Zaifが取り扱っている通貨について知りたい!

あなたは今そうお考えではありませんか?

Zaifが扱う数多くの通貨に関して知りたいですよね!

この記事では、Zaifの取り扱い通貨全15種類の特徴とその将来性をまとめました

Zaifでの取り扱い通貨の中からの投資銘柄の選択や取引所選びの判断材料としてお役に立てば幸いです。

この記事を読んだらわかること

  • Zaifの仮想通貨一覧と日本円で取引可能かどうかが分かる
  • Zaifの全取り扱い通貨の特徴と将来性が分かる
  • Zaifの取り扱い通貨数を他の取引所と比較できる

 


Zaifとは 

Zaif


Zaifとは、テックビューロ株式会社が運営する国内の大手仮想通貨取引所です。

アルトコインの手数料も安く、ビットコインに至っては手数料がマイナスです!

国内ではZaifでしか買うことができないという銘柄も数多くあります!

簡単売買だけでなく、最大25倍というレバレッジもかけれるため、初心者から上級者までオススメの取引所です。


Zaif公式サイトはこちら


 Zaifについてより詳しくはコチラ

Zaifは取引毎に手数料がゲットできる?国内初、銀行から直接投資を受ける等何かと話題をかっさらうZaif。その気になる手数料事情を様々な角度から解説したいと思います。初めて仮想通貨の投資を始める方、トレードを楽しみたい方は特に必見です!

 

Zaif取り扱い通貨・銘柄一覧  

Zaif取扱い仮想通貨

Zaifでは、以下の5種類の仮想通貨を扱っています。


Zaif取扱い通貨日本円で取引可能か否か
ビットコイン(BTC)
ネム(NEM,XEM)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
イーサリアム(ETH)


Zaif取扱いトークン

そもそもトークンとは既存のブロックチェーン技術を利用して作られた通貨です。

Zaifではこのトークンの扱いが非常に豊富です。

トークンエコノミーが今後社会にどんどん浸透していくことになるとこのトークンの価値の高まりは大いに期待できます。

しかし、あまりトークンが扱われている取引所がないためにどのトークンがおすすめなのか正直わからない方が多いと思います。

ぜひ、銘柄選びの参考にしてみてください


Zaif取扱いトークン日本円で取引可能か否か
Zaifトークン
CounterPartyトークン(XCP)
Bitcrystals(BCY)
Storj(SJCX)
ネクスコイン(NCXC)
カイカコイン(CICC)
フィスココイン(FSCC)
ペペキャッシュ(PEPECASH)
Zen(JPYZ)〇(BTCで取引不可)
COMSAトークン(CMS)×(ETH、BTCのみで取引可能)

Zaifでほとんどの取り扱い通貨に関して日本円で取引可能だがCOMSAトークンだけが不可能であり、逆にZenは日本円でしか取引ができないことには注意が必要です


 トークンについて詳しくはコチラ

本記事では、仮想通貨においてのトークンの定義からその役割、保有するメリット・デメリットまで解説していきます。今まで曖昧に認識していたトークンの意味をしっかりと理解し、仮想通貨に対する理解を深めていきましょう!

 




ビットコイン(BTC)の特徴と将来性

ビットコインの特徴

ビットコインは仮想通貨第一号で、時価総額も常に1位をキープしてきた名実ともにナンバー1の仮想通貨です。

実用性も段々と高まっており、ビックカメラなどで支払いにビットコインを使用することができます。

ビットコインの将来性

ビットコインはビットコイン2.0という既存のビットコインのブロックチェーンを活用してビットコインに仮想通貨以外の機能を付与するプロジェクトも盛んに生まれている現状でまだまだ伸びしろはあるかもしれません。

イーサリアム等の台頭を主とした様々な原因からビットコインが今後影響力を弱めていく可能性も大いにあります。

この意味でこれから、新たに投資対象を探している人にとってビットコインは多少チャレンジングな銘柄となるかもしれません。 


ビットコインについて詳しくはコチラ

ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている仮想通貨です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!

 

ネム(NEM)の特徴と将来性



ネムの特徴

ネム(NEM)とは、New Economy Movementの略で、ブロックチェーン上に新たな経済運動を起こそうという目的のプロジェクトです。

ネム(NEM)プラットフォーム上で発行された仮想通貨の単位がXEMですが、NEMという名称の方が有名なため仮想通貨自体がNEMと呼ばれることがよくあります。

ZaifはNEMが世界で一番取引されている取引所であり、具体的には総取引量の約26%(2018年2月17日15時23分時点)をJPYとXEMのZaifにおける取引が占めています。

ネムの将来性

NEMはプライベートチェーンmijinの最新版であるカタパルト版の実装を2018年内に控えており、これに伴いトランザクションの処理速度が格段に速くなり(VISAにも引けを取らないレベル)、マルチシグの3レイヤーまでの実装が可能となるのを軸としたアップデートがなされることになります。

NEMのカタパルト実装が実現すると、金融機関を中心に様々な分野でNEMが採用されることが予想されています。

現状は、送金システムに強いということで金融機関と言えばリップルという評価がなされがちですが、カタパルト実装されたNEMは金融機関にとってメリットが多いので金融機関の基盤がNEMになることは大いにありえます。

そういった意味でも、現状の価格は過小評価されていると捉えるのがもっともでしょう。

今後の進展に期待です。


 NEMについてより詳しくはコチラ

コインチェックのハッキング事件でも話題になった仮想通貨NEM(ネム/XEM)。実は、開発が上手く行けばリップルをも凌ぐ取引のはやさを実現できる将来性のある仮想通貨です。特徴やメリット・デメリット、取引所やウォレットなど網羅的に解説します!

 

イーサリアムの特徴と将来性


イーサリアムの特徴

イーサリアムはスマートコントラクトの老舗的存在であり、企業やプロジェクトがイーサリアムブロックチェーン上で独自トークンを発行してICOを行うプラットフォーム型の通貨です。

既存の580種類のトークンの内、475種類がイーサリアムブロックチェーン上に存在します。

プラットフォーム型の通貨としてはイーサリアムが圧倒的な存在感を放っており今後もそれは変わらないでしょう。


イーサリアムの将来性

イーサリアムはプラットフォーム型の通貨として社会に浸透していくことに加えて、ビットコインの影響力の低迷と引き換えに基軸通貨としての存在感が高まっていく可能性が高く、ビットコインとイーサリアムの動きには要注意です。

また、イーサリアムはdAppsと呼ばれる分散型アプリケーションの成長も著しく、今後の普及はますます加速していくことは間違いないでしょう。

今後もイーサリアムの成長が楽しみです。

 イーサリアムについてより詳しくはコチラ

イーサリアム(Ethereum)は、時価総額第2位の仮想通貨で、ビットコインを超えるほどのポテンシャルを持つかもしれないと言われています。イーサリアムの何が凄いのか、将来性はどのくらいあるのか、実際に買った方が良いのかを解説します!

 

 モナコイン(Monacoin) の特徴と将来性



モナコインの特徴

モナコインは日本で生まれ日本で愛されている仮想通貨です。

技術的にはライトコインの技術をベースとしているので革新性はないです。

しかし、2ちゃんねらーを初めとした日本国内の根強いコミュニティによって価値が下支えされている通貨です。


モナコインの将来性

モナコインはコミュニティが非常に活発なので、単なる投資目的で保有するよりはそのコミュニティに参加する面白さに期待して保有して、結果として成長すればラッキーだ、ぐらいの感覚で付き合うのがいいかと思います。

とは言え、それはあくまで現状の話でこの強いコミュニティが力を発揮して新たな面白い技術を実装して何らかの実用性をモナコインが持つ可能性も捨てきれないので今後の展開が見逃せないです。

モナコインについてより詳しくはコチラ

目次モナコイン(monacoin)とは?モナコインのチャート分析!相場から見る最新価格推移モナコインの問題と将来性~今後の展望について、コインオタクの見解~モナコインの仕組みは?モナコインのメリットは?モナコインのデメリット【モナコインの買い方】オススメ取引所紹介【モナコインの保管方法】オススメのウォレットモナコインについてもっと知りたい!Q&Aコーナーモナコインのまとめ モナコイン(monacoin)とは? モナコイン(monacoin)とは、2014年1月1日に5ちゃんねるのチャットが発端で流通が開始した、日本発の仮想通貨です。 モナコインのチャート分析!相場から見る最新価格推移 ここ一年のモナコインのチャートは以下のようになっています。(2018年1月26日現在)1年前は1MONA=3円ほどの価値しかなかったモナコインは、なんとこの一年で約200倍になりました!ではその一部始終を追いかけていきましょう。まず、このチャートでは微々たる変化ですが、5月から6月にかけて20円→80円ほどになっています。これは、モナコインの半減期とアルトコインブームが被ったためです。このころはビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の各銘柄が高騰しました。その後、中国の仮想通貨規制などの影響で一時価値を下げ、10月頭に再び高騰しました。50円→300円(一時700円台にも)と爆発的な高騰ですね。 これは、あの大手仮想通貨取引所bitFlyerがモナコインの取り扱いを始めたからです。「そんだけで価値が6倍になるとかマジ?」と思われるかもしれませんが、アルトコインは、このように大手取引所で取引が開始されただけでコインの価値が爆上がりすることがあります。そして極めつけは11月末~12月頭の高騰です。1ヶ月の間に330円→1200円(最大2200円!)と約4倍も高騰しました。この原因は大きく分けて2つあります。まず一つ目は有名トレーダーcis氏がモナコインへ購入を公言したことです。モナコインは9割ネタで投資ではないです1000万ちょっとしか買ってないしたぶん投げ銭とか、イベントの景品とかにして使ってしまいそうでも今の時価総額低いし名前が良いから30倍もワンちゃん?— [email protected]株 先物 FX 仮想通貨 ドラクエ (@cissan_9984) November 30, 2017

 ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴と将来性

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュは2017年の8月に、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するためにセグウィット導入を求めるビットコイン開発陣とブロックサイズを大きくすることを求める中国のマイニンググループを中心としたマイナーとの解決策の方向性の相違から、マイナー側がハードフォークを選択したことで生じたビットコインとは別の通貨です。


ビットコインキャッシュの将来性

ビットコインキャッシュは別の通貨とはいえ、やはりビットコインの価格に影響して価格変動をするので値動きを予測するのは容易ではないでしょう。

ただ、昨年の12月にはビットコイン決済サービスのBitpayでビットコインキャッシュが採用されたり香港の取引所であるOKEx基軸通貨として採用されました。

今後ビットコインにとって代わる存在になる可能性も秘めているので今後の展開が楽しみな通貨ではあります。

ビットコインキャッシュについてより詳しくはコチラ

目次Bitcoin cash(ビットコインキャッシュ)とはBitcoin cashのレートは?最新チャート分析!相場から見る価格推移Bitcoin cashの問題と将来性は?コインオタクの見解Bitcoin cashの仕組みBitcoin cashのメリットBitcoin cashのデメリット【Bitcoin cashの入手方法】おすすめの取引所3選【Bitcoin cashの保管方法】おすすめウォレットBitcoin cashについての気になるQ&ABitcoin cashまとめ Bitcoin cash(ビットコインキャッシュ)とは ビットコインキャッシュとは、去年の8月にビットコインのハードフォークでできた通貨で、ビットコインよりも1つのブロックサイズを大きくすることでスケーラビリティ問題を解決しようとした通貨です。ブロックチェーンの分裂で生まれ、当時のビットコインと同じ量発行されました。   <コインオタクのオススメ関連記事> ビットコインのハードフォークで何が起こる?仕組みと過程を徹底解説仮想通貨市場全体を揺るがすビットコインのハードフォーク。どうして起きるのか?大荒れの相場でリスクを軽減する方法とは?今回はハードフォークの対処法、仕組みや過程についてくわしく説明します!続きを読む   Bitcoin cashのレートは?最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年10月31日現在) ビットコインキャッシュのチャートは、はじめは暴落するところから始まります。これはマイニングの難易度が高すぎて、マイニングが10分単位で行われず、取引が満足に行えなかったことが原因で通貨として使えないとみなされたことによります。 その後、マイニングの難易度が調整され、取引が普通に行われるようになったことにより、価格の暴騰が起こりました。そしてマイナーたちが掘っては売ってを繰り返し、徐々に値段が下がっていたと考えられます。現状は三万円前後で安定しているようです。

Zaifトークン (通称ザフト) の特徴と将来性


Zaifトークンの特徴

Zaifトークンとは仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)が発行する独自トークンです。

Zaifトークンは運営元のテックビューロ社の成長に比例して値動きが起こります。


Zaifトークンの将来性

Zaifトークンの価値は、テックビューロの成長に比例します。

実際に、テックビューロのCOMSAでのICO開始の発表を受けてZaifトークンの価格は急騰し、その後COMSAプロジェクトとZaifトークンの連携の予定はないという発表を受けて価格が暴落しました。

ZaifトークンはZaifとそれを運営するテックビューロの成長に期待して投資する株式みたいなものです(いくら保有しようが経営参加権が付与されないという意味では一線を画しますが)。


このように、仮想通貨は予想外の動きもする中で比較的にファンダメンタル分析がしやすいのがZaifトークンなのかなと思います。

この急騰が今後どう動くのか、そしてNEMのカタパルト実装やmijinの社会への普及によってどのような値動きをしていくか非常に楽しみです。


Zaifトークンについてより詳しくはコチラ

目次Zaifトークン(ザイフトークン)とはZaifトークンのチャート分析!相場から見る価格推移Zaifトークンの今後の動き・将来性は?Zaifトークンの仕組み・概要ZaifトークンのメリットZaifトークンのデメリット【Zaifトークンの入手方法】購入できるのはZaifだけ!【Zaifトークンの保管方法】Zaifトークンについての気になるQ&Aまとめ Zaifトークン(ザイフトークン)とは Zaifトークン(ザイフトークン)とは、テックビューロの運営する仮想通貨取引所「Zaif」が発行する独自トークンです。 現時点では明確な目的や用途があるわけではありませんが、大手取引所Zaifが発行しているとあって期待も高まり、注目を集めています。   Zaifについてコインオタクが解説した記事はこちら! 日本一の現物取引量を誇るZaif(ザイフ)とは?特徴や使い方を徹底解説かのホリエモンこと堀江貴文氏も技術アドバイザーとして参画したテックビューロ社の運営するZaif。日本一の通貨取引量を誇り今話題沸騰中のZaifの特徴や使い方を様々な切り口からわかりやすく解説していきたいと思います!続きを読む   Zaifトークンのチャート分析!相場から見る価格推移 (2017年11月23日現在) これが発行時点からのZaifトークンの価格推移です。 取引が開始した直後は4円〜5円ほどで取引されていた時期もありましたが、その後は「ZaicaでGO」や「YogiboでGO」などのキャンペーンの際には多少の値上がりを見せたものの、特別な用途の無さなどから徐々に下がっていきました。 2017年8月には、それまで0.1円くらいだったのが2.5円近くまで、つまり約25倍にまで高騰しました。この原因としては、Zaifを運営するテックビューロによるCOMSAのリリースの発表が考えられます。COMSAへの期待が、Zaifが発行するZaifトークンに現れたのではないでしょうか。 しかし、高騰も束の間、急激にその価格は下がることになります。この原因としては8月27日のZaifの公式Twitterでの発言が大きいでしょう。

 CounterPartyトークン(XCP)の特徴と将来性


CounterPartyトークンの特徴

カウンターパーティーは上で述べたZaifトークンも含め、以下に述べるZaifで扱われているトークンのすべての生みの親です。

カウンターパーティーはビットコイン2.0というプロジェクトの一つでビットコインに独自通貨発行機能を持たせるものです。

Zaifで取り扱われている全トークンはこの機能を活用して生み出されたものです


CounterPartyトークンの将来性

トークンエコノミーのプラットフォームとしての役割を持つCounterPartyの独自通貨であるCounterPartyトークンは、今後新たなトークンがこのカウンターパーティープロトコルを利用して生み出されればされるほど価値が高まっていくことが考えられます。

このようなカウンターパーティートークンの性質から、Zaifで扱われるトークンの中では最も将来性が楽しみな銘柄と考えます。

2018年に入り暴落してますが、回復の機運が高まっている現状です。


長期的視点では今後の成長が楽しみです。

Counterpartyについてより詳しくはコチラ

目次Counterparty(カウンターパーティー)とは?Counterpartyの最新チャート分析!相場から見る最新価格推移Counterpartyのリスクと将来性は?コインオタクの見解Counterpartyの仕組み・特徴Counterpartyのここがすごい!Counterpartyにはデメリットも・・・【Counterpartyの入手方法】XCPが取引できる取引所3選【Counterpartyの保管方法】使いやすいウォレットCounterpartyまとめ   Counterparty(カウンターパーティー)とは? Counterparty(カウンターパーティー)とは、ビットコインのブロックチェーン上に作られた、分散型合意形成に基づく金融プラットフォームです。 ビットコイン2.0と呼ばれるプロジェクトの一つで、ビットコインのブロックチェーンを利用して独自のトークンを発行したり、イーサリアム上のスマートコントラクトをそのままビットコイン上で実行できるようにしたりと様々な新機能がそなわっています。Omniなど、ビットコイン2.0と呼ばれるプロジェクトの中では最も実績のあり、注目されているプロジェクトと言えるでしょう。 Counterpartyの最新チャート分析!相場から見る最新価格推移 これは2016年12月から2017年12月までのチャートです! アルトコインバブルで6月頃に上がりましたが、中国でのICO規制などにより8月は下がりました。その後9月にも大々的なアップデートがあり、その期待感から価格は上昇するものの、実際にはあまり変化がなかったので緩やかに下降しました。また11月18日にアップデートしてSegwitの導入などでより早く取引できることが信頼の上昇につながり価格が上がっていると考えられます。  Counterpartyのリスクと将来性は?コインオタクの見解 Ethereumとの競合 Counterpartyはビットコインのプラットフォーム上でイーサリアムのスマートコントラクトを実行可能になったので、イーサリアムでできることは理論上ではビットコイン上で全て実行可能となりましたが、スケーラビィティの問題があるためいまのところはイーサリアムの需要が完全になくなるということはなさそうです。 Counterpartyはデフレ通貨

 フィスココイン(FSCC)の特徴と将来性


フィスココインの特徴

フィスココインはフィスコ株式会社という金融情報配信サービスを提供している上場企業が発行した通貨です。

フィスココインは発行枚数が5000万枚と少なく、その内の多くを発行主体であるフィスコが保有している為、他の仮想通貨よりも価格が安定します。

フィスココインの将来性

フィスココインは、上場企業が発行しているために信頼感があるだけでなく、フィスコ仮想通貨取引所も開き積極的に仮想通貨と関わっているので、仮想通貨関連業界においてもプレゼンスを今後高めていく可能性もあり投資する価値は大いにあるかと思われます。


チャートを見てみると、2017年の末から2018年の初めにかけての動きはCounterPartyトークンと似た動きをしていますね。


フィスココインの一年間の値動きをみてその価格の安定感に気づかされると思います。

仮想通貨特有の激しいボラティリティは今のところなさそうなので、比較的に安心して運用ができる銘柄かもしれません。

フィスコグループの今後の成長次第では、フィスココインの価値を高騰するでしょう。


フィスココインについてより詳しくはコチラ

目次フィスココインとはフィスココインのチャート分析・相場から見る価格推移!気になるレートは?フィスココインの問題と将来性フィスココインの仕組み・概要フィスココインのメリットフィスココインのデメリット【フィスココインの入手方法】扱っている取引所は2つだけ!【フィスココインの保管方法】どのウォレットで保管できる?まとめ フィスココインとは フィスココインとは、株式会社フィスコがブロックチェーン技術を用いて発行した独自のトークンです。 未だ実験段階ではありますが、社内だけでなく外部にも向けたトークンを発行するのは日本の上場企業としては初の試みということで注目のコインです! フィスココインのチャート分析・相場から見る価格推移!気になるレートは? (2017年11月10日現在) こちらがフィスココインの価格推移です。 このチャートを見ると、2017年6月あたりから価格が急激に高騰し始め、7月にピークを迎えていることがわかります。 この高騰の原因として考えられるのは、発行主である株式会社フィスコが、7月13日にフィスココインの追加発行のロック、つまり「フィスココインをこれ以上発行しない」ということを公式に発表したことです。これによってフィスココインの価値の安定性が見込まれ、人気が出たと考えられます。 一時80円近くまで暴騰したフィスココインですが、現在は「1FSCC=36円」くらいとなっています。 フィスココインの問題と将来性 新規発行の予定なし フィスコは、すでに発行枚数5000万枚の時点でフィスココインの追加発行をロックしています。これは、ダイリューション(価値の希薄化)を防ぐことによる価値の安定・向上を目的としています。これによって、株式会社フィスコ、安定保有者が保有しているものを除くと、フィスココインの市場流通量は約1,100万枚だと想定されています。 たしかに、発行枚数が増えないということが公表されていると価値の希薄化は起こりにくくなりますが、流通量が少ないと取引量も増えにくいという問題もあります。そうして取引量が少なくなると、売買が比較的成立しにくくなるということもあり得るのです。 まだ実験段階だけど伸びしろは十分!上場企業初の試み! フィスココインは、日本の上場企業としては初めての外部向けに発行されたトークンです!

ペペキャッシュの特徴と将来性


ぺぺキャッシュの特徴

ぺぺキャッシュとは、カードの売買という目的のために生み出された通貨です。

ぺぺというアメリカで人気のキャラクターを模したカードをトークン化させてブロックチェーン上で取引します。


ぺぺキャッシュの将来性

ぺぺキャッシュは、技術的な革新性も何もない一種のギャグコインと言えます。

一方でカードをトークン化させてブロックチェーン上で取引を行うことを実現したという意味ではトークンエコノミーの先駆け的な存在としても捉えることができ仮想通貨界にとって有意義な存在だとも言えます。

ぺぺはアメリカの4chan(日本でいう2ch)で根強い人気があります。

モナコインがその技術的な新規性がなくても急騰をしたように、ペペキャッシュも急騰する可能性は捨てきれないのでチャレンジしてみるのもありかもしれません。


ぺぺキャッシュについて詳しくはコチラ

目次ぺぺキャッシュ(pepecash)とはぺぺキャッシュのチャート分析。相場からみる最新価格推移ぺぺキャッシュの仕組みぺぺキャッシュの問題と将来性は?コインオタクが分析した ぺぺキャッシュの今後の展望【 ぺぺキャッシュの入手方法】オススメの取引所3選【 ぺぺキャッシュの保管方法】ウォレット3選 ぺぺキャッシュまとめ ぺぺキャッシュ(pepecash)とは トレーディングカードのような仮想通貨 ぺぺキャッシュ(pepecash)とは、「Pepe of Frog」というキャラクターを模したカードに、ブロックチェーンの仕組みを使って仮想通貨としての価値を持たせたものです。「Pepe of Frog」はアメリカの4chan(日本で言う2ch)で流行しているインターネットミームで、もともと4chanのユーザーはこのキャラクターを素材として作成した画像を4chan上で使っています。それらの画像の中から審査を経て「レアぺぺカード(希少なぺぺのカード)」に認定されたカードがぺぺキャッシュとなり、トレーディングカードのような価値を持ってユーザー同士で取引できるようになっています。 ぺぺキャッシュのチャート分析。相場からみる最新価格推移 Bitcoinと連動して一時50倍に高騰   (2017/10/11現在) ぺぺキャッシュは使用用途が限定されていることや、技術的な新規性が特にあるわけでもないことから、高騰する仮想通貨には一見見えないかもしれません。ただ、元々の価格が安かったことや仮想通貨取引所上場での急激な資金流入が発生したことなどから今年の5、6月に50倍近くに暴騰します。これは、アルトコインが軒並み暴騰したタイミングと同じでした。 その後、価格は急落していたのですが、10月中旬に価格が8倍になるなど高騰し、直後に急落しました。最近ギャグコインの一種と言われているモナコインが急騰したことからも、革新性が無いように見えるコインも高騰する可能性があると言えます。これは、同じくZaifという取引所で扱われているモナコインの高騰に乗り遅れた投資家たちが買いに走ったからかもしれません。 現在の時価総額(JPY)は約20億円  

 CAICAコイン(CICC) の特徴と将来性


CAICAコインの特徴

CAICAコインは株式会社カイカが株主に仮想通貨を体験してもらおうという意図で発行した通貨です。

カイカが提供するセミナー本を購入するのにこのCAICAコインは使用できます。

CAICAコインの将来性

CAICAコインは具体的なビジョンや使い道が提示されていません。

今後どのように用途を見出されるかによって価値は変化するでしょう。

しかしながら、下記のように一般的な仮想通貨と同様にボラティリティは大きいので短期的な変動差益を狙って投資するのはありでしょう。



目次カイカコインとは?カイカコインのチャート分析!価格変動を解説!カイカコインの問題と将来性を解説!カイカコインの仕組み!発行枚数、時価総額は?カイカコインのメリット!フィスコと提携?カイカコインのデメリット!使い道がない??【カイカコインの入手方法】おすすめ取引所!【カイカコインの保管方法】おすすめウォレット!カイカコインの気になるQ&Aまとめ カイカコインとは? カイカコイン(CICC)とは、株式会社カイカが自社の株主に仮想通貨を体験してもらうために発行した、ブロックチェーンベースの仮想通貨です。2017年2月に日本の取引所Zaifに上場したことから話題となりました。金融庁が認めるホワイトコインリストに名を連ねています。現在はカイカが提供するセミナー本を購入するのに使用できます。 カイカコインのチャート分析!価格変動を解説! (2017年11月9日現在) こちらがカイカコインのチャートです。株式会社カイカが発行した通貨ということで、カイカの株価変動との関連があるかも!と思われる方もいるかもしれませんが、特にそういうわけではありません。 また、カイカコインについてのいい情報、他の通貨であれば価格上昇のきっかけになりそうな情報が出ても、そのタイミングで上昇しているわけではありません。なので、この大きな価格変動については、この通貨の高いボラティリティ故だと考えられます。ボラティリティが高いと投資はややギャンブル的な要素が入ってきますが、一発でかいのを狙いたい人にはいいのではないでしょうか。 <コインオタクのオススメ記事> ボラティリティとは?ビットコインや仮想通貨を株・FXと徹底比較!株やFX,仮想通貨の取引をやっている方,興味のある方なら「ボラティリティ」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。ボラティリティとはどういうものか知ったつもりになっていませんか?コインオタクがどこよりも詳しく分かりやすく説明します!続きを読む   カイカコインの問題と将来性を解説! 具体的なビジョンが見えない

 ネクスコイン(NCXC) の特徴と将来性


ネクスコインの特徴

ネクスコインは、総合クラウドソーシング事業・デバイス事業・ソフトフェア事業・ロボット事業・農業ICTといった様々な事業を展開するネクスグループが発行した通貨です。

このネクスコインは、株主に仮想通貨を身近に感じてもらう為に株主優待券として発行されています。

ネクスコインの将来性

今後のネクスコイン将来性は、ネクスコインの使い道がどのようになるかにかかっているでしょう。

現状ネクスコインの使い道は特に決められておりません。

ネクスグループがどのような使い道・用途を見出すかによって価値は変化するでしょう。


下記を見て分かる通り、現在ネクスコインは非常にボラティリティが小さい通貨と言えます。

短期的な変動差益を狙っての投資には向きません。

金融庁によって認可された取引所で扱われる仮想通貨の一覧、ホワイトリスト。対応通貨の一覧、認可取引所一覧、そしてホワイトリスト通貨を取引するうえでの注意すべき点などをコインオタクがまとめて解説しました!

 

Storj(SJCX)の特徴と将来性



Storjの特徴

Storj(ストレージ)は、分散型のクラウドストレージのプラットフォームです。

従来のクラウドストレージサービスにはDropboxやOne Driveが挙げられますがこれらはいずれも管理者がいる中央集権型のクラウドサービスです。

Storjは、より安全なデータの保管とより速い通信速度、料金の安さというメリットがあります。


Storjの将来性

分散型であるStorjは今後のクラウドサービスの中心となっていく可能性を秘めています。

Storjがクラウドサービスの中心となるときには、その通貨であるSJCX一単位当たりの価格も大きく上昇していることでしょう。

チャートを見てみると、上のネクスコインとは違ってボラティリティが非常に大きいことが分かり、ハイリスクハイリターンな投資銘柄と言えるでしょう。


 Storjについてより詳しくはコチラ

STORJは分散型クラウドストレージネットワークの代表格であり、今後の発展が非常に期待されます!この記事では、まず分散型クラウドストレージの説明をし、既存のクラウドストレージサービスとどのように異なるのか、その仕組み・使い方を解説します!

 

COMSAの特徴と将来性


COMSAの特徴

COMSAとは、日本企業がICOを簡単に行えるよう、Zaifを運営するテックビューロ社が作ったプロジェクトです。

COMSAが発行するCMSトークンを購入することでこのプロジェクトには参加できます。

COMSAは2017年11月にICOで約100億円もの資金を集めることに成功し、一躍話題となりました。

COMSAの将来性

現在COMSAは、停滞中です。

2017年は、詐欺まがいのICOが乱発したこともあり、日本ではICOに対する情勢が厳しくなっています。

資金決済法の中でCOMSAがどのような扱いになるかについて現在議論されています。

法整備次第では、どちらにも転ぶでしょう。


COMSAについてより詳しくはコチラ 

COMSAはZaifを運営するテックビューロ社によるプロジェクトです。この記事では、約100億円を集めることに成功したCOMSAについてメリットやデメリットに加え、これまでの状況と現状について詳しくお伝えします。

 

Bitcrystals(BCY)の特徴と将来性


Bitcrystals

Bitcrystalsの特徴

Bitcrystals(BCY)は、「Spells of Genesis」というトレーディングカードゲーム内の通貨として利用できる仮想通貨です

このゲーム内以外では、Bitcrystalsの使い道はありません。

Spells of Genesis内のカードに価値がついており、カードによっては一枚10万円程の価値を持つものもあります。

Bitcrystalsを用いてゲーム内のカードを買うことができます。


Bitcrystalsの将来性

Bitcrystalsの将来性は、「Spells of Genesis」が人気が出るかどうかにかかっています。

現在日本では未だユーザー数が少ない状態です。

ユーザーが増えれば、必然とカードにも人気が出て、カードの価値=Bitcrystalsの価値は高騰するでしょう。


Bitcrystalsについてより詳しくはコチラ 

BitCrystalsは、spells of genesisというブロックチェーンを使ったカードゲームの中で使える仮想通貨です。そんなBitCrystalsの仕組みや将来性について考察してみました!

 

Zen(JPYZ)の特徴と将来性


Zenの特徴

Zenは、対日本円為替レートが安定的に推移する仮想通貨を作り出すことが出来るかを実験する日本発の実験用デジタルトークンです。

取扱取引所ごとに発行数と同数のZenを「1Zen=1円」で注文することで、実質的にZenの対日本円為替レートを安定化させる仕組みを検証しています。

この実験は、価格変動の激しい仮想通貨だと実際のビジネスに向かない為、安定した仮想通貨をビジネスに使ってもう為に行われています。


Zenの将来性

Zenは、実験用デジタルトークンであり、売買による利益目的の為のトークンではありません。

Zenの将来性が意味するものは、今後の実際のビジネスに仮想通貨が用いられるかどうかということです。

現在、Zenは、1Zen=1円でほぼ安定しており、実験は順調のようです。

仮想通貨がビジネスの場で陽の目を見る将来性は高いと言えるでしょう。



三菱UFJフィナンシャルグループが似たような取り組みを行なっています。詳しくはコチラから

日本を代表するメガバンクである三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が昨年発表した仮想通貨MUFGコイン。一般使用が始まれば日本経済に大きな変革をもたらすと思われるこのMUFGコインの特徴や目的を一足早く理解してしまいましょう!

 

Zaifの取り扱い通貨数を他の取引所と比較!


仮想通貨取引所取り扱い通貨数
Zaif(ザイフ)15銘柄(この内トークンが10銘柄)
bitFlyer(ビットフライヤー)7銘柄
GMOコイン5銘柄
bitbank.cc(ビットバンク)6銘柄
DMM bitcoin(DMMビットコイン)7銘柄
Binance(バイナンス)100銘柄以上
Bittrex(ビットレックス)250銘柄以上
Poloniex(ポロニエックス)70銘柄以上


上記の通り、その内の10銘柄はトークン銘柄なので一概に多いとは言えないですがZaifが国内の仮想通貨取引所の中では比較的に取り扱い通貨数が多いです。

また日本国内の取引所と海外の有数の取引所の数を比べると、断然海外の取引所の方が仮想通貨の取り扱い通貨数が豊富です。

仮想通貨の投資にある程度慣れたらBinanceを始めとした海外の取引所にトライしてみるのもありかもしれません。


Zaif取扱い通貨に関するQ&A

リップル(XRP)はZaifでは買えない??

既に世界で100以上の金融機関と提携を結んでいるリップルですが、残念ながらZaifではリップル(XRP)の取引ができません。

将来性が高いリップルはもしかしたら今後Zaifに上場するかもしれません。

リップルを扱う取引所としてはbitbank(ビットバンク)が最もおすすめです。

(他には、BitTrade、 SBIバーチャルカレンシーズ、販売所としてはGMOコインなどがおすすめです)


bitbank公式サイトはコチラ

Zaifって新規登録できる?

Zaifは2018年12月現在、新規登録を一時中止しています。

仮想通貨不正流出の事件もあり、一刻でも早く体制を立て直すためです。

Zaifは12月14日にビットコインの入出金の再開をしました。

状況は良くなっているようなので、新規登録が再開するのもそう遠くはないでしょう。



Zaif取り扱い通貨まとめ


いかがでしたでしょうか!

今回はZaif(ザイフ)が取り扱う仮想通貨とトークンについてその特徴と将来性を説明しました。

国内ではZaifでしか購入することのできないトークンが数多く揃っています。

また主要な人気通貨も揃えておりZaifは総合的に見ておすすめです!


Zaifの登録はこちらから