取引量で世界最大規模の仮想通貨取引所であるバイナンスは、規制、政治、社会問題に対応するために国際諮問委員会(GAB)と呼ばれる対策委員会を結成した。

元アメリカ合衆国上院議員のマックス・ボーカス氏が、他の11人の著名人を含む委員会を率いることになる。

バイナンスは国際諮問委員会(GAB)を設立

仮想通貨コミュニティが成長するにつれ、仮想通貨コミュニティ内の問題はより複雑になっている。

規制、政治、社会的な問題は、しばしば仮想通貨の導入の妨げとなり、この分野での発展を遅らせることになる。

これらの問題に対応するため、仮想通貨取引所バイナンスは、国際諮問委員会(GAB)と呼ばれる対策委員会の結成発表した。

この委員会は、取引所が仮想通貨、ブロックチェーン、Web3の採用を進めるための取り組みを続ける中で発生し得るあらゆる問題に取り組むことが期待される人物で構成されている。

このグループは、元アメリカ合衆国上院議員であるマックス・ボーカス氏が率いる予定だ。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao氏はプレスリリースで、取引所の設立当初から、"誰も存在すら知らなかった "問題に直面していたと述べている。

Zhao氏は、GABの結成は、会社のミッションを前進させるためのステップであると考えているようだ。

「我々は常にユーザーを第一に考え、それは過去5年間の前例のない刺激的な成長において、非常に有効な道標となっている。」

一方、ボーカスは、仮想通貨、ブロックチェーン、Web3の可能性について興奮を表明した。

ボーカスによると、それらは複雑な問題を解決し、社会的にポジティブな結果をもたらすことを目指しているとのことだ。

仮想通貨の普及を阻む障壁

最近のオーストラリア仮想通貨コンベンションで、Trust WalletCEOであるEowyn Chen氏は、より広範な仮想通貨の採用を阻む障壁を指摘した。

Chen氏によると、その障壁とは、使いやすさ、セキュリティ、プライバシー、アイデンティティ4つだ。

一方、バイナンスのネイティブブロックチェーンであるBNBチェーンは最近、詐欺や悪用からユーザーを守ることに重点を置いたコミュニティ運営のイニシアチブを開始した。

AvengerDAOと名付けられたこのセキュリティに特化した分散型自律組織(DAO)は、ブロックチェーンにさらなるセキュリティ層を追加するために作られている。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック