億万長者のイーロン・マスク氏は、有力なデジタル資産であるビットコイン(BTC)よりもミーム資産であるドージコイン(DOGE)を支持し続ける理由を明かしている。

その機能のいくつかはビットコインが提供するものを凌駕していることを、理由の一つに挙げた。

イーロン・マスク氏がドージコインを支持する理由

テスラCEOのイーロン・マスク氏は、最新のインタビューでミーム資産であるドージコイン(DOGE)を支持し続ける理由について語った。

Full Send Podcastの新しいインタビューで、このビジネス界の大物は、DOGEがジョークから始まったにもかかわらず、その機能のいくつかはビットコインが提供するものを凌駕していると主張。

「私は率直に言って、ドージコインをメインで支持している。DOGEにはユーモアのセンスがあり、自分たちのことをあまり深刻に考えていないと思うからだ。奇妙なことに、DOGEは馬鹿げたジョーク通貨として設計されたにもかかわらず、実際の取引処理能力はビットコインよりはるかに高い。」と説明している。

さらに「毎年50億のDOGEが作られているという事実は、実は取引通貨として使うには良いことだと思う。」と付け加えた。

自社商品やサービスの支払いに導入

マスク氏は次に、DOGEがどのように使われるか説明した。

自身のビジネスであるテスラとスペースXを、特定の製品にこのミーム資産を受け入れる2つの企業として挙げている。

テスラの商品とスペースXの商品をDOGEで購入することができる。また、ラスベガスでボーリング・カンパニーに乗るための支払いも可能だ。」(ボーリング・カンパニーはマスク氏が経営するラスベガスの地下にトンネルを掘っている企業。)

DOGEの支持者であるマスク氏は、以前、DOGEが史上最高値から90%以上急落したにもかかわらず、その支持を貫いている。

「私は個人的にドージコインをサポートするつもりだ。なぜなら、それほど裕福ではない多くの人々が、私にDogecoinを購入しサポートするよう勧めてくれたのを承知している。私はそれらの人々に応えている。」

記事執筆時のDOGE0.068ドル(約9円)で取引されており、この日の上昇率は2.5%だった。

\無料アプリを使って/

仮想通貨のニュースを逃さずチェック