未上場のテックビューロにはZaifトークンで投資!関連銘柄も紹介

新たな投資先として将来有望な企業を探しているが良いのが見つからない

あなたはそのようにお考えではないでしょうか?

ブロックチェーン仮想通貨関連業界が急成長を続けていて、将来性に期待が持てるとはいってもよくわからない業界に手を出すのは避けたいし、だからと言ってじっくり勉強するような暇もない

今回はそのようなあなたにおすすめの企業をパパっと紹介したいと思います。

それは、先日話題になったコインチェックのNEMハッキング事件で、同社の代表がNEM財団の理事であるため世間からも大いに注目を集めたテックビューロです!

テックビューロは、Zaifという国内大手の仮想通貨取引所を運営するだけでなくmijinという独自のブロックチェーン技術で2018年のうちに金融機関のインフラコストを1/10にまで削減することを実現するべく奮闘しており、日本のブロックチェーン業界を引っ張っているといっても過言ではない企業です。

テックビューロは、コインチェックやビットフライヤーに続いて人気女優の剛力彩芽さんが主演を務めるCMの放映が始まりさらなる注目を集めています。出川組に次ぐ「剛力組」というワードが既にネット中を駆け巡っています。

〈こちらがそのCMになります〉​

このような注目を集めるテックビューロ上場予定はあるのか、そして注目の関連銘柄を紹介したいと思います。

加えて、株式投資以外の方法でテックビューロの成長に恩恵を受ける方法も紹介したいと思います!


テックビューロの上場予定はいつ? 


将来有望なテックビューロの上場予定はあるのか、あるとしたらいつ頃なのかという情報は気になるところですが、残念ながら上場に関する正式なアナウンスはされていない現状です。

「テックビューロに投資​=Zaifトークンを買う」?!

上場の予定がないとなると今後のテックビューロの成長に期待して投資はできないとなりがちですが、実は今後のテックビューロに期待して投資する方法はいくつかあります。

まず第一に、さくらインターネットフィスコといったテックビューロと提携した上場企業の関連銘柄への投資が挙げられます。

そして二つ目がここでは強調したい、「Zaifトークン」に投資するという方法です。トークンとは、簡単に言うと経営参加権が付与されない株式みたいなものと思ってもらって大丈夫です。

Zaifというのはテックビューロ社の運営する仮想通貨取引所なので、Zaifトークンを保有するインセンティブとしてはZaif取引所とその運営元であるテックビューロの成長によるトークン価格の値上がり益に期待して投資するという流れでしょう。

株式とZaifトークンの違いとしては「そのトークンの過半数を保有しようが経営に口は出せないという点」・「ブロックチェーン上でその取引がなされるという点」くらいで、他は基本的に株式と類似した性質を持っていると言えます。

ですから、関連銘柄よりもはるかに密接な値動きをするZaifトークンに投資するのはテックビューロに対する期待を直接反映できるのでおすすめです。

​ちなみに下記はZaifトークンの最近の値動きなのですが、2月の16日から17日にかけて最大で約2倍くらいの値段の高騰が起きています。恐らくこれは先ほど紹介したCMが主な要因とみられますが、これほどに分かりやすい動きをするのでファンダメンタルで分析される方は特にやりやすい投資銘柄だともいえるかもしれません。

〈Zaifトークンに関するコインオタクの記事はこちら〉

目次Zaifトークン(ザイフトークン)とはZaifトークンのチャート分析!相場から見る価格推移Zaifトークンの今後の動き・将来性は?Zaifトークンの仕組み・概要ZaifトークンのメリットZaifトークンのデメリット【Zaifトークンの入手方法】購入できるのはZaifだけ!【Zaifトークンの保管方法】Zaifトークンについての気になるQ&Aまとめ Zaifトークン(ザイフトークン)とは Zaifトークン(ザイフトークン)とは、テックビューロの運営する仮想通貨取引所「Zaif」が発行する独自トークンです。 現時点では明確な目的や用途があるわけではありませんが、大手取引所Zaifが発行しているとあって期待も高まり、注目を集めています。   Zaifについてコインオタクが解説した記事はこちら! 日本一の現物取引量を誇るZaif(ザイフ)とは?特徴や使い方を徹底解説かのホリエモンこと堀江貴文氏も技術アドバイザーとして参画したテックビューロ社の運営するZaif。日本一の通貨取引量を誇り今話題沸騰中のZaifの特徴や使い方を様々な切り口からわかりやすく解説していきたいと思います!続きを読む   Zaifトークンのチャート分析!相場から見る価格推移 (2017年11月23日現在) これが発行時点からのZaifトークンの価格推移です。 取引が開始した直後は4円〜5円ほどで取引されていた時期もありましたが、その後は「ZaicaでGO」や「YogiboでGO」などのキャンペーンの際には多少の値上がりを見せたものの、特別な用途の無さなどから徐々に下がっていきました。 2017年8月には、それまで0.1円くらいだったのが2.5円近くまで、つまり約25倍にまで高騰しました。この原因としては、Zaifを運営するテックビューロによるCOMSAのリリースの発表が考えられます。COMSAへの期待が、Zaifが発行するZaifトークンに現れたのではないでしょうか。 しかし、高騰も束の間、急激にその価格は下がることになります。この原因としては8月27日のZaifの公式Twitterでの発言が大きいでしょう。

テックビューロとは 


会社概要

テックビューロとはざっくり言うと、「仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の運営」・「金融関連のインフラコストを2018年のうちに1/10にすると目標の下でのmijinの開発&提供」・「ICOによる資金調達プラットフォームCOMSAの開発&提供」の三本柱で仮想通貨、ブロックチェーン業界で日本を引っ張っている企業です。

代表の朝山貴生氏はNEM財団の理事も務めており、名実ともに日本の仮想通貨関連業界を引っ張っています。

特に今年はテックビューロの開発したmijinの社会における実用化が進展していくとみられているだけでなく、そのmijinの最新版であるカタパルト2018年中にNEMに実装されると公に発表されており今年大きく成長する可能性を秘めている企業だと言えましょう。

NEMのハッキング事件で話題 

まだ皆さんの記憶にも新しいと思いますが、先日コインチェック社から多額のNEMがハッキングされた非常にショッキングな事件がありました。あの事件はNEMのシステムではなくコインチェックの運営方法に問題があったわけなのですが、そのおかげでNEMの知名度が一般の方々の間でも一気に高まりました。そのNEMの世界で最大の取引所であるZaifを運営し、代表がNEM財団の理事を務めているテックビューロは言うまでもなく知名度を大きく高めることになりました。

テックビューロの資金調達実績 

【従来の形での資金調達実績の概要】

2016年4月にはアララ、インフォテリア、オウケイウェイヴ、フィスコなどから合計約6.7億円の資金調達​

2016年5月にはSIJと資本業務提携をしこの時点での合計資金調達額は7.2億円に

2017年9月にはジャフコから15億円、インフォテリアから1億円の合計16億円の資金調達

2017年11月には新生銀行とオウケイウェブから8750万円の資金調達

基本的に、ブロックチェーン関連の高い技術を持っておりmijinという今後の社会の基盤となりうるプロダクトを開発したテックビューロであるからこそ、IT業界や金融機関を初めとした関連業界からシナジー効果を求めた出資を受けているのだろうかと思います。

注目すべきは、ジャフコから15億円の出資を受けているという点です。ジャフコは皆さんもご存知の通り日本最大のベンチャーキャピタルであり、出資の審査が非常に厳しいで有名であるのでそのようなVCからこれほどの資金調達を受けているということは、テックビューロがそれだけ期待の持てる企業であるということでしょう。

【ICOという新たな資金調達の形】

2017年10月にはCOMSAのICOでたったの25日間で資金調達額が100億円突破

上記の従来の形での資金調達に加えて、COMSAのICOを行って資金調達が一か月足らずで100億円を突破したことは大きな話題を集めました。ICOとは「Initial Coin Offering」の頭文字を取った言葉で、企業あるいはプロジェクト単位で独自の仮想通貨を発行して上場して資金調達を行うものです。イメージとしてはIPOと似たようなものと思ってくれて構いません。ただ、IPOで取得した株式は経営参加権につながりますがICOでいくらその独自通貨を取得したところで経営に口出しをできないのが大きな違いとしてあるのでその点だけは注意が必要です。

テックビューロの関連銘柄がこれから伸びる? 

テックビューロ関連銘柄が今注目を受けるわけ 

テックビューロはmijinやCOMSAのICOの件、そしてコインチェック事件やCMの放映開始など注目を集める要素があるだけでなく技術も非常に高いので将来有望なのは上で話した通りです。

しかしながら、よくわからない仮想通貨には手が出しづらく先ほど説明したZaifトークンは買えないという方は少なくないかと思います。そういった中で関連銘柄に目が向くのは当然の流れでしょうし、今後期待通りにテックビューロが成長することになれば関連銘柄がそれに伴い成長していくのは可能性の高いシナリオかと思われます。ですから、ここでは注目すべき関連銘柄について説明していきたいと思います。

さくらインターネット

さくらインターネットは、インターネット黎明期からレンタルサーバやインターネット接続サービスを提供している業界のリーディングカンパニーです。

その同社が今注目を集めているのは、テックビューロの有する国内唯一のプライベートブロックチェーン技術mijinの実証実験を行う環境「mijinクラウドチェーンβ」を、さくらインターネットの「さくらのクラウド」を使って一般に無料提供したということが一番大きな要因でしょう。

この事業を受けて、金融業界はもちろんのことその他の業界でも数多くの企業がクラウドサービスmijinの実証実験を行い(具体的には2016年1月末~6月末で250社以上が実証実験を行い、それ以降も9月末まで提供がなされた)、将来的にあらゆる分野でmijinが活用される時代の到来を社会に知らしめたのですから。

今後、このmijinが様々な分野で活用されて社会の基盤となっていくことになると、クラウドを提供するさくらインターネットも大きく成長していく可能性は大いに秘めていると言えるわけです。

インフォテリア

インフォテリアはシステム連携に関するソフトフェアやサービスの提供を行っている企業で、企業連携に関する業界で国内でトップのシェアを誇るリーディングカンパニーです。

このインフォテリアもテックビューロとの事業提携を2015年末に発表し、さくらインターネットと共に上記の事業を行いました。インフォテリアはテックビューロに2016年4月に出資していましたが、2017年の9月には1億円の追加投資がされることとなり更に両社の関係は強化されていると言っていいでしょう。

また、同社は2017年の4月にブロックチェーン推進室を置くなどブロックチェーンに非常に力を入れていて、2017年の8月にはブロックチェーンの適用コンサルティングサービスの提供も開始しており、テックビューロそしてブロックチェーン業界と強く関連する銘柄と言えましょう。

フィスコ

フィスコは優良な投資関連情報を提供する企業です。同社は、24時間の情報配信をするためにゼロダウンタイムを可能とするmijinを活用した24時間稼働のシステムの実現を目指してテックビューロと事業提携をしました。フィスコグループはテックビューロと組んだだけでなく、仮想通貨取引所を運営していることもあって非常に仮想通貨やブロックチェーン業界と関連が強いので今後の成長に期待が持てます。

詳しくはこちら。

目次フィスココインとはフィスココインのチャート分析・相場から見る価格推移!気になるレートは?フィスココインの問題と将来性フィスココインの仕組み・概要フィスココインのメリットフィスココインのデメリット【フィスココインの入手方法】扱っている取引所は2つだけ!【フィスココインの保管方法】どのウォレットで保管できる?まとめ フィスココインとは フィスココインとは、株式会社フィスコがブロックチェーン技術を用いて発行した独自のトークンです。 未だ実験段階ではありますが、社内だけでなく外部にも向けたトークンを発行するのは日本の上場企業としては初の試みということで注目のコインです! フィスココインのチャート分析・相場から見る価格推移!気になるレートは? (2017年11月10日現在) こちらがフィスココインの価格推移です。 このチャートを見ると、2017年6月あたりから価格が急激に高騰し始め、7月にピークを迎えていることがわかります。 この高騰の原因として考えられるのは、発行主である株式会社フィスコが、7月13日にフィスココインの追加発行のロック、つまり「フィスココインをこれ以上発行しない」ということを公式に発表したことです。これによってフィスココインの価値の安定性が見込まれ、人気が出たと考えられます。 一時80円近くまで暴騰したフィスココインですが、現在は「1FSCC=36円」くらいとなっています。 フィスココインの問題と将来性 新規発行の予定なし フィスコは、すでに発行枚数5000万枚の時点でフィスココインの追加発行をロックしています。これは、ダイリューション(価値の希薄化)を防ぐことによる価値の安定・向上を目的としています。これによって、株式会社フィスコ、安定保有者が保有しているものを除くと、フィスココインの市場流通量は約1,100万枚だと想定されています。 たしかに、発行枚数が増えないということが公表されていると価値の希薄化は起こりにくくなりますが、流通量が少ないと取引量も増えにくいという問題もあります。そうして取引量が少なくなると、売買が比較的成立しにくくなるということもあり得るのです。 まだ実験段階だけど伸びしろは十分!上場企業初の試み! フィスココインは、日本の上場企業としては初めての外部向けに発行されたトークンです!

 アイリッジ 

O2O関連業界で大きなシェアを持つアイリッジはプッシュ通知を表示する機能のプラットフォームであるpopinfoを軸にスマートフォン(アプリ)関連サービスの開発・提供を行っている企業です。

同社はmijinの技術を自社のポイントサービスの使用記録や残高管理といった情報の処理に適用させることを目指して上記の実証実験に参加しましたが、今後どういう形でmijinを実用化していくかに注目です。

プレスリリースはこちら。

SJI

​SJIは金融関連システムの開発を行っている企業で、テックビューロとの協業によるシナジー効果のおかげで次世代の金融システムが開発されていくことが大いに期待されています。具体的には、SJIが貯めてきた知見を活かしてmijinをより各金融機関や各企業が運用しやすい形に落とし込むことが目指されています。

詳しくはこちら。

テックビューロ上場まとめ 

​テックビューロやその関連銘柄に関するこの記事を読んで、関連銘柄への投資だけでなくZaifトークンという次世代型の投資に少しでも関心を持っていただけたら嬉しいです。ブロックチェーンを基盤として社会が成り立つ時代はもうすぐそこまで来ているかもしれません。今後の展開が楽しみです。

Zaifの登録はこちら


CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!