「リップルのウォレットってどれがいいの?」

と悩んでいる方も多いかと思います。

セキュリティや利便性はウォレットによって大きく異なります。


多額のリップルを安全に保管したいのに、セキュリティが低いウォレットを使うと、資産が失われる危険があります。

このように、自分に適したウォレットを使わないと、大きな損をしてしまう可能性があります。

まずはセキュリティ・利便性を考慮し、自分のウォレットを利用する目的を明確にしましょう。

この記事では、利用目的を3つに分類し、その目的別に6つのウォレットを紹介しています。

この記事を読めば、あなたにぴったりのリップルのウォレットが見つかるはずです!

ウォレットでリップルを管理すべき2つの理由

セキュリティが向上する

近年の仮想通貨のブームと共に仮想通貨関連の犯罪が多発しています。

特に、大量の仮想通貨を保管している取引所はハッカーに狙われやすいです。

470億円相当のビットコインが盗まれるマウントゴックス事件や、580億円相当の仮想通貨が盗まれたコインチェックのハッキング事件などがありました。

実際にコインチェックのハッキング事件では、数千万円・数億円単位の損失を出してしまった人もいます。

取引所でのセキュリティ強化は日々努められていますが、資産を確実に守るには自分で自分の仮想通貨を管理することが最も確実です。

特に、オフラインで秘密鍵を管理することのできるコールドウォレットを利用すれば劇的にセキュリティを向上させることができます!

仮想通貨をもっと安全に保管してみませんか?オフライン式のコールドウォレットなら、ハッキングのリスクを最小限に抑えることができます。ペーパーウォレットの作り方、おすすめのハードウェアウォレットをこのページで紹介!


カウンターパーティーリスクを回避できる

取引所で仮想通貨を保管していると取引所がハッキングにあった際だけでなく、倒産・持ち逃げした際やメンテナンス中に仮想通貨の入出金ができなくなってしまいます。

このように信頼関係において考えられるリスクをカウンターパーティーリスクと言います。

銀行が倒産した場合は、1000万円まで預貯金が保障される「ペイオフ制度」が法律で定められていますが、仮想通貨の取引所にはこのような法律はありません。

取引所が倒産した場合は、預けていた全ての資産が失われます。

ウォレットでリップルを保管しておけば、いつでも自分で自由に仮想通貨を操作できるため、このようなカウンターパーティーリスクを負いません!


リップルのウォレットは目的別に選ぼう

リップルのウォレットは何種類もあります。

ウォレットによっては、セキュリティがとても弱かったり、利便性がとても低かったりします。

自分に適していないウォレットを使うと、大損をしたり、いつまでも不便な思いをしてしまいます。

ウォレットは、自分に適しているものを使うことがとても大切です。

そこでまずは、セキュリティや利便性などを考慮し、自分が「どのタイプに該当するのか」を明確にしましょう。

以下の3つのタイプのいずれかに該当するかと思います。

3つのタイプ

  • ❶セキュリティも利便性も重視している方
  • ❷多額のリップルを扱っており、セキュリティを重視している方
  • ❸少額のリップルを扱っており、利便性を重視している方

ほとんどの方がこのタイプに分類されるかと思います。セキュリティと利便性のバランスが良いウォレットをおすすめします。初心者はもちろん、初心者以外もこのタイプのウォレットをおすすめできます。

❷セキュリティがとても高いウォレットをおすすめします。多額のリップルを扱っている上級者や、絶対にリップルを盗まれたくない方は必ずこのタイプのウォレットを利用しましょう。有料のウォレットもあります。

❸利便性がとても高いウォレットをおすすめします。頻繁に送金する方はこのタイプのウォレットを利用しましょう。他のウォレットに比べ、利便性は高いですが、セキュリティが低いので多額のリップルを預けることはおすすめしません。


それでは、3つのタイプに適したウォレットを順番に2種類ずつ紹介していきます。

初心者におすすめのリップルウォレット2選

セキュリティと利便性がともにバランス良く高いので、多額のリップルを扱っている人以外におすすめできます。

特に、取引を開始してからまだ短い方や小額の取引をしている初心者におすすめです。

初心者におすすめのリップルウォレット

  • GMOコインウォレット:セキュリティ・利便性の高い取引所ウォレット
  • Ginco:iOS対応のクライアント型モバイルウォレット

GMOコインウォレット


種類取引所のウォレット
セキュリティ高い
使いやすさとても使いやすい

価格

無料

GMOコインは、国内最大級の仮想通貨取引所です。

セキュリティに特に力を入れており、ハッキングや内部不正に対して様々な対策を行っています。

GMOコインウォレットの特徴

GMOコインでは、即時送金に必要な分以外はすべてコールドウォレットでリップルを管理しています。

コールドウォレットとは、仮想通貨をオフラインで管理する方法です。

インターネットから隔離して管理することで、ハッキングされるリスクを大幅に減らしています。

インターネットに常に接続されているウェブウォレットなどと比べると、格段にセキュリティが高いです。

そのため、安心してGMOコインにリップルを預けることができます。

GMOコインでは、マルチシグに対応しています。

マルチシグとは、送金時に秘密鍵が複数個必要とする仕組みです。

仮に1つの秘密鍵がハッキング等により盗まれてしまっても、仮想通貨を盗まれることはありません。

また、内部による単一人物による不正も防ぐことができます。

マルチシグは、外部による不正だけでなく内部による不正も予防することができます。

GMOコインは、三井住友海上火災保険と提携しています。

三井住友海上火災保険は、サイバー対策に定評があり、知名度も高いです。

そんな会社と手を組んで、サイバー対策をさらに強化しています。

GMOコインは、ウォレットとしての機能はもちろん、取引所としての機能も持っています。

今回紹介している他のウォレットでは、取引する場合はウォレットから取引所に毎回送金する必要があります。

また、取引後はウォレットに送金しなおす必要があります。

送金の度に送金手数料がかかってしまいますが、GMOコインでは、リップルの保管・取引を行うことができるので、そのような手間は必要ありません。

他にも取引所は多くありますが、GMOコインが最もセキュリティが充実しています。

GMOコインは、スマホアプリがリリースされています。

iOS・Android両方に対応しており、非常に人気があります。

スマホアプリでは、リップルの入出金はもちろん、取引までできます。

外出先でも簡単に取引ができるのは、とても便利です。

仮想通貨は特に価格変動が大きいので、いつでも取引ができるのは大きなメリットと言えます。

GMOコインはセキュリティ・利便性がともに高く、初心者にも使いやすいリップルウォレットです。

初心者以外にも万人に使いやすく、最もおすすめできるウォレットです。

GMOコインウォレットでリップルを管理する

GMOコインについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参照ください。

GMOコインは国内最大級の仮想通貨取引所です。GMOコインの特徴、評判、メリット、デメリットは?登録方法は?使いやすい?気になるポイントをコインオタクがすべて解説します!

Ginco

種類モバイルウォレット
セキュリティ高い
使いやすさ使いやすい

価格

無料

Gincoは、日本企業からリリースされたモバイルウォレットです。

Gincoの特徴

Gincoは、スマホで簡単にリップルの管理ができます。

iOS版のみリリースされています。

リップルの入出金をいつでも行うことができます。

スマホで簡単に管理ができるのは、初心者には嬉しいポイントです。

秘密鍵とは、ウォレットのパスワードのようなもので、送金などの際に必ず必要になっています。

秘密鍵を盗まれてしまうと、自分のリップルを勝手に他の人に送金されてしまったりします。

取引所のウォレットやウェブウォレットでは、秘密鍵が運営会社のサーバーで集約して管理されており、ハッキングをされると大量の秘密鍵を盗まれてしまう可能性があります。

情報やお金が集約されている場所はハッキングに狙われやすいため、危険です。

しかし、Gincoでは秘密鍵はサーバ上でなく、自身のデバイス内でのみ管理されています。

サーバー攻撃に対する大量の資金流出を防ぐとともに、カウンターパーティーリスク(取引所やウォレット運営会社の倒産などにより仮想通貨が引き出せなくなってしまうリスク)もありません。

Gincoは、日本の企業が運営しているウォレットなので日本語に対応しています。

ほとんどのモバイルウォレットが日本語に対応していないため、日本人にとても人気のウォレットです。

日本語で問い合わせができるのも安心できるポイントです。

先ほど説明したように、Gincoでは秘密鍵を自身のデバイス内で管理します。

デバイスがウイルスに感染していると、秘密鍵を盗まれてしまう可能性があります。

そのため、自身でセキュリティ対策を行う必要があります。

こまめにOSのアップデートをしたり、セキュリティアプリをインストールするなどの対策を行いましょう。

Gincoはスマホで簡単にリップルを管理できるので、利便性が高く初心者におすすめです。

Gincoでリップルを管理する

Gincoについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参照ください。

Gincoというウォレットをご存知ですか?仮想通貨を取引所に置きっ放しにする危険性が指摘される最近、颯爽と現れた日本産ウォレットです。日本企業による日本人のためのウォレットの特徴・登録・使い方を易しく説明します!

多額のリップルを安全に保管したい人におすすめのウォレット2選

多額のリップルを保有している方は、セキュリティ抜群のウォレットを利用しましょう。

多額のリップルを安全に保管したい人におすすめのウォレット

  • Ledger Nano S:セキュリティ・利便性に優れたハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット:ハッキングの心配が全くない古典的なウォレット

Ledger Nano S

種類ハードウェアウォレット
セキュリティとても高い
使いやすさ使いやすい

価格

7,990円

Ledger Nano Sは、最高峰のセキュリティと機能性をもつハードウェアウォレットです。

Ledger Nano Sの特徴

Ledger Nano Sは、ハードウェアウォレットです。

そのため、リップルをインターネットから隔離したコールドウォレットで管理できます。

ハッキングはインターネットを利用して行われるので、ハードウェアウォレットは安全性が高いです。

Ledger Nano Sは、複数個購入することでマルチシグにすることができます。

マルチシグに対応させることで、仮に1つの秘密鍵が漏れてしまってもリップルを盗まれる心配はありません。

多額のリップルを保管する人は、必ずマルチシグに対応させましょう。

他のウォレットが無料であるのに対し、Ledger Nano Sは、1つ約8000円かかります。

マルチシグに対応させようとすると、複数個必要になるので、16000円以上かかります。

少額のリップルを扱っている方は、少し高く感じるかもしれません。

ただ、絶対にリップルを盗まれたくない方や多額のリップルを扱っている方は必ずこのウォレットを利用しましょう。

Ledger Nano Sは、USB Micro-B型で、パソコンに接続して使用します。

ライターよりも小さいサイズで、とてもコンパクトです。

液晶画面がついているため、操作を簡単にわかりやすく行うことができます。

Ledger Nano Sは、実用的なウォレットの中で最強のセキュリティを持っています。

多額のリップルを所有しており、安全に保管したい上級者におすすめです。

Ledger Nano Sでリップルを管理する

 Ledger Nano Sについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参照ください。

Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します


ペーパーウォレット

種類ペーパーウォレット
セキュリティとても高い
使いやすさ使いにくい

価格

無料

ペーパーウォレットとは、紙で秘密鍵を管理します。

そのため古典的ではありますが、ハッキングされるリスクは一切なく、強固なセキュリティ性能があります。

ペーパーウォレットの特徴

ペーパーウォレットは、仮想通貨の口座のパスワードである秘密鍵を紙に書いて管理します。

そのため、完全にオフラインなため、ハッキングされる心配が全くありません。

安全面では、他のウォレットに比べとても高いです。

ペーパーウォレットでは、秘密鍵が紙に書かれています。

そのため、ハッキングによるリスクは全くありませんが、紙の損傷や劣化などにより読み取れなくなってしまうリスクがあります。

読み取れなくなってしまった場合、リップルを引き出すことができなくなります。

そのため、大事に保管する必要があります。

ペーパーウォレットは使い勝手がとても悪いです。

セキュリティ上、一度引き出したペーパーウォレットは新しく作成する必要があります。

また、1つのペーパーウォレットで1種類の通貨しか管理することができません。

紙が破損すると通貨を引き出せなくなってしまう可能性があるので、持ち運ぶ際も細心の注意が必要です。

ペーパーウォレットと同じレベルでセキュリティ性が高いハードウェアウォレットは、1つ数千円から数万円します。

しかし、ペーパーウォレットは印刷するだけで作成できるためほとんど無料で利用できます。

かかる費用はコピー代程度なので10円ほどです。

そのため、セキュリティ性を重視している方にはとてもコスパがいいです。

ハードウェアウォレットほど高額なリップルを扱っていない方や長期間リップルを保管したい方におすすめです。

ペーパーウォレットは、利便性は低いですが、ハッキングされる心配がないので、セキュリティは抜群です。

リップルを長期間保管する人や入出金をあまり頻繁に行わない方におすすめです。

 

ペーパーウォレットについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参照ください。

デジタルな仮想通貨をアナログなペーパーウォレットで保管!?コールドウォレットの一種であるペーパーウォレットは他のウォレットに比べてハッキング被害のリスクが小さいです。ここではその特徴や作り方などを紹介します!

頻繁にリップルの送金をする人におすすめのウォレット2選

頻繁にリップルを動かす方にとっては、セキュリティには多少目をつぶって何よりも利便性を重視したいものでしょう。

ここではとにかく手軽にリップルを扱えるおすすめウォレットを教えます!

頻繁にリップルの送金をする人におすすめのウォレット

  • Toast Wallet:利便性抜群のモバイルウォレット
  • Gatehub:ゲートウェイを利用できる多機能なウォレット

Toast Wallet

種類モバイルウォレット
セキュリティ低い
使いやすさとても使いやすい

価格

無料

Toast Walletは、手軽にスマホでリップルを扱えるモバイルウォレットです。

Toast Walletの特徴

Toast Walletは、モバイルウォレットなので、スマホでリップルを管理できます。

パソコンを持ち運ぶのはなかなか大変ですが、スマホだと手軽に持ち運ぶことができます。

スマホでいつでも簡単にリップルの送金を行うことができます。

先ほど紹介したモバイルウォレットのGincoは、iOSのみの対応です。

しかしToast WalletはiOS・Androidの両方に対応しています。

スマホを持っている方なら、ほとんど全員が利用できるウォレットです。

Toast Walletは日本語に対応していません。

言語は英語のみなので、英語が苦手な方は少し難しく感じるかもしれません。

しかし、操作は基本的に簡単なので感覚的に行うことができます。

Toast Walletはあまりセキュリティが高くありません。

常にインターネットに接続されているホットウォレットであるため、ハッキングされてしまうリスクがあります。

同じモバイルウォレットであるGincoは、仮想通貨の口座のパスワードである秘密鍵を、自身のデバイスでのみ管理されます。

しかしToast Walletでは、秘密鍵を自分のデバイスと運営会社のサーバー上で管理されています。

そのため、運営会社には全ての利用者の秘密鍵が管理されており、サーバー攻撃を受けると、大量に秘密鍵が流出してしまう可能性があります。

Toast Walletは、スマホ上で仮想通貨の管理ができるため、利便性が高いのが特徴になっています。

セキュリティよりも、利便性を重視している方におすすめです。

Toast Wallet!
Toast Wallet!
開発元:Richard Holland
無料
posted withアプリーチ

Gatehub

種類ウェブウォレット
セキュリティ低い
使いやすさとても使いやすい

価格

無料

Gatehubは、ゲートウェイを利用できるウェブウォレットです。

Gatehubの特徴

Gatehubでは、ゲートウェイを利用し、ウォレット内でリップルの取引や資産状況の分析を行うことができます。

ウォレット内で取引ができるので、とても利便性が高いです。

またウォレット内で取引できるため、ウォレットと取引所間の送金手数料を支払うこともありません。

他のウォレットと比べても機能性はとても高いです。

Gatehubは、セキュリティが低いです。

Gatehubはウォブウォレットなので、常にインターネットに接続されている状態です。

そのため、いつでもハッキングできる状態にあると言えます。

実際にGatehubを利用している人が、2段階認証を設定していたにもかかわらず、資産がなくなってしまったという事案もあります。

多額のリップルを預けるのは控えることをおすすめします。

Gatehubは日本語に対応していません。

英語が苦手な方には、取引や資産状況の分析を行うのが少し難しいかもしれません。

Gatehubは、ウォレット内でリップルの取引ができたり、資産状況が分析できます。

セキュリティーよりも、機能性を重視している方におすすめです。

Gatehubでリップルを管理する

 

リップルのウォレット比較一覧表

先ほど紹介した6つのリップルのウォレットを表で比較しています。

価格、対応通貨、セキュリティ、利便性、日本語対応、特徴の6項目で比較しています。

ウォレットGMOコインウォレットGincoLedger Nano S
ペーパーウォレット
Toast Wallet
Gatehub
商品画像
特徴セキュリティが万全の取引所
ウォレット
日本企業が運営するクライア
ント型モバイルウォレット
高いセキュリティと利便性を
持つハードウェアウォレット
ハッキングリスクが全くない
ペーパーウォレット
iOS・Androidで使え、利
便性の高いモバイルウォレット
ゲートウェイを利用できる多
機能なウォブウォレット
セキュリティ
利便性
価格無料無料7,990円無料無料無料
日本語対応××
対応通貨リップル(XRP)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
リップル(XRP)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
を含む全18種類
リップル(XRP)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
を含む全28種類
数百種類リップル(XRP)リップル(XRP)

リップルのウォレット まとめ

いかがでしたか?

この記事では、目的別におすすめのリップルウォレットを紹介しました。

総合的に判断すると、コインオタクでは以下の2種類のウォレットをおすすめします。

おすすめのリップルのウォレット

  • GMOコインウォレット:まずはこのウォレットを使おう!
  • Ledger Nano S:多額のリップルを扱っている上級者向け!

コインオタクが最もおすすめするリップルウォレットは、GMOコインウォレットです。

GMOコインウォレットはセキュリティが高く、利便性が抜群にいいため、とても人気のウォレットです。

初心者だけでなく、リップルを頻繁に取引する中上級者にもおすすめです。GMOコインウォレットでリップルを管理する

多額のリップルを扱う上級者には、最強のセキュリティを持つLedger Nano Sがおすすめです。

Ledger Nano Sでリップルを管理する