5日に旧暦の正月を迎え、現在は休日が続いている。価格への影響は少なそうであるが、取引高が減少する可能性が考えられる。

 各通貨の現在の価格を確認する。

ビットコイン(BTC)

2月6日朝5時現在のビットコインの価格は376,300円、前日同時刻と比べての0.6%の価格上昇となっている。 

2月6日朝5時現在のビットコインの価格は376,300円、前日同時刻と比べての0.6%の価格上昇となっている。

イーサリアム(ETH)

 2月6日朝5時現在のイーサリアム(ETH)の価格は11,898円、前日同時刻と比べての1%の価格下落となっている。

2月6日朝5時現在のイーサリアム(ETH)の価格は11,898円、前日同時刻と比べての1%の価格下落となっている。

リップル(XRP)

 2月6日朝5時現在のリップル(XRP)の価格は33.2円、前日同時刻と比べて0.3%の下落とあまり大きな価格変動は起こっていない。

2月6日朝5時現在のリップル(XRP)の価格は33.2円、前日同時刻と比べて0.3%の下落とあまり大きな価格変動は起こっていない。