MastercardCFOが仮想通貨に言及

Mastercardの最高財務責任者(CFO)であるSachin Mehra氏が、仮想通貨を支払い手段よりも資産クラスとして見ているとコメントをした。

仮想通貨の世界では、私たちは入口の役割を担っており、人々は私たちのデビットカードやクレジット商品を使って仮想通貨を購入します。人々が仮想通貨を現金化したいとき、Mastercardが利用できる場所であればどこでも仮想通貨の残高を利用できるようにする手助けをします。

同社は以前、仮想通貨、ステーブルコイン、CBDC3つの主要な仮想通貨関連分野で製品およびサービスを開発する計画があると説明していた。

さらにMehra氏は、仮想通貨が真の決済手段としてどの程度普及するのかという質問を受け、「私たちが考える決済手段には、価値の保存が必要です」と回答した。

我々は仮想通貨をより資産クラスとして見ています。

しかし、決済手段としては、ステーブルコインとCBDCにはもう少し先があると考えています。

2月、Mastercardは決済に特化したコンサルティングサービスを拡大し、仮想通貨を含めている。同社は4月に、メタバースとNFTの幅広いサービスについて15の商標を申請した。6月には、同社の決済ネットワークをweb3NFTに対応させると発表している。

重要ファンダや相場分析レポートはアプリでも好評配信中

>>App Store >>GooglePlay Store >>詳細を見る

この記事は、Bitcoin.comの「Mastercard Views Crypto More as Asset Class Than Form of Payment」を参考にして作成されています。