Twitter社の仮想通貨部門責任者であるTess Rinearson氏が退社したことが明らかになった。

イーロン・マスク氏による買収とRinearson氏らの退職が、同社の仮想通貨・NFT関連の計画にどのような影響を与えるかは今のところ不明だ。

仮想通貨チームの責任者、Twitterを去る

イーロン・マスク氏による買収をきっかけとした大規模な人員削減及び自主的な辞職によって、多くの従業員がTwitter社を去っている。

そんな中、同社の仮想通貨チームの責任者を務めていたTess Rinearson氏が退社したことが明らかになった。

また、上級ソフトウェアエンジニアのHamdi Allam氏も、同社を去ったことが明らかになっている。

Twitterの仮想通貨関連機能の導入はどうなる?

メディア報道によると、Twitterユーザーがプロフィール画像にNFTを使用できるようにするという以前の決定は、Rinearson氏の下でなされたものだという。

また、買収前、マスク氏はTwitterに仮想通貨決済機能を導入することを提案していた。

今回のチーム責任者らの退社やTwitterというプラットフォーム自体への崩壊の懸念などを考えると、今後、Twitter社の仮想通貨・NFT関連機能の導入計画がどうなるかは未知数だ。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック