ロシア中央銀行は仮想通貨の不正使用に対するサッカーのキーランギブス選手が給与の50%をビットコインに変換する計画を発表

インター・マイアミCF(IMCF)のメジャーリーグサッカー(MLS)のスター選手であるキーラン・ギブス選手は、給料の半分をビットコインに変換する計画を発表した。

キーラン・ギブス選手は、給与を変換して重い手数料を避けるために、仮想通貨金融会社のXBTOを活用する予定。XBTOによれば、資金に変換手数料はかからず彼のビットコイン・ウォレットに送られるという。

XBTOは、複雑な仮想通貨の変換に対応し流動性へのアクセスを得るための多くの経験を持っているという。また、ESGに準拠した独自の採掘作業を行っているため、採掘されたばかりのビットコインにアクセスできると強調している。

キーラン・ギブス選手は、以前からビットコインのサポーターであることを説明し、以下のように述べている。

私は以前からビットコインと仮想通貨空間のファンであり、ビットコインには社会的・経済的な大きな壁を打ち破る力があると信じています。仮想通貨はすべての人のためのものです。

XBTOとのパートナーシップにより、仮想通貨の認知度や教育そして世界の社会にポジティブな影響を与える大きな可能性をさらに高めることができればと思っています。

すでに、グリーンベイ・パッカーズのアーロン・ロジャース選手やカロライナ・パンサーズのラッセル・オクン選手などが給与を仮想通貨で支払われることを選択している。

サッカー業界でも給与を仮想通貨で受け取る動きが出てきている仮想通貨業界。取引しやすくなることでさらに増えていくことだろう。だが一方で、手数料を抑えることも重要な要素となる。これからも、給与を仮想通貨で受け取る動向について注目していきたい。

⇩この記事を読んだあなたへのおすすめ⇩

重要ファンダや相場分析レポートはアプリでも好評配信中

>>App Store >>GooglePlay Store >>詳細を見る

この記事はBitcoin.com「Major League Soccer Star Kieran Gibbs Reveals Plans to Convert 50% of His Salary Into Bitcoin」を参考にして作成されています。