リップルウォレット目的別おすすめ6選|仮想通貨XRPの保管に必須のウォレットを比較

リップルを買ってみたはいいけど安全な保管方法がわからずに困ってはいませんか?

最近はハッキング事件も多発しているし、大事な資産をセキュリティが高く使い勝手の良いウォレットで保管できたらベストですよね。

そんなあなたのためにコインオタクがリップルの保管におすすめのウォレットを紹介します!ウォレットにはさまざまな種類があり一概にすべての人に「これがおすすめ!」ということはできません。そこで今回は3種類の目的別におすすめのウォレットをまとめました

さらには代表的なウォレットの入手方法と使い方まで書いてあるのでもうウォレットに関して迷うことはありません!

この記事ではまずウォレットに関する基礎知識、ウォレットを持つべき理由、ウォレットの選び方、目的別おすすめウォレット、最後にはLedger Nano Sの入手方法と使い方を紹介しています。

自分に最適なウォレットを見つけすぐに入手して安心・安全な仮想通貨ライフを送りましょう!

リップルのおすすめウォレットは結局この3つ!

  • Toast Wallet:頻繁にXRPを取引する人向け
  • Ledger Nano S:絶対に資産を守りたい大量保有者向け
  • bitbankのウォレット:自分で管理ができない初心者向け

Ledger Nano Sをいますぐ手に入れる!

 

そもそも仮想通貨のウォレットとは? 

ウォレットとは文字通り仮想通貨の「財布」であり、仮想通貨の保管ができ他のウォレットに送金したりすることができます。

ウォレットには主に、

の6種類があります。

それぞれについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

「ウォレットを使ってみたいけど、どう使うのかが分からない」コインチェックのハッキング騒動があったから、自分の仮想通貨は安全な場所に保管したいけど、どうしたらいいか分からない。そんなあなたに朗報です。この記事を読めばウォレットの仕組み、種類、通貨別おすすめウォレットなどを短時間で知ることができます。そして、ウォレットを利用し自分の仮想通貨を安全に保管することが出来るようになります。また、セキュリティを大幅にアップさせる仮想通貨を安全に保管する4つのコツも紹介していきます!ウォレットのことをしっかりと理解し、自分の資産を安全に保管しましょう!目次そもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットの種類一覧ウォレット作成のメリットウォレット作成の注意点通貨別のおすすめウォレット【セキュリティ大幅アップ】仮想通貨を安全に保管する4つのコツ!まとめそもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットとは文字通り仮想通貨の「財布」であり、仮想通貨の保管ができ他のウォレットに送金したりすることができます。秘密鍵と公開鍵ウォレットとは秘密鍵と公開鍵と仮想通貨アドレスを管理するものです。秘密鍵とは約70桁の数字とアルファベットをランダムに選んだ文字列のことです。桁があまりにも大きいため他人とは絶対に被らないというのがポイント!その秘密鍵から公開鍵、そして公開鍵からアドレスが作られるのですが、秘密鍵が他人に知られてしまうと勝手に送金されてしまう可能性があるため絶対に知られてはいけません。そのためウォレットについて考える時には秘密鍵を誰が保持しているかというのが重要になります。(詳細は後ほど)コールドウォレットとホットウォレットウォレットはネットに繋がっているホットウォレットとネットに繋がっていないコールドウォレットの二つに大きく分けられます。ネットに繋がっているホットウォレットは取引を頻繁にする人にとっては便利ですが、インターネット経由でハッキングされたりウイルス感染するリスクがあります。一方ネットに繋がっていないコールドウォレットはすぐに取引は出来ないものの、ハッキングリスクはほぼ0と言えるでしょう。ウォレット比較の時の重要な視点秘密鍵を誰が持っているのかウォレットがネットに繋がっているのかどうか 

 


ウォレットを作成すべき2つの理由 

セキュリティが向上する 

近年の仮想通貨のブームと共に仮想通貨関連の犯罪が多発しています。中でも大量の仮想通貨を保管している取引所にはハッカーが常に攻撃を仕掛けています。

2014年には470億円相当のビットコインが盗まれるマウントゴックス事件が発生したほか、2018年に日本の最大手取引所で580億円相当の仮想通貨が盗まれたコインチェックのハッキング事件も記憶に新しいのではないでしょうか。

取引所でのセキュリティ強化は日々努められていますが資産を確実に守るには自分で自分の仮想通貨を管理することがもっとも確実です。特にオフラインで秘密鍵を管理することのできるコールドウォレットを利用すれば劇的にセキュリティを向上させることができます!


カウンターパーティーリスクを回避できる 

取引所で仮想通貨を保管していると取引所がハッキングにあった際だけでなく、倒産・持ち逃げした際やメンテナンス中に仮想通貨の入出金ができなくなってしまいます。このように信頼関係において考えられるリスクをカウンターパーティーリスクと言います。

ウォレットで仮想通貨を保管しておけば自分でいつでも自由に仮想通貨を操作できるので取引所に対してカウンターパーティーリスクを負う必要がありません!


最適のウォレットは人によって異なる! 

仮想通貨のウォレットは一概にどれがいいと言うことはできません。ここでは自分に最適のウォレットの選び方を紹介します!

リップル(XRP)のウォレットは目的別で選ぶべし 

まず自分がウォレットをどのように利用するのかを考えましょう。

例えば大量のXRPを保有していて是が非でも秘密鍵を守りたい人であれば多少値が張ってもセキュリティ性能が最高峰のウォレットを選ぶべきですし、仮想通貨取引を始めたばかりで少額しか取引しない人であれば無料で使いやすいウォレットを選んだりそもそもウォレットに保管する必要性すらなかったりするかもしれません。

このように最適のウォレットは人や状況によって大きく異なるのでまずは自分の利用目的を考えてみましょう

この記事では、

  1. 頻繁にリップルの送金をする人
  2. 大量のリップルを保管したい人
  3. 仮想通貨に疎い初心者

の3つのタイプに分けてリップルのおすすめウォレットを紹介しています。

複数のタイプに該当する場合は、資産の分散管理の観点からも複数のウォレットを使い分けるのがおすすめです!


ウォレットを選ぶ際に重要な4つの基準 

利用目的を考えある程度ウォレットを絞りこむことができたら、あとはその中から自分が実際に利用するものを選んでいきましょう。

その際にコインオタクでは、

  • 自分の仮想通貨リテラシー
  • セキュリティの高さ
  • 使いやすさ
  • 価格の安さ

4つの観点から選ぶことをおすすめします。

ウォレットをもつということは多くの場合自分で秘密鍵を管理することを意味します。もし秘密鍵を無くしてしまえば仮想通貨の移動ができなくなる「セルフゴックス」状態になり、秘密鍵が漏洩してしまうと仮想通貨を盗まれる危険性もあります。

自分で秘密鍵を管理することはそれ相応の責任を伴うため仮想通貨に関してある程度の理解が必要であり、正直なところ初心者には難易度の高いハードウェアウォレット等はあまりお勧めできません。

もしウォレットでの保管を考えるならばまずは少し仮想通貨やウォレットの仕組みについて勉強してもいいかもしれません。

詳しくはこちらをご覧ください。(「仮想通貨 ウォレット」の記事リンク

ウォレットを選ぶ上でセキュリティの高さは最も重要な要素の一つであり、主に秘密鍵の管理者と管理状態をもとに判断することができます。

管理者が自分以外である場合はセキュリティは完全に管理者に依存するほかカウンターパーティーリスクがあるためあまり好ましくありません。自分の管理方法次第ではありますが、秘密鍵は自分で管理している方がセキュリティは高いです。

また秘密鍵がオンラインで管理され常にハッキングやウィルスに犯されるリスクに晒されているコールドウォレットよりも、オフラインで管理されているコールドウォレットの方がハッキング耐性が強くセキュリティの面で秀でていると言えます。

さらには近年では送金に複数の秘密鍵による署名を必要とすることでセキュリティ性能を高めるマルチシグ技術が採用されているウォレットも多く見られます。

もっとも、厳重なセキュリティをしけばしくほど利便性が落ちていく傾向にあるのでバランスにも注意が必要です。

使いやすいウォレットであれば直感的に操作ができるので操作ミスが減りセルフゴックスのリスクを抑えることができます。

またウォレットの機能を最大限に引き出すことができるので保管だけでなく送金や資産状況の把握など多くのことが可能になることもあります。アプリ対応のウォレットであれば出先でも手軽に取引することもできます。

ただ、先ほど述べたようにセキュリティとはある程度トレードオフの関係にあるのでバランスは考える必要があります。

ほとんどのウォレットは無料で提供されていますが、本体が存在するハードウェアウォレットのみ1万円程度の費用がかかります。

自分が求めるセキュリティ性能・使いやすさなどを基準に購入するだけの価値があるかを判断しましょう。



頻繁にリップル(XRP)の送金をする人におすすめのウォレット2選 

頻繁にリップルを動かす方々にとってはセキュリティには多少目をつぶって何よりも利便性を重視したいものでしょう。

ここではとにかく手軽にリップルを扱えるおすすめウォレットを教えます!

頻繁にリップルを送金する人におすすめのリップルウォレット

  • Toast Wallet:iPhoneとAndroidの両方で使えるモバイルウォレット
  • Gatehub:ゲートウェイで取引もできちゃう多機能ウォレット

 

Toast Wallet!:スマホアプリで手軽にXRPを扱える 

(↑AppStoreより)

Toast Walletはパソコンだけでなくスマホアプリでも利用できるリップル専用のウォレットです。iPhoneとAndroidの両方に対応しています。

モバイルウォレットであるため利便性がとても高く頻繁にXRPの送金を行うユーザーにとっては魅力的ですが、ホットウォレットであるためハードウェアウォレット等と比べるとややセキュリティ性能が低い他、英語のみの対応であるデメリットもあります。

種類モバイルウォレット/デスクトップウォレット
セキュリティ普通
使いやすさ使いやすい
価格無料
機能XRPの送着金・残高/履歴の閲覧・アドレスの作成・バックアップ
対応通貨XRP

Toast Wallet!の公式ホームページ

Gatehub:ゲートウェイを利用できるウェブウォレット

GatehubはRTXPにおけるゲートウェイであるGatehubが提供するウェブウォレットです。

ホットウォレットにあたるウェブウォレットであるためセキュリティに不安があり、実際に二段階認証をおこなっているのにもかかわらず資産がなくなった事案も過去に複数起きていますが、一方でゲートウェイを通じてXRPのトレードをウォレット内で行えるほか資産状況の分析もできとても多機能なウォレットであると言えます。

種類ウェブウォレット
セキュリティやや低い
使いやすさ使いやすい
価格無料
機能XRPの送着金・残高/履歴の閲覧・ゲートウェイの利用
対応通貨XRP(ゲートウェイでは多種のIOUが利用可能)

Gatehubの公式ホームページ

多額のリップル(XRP)を安全に保管したい人におすすめのウォレット2選

多額のリップルを保有するユーザーにとっては、多少の出費は覚悟でなにがなんでも秘密鍵を守り抜くことが先決でしょう。

ここではそんなリップラーのためにセキュリティ性能がとても高いウォレットを2つ紹介します!

XRP大量保有者におすすめのリップルウォレット

  • Ledger Nano S:セキュリティ・機能性・デザイン性のあらゆる点で◎
  • ペーパーウォレット:作成のハードルがとても低いがセキュリティも高い

 

 Ledger Nano S:最高峰のセキュリティと機能性をもつハードウェアウォレット 

オフラインで秘密鍵を管理できるハードウェアウォレットであるためセキュリティ性能がとても高いのが大きな特徴です。

値段は15000円するもののスタイリッシュであり直感的な操作が可能であることからとても人気が高く、多くの店で売り切れになっています。

取り扱い通貨数が25種類とハードウェアウォレットの中でも特に多く、MyEtherWalletと連携することで100種以上の通貨を保管することができます。

他の通貨も保管することを考えると脱初心者の第一歩として1つは持っておきたい代物です。

種類ハードウェアウォレット
セキュリティとても高い
使いやすさ使いやすい
価格約1万5000円
機能XRPの送着金・残高/履歴の閲覧・アドレスの作成
対応通貨XRP/BTC/ETH/LTC/BCHなど25種類

Ledger Nano Sの日本正規代理店ホームページ


ペーパーウォレット:古典的だが強固なセキュリティを誇る 

紙に秘密鍵を書いて保管するもっとも簡単なコールドウォレットです。ネットに接続する瞬間がないのでハッキングのリスクがありません

手軽でコストもかからないためかなり良いですが、紛失や消失の危険、湿気や火に弱いことから秘密鍵がわからなくなる危険性も高いです。他のウォレットと並行して利用するのがおすすめです!

種類ペーパーウォレット
セキュリティ高い
使いやすさ使いにくい

価格

無料
機能なし
対応通貨無限


仮想通貨がよくわからない初心者におすすめのウォレット2選 

仮想通貨についていまいち理解できていない初心者が難しいウォレットを使ってしまうと、よくわからないまま秘密鍵がどっかいったり送金方法をまちがえてしまったりとかえって危険性を伴うことがあります。

そこでここではそんな初心者のために何よりも使いやすさやわかりやすさを重視したウォレットを紹介します!

初心者におすすめのリップルウォレット

  • bitbank:セキュリティも利便性も高い取引所のウォレット
  • Toast Wallet:スマホでリップルを送金できる便利なウォレット

 

bitbankのウォレット:最も安くXRPを購入できる取引所でありセキュリティも高い

bitbankはリップルを販売所ではなく取引所で取り扱っている国内では数少ない場所であり、リップルを最も安く購入できる場所です。

bitbankではXRPを含め5種のアルトコインを取引所で購入できます。

ソースコードを一般に公開しユーザーと協力しながらセキュリティを強化していて、またマルチシグやコールドウォレットを採用していることから取引所のなかでは

セキュリティが高いですが、万が一倒産やハッキングされた際には資金を引き出せなくなるカウンターパーティーリスクがあります。

種類取引所のウォレット
セキュリティ高い
使いやすさ使いやすい

価格

無料
機能XRPの送着金・取引所の利用
対応通貨XRP/BTC/ETH/LTC/BCH/MONA

bitbank公式ホームページ


Toast Wallet:スマホアプリで手軽にXRPを扱える

(AppStoreより)

スマホアプリで利用できるため初心者でも直感的に操作することができるウォレットです。先ほども登場しているので詳しい説明はここでは割愛します。

種類モバイルウォレット/デスクトップウォレット
セキュリティ普通
使いやすさ使いやすい
価格無料
機能XRPの送着金・残高/履歴の閲覧・アドレスの作成・バックアップ
対応通貨XRP

Toast Wallet!の公式ホームページ

〜まだ見つからない方へ〜リップル(XRP)対応のその他ウォレット3選 

ここまで読んでみてどのウォレットもしっくりこなかった人向けに、あまりおすすめではないですが他にもいくつかウォレットを紹介しておきます。

RippleウォレットChrome拡張機能(ウェブウォレット)

リップルを保管できるGoogleのChromeの拡張機能です。チャートや残高を一瞬で確認できたり取引所を利用できたりするため利便性は高いですが、セキュリティ面では怪しさが残ります。目新しいものに興味がある人は利用してみてもいいでしょう。

RippleウォレットのChromeウェブストア

ripple-client-desktop(デスクトップウォレット) 

Githubで公開されているデスクトップウォレットです。特別な機能があるわけでもなく、ホットウォレットなのでセキュリティも高くありません。参考までに。

ripple-client-desktopのGithub

ripple-wallet-mobile(モバイルウォレット) 

Githubで公開されているモバイルウォレットです。リップル用のモバイルウォレットが少ないため希少性は高いですがユーザー数も少なくあまりおすすめできません。参考までに。

ripple-wallet-mobileのGithub

Ledger Nano Sの購入方法・使い方 

最後にリップルの保管におすすめしたLedger Nano Sの具体的な入手方法や使い方を説明します。

Ledger Nano Sの購入方法

Ledger Nano Sは日本の正規代理店、Ledger社の公式ホームページ、Amazonなどの通販で購入できます。もっとも安全性が高く簡単に購入できる日本の正規代理店での購入がおすすめです!なお、AmazonやメルカリなどでLedger Nano Sが出品されているのを見かけますが、セキュリティの観点からとても危険なので絶対に買わないようにしましょう。

 詳しくはこちらをご覧ください。

 「取引所に資産を預けているのって危ないって聞いて、Ledger Nano Sを買うか迷ってるんだけど買い方がわからない。。。」「Ledger Nano Sって人気あるらしいんだけど高いらしくてどこで購入するのが一番安いんだろう・・・?」「リップル(XRP)が預けれるのはLedger Nano Sだけらしいんだけど、購入しようかな?」なんてなかなかLedger Nano Sの購入に踏み切れてない人が多いのではないでしょうか。今回はLedger Nano Sを購入場所ごとに比較して、それぞれについて購入方法を詳しく解説しました!!これを読めばあなたにピッタリの購入場所がみつかり、購入方法も分かります!!この記事でわかることLedger Nano Sの購入場所ごとの特徴Ledger Nano Sの購入方法 目次いまハードウェアウォレットが人気な理由Ledger Nano Sの特徴Ledger Nano Sを購入する前に気をつけること! Ledger Nano Sはどこで購入するのがおすすめ?Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜正規代理店編〜Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜公式サイト編〜Ledger Nano S 

 

Ledger Nano Sでの送金方法

①Ledger Nano Sでリップルを利用するにはパソコンにホームページからリップルアプリのダウンロードをする必要があります。

②ダウンロード後、パソコンにLedger Nano Sを接続します。ダウンロードしたアプリを起動するとLedger Nano Sと連動します。

③「send」のボタンに切り替えて、送付アドレスを入力するか、QRコードを読み込むことでLedger Nano Sから送金できます。


詳しくはこちらご覧ください。

(「Ledger Nano S 使い方」の記事)

まとめ 

いかがでしょうか?今回はリップルの保管におすすめのウォレットを紹介しました。大切なことは自分の目的にあったウォレットを選ぶことです!

コインオタクがおすすめするウォレットは以下の通りです。

<頻繁に送金する人向け>


<大量のリップルを保有する人向け>


<初心者向け>


あなたに最適なウォレットに出会えたならば幸いです。


CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!