【ライトコイン購入方法】最も安く買える取引所はbitbank.cc!

「ライトコインを購入してみたいんだけど、実際どうやるの?」

「ライトコインは購入すべき仮想通貨なの?」

こんな悩みを最近よく聞きます。実際、仮想通貨の購入は複雑ですし、あらかじめ知っとかなければいけない知識がたくさんあります。それに、ライトコインの将来性をはかるのも難しいです。


そこで、この記事では「ライトコインを購入したことない取引未経験者」から「ライトコインに将来性があるか知りたいトレーダー」までが満足できるよう、仮想通貨取引のいろはからライトコインの将来性、おすすめ取引所の紹介から実際の口座開設方法までを紹介します。これを読めばあなたもライトコイン取引に必要な知識を全て知ることができます!

この記事を読んでわかること

  • ライトコインの基本知識と将来性がわかる
  • ライトコインの購入方法がわかる

 

ライトコインとは?その特徴は?

まずは、ライトコインの基本情報から理解していきましょう。ライトコインは、仮想通貨の中ではいわばバランスタイプとも言えるようなタイプで、特徴の持ち方としては極めて平均的です。今回はそんなライトコインの特徴を以下のようにまとめました。気になるところがあればクリックしてみましょう!より詳細なことは以下の記事に譲ります。

ライトコインの一般知識まとめ

ライトコインは、「ビットコインを金とするなら、ライトコインは銀を目指す」という目的を持った、ビットコインの次に古い歴史を持つ仮想通貨です。今や数千もの仮想通貨があることを考えると、なんだかすごくないですか?笑 そしてその目的に合わせるように、発行量はビットコインよりやや多く(ビットコインが2100万枚に対しライトコインは8400万枚)なっています。完全に余談ですが、「実際の金と銀の比率も4倍なのだろうか?」と疑問に思い調べてみたところ、金は22万t、銀は150万tだそうです。全然4倍じゃなかった、、、きっとライトコインの8400万枚は発行量による値段変動や市場に出回る最適枚数を考えた上での枚数でしょう。

ではライトコインは完全にビットコインの下位互換なのかと言われれば、そういうわけではありません。ビットコインは送金時間が10分と長いことが知られています。これはつまり、あなたがAさんに1BTCを送ったとき、Aさんの口座に1BTCが振り込まれるのがその10分後であることを意味します。ライトコインはこの時間の長さを改善し、2.5分の送金時間を可能にしました。ですから、ライトコインは完全にビットコインの下位互換というわけではないのです。

開発陣は、Google出身で大手海外取引所Coinbaseでも重役を勤めていたチャーリー・リー氏を筆頭とする開発チームによって運営されています。彼の知名度の高さもそうですが、さらに彼は自身の発言によってライトコインの値段を操作できるのではないかとの疑いを免れるため、自身は全くライトコインを保有せず健全な開発に全力を捧げていると明言しています。そんな運営陣の潔白な態度も信頼が生まれる理由の1つです。
ここは興味がない人は読み飛ばしてもらっても大丈夫です。暗号化アルゴリズムはBTCがSHA256であったのに対し、ライトコインはScryptを採用しています。これにより、SHA256に対するチート技術とも言えるASIC(エーシック)に耐性があり、より多くの人がマイニングに参加可能な仕様となっています。
詳細はここでは割愛しますが、どちらもライトコインで活用されている技術のことです。 Segwitとはブロックチェーン台帳に書き込む情報量を少なくすることであり、それによってより多くの取引を処理することが可能になります。 ライトニングネットワークとは、これもブロックチェーンに書き込む量を少なくする技術の1つであり、ネットワークで直接結びついていない者同士の送金がブロックチェーンネットワーク外で可能になる技術のことです。


目次ライトコイン(Litecoin)とは?ライトコインのチャート分析!ニュース・相場からみる最新価格推移ライトコインの問題と今後の将来性は?コインオタクの見解ライトコインの仕組み・特徴ライトコインのここが凄い!ライトコインのメリットライトコインにはこんなデメリットも・・・?!【ライトコインの入手方法】オススメの取引所3選【ライトコインの保管方法】おすすめウォレット4選ライトコインのQ&Aライトコインまとめライトコイン(Litecoin)とは? ライトコイン(Litecoin)とは、2011年ビットコインのソースコードをもとに作られた仮想通貨(アルトコイン)の一種で、特徴としては「ブロック生成速度が速い」「発行量が多い」ことが挙げられます。また、暗号化アルゴリズムもビットコイン(Bitcoin)と異なるものを利用していることで知られています。 ライトコインのチャート分析!ニュース・相場からみる最新価格推移 2018年2月7日現在のライトコインのチャートは以下のようになっています。今回はコインマーケットキャップを使用しています。 3月末ごろから価格が上がり始め、5月上旬、6月下旬、9月上旬に大きく上昇、その後大きく値を下げていることがわかります。それらの原因などについて見ていきましょう。 Segwit(セグウィット)の結果によって高騰 まず、5月上旬の高騰について見ていきましょう。これが起きたのは、5月11日に導入されたSegwit(セグウィット)が背景にあります。Segwitは、取引のサイズを小さくすることで1つのブロックに収納できる取引の数を増やす技術で、これによってスケーラビリティが大幅に向上しました。これを受けて、ライトコインに対する期待が高まり、価格の上昇に繋がりました。   Segwit(セグウィット)とは?仕組みやメリット、知らないとヤバい情報を教えます!ビットコインを語る上で外せないsegwit。技術的な話でよくわからない、色々な専門用語が出てきてよくわからない、そんなことを思っているあなた!segwitを砕いてわかりやすく説明します!知っておくべき用語の1つなので必見です!!続きを読む   ビットコインへの不安と、BitStampへの上場


ライトコインは購入すべき?将来性は?


では実際、ライトコインは購入すべき仮想通貨なのでしょうか?ここでは、特徴だけでは紹介しきれなかった時事的な側面も含めて、その問題点と将来性を分析します!(ー)はネガティブな情報、(+)はポジティブな情報です。

(ー)暗号化システムに問題点

先ほどの【発展内容1】で話した内容についてです。ここではビットコインのマイニングはより高度な処理能力を持ち、高額な電気代を要するコンピュータしか事実上参入できず、それを解決しようとしたライトコインのアルゴリズムがScryptであると説明しました。しかし、最近ではこのScryptにも専用のチート機器が存在するようになりました。完全にいたちごっこ状態ではありますが、ライトコインの大きな問題点の1つです。

(ー)あくまでビットコインの追随??

アルトコインの中では時価総額も高く安定した仮想通貨であるライトコインですが、ビットコインと比べると知名度や現実決済への浸透度などの点で果てしない差があるのが事実です。時価総額でも2018年2月17日現在、ビットコインが約1700億$なのに対し、ライトコインは130億$と1/10にも達していません。この差をいかに埋めていけるかが今後のライトコインの将来性を左右すると言えるでしょう。

(+)決済サービスをリリース

ですがライトコインも黙っているわけではありません。2018年2月にはLitePay、2018年にはLitePalという、ライトコインを用いた決済システムを開始すると発表しました(公式サイトはこちら)。このLitePayの好調な開始のために2018年2月にはライトコインの高騰も起こっています。

「LitePalはライトコインの初決済処理システムです。私たちはライトコインが世界中の商業者に利用される仮想通貨のよりスムーズで、シンプルで、わかりやすい世界を描いています。」


実際のところ、ビットコインに負けているとはいえ現実で決済に使われようとしている仮想通貨はごくごくわずかです。ライトコインは数少ないその内の1つであり、まだまだ伸びしろのある、将来性の高いコインであるというのがコインオタク編集部の見解です。こちらのチャート(2018年3月4日現在)を見てみてもわかるように、



ライトコインは2017年の1年でMAX90倍の高騰を果たしています。ちなみにこのチャートを大まかに分析すると

5月:Segwit搭載を発表

8月:ビットコインへの不安と、Bitstampへの上場

9月:ライトニングネットワークの試験的運用の成功

12〜(2018年)1月:仮想通貨全体の暴落期

2月:LitePayの好調なスタート

などが主な影響と言われています。こうしてみると、仮想通貨の技術的な価値・安全性がいかに大きいかわかりますね。


ライトコイン購入〜基礎知識〜

「ライトコインの特徴はわかったから購入方法を教えてくれ!」

と思っていたアナタへ。ご安心ください、ここからライトコインの買い方編です。購入する前に、まずは基礎知識からさらっていきましょう!

購入を始める前に〜取引所と販売所の違いを知ろう〜

仮想通貨を買うことができる主な場所は、「取引所」と「販売所」の2つがあります。こちらも詳しい内容は下の記事に譲りたいと思いますが、コインオタク編集部は取引所での仮想通貨の購入をオススメしています。それは単純に、この2つでは儲けやすさが全然違うからです。ひとことで言うと違いは

取引所:安く買い、高く買うことができる

販売所:使いやすい

となります。

  目次ビットコインを始めてみよう!販売所とは?取引所(交換所)とは?違い①販売所と取引所の価格差違い②取引相手結局どっちを使えばいいの?まとめ ビットコインを始めてみよう! ビットコイン、最近話題になってるしちょっとずつ名前聞くようになってきたけどまだよくわからない、、、 今回はそんな初心者向けの記事です!ビットコインを少し調べると必ず出会う単語「取引所」「販売所」について、わかりやすく解説していきます! 販売所とは?取引所(交換所)とは? まずあらかじめ断っておきましょう。ビットコインとはあくまで仮想通貨の1つ(通貨の中のUSドル、みたいな感じです)なので、今後は仮想通貨、と呼んでいきますね。 さて本題です。まずは、販売所と取引所を一言で説明してみましょう。仮想通貨において、 販売所とは、仮想通貨を店から購入する「売店」 取引所とは、仮想通貨を客同士が売買する「市場(いちば)、バザー」 のようなものです。また、取引所は交換所とも呼ばれますが、一般には「取引所」の方で呼ばれることが多いですので、本記事では今後は「取引所」を用いていきます。 具体的に説明していきましょう。 販売所とは、仮想通貨を販売所運営会社から直接購入できる場所のことです。販売、というと購入しかできないのか?と思われそうですが、実は通貨を売ることもできます。 取引所とは、人々が仮想通貨を売り買いする場所のことです。これには私たちも参加することができます。そこでは私たちが自分が所有している仮想通貨に値段をつけてそれを売ることができます(自分たちで値段を指定して売買することからこの仕組みを「指値(さしね)注文」と呼びます)。 実際の取引所のサイトはこんな感じです。「買い板/売り板」の部分が人々が指値注文をした履歴です。 ちなみにこれは国内最大手の取引所「コインチェック」の写真です。 このコインを買う・売るなど書いてある部分が販売所に相当する部分です。 では、販売所と取引所はどんな違いがあるのか?詳しく説明していきましょう。 違い①販売所と取引所の価格差

 

国内取引所と海外取引所でスタートが違う

当然、取引所は世界中にあるわけですが国内と海外で、取引のスタートの勝手が少し違うので説明します。

国内の取引所は、その取引所の口座に日本円を入金し、日本円で仮想通貨を買うことからスタートします(口座開設の方法は後述します)。一方、海外の取引所では口座に日本円を入金することができません。そこでどうするかというと、まず国内の取引所で仮想通貨を購入し、その仮想通貨を海外取引所のアカウントに送金することからスタートします。つまり、海外で取引を始める場合はまず国内で仮想通貨を購入する必要があるのです。

いざライトコイン購入!全23社を比較してわかったおすすめ取引所3選!


それではライトコインを購入しましょう!まずは、どこで取引をすべきか、(国内)取引所を選びます。今回はコインオタク編集部が国内取引所全23社のうち、ライトコインを取り扱う9社を徹底比較した結果選び抜いた、おすすめ取引所を3つ紹介します!(※数字は2018年3月4日現在)簡潔にまとめるとこんな感じになりました!


ライトコイン取引所まとめ

  • 取引完全未経験ならbitFlyer!
  • 取引所で取引するならbitbank.cc!
  • 将来性にかけるならBITPOINT!

 

bitFlyer(ビットフライヤー)


運営会社

株式会社bitFlyer

公式HP

https://bitflyer.jp/ja/

資本金

41 億 238 万円(資本準備金含む)
ライトコイン取り扱い販売所のみ

国内最大の仮想通貨取引所です。見やすい画面、利用者数/取引量の多さなどに定評があります。非常に取引しやすい一方、ビットコイン以外は全て販売所での取引のため、ビットコイン以外のコイン(アルトコイン)は割高な値段になります。 ですが国内では最も信頼を勝ち得ている取引所ですし、その使いやすさから全く取引をしたことない未経験者におすすめです。


総合評価手数料 スプレッドサーバー取扱通貨数会社の信頼性使いやすさ
91

0.01~0.15% ◎

3~8%

十分な強さ ◎6種類 ◯かなり良い ☆ふつうに良い ◎

 

「テレビのCMや電車の広告でビットフライヤーって聞いたけど何なんだろう・・・?」「友達が最近ビットフライヤーで何万円も儲けたって話聞いて、始めたいけどなにがなんだかよくわからない(泣)」「リスクっていう仮想通貨が上場してすごいことになったらしいけど。。。」なんて思っていませんか?今回は誰もが一度は耳にしたことのあるbitFlyer(ビットフライヤー)について、網羅的にすべてのことを解説していきます!主要な見出しに対しては詳しく書いてある記事リンクを載せていますので、気になった方はぜひそちらも参考にしてみてください!この記事の要約ビットフライヤーは国内で一番信頼性の高い取引所!仮想通貨初心者はまず登録だけでもOK!ビットコインFX取引も可能で上級者も満足! ビットフライヤーで口座開設をする!目次bitFlyer(ビットフライヤー)とは【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴1】企業としての信頼性の高さ【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴2】手数料が安い!【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴3】取扱通貨は全部で7種類!bitFlyer(ビットフライヤー)のメリットbitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法 bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)でビットコインFX取引をしよう! bitFlyer(ビットフライヤー)の評価/評判・口コミ bitFlyer(ビットフライヤー)に関するQ&AbitFlyer(ビットフライヤー)まとめbitFlyer(ビットフライヤー)とは bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量・資本金・ユーザー数において日本一を誇る日本最大級の仮想通貨取引所です。ビットフライヤーどのような会社で、どのような特徴・メリット・デメリットがあり、評判や口コミはどうなのか、ビットフライヤーの使い方など、あらゆる観点から詳しくわかりやすくコインオタクがビットフライヤーについて説明していきます! bitFlyer(ビットフライヤー)の概要会社名  

  

ビットフライヤーを始めてみる!

bitbank.cc


運営会社

ビットバンク株式会社

公式HP

https://bitcoinbank.co.jp/

資本金

11億3100万円
ライトコイン取り扱い取引所のみ

国内で数少ない、金融庁から認可が降りており、かつライトコインを取引所で購入できる取引所です。繰り返しになりますが、コインオタク編集部は取引所をおすすめしています。「bitbank.cc」は東京都品川区にあるビットバンク株式会社によって仮想通貨取引所です。 また、取引に慣れてきた人はチャートに書き込みができテクニカル分析などを行える仕組みも役にたつと思います。初心者のみならず、中級者にもおすすめできる取引所です。

総合評価手数料
スプレッド
サーバー取扱通貨数会社の信頼性使いやすさ
89
無料  ☆
取引所のみなのであまり関係なし
問題なし ◎6種類 ◯悪くはないが バックアップが乏しい◎かなり見やすい◎


仮想通貨の取引所はなにを基準に選べばいいかわからなく、何も考えずに有名な取引所だからという理由でcoincheckやbitFlyerを使っていませんか?実はbitbankという取引所は有名な取引所ではありませんが今皆さんが気付かないうちに払っている手数料がかなり安く抑えられます。なぜなら取引手数料が無料な上、スプレッドという見えない手数料がかからないからです。ここでは、仮想通貨取引所のBiybankの手数料や使い方、特徴を徹底的に解説します。今後仮想通貨のトレードの際には、知らないうちに手数料が取られることなく、快適な取引が出来るようになります。目次Bitbank.cc(ビットバンク)とはBitbank.ccの特徴Bitbank.ccのメリットBitbank.ccのデメリットBitbank.ccの登録方法Bitbank.ccの使い方Bitbank.ccのQ&AまとめBitbank.cc(ビットバンク)とは Bitbank.ccの概要 社名ビットバンク株式会社設立2014年5月資本金11億3100万円所在地〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F代表取締役CEO 廣末紀之 ビットバンク株式会社は、平成29年9月29日、仮想通貨交換業の登録しました。登録番号:関東財務局長 第00004号 資本金についても、コインチェック:9800万円、Zaif:8億3000万円と大手取引所に比べても遜色ないです。そのため運営会社は信頼に当たるのではないでしょうか。 BTCNを運営 ビットバンク株式会社はビットバンクニュースという仮想通貨メディアの運営もしています。仮想通貨の紹介記事やニュース、チャート分析など幅広くやっているので興味ある方は見てみましょう。 ビットバンクトレード(bitbank trade)という運営所も運営している

 

bitbank.ccを始めてみる!

BITPOINT


運営会社

株式会社ビットポイントジャパン

公式HP

https://www.bitpoint.co.jp/

資本金

44億3,000万円(資本準備金含む)
ライトコイン取り扱い取引所のみ

こちらもbitbank.ccと同様に、取引所でライトコインを取引できる取引所です。ライトコインは2018年1月からの取り扱いなのでまだ取引量がそこまで多くないと思われますが、同じく1月にリップルも取引所で取り扱い始めていることから、今後人気が上昇しやがて取引量も増えていくことでしょう。期待度No.1の取引所です。


総合評価手数料 スプレッドサーバー取扱通貨数会社の信頼性使いやすさ
76無料  △ かなり広い今のとこ強い ◯5種類 ◯ 十分よい ◎可もなく不可もなく◯

 

ビットポイント(BITPoint)は、東証二部上場企業を親会社に持つ仮想通貨取引所です。取引ツールにMT4を採用し、レバレッジ倍率はなんと最高25倍!4種類の外貨とビットコインのペアを取り扱うなど、ビットコインのFX取引に最適な取引所です。

 

BITPOINTを始めてみる!


国内その他の取引所

他の6つについてはここで簡潔に紹介だけしておきます。

coincheck(販売所のみ) ※2018年1月26日以降ハッキングの被害に遭い取引停止中

GMOコイン(販売所のみ)

DMMBitcoin(販売所のみ)

Bit Trade

BTCBOX

Mr.Exchange

取引所に関する詳細は以下の記事に譲ります。

 価格の激しい変動と共に注目度が高まっている仮想通貨。特に昨今のアルトコインの変動の激しさは目を疑うレベルですね。今回はその中で比較的安定した相場を守り続けているLitecoin(ライトコイン)の取引所に注目!「ライトコインを買いたいけどどこで買えばいいかわからない・・・」「そもそも取引所はどんな基準で選べばいいの・・・?」そんなアナタのために、取引所選びの基本知識からコインオタク編集部が独断と偏見で選んだ取引所ランキングまで完全に大公開!アナタの悩みを全て解決します!これを読めばライトコインにとどまらず「自分で」取引所選びができるようになっているでしょう!目次ライトコイン(Litecoin)とは?基礎知識①〜取引所と販売所〜基礎知識②〜口座開設にはなにが必要?カンタン口座開設講座〜ライトコインの取引所を選ぶ基準4選!おすすめ国内取引所ランキングベスト3!ライトコインを扱う国内取引所一覧海外取引所ランキングベスト3!ライトコインの取引所Q&Aライトコイン取引所まとめライトコイン(Litecoin)とは?ライトコインとは、アルトコインの中で時価総額第5位を占める仮想通貨(アルトコイン)の一種で、”ビットコインを金とするならば、銀を目指す”という目的のもと、Google出身で大手取引所Coinbaseの重役として勤めてもいたチャーリー・リー氏を筆頭として開発されたコインです。そのコンセプトに対応するように、ビットコイン(2100万枚)より発行枚数はやや多く(8400万枚)、でもビットコインの悪い点である送金スピードなどは改善されたコインとなっています。今回はそんなライトコインの取引所を消化していくわけですが、まずは取引に必要な基礎知識をおさらいしていきましょう!ライトコイン(Litecoin)とは?決済の主流になりうる仮想通貨の将来性を分析目次ライトコイン(Litecoin)とは?ライトコインのチャート分析!ニュース・相場からみる最新価格推移ライトコインの問題と今後の将来性は?コインオタクの見解ライトコインの仕組み・特徴ライトコインのここが凄い!ライトコインのメリットライトコインにはこんなデメリットも・・・?!【ライトコインの入手方法】オススメの取引所3選【ライトコインの保管方法】おすすめウォレット4選ライトコインのQ&

 

bitbank.ccでのライトコイン登録/購入方法:最短3ステップ!

続いては、取引所でのライトコインの登録&方法をお伝えします!今回は一例として、先ほど紹介したbitbank.ccを用いて説明します!bitFlyerの販売所は極めて簡単なので、以下は取引所で取引を始めたい人向けです(コインオタク編集部のおすすめでもあります)。

取引までのステップは大きく

STEP1:口座開設

STEP2:入金

STEP3:取引

に分けられます!初期登録の部分は初めての人にとっては長くうっとうしく感じられるかもしれませんが、セキュリティ云々の問題を防ぐためです。それに、やってみると案外10分もせずに終わります。しばしの間お付き合いください。

 STEP1:口座開設

少々長いので、STEP1の中でも(1)~(3)に分けました。

(1)新規登録

まずはこちらからbitbank.ccに登録しましょう!


メールアドレスを登録したら

そのメールに届いたリンクをクリック。

パスワードを設定しましょう。同意へのチェックを忘れないように。

これで新規登録は完了です。


(2)基本情報の登録・本人確認書類のアップロード

次に基本情報の登録を行います。

住所に関してはのちに確認ハガキが来るので、適当なことや嘘を書かないようにしましょう。また、ここで登録する名前は入出金口座の名義、本人確認書類の名前と一致していなければなりません。最後に「確認」「登録」と順に押せば基本情報の登録は終了です。

ですが、まだ終わりではありません。取引所として上で登録した情報が本当かどうか確かめなければならないからです。

画像は、写真の上の+印をクリックすると選択できます。パソコンではカーソルを合わせると出てきます。

これが完了すると、審査後に確認書類が住所に届くのでそれを受け取ると手続きが完了し、入金が可能になります。

(3)セキュリティ設定

ま だ ! 終わりではありません。登録が終了したら必ずしなければならないこと、それはセキュリティ設定です。自分の口座

の個人情報の流出を防ぐために必須です。メニューから「セキュリティ」を開きましょう。

二段階認証かSMS認証をします(いずれか一方で大丈夫です)。

(1)二段階認証は、認証用のアプリを登録して表示されている6桁の認証用コードを入力します。

Google Authenticatorがおすすめです。

(2)SMS認証の場合は、携帯番号宛ての認証用コードを入力します。

どちらでも構いませんが、この方式は多くの取引所が採用しているので、多くの人は利用している全ての取引所の二段階認証をgoogle authenticatorを用いて一括管理しているように思います。


身分証明書の審査が完了し、確認書類が到着したらアカウントの登録情報ページの「暗証番号で有効化」をクリック。(届くまでにはおよそ数日〜長くて10日ほどかかるようです。)そこに、確認証明書に記載されていた暗証番号を入力すれば取引ができるようになります!

STEP2:入金する

取引を始める前に、まずはアカウントに入金しましょう。アカウントメニューから「入出金」を選択すると日本円または取り扱い仮想通貨から入金ができます。


STEP3:売買開始!

ここまできたアナタ!いよいよ仮想通貨の売買ができるようになります!

実は売買の方法、すなわち注文の出し方には2通りあります。「指値注文」と「成行注文」と呼ばれる方法です。ここで簡単に説明すると

指値注文:「◯LTCを△円で」という2つの数量を指定することで注文をする方法

成行注文:すでに存在する売り注文を安い方から自動で買っていく注文方法

となります。以下で詳しく説明していきます。


指値注文

指値注文とは、文字通り「値を指して」注文する方法です。具体的には、◯LTCを△円で」という2つの数量を指定することで注文をする方法です。自分の希望の額で購入できる一方、希望のタイミングで買えなかったり、あまりに市場と離れた設定をするといつまでたっても売り手が見つからないという危険性があります。

左上のタブから取引する通貨を選択します。



ここで1つ注意しなければいけないのは、BTCでしか買えない通貨があるということです。bitbank.ccではライトコインとイーサリアムがBTCでしか購入できません。その場合、一度入金した日本円でBTCを購入し、そこから取引することになります。そしてトレードの画面はこちら。ここに示した5つがわかっていれば何も不自由はありません。

注文欄での売買は、

1、売買したい価格を決め

2、数量を決め

「注文」をクリックするだけです。注文が通れば売買完了です。意外とめちゃ簡単。変更したい場合は注文が通る前ならキャンセルできます。


成行注文

成行注文とは、すでに存在する売り注文を安い方から自動で買っていく注文方法です。例えば、「今売られているリップルを安いものから順番に100LTC買います!」というような注文方法です。その時に売っている最も安いものを順に手に入れることができますが、額が不確定であり思ったより高い価格になってしまう可能性もあります。

まずは画面右側の「成行」をクリック。

例えば、10LTCで購入しようとして数量のところに10と書き込むと

このように予想される値段が出てきます。それが妥当であることを確認したら、「注文」ボタンを押します。こっちもめちゃ簡単。


以上、購入方法を紹介しました。今回は一例としてbitbank.ccを挙げましたが、流れはどの取引所でも概ね同じです。

購入したライトコインを保管!〜おすすめウォレット2選〜

ウォレットとは?

「おっしゃ!ついにライトコイン購入できたぜ!」

もうアナタは立派なトレーダーです。ですが、もしそのお金や仮想通貨がハッキングなどによって盗まれてしまったら、、、?非現実的に思えるかもしれませんが、コインチェックの事件などは皆さんの記憶にも新しいことでしょう。ハッキングや預けていたお金の盗難は案外身近にあるものです。ここで紹介する「ウォレット(wallet=財布)」とは、仮想通貨の管理方法のことです。

  目次ウォレットとはビットコインの管理にウォレットはなぜ必要?ビットコイン用のウォレットってどんなのがあるの?おすすめのビットコイン用デスクトップウォレット3選スマホアプリで保管するならこれ!モバイルウォレット3選超スタイリッシュかつ安全に!ハードウェアウォレット3選超簡単かつ超安全 ペーパーウォレットの作り方ビットコインのウォレットに関するQ&Aビットコイン用ウォレットまとめ ウォレットとは ビットコインに限らず仮想通貨は、ブロックチェーンを用いた取引によって送信先のアドレスにプールされていきます。 このアドレスにアクセスし、いくら貯蓄されているかを確認したり、他の人に送金したりする際の手間を仲介してくれるのがこのウォレットです。 ビットコインの管理にウォレットはなぜ必要? 実在通貨の場合を考えてみましょう。 あなたは今、銀行に口座を持って預金しているとします。そこで、自分の口座にいくらお金が入っているかとか、それを誰かに送金したりとかするためには、通帳やキャッシュカード、ATM、あるいは窓口のようなものが必要ですよね。 それらを全部ひっくるめたような機能を有しているのがウォレットです。 ビットコイン用のウォレットってどんなのがあるの? フルインストール版と簡易版 ウォレットには、フルインストール版と簡易版の二種類があります。 フルインストール版では、ビットコインが発行され始めてから今に至るまでの全てのブロックチェーン上の取引記録をダウンロードします。 なので、めっちゃくちゃPCに空き容量が必要です。 一方、簡易版は、必要な一部の情報だけをダウンロードして使用します。なので、PCにそれほど負担を強いることは無いでしょう。 一般のユーザーならば後者の簡易版で十分です。ですが、あなたがビットコインのマイニングをするつもりなら、フルインストール版が必要です。 PCで安全に管理「デスクトップウォレット」 PC用のソフトウェアをインストールして使う方式です。高性能かつ使いやすいものが多いので、始めるならこのタイプがオススメです。 ただし、PC用なので、持ち運びが少し不便です。「スマホとかタブレットで管理したい!」という人は、次にご紹介するモバイルウォレットのほうが向いているかもしれません。 

 ここではハードウェアウォレットという、持ち運びができかつ安全性の高いものを2つ、紹介しておきます。どちらも1~3万円という決して安くはない値段にも関わらず品薄状態が続いていることから、その信頼っぷり・人気っぷりを推測することができますね。

Ledger Nano S

群を抜いて圧倒的な信頼を集めるハードウェアウォレットです。価格は15,000円程度ですが、国内メーカーが存在せず、あまりの人気に供給が需要に追いつかない品薄状態が続いています。Ledger Nano Sは対応する通貨も多く、ライトコインの他にリップルも保管できる点で他のハードウォレットとは一線を画しています。

 「取引所に資産を預けているのって危ないって聞いて、Ledger Nano Sを買うか迷ってるんだけど買い方がわからない。。。」「Ledger Nano Sって人気あるらしいんだけど高いらしくてどこで購入するのが一番安いんだろう・・・?」「リップル(XRP)が預けれるのはLedger Nano Sだけらしいんだけど、購入しようかな?」なんてなかなかLedger Nano Sの購入に踏み切れてない人が多いのではないでしょうか。今回はLedger Nano Sを購入場所ごとに比較して、それぞれについて購入方法を詳しく解説しました!!これを読めばあなたにピッタリの購入場所がみつかり、購入方法も分かります!!この記事でわかることLedger Nano Sの購入場所ごとの特徴Ledger Nano Sの購入方法 目次いまハードウェアウォレットが人気な理由Ledger Nano Sの特徴Ledger Nano Sを購入する前に気をつけること! Ledger Nano Sはどこで購入するのがおすすめ?Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜正規代理店編〜Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜公式サイト編〜Ledger Nano S 

 

Ledger Nano Sを購入する!

Trezor


TrezorもLedger Nano Sと並んで人気を集めるハードウェアウォレットです。安全性や使いやすさなどは申し分ないのですが、値段がほぼ同じにも関わらずLedger Nano Sに比べて対応通貨が少ない点、特にリップルが保有できない点でやや劣ると言えます。ですがライトコインはもちろん他の主要通貨(BTC, BCH, MONA, NEM等)は保有することができます。

コインチェックの盗難被害やGOX(倒産)危機があり、取引所に仮想通貨を置いておくことが危険だと実感する人も多いと思います。仮想通貨は自己管理とよく言うけど実際どうすればいいのか?とお悩みの方も多いかもしれません。そこで、今回はハードウェアウォレットの筆頭であるTrezorの紹介です!仮想通貨でウォレットといったらTrezor!ってくらいに有名なハードウェアウォレットです。このウォレットは外付けのハードウェア上で仮想通貨を管理するタイプで他のウォレットと比べてとてもセキュリティが高くて安心した仮想通貨ライフを送るにはもってこいです。もちろんTrezorで保管していれば、もし取引所がゴックス(倒産)したとしてもその被害を受けることはありません!ここではそんなTrezorの特徴から買い方、初期設定方法について解説していきます。購入時の危険に対する対策法もしっかりと伝授します!このサイトを読んでいただければ、今後は取引所やセキュリティに振り回されない安心安全な仮想通貨ライフを送ることができるでしょう!目次Trezor(トレザー)とはTrezorの仕組みTrezorは実際どう?コインオタクの見解TrezorのメリットTrezorのデメリットTrezorはこんな人におすすめ!! Trezorの初期設定と使い方Trezorの購入方法Trezorについての気になるQ&ATrezorまとめTrezor(トレザー)とは Trezorとはビットコインをはじめとする仮想通貨をオフライン上で保管することができるコールドウォレットの一つです。オフライン上で秘密鍵を管理するためハッキングなどの攻撃を受けにくく、安全性がアップしているというわけですね! そんなウォレットの中でもTrezorはセキュリティが高く使い勝手も良くWallet(お財布)というよりはむしろ金庫に近いイメージです。 なので、持っている仮想通貨も多くなってきたしそろそろ安全に保管したいなと思っている方や、せっかく投資するんだから盗られたりしたくない‼という方にはおススメです!

 

Trezorを購入する!


ライトコインの購入方法まとめ


いかがでしたか?この記事ではライトコインの概要から将来性、おすすめの取引所、そして購入方法までを紹介し、最後にはウォレットに関しても触れました。bitbank.ccやBITPOINTでは取引所でライトコインを購入できるので有利なレートでの取引が可能です。投資は自己責任ですが、やってみると楽しいことも色々あると思います!

この記事のまとめ

  • ライトコイン購入のおすすめ取引所はbitbank.cc!
  • 取引に必要な3ステップ:口座開設→入金→売買!
  • ウォレットはTrezorかLedger Nano S!

 

今すぐbitbank.ccを始める!