Coincheck(コインチェック)の総合評価

Coincheck(コインチェック)はこんな人におすすめ!

  • 仮想通貨を取引するのが初めてで自信がない方
  • スマホアプリで手軽に取引がしたい方
  • 貸付で不労所得を得たい方
  • 電気・ガスをお得に使いたい方

Coincheck(コインチェック)の最新ニュース

  • 2021年11月29日:コインチェックとフィナンシェ、IEOによる資金調達実現に向けた契約を締結
    詳細はこちら
    →過去のIEO銘柄:パレットトークンの詳細はこちら
  • 2021年11月18日:コインチェック 、動画ソリューション事業を手がけるPLAYとバーチャル株主総会運営支援事業において連携を開始
    詳細はこちら

Coincheck(コインチェック)を使う6つのメリット

コインチェックを使う
6つのメリット

  1. スマホアプリが国内No.1の人気
  2. 取り扱い通貨が国内で一番多い
  3. BTCの取引手数料が無料
  4. 2021年話題のNFTを取引できる
  5. 自動でコツコツ利益を出せるサービスがある
  6. FX超大手が運営だから信頼性が高い

1.スマホアプリが国内No.1の人気!

コインチェックスマホアプリ画面

コインチェックは操作画面がとにかく見やすいのが最大の魅力です!

スマホアプリは国内No.1の300万DLを突破しており、多くの初心者ユーザーに愛されています。

今まで投資や株をしたことがないという方も、コインチェックのサイトを使えば売り時や買い時が一目瞭然!チャートや操作方法もわかりやすいので、これから仮想通貨デビューする初心者の方にピッタリの取引所です!

2.取り扱い通貨が日本で一番多い

コインチェック 取扱銘柄16種類

コインチェックの取り扱い通貨は17種類で国内No.1の多さです!

通貨ごとに価格の動き方は違いますから、取引できるコインが多いと、それだけ利益を出すチャンスが広がります!

また「〇〇コインはA取引所だけど、△△コインはB取引所を使わなくちゃ...」のような面倒な手間がかかりません。仮想通貨デビューをするなら、コインチェック一つ使っておけばまず間違いないでしょう!

3.BTCの取引手数料が無料!

コインチェックには二つの売買窓口がある

手数料の話に入る前に、コインチェックの売買窓口について理解しておきましょう!ビギナーがはじめに知っておく基礎知識です!

まずコインチェックには販売所と取引所の2つの売買窓口があります。

販売所とはユーザーと運営会社が取引する場所のこと、取引所とはユーザー同士が取引する場所のことです。

  • 販売所=コンビニ
  • 取引所=魚市場

のように考えると分かりやすいです。

それを踏まえて、それぞれの取引手数料を見てみましょう。

販売所と取引所の手数料比較表

販売所 取引所
コインチェック 無料 Maker:0%
Taker:0%
GMOコイン 無料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
DMM Bitcoin 無料
bitFlyer 無料 無料
LINE
BITMAX
無料
bitbank 無料 Maker:-0.02%
Taker:0.12%

販売所の取引手数料は無料です。

それに対して、取引所の手数料はMakerとTakerの二種類に分かれています。

  • Maker:取引板に新たに注文を出した人
  • Taker:Makerが出した注文を受注した人

取引所はユーザー同士が売買する場所ですので、最初に注文を出す人がいなければ取引が始まりません。そのため多くの取引所では、Makerが手数料をもらうことができる「マイナス手数料」が導入されています。これにより市場に流動性を作っているわけですね。

しかしマイナス手数料は、よほどの金額を取引しない限り、恩恵は微々たるものです。そのため初心者の方はあまり気にせずにMaker手数料0%のコインチェックを選んでしまって良いでしょう。

4.ゲーム内のアイテム・キャラクターをNFTとして取引できる

NFT(Non-Fungible Token ノン-ファンジブル トークン は非代替性を持つトークンのことを指します。2021年初頭の仮想通貨バブルでその存在が注目され、関連する仮想通貨の銘柄は軒並み高騰。世間では「NFTバブル」とも呼ばれ、NHKで特集が組まれるほどのブームとなりました。

コインチェックはそんなNFT業界に日本でもいち早く参入した仮想通貨取引所です。2021年3月より、コインチェックNFTマーケットプレイスβ版がリリースされました。

コインチェック NFTマーケットプレイスβ版

現在は主に、大人気ブロックチェーンゲームであるCryptospellsThe Sandbox内のアイテムや土地などを取引することができます。

販売開始からたった数分程度で完売してしまうNFTもあるなど、サービスの注目度の高さが伺えます。

最先端のデジタルテクノロジーに触れることのできる数少ない場ですので、ぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。

5.自動でコツコツ利益を出せるサービスが豊富

概要 利率 最小スタート金額 詳細
Coincheck
つみたて
任意の仮想通貨を、
自動でコツコツ積み立ててくれる。
年率180%
(公式データ参照)
月々1万円〜
Coincheck
貸仮想通貨
自分の仮想通貨を貸し出すことで、
利息を受け取ることができる。
最大年率5% 1万円相当〜
LSK
ステーキング
仮想通貨LSKの保有量に応じて、
報酬をもらうことができる
ユーザーの
LSK保有量により決定
一日あたり
平均10LSKを保有
Coincheck
でんき
毎月、電気料金の最大7%分の
ビットコインがもらえる。
毎月最大7%
Coincheck
ガス
毎月、ガス料金の3%分の
ビットコインがもらえる。
毎月3%

仮想通貨を始めてみたいけど、勉強の時間がなかなか取れるかわからない....」というような多忙な方も多いですよね。

ですが安心してください!

実はコインチェックには、一度設定してしまうだけで、あとは自動で利益を出してくれるという便利なサービスがあります!

表のサービスはすべて、最初の初期設定さえ済ませれば、あとは自動で利益を出してくれるので、非常に便利です!

もちろん一気に儲かるような美味しい話ではありません。ですがその分、低リスクで安定して資産を運用することができます!

6.FX超大手が運営だから信頼性が高い

コインチェックは、東証一部上場のマネックスグループにより運営されています。マネックスグループは、FX領域にて国内最大規模の「マネックス証券」を展開する、金融界のレジェンド企業です。

このようにコインチェックは、たしかな信頼と実績をもつ大企業が運営していますので、倒産やサーバーダウンといったリスクも低く、安心して利用できるかと思います!

Coincheck(コインチェック)を使う2つのデメリット

コインチェックの
2つのデメリット

  • 見えない手数料"スプレッド"が高い
  • レバレッジ取引ができない

1.見えない手数料"スプレッド"が高い

コインチェック販売所 BTCスプレッド

実は取引所での売買には、通常の手数料とは別に見えない手数料・・・・・・・が存在しています。

その名もスプレッドです。

スプレッドとは、販売所の売値と買値の差額のことをいいます。

スプレッドはどの販売所にもありますが、コインチェック販売所は、このスプレッドがやや高い(広い)傾向にあります。スプレッドが高いと購入したその瞬間から損してしまうので、できるだけ低い販売所を使った方が良いでしょう。

ですがスプレッドは一定ではなく常に変動しています。

そのためワンポイントアドバイスとしては、複数の販売所に登録しておくのがオススメです。こうすることで、その時々で一番スプレッドの低い販売所を見つけることができるので、効率良く売買することができます!

スプレッドの狭い取引所を知りたい方はこちら

2.レバレッジ取引ができない

残念ながらコインチェックではレバレッジ取引ができません。

「仮想通貨で一攫千金を狙ってやるぜ!」という方にはコインチェックは合っていないかもしれません。

レバレッジ取引ができるオススメ取引所はこちら

Coincheck(コインチェック)の手数料

日本円の入金手数料 銀行振込 無料
コンビニ入金 770〜1018円
クイック入金 770〜1018円
暗号資産取引手数料 取引所 Maker:0%
Taker:0%
販売所 無料
販売所のスプレッド 約6.0%
(常に変動)
日本円の出金手数料 407円
暗号資産の送金手数料 0.001BTC
(変動あり)

コインチェックの手数料は、国内取引所の中では全体的にやや高いです。

特に入金や出金にかかる手数料が割高ですので、資金移動の際は一気に動かすようにするなど、工夫が必要です。

他取引所との手数料比較はこちら

Coincheck(コインチェック)の取扱通貨

取扱通貨一覧
(全17種類)
販売所
取引所 貸仮想通貨 積立
BTC
ETC
イーサリアムクラシック(ETC)
FCT
ファクトム(FCT)
×
MONA
bitFlyer取扱銘柄MONA
×
ETH
×
BCH
×
LTC
×
XRP
×
XEM
×
XLM
×
BAT
×
OMG
×
IOST
IOST
×
QTUM
×
ENJ
×
LSK
リスク(LSK)
×
PLT
パレットトークン
× ×

コインチェックでは全17種類の仮想通貨を取り扱っています。

国内取引所の中では取扱通貨が一番多く、他の取引所では触ることのできないマイナーなコインにも投資することができます!

Coincheck(コインチェック)の登録・口座開設方法

コインチェックの口座開設の流れ

  1. 公式サイトへアクセス
  2. メールアドレス・パスワードの登録
  3. 電話番号の認証
  4. 基本情報の入力
  5. 本人確認書類の提出
  6. 審査が通り次第取引スタート!

コインチェックの口座開設申し込みは、5分ほどで完了します!

必要なものは、スマホと本人確認書類が一点だけです。

本人確認は早ければ当日中に終わるので、申し込みをしたその日に取引を始めることができます!

Coincheckの登録方法はこちら【画像付】

 

Coincheck(コインチェック)の使い方

PC版
機能一覧
解説ページへ
日本円の入出金
販売所売買
取引所売買
仮想通貨の送金
仮想通貨の受取
NFTマーケットプレイスβ版
LISKステーキング
Coincheckつみたて
貸仮想通貨サービス
Coincheckでんき
Coincheckガス

シンプルで分かりやすい操作画面、話題のNFTマーケットプレイスも利用可能

コインチェックPC

国内取引所の中でも、コインチェックのサービスはずば抜けて充実しています。販売所や取引所はもちろん、いま話題のNFTマーケットプレイスや積立サービスまですべて利用できます。

コインチェックPC版の使い方を見る

Coincheck(コインチェック)のスマホアプリ

スマホアプリ
機能一覧
解説ページへ
日本円の入出金
販売所売買
取引所売買
仮想通貨の送金
仮想通貨の受取
LISKステーキング
Coincheckつみたて
貸仮想通貨サービス
Coincheckでんき
Coincheckガス

たった10秒でコインを購入できる初心者向けアプリ

コインチェックスマホアプリ画面

とにかく操作画面が分かりやすく、初心者でもつまづくことなくコインを購入可能です。ポートフォリオも見やすく、保有しているコインとその割合が一目瞭然。貸仮想通貨や積立サービスもアプリからササっと申し込みできます。まさに仮想通貨デビューにうってつけのアプリです。

コインチェックスマホアプリの使い方を見る

Coincheckの会社情報

運営会社 コインチェック株式会社
設立年 2012年8月
金融庁登録番号 関東財務局長00014号
会社所在地 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F

合わせて読みたい注目ページ