仮想通貨取引所OKCoin創設者、香港証券取引所に進出か

中国3大仮想通貨取引所の1つ、OKCoinの創設者、Star Xu氏が、香港証券取引所に裏口上場を模索している可能性が浮上した。

裏口上場とは、非上場企業が既存の上場企業を買収し、事実上の上場を果たす方法である。主に、正式な上場審査を回避することを目的に行われることが多い。

今回Xu氏は、香港証券取引所​に上場している、建築関連会社LEAP Holdings Group Ltd.の60%の株式を購入することを決定した。

OKC Holdings Corporationを通じて株式の取得を行い、実際に買収が行われた場合、買収総額は約6,200万米ドルにのぼるとみられる。

香港上場企業の過半数の株式を購入することで、香港証券取引所​​の厳しい上場審査基準をくぐり抜け、事実上の上場を果たそうとしている。

OKCoinの動向に対する香港証券取引所の対応は

現在、株価に多大な影響を与える恐れがあるため、香港証券取引所​​​はLEAP Holdings Group Ltdの株式取引は一時停止の措置を取った。

2018年8月28日に、仮想通貨の取引高でも世界有数の仮想通貨取引所Huobiも、Pantronics Holdingsの株式の73%以上​を取得し同様の裏口上場を行っている。

翌々日に、Pantronicの株式取引が再開された際に、株価は買収前から94.8%値上がりし、大きな期待感が漂った。

この事例から、香港証券取引所​​​では裏口上場の動きを警戒しており、上場規制を一層強化していく見込みである。

現在、仮想通貨のマイニング機器を製造している大手企業、Bitmain、Canaan、Ebangも香港証券取引所​​​​での上場を目的にIPOを申請しているが、未だ承認されていない。

しかし一方で、上場規制の発表は2018年6月に行われていた中で、HuobiによるPantronicの買収が認可されたことを踏まえると、今回のOKCoinによる買収も最終的には認められると考えられている。

仮想通貨に対する規制を強める中国国内で、自社の領域を広げることは非常に困難である。

これからも中国の仮想通貨関連企業が海外進出を進める動きは続きそうだ。