この一週間で仮想通貨を取り巻く環境に、どのような変化が起きたのか。

CoinOtakuでは、ここ一週間で起きた仮想通貨市場を賑わせることになったニュースを、インフルエンサーの発言とともに振り返る。

仮想通貨取引所BinanceのCEO、欧州に新たな取引所を開設

あの大手仮想通貨取引所Binanceが、イギリス王家直轄領ジャージーに新たな仮想通貨取引所「Binance Jersey」の設立を宣言した。

この取引所では、ポンド・ユーロといった欧州の法定通貨と仮想通貨の取引が可能になっているため、欧州マネーによって仮想通貨市場が拡大されるのではないかという期待感が高まっている。

この件については、こちらの記事でより詳しく解説している。

大手仮想通貨取引所Binanceが、ユーロ・ポンドに対応した仮想通貨取引プラットフォームを設立する。この試みはヨーロッパ・マネーが仮想通貨市場に流れ込む起爆剤となるのだろうか。

 

コインチェック(Coincheck)が金融庁認可取引所に

続いてまた取引所関係のニュースとなる。

昨年NEMの大量盗難が大きく報じられた仮想通貨取引所、コインチェック(Coincheck)に1月11日、仮想通貨取引所として金融庁から認可が降りた

NEM盗難事件前は国内最大規模の仮想通貨取引所であったこともあり、今後そのノウハウを活かした取引所運営に期待が持てる。

認可時に行われた会見について、こちらの記事でより詳しくまとめている。

仮想通貨取引所は11日、金融庁の認可を受けて正式に仮想通貨交換業者に認定された。認可に際して開催された記者会見の内容を以下にまとめている。

 

ニュージーランドの仮想通貨取引所Cryptopiaから仮想通貨盗難

最後はまたBinanceCEO、Changpeng Zhao氏のツイートで振り返ろう。

16日、ニュージーランドの仮想通貨取引所Cryptopiaが大量の資金を盗難されたというニュースが飛び込んだ。そして、犯人は盗難した資金の一部をBinanceに送金しようとしていることがブロックチェーンの追跡で明らかになったのだ。

それを知ったBinanceの運営は、送り先のBinance口座を凍結した。

Cryptopiaのハッキングに関するニュースはこちらの記事で詳しく解説している 。

仮想通貨取引所Cryptopiaが、2019年1月14日にハッキング被害にあい、大量の資金が盗まれたと発表した。