仮想通貨市場は上昇もその後の反落目立つ展開

31日18時時点で、リップルを中心に主要仮想通貨は大幅上昇。前日比+10%を超える高騰を起こす仮想通貨も見られた。

どの仮想通貨も30日20時頃に大幅高騰、31日9時頃に再度上昇という推移をしている。

しかし、その後反落が目立つ展開となっている。

各仮想通貨の具体的な動きは以下の通りだ。

ビットコイン(BTC)

31日16時時点の仮想通貨ビットコイン価格は374,353円。前日同時刻比+0.6%と微上昇した。 

ビットコイン(BTC)は31日16時時点で374,353円。前日同時刻比+0.6%と微上昇した。安値を切り上げつつあるビットコインは、38万円が上昇の鍵となるだろう。

イーサリアム(ETH)

31日17時時点でのイーサリアム(ETH)価格は12,126円。前日同時刻比で+3.9%の価格上昇となった。 

31日17時時点でのイーサリアム(ETH)価格は12,126円。午前に上昇の鍵となる12,200円を突破したことから、今後大きな価格上昇を起こす期待も膨らむ。

リップル(XRP)

31日17時時点でのリップル(XRP)価格は34.78円。前日同時刻比+11.4%の大幅高騰となった。

リップル(XRP)は31日17時時点で34.78円。前日同時刻比+11.4%の大幅高騰を起こしている。今後さらなる価格上昇が起こるには、35.6円が指標となってくるだろう。

ビットコインキャッシュ(BCH)

31日17時時点でのイーサリアム(ETH)価格は12,126円。前日同時刻比で+3.9%の価格上昇となった。

31日17時時点でのビットコインキャッシュ(BCH)価格は12,677円。前日同時刻比+6.3%の価格上昇となった。30日夜に大幅高騰、31日午前に再度上昇したビットコインキャッシュ。28日の下落以前の価格帯にまで回復できるかに注目だ。