イーサリアムは反落

テザー社が180億円のUSDTを持つ口座を凍結

ステーブルコインUSDTを発行しているテザー社が180億円相当のUSDTを保有する口座を凍結したことがわかりました。

テザー社これまで560もの口座をブラックリストに追加していますが、今回新たに3つの口座が凍結されブラックリストに追加されたとのことです。

今回口座を凍結した理由に関しては明らかになっていませんが、過去に盗難や詐欺、マネロンに使用されており、今回も同じ様な用途で使用された可能性があります。

テクニカル

3,000ドルの安値で反発し上昇していたイーサリアムですが、ビットコインに連れ安となり反落しています。

3,600ドルのレジスタンスラインの手前で反落後は、3,100ドル代まで下落しました。

今後は3,000ドルのサポートライン付近で買い戻されるか注目です。

本日の戦略

鍵
この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
徹底サポート会員とAIシストレ会員限定の記事です。
登録して続きを読もう!
  • プロトレーダーによる毎日のBTC・ETHトレード戦略配信や限定記事が読み放題!【戦略配信:2021年上半期最低月利30%】
  • CoinPartnerオリジナルメールマガジン配信
プランの詳細を見る

アカウントお持ちの方はこちら

ログイン