BitTrade(ビットトレード)の評判は?口コミやメリット、デメリットを解説!

 「ビットトレードを使ってみたいけど、評判ってどうなの?」

 あなたは今、そう考えてはいませんか?

 ビットトレードで仮想通貨を取引したいけど、何も知らずに登録して失敗したくない…。詳しい人の評価とか実際に使っている人の声を聞きたい…。

 そんなあなたにコインオタクが応えます!

 この記事を読めば、ビットトレードに登録する前にそのメリットやデメリット、コインオタクの評価、ユーザーの口コミをあらかじめ予習することができます!

 この記事ではコインオタクが通貨購入コストや信頼性など7つの観点からビットトレードを客観的に評価し、それをメリットとデメリットにわかりやすく分類しました。さらにユーザーのリアルな口コミをリサーチし、どのような人にビットトレードがオススメなのか分析しました。

 ビットトレードを始める前に、コインオタクの評価とユーザーのリアルな口コミを覗いてみましょう!


BitTrade(ビットトレード)ってどんな取引所?

 BitTrade(ビットトレード)は2016年に設立された若い取引所ですが2017年に金融庁に登録された今注目の取引所です。取扱通貨は以下の6種類で、アルトコインを豊富に扱っているのが特徴です。

  • ビットコイン      BTC/JPY
  • イーサリアム      ETH/BTC
  • リップル        XRP/JPY
  • ライトコイン      LTC/BTC
  • モナコイン       MONA/BTC MONA/JPY
  • ビットコインキャッシュ BCC/BTC BCC/JPY

 特にリップルやライトコインを扱っている国内取引所は少ないので、これらの通貨を持っている人たちには注目の取引所です。

 ビットトレードの公式ページが見たい人や、今すぐビットトレードに登録したい人は下のリンクへどうぞ。 

BitTrade(ビットトレード)の公式ページはコチラ!

BitTrade(ビットトレード)の評価 

 いきなりですが、コインオタクがビットトレードをコストや信頼性などの面から客観的に評価しました!下にはそれぞれの評価に対して軽いコメントがあります。


ビットコイン購入コスト ★☆☆☆☆

 はっきり言ってビットコインの購入コストはかなり高いです。国内ではビットコインの取引手数料は無料の取引所が多いのですが、ビットトレードは0.2%と非常に高く設定されています。

アルトコイン購入コスト ★★★☆☆

 ビットトレードではアルトコインが販売所ではなく取引所で板取引できるので、販売所に比べてスプレッドが格段に狭くなっています。その点ではアドバンテージなのですが、他のアルトコイン板取引が可能な取引所と取引手数料を比較するとやや高めに設定されています。

信頼性 ★★★★★

 ビットトレードの信頼性はとても高いです。ビットトレードは2段階認証SNS認証に加えマルチシグコールドウォレットを使ってセキュリティ対策をしています。会社の資本金は5100万円で、大手取引所の数十億円と比較すると心もとない気がしますがビットトレードの運営会社はFX業界の老舗ですし、取引所は2017年に金融庁に登録されているので信用がおけます。

サポート ★★★☆☆

 ビットトレードは他の取引所と比べて問い合わせに対する対応が親切という声をききます。しかし電話による問い合わせを行っていなかったり補償制度が導入されていなかったりなどがあるため評価は高くありません。

チャート機能 ★★★★★

 ビットトレードのチャートはTradingViewが採用されており、見やすく使いやすいのに加え高度なテクニカル分析ツールも充実しています。さらにスマホ用のウェブインターフェースも独自開発されているのでスマホでの取引にも完全対応しています。

初心者向け ★☆☆☆☆

 ビットトレードは初心者向きの取引所とは言えません。初心者に人気のビットとコインの手数料が高いこと、アルトコインはすべて板取引であること、ユーザーが少ないことが理由としてあげられます。

本人確認までの時間  ★★★★★

 ビットトレードの本人確認は簡単で早いです。本人確認の書類をアップロードしてから1~2日後には本人確認完了のメールが来ます。その後に書類が郵送されてくるのですが、それも本人確認完了メールの1~2日後には届くのでとてもスムーズです。

総合評価 ★★★☆☆

 ビットトレードの総合評価は3です。しかしこれはビットトレードがあまりよくない取引所ということではありません。ビットトレードは初心者から上級者まで万人受けする取引所というよりは、アルトコイン好きやアルトコインの板取引がしたい人、高度なテクニカル分析がしたい人向きの取引所だということです。


BitTrade(ビットトレード)のメリット

 さきほどビットトレードの評価を紹介しましたが、たくさん情報を出されて何がメリットで何がデメリットなのか混乱している人もいるのではないでしょうか。そこでこの見出しと次の見出しではこれまでの情報をメリットとデメリットに分類してわかりやすく解説します。

アルトコインのスプレッドが狭い

 他の国内の取引所ではアルトコインは販売所で販売されていることが多く、買い取り価格と販売価格の差(スプレッド)が会社側によって広く設定されています。そのためアルトコインを売買すると実質的に高い手数料が発生してしまいます。

 しかしビットトレードは扱う5種類のアルトコインすべてで板取引ができるのでスプレッドはほとんど無視でき、かわりに取引手数料がかかります。販売所ではスプレッドがだいたい3~10%に設定されているのに対し、ビットトレードの取引手数料は高い通貨でも0.7%なので販売所よりもお得です。

信頼性が高い

 ビットトレードは2017年9月に金融庁に「仮想通貨交換業者」に登録され、現在日本国内で16個しかない金融庁登録済取引所の1つです(2018年2月現在)。さらにビットトレードの運営会社はFXTF(FXトレードフィナンシャル)というFX業界で長く活躍してきた有名な会社なので信頼できます。

 さらにビットトレードは2段階認証SNS認証マルチシグコールドウォレット保管など、セキュリティ対策を徹底しています。

目次マルチシグとは?仕組みについてマルチシグの利点・メリットマルチシグの欠点・デメリットマルチシグ対応デジタルウォレット2選マルチシグの実用例マルチシグはセキュリティ対策で必須! マルチシグとは?仕組みについて マルチシグとは、マルチシグネチャーの略称でトランザクションの署名に複数の秘密鍵を必要とする技術のことです。一つの秘密鍵で署名を行う通常のシングルシグに比べセキュリティが高い、秘密鍵紛失時に対応しやすいなどのメリットがあり、取引所やマルチシグウォレットなどで採用されています。 マルチシグアドレスの定義としては、2つ以上の公開鍵を登録していて、それに対応する一部もしくは全部の秘密鍵による署名によりトランザクションが出来るものです。例えば公開鍵が2つ登録されていて2つの秘密鍵を必要とするものもあれば、公開鍵は3つ登録されていてそのうちの2つの秘密鍵があればトランザクションができるものもあります。この場合前者を2of2、後者を2of3のマルチシグと呼びます。 普通のアドレスが1から始まるのに対して、マルチシグアドレスは3から始まります。 セキュリティ対策をするうえで今後必ず理解していなければならない話題なので、ここでしっかり学んでおきましょう!※1月26日のコインチェックのハッキング事件では、5億XEMものNEMが盗まれましたが、これは、コインチェックがマルチシグを導入していなかったことも一因になっているようです。コインチェックのハッキング騒動や今後、自分で出来る対応について知りたい方は以下の記事を読んでみてください! コインチェックが580億円の仮想通貨ハッキング被害。あなたのお金を守る2つの対策法コインチェックがハッキング被害にあったらしいけど仮想通貨はもうおしまい!?まったくそんなことはありません!事件の内容と対応策を勉強してしっかりと自分の頭で今回の事件を理解しましょう。チャートに与えた影響も要チェック!続きを読む  マルチシグの利点・メリット マルチシグの大きいメリットとしてはセキュリティが向上することと、秘密鍵の紛失時のリスクヘッジとなることです。 セキュリティーが向上

 

「仮想通貨関連の事件が絶えないけどどうしたら仮想通貨を安全に管理できるのだろう、、。」そんなあなたにはコールドウォレットがオススメです!この記事を読めば安全に仮想通貨を管理できるコールドウォレットについてすぐにわかります!写真や動画とともに具体的なコールドウォレットも紹介しているので手にせずともイメージが浮かぶでしょう!コールドウォレットが何なのかからはじまり、作り方や使い方、オススメのウォレットまでもを解説します。これであなたも話題のコールドウォレットを丸わかり!セキュリティ性能を大きくあげましょう!目次コールドウォレットとはコールドウォレットの特徴コールドウォレット(ペーパーウォレット)の作り方コールドウォレット(ペーパーウォレット)の使い方コインオタクの選ぶおすすめハードウェアウォレット3選コールドウォレットについてのQ&Aコールドウォレットまとめ コールドウォレットとは コールドウォレットとは、秘密鍵をオフラインで管理するタイプの仮想通貨ウォレットのことです。インターネットに繋がれたデバイスは、ハッキングのリスクが常に付きまとうので、アプリウォレットなどと比べると格段にセキュリティの高まった仮想通貨の保管方法だと言えます。※2018年1月26日17時30分現在、コインチェックではNEMの入金、出金、売買ができない状態になっています。この原因として、コインチェックがハッキングされたのでは?という噂が広がっています。この真偽は別として、取引所単位でも個人単位でも、仮想通貨はハッキングにより盗まれてしまう可能性は常にあります。コールドウォレットのような、安全性の高いウォレットになるべく保管しましょう。また、コインチェックのハッキング騒動や今後、自分で出来る対策について興味のある人は以下の記事を読んでみてください! コインチェックが580億円の仮想通貨ハッキング被害。あなたのお金を守る2つの対策法コインチェックがハッキング被害にあったらしいけど仮想通貨はもうおしまい!?まったくそんなことはありません!事件の内容と対応策を勉強してしっかりと自分の頭で今回の事件を理解しましょう。チャートに与えた影響も要チェック!続きを読む  コールドウォレットの特徴 bitFlyerやコインチェックなど、多くの取引所も採用する安全性の高さ


 2018年1月のコインチェック仮想通貨不正流出事件では、コインチェックがマルチシグの使用やコールドウォレット保管を怠っていたことが明らかになりました。さらにコインチェックは事件当時も現在も金融庁に登録さていません。このことからもビットトレードが行っているセキュリティがいかに大切かということがわかります。

コインチェックがハッキングされたみたいだけど仮想通貨は大丈夫なの?仮想通貨を始めたてのあなたはそんな不安にかられていませんか?この記事を読めば今回の事件の全貌が丸わかり!何が起きたかを知りそれに対する対抗策を知っておけば被害にあう確率が大きく減り、あなたの不安もきっと解消されることでしょう!コインチェック事件の内容と原因、コインチェックの対応、チャートへの影響、さらには類似事件も学べば自ずと対抗策がわかるのでそれも教えちゃいます!自分のお金は自分で守る!セキュリティ対策として何ができるのかしって安心して取引を行いましょう!目次今回ハッキングされたコインチェックとは? ハッキング被害の概要 コインチェックの対応は?記者会見の内容 ハッキングの原因は? 過去の類似事件チャートへの影響は?ビットコイン・ネムの価格を分析 ハッキングの対策1【ハッキングに強い取引所3選】ハッキングの対策2【おすすめコールドウォレット3選】まとめ今回ハッキングされたコインチェックとは? 日本最大の仮想通貨取引所 今回ハッキング被害にあったコインチェック(Coincheck)は2014年に操業を開始した日本の最大手の仮想通貨販売所・取引所で、2017年にはビットコイン取引高日本国内1位を獲得しています!チャートが見やすい・アプリがとても使いやすいなど手軽に取引できる点から初心者に人気であるほか、日本で一番多種(13種類)の仮想通貨を取り扱っている販売所として有名です。芸人の出川哲郎さんがCMに出演していることでも話題になりました。コインチェック(Coincheck)とは? 概要や特徴、登録までの流れを解説!コインチェック(Coincheck)は、これから仮想通貨を始めたい人におすすめしたい日本最大級の仮想通貨取引所です。なぜ人気なのか、なぜ初心者におすすめなのか、コインチェックの特徴を分かりやすくまとめて皆さんの最初の一歩を後押します!続きを読む 金融庁には未登録 

 

見やすいチャートと高度なテクニカル分析ツール

 ビットトレードのチャートはとても見やすくテクニカル分析ツールも高度なうえ操作性も抜群です。そのため初心者だけではなく上級者までが満足できる仕様になっています。

 パソコン上ではチャートが使いやすいのにスマホから操作するとゴチャゴチャして使いにくい…という経験はありませんか?ビットトレードはこのような悩みを解決すべく、スマホ用のウェブインターフェースを独自開発しているのでスマホからでもチャートの使いやすさが完全再現されています。

本人確認までの時間が短い

 ビットトレードは本人確認だけでなく登録や口座開設など、様々な手続きか簡単で早いことで高評価されています。書類のアップロードも簡単で本人確認は1~2日で完了します。

 他の取引所では書類審査の段階で、画像不鮮明や書類が全部写っていないなどの理由で却下されて本人確認が長引いてしまうこともあります。ビットトレードではそのようなストレスなく本人確認が完了します。

BitTrade(ビットトレード)のデメリット

 

ビットコイン購入コストが高い

 ビットトレードのビットコイン取引手数料はメイカー・テイカーともに0.2%と非常に高く設定されています。大手取引所では、ビットコインの手数料は高くて0.15%で、無料の取引所も多いです。ザイフにたっては手数料をキャッシュバックするキャンペーンもやっています。

 このような取引所と比べるとビットトレードのビットコイン購入コストはやはり高いです。

  目次 はじめにビットコイン手数料って安い?高い?取引所の手数料一覧 ビットコインの手数料の仕組み ビットコイン送金手数料?取引手数料?手数料を整理しよう ビットコイン手数料無料ってあるの?無料をこえたマイナス手数料とは ビットコイン手数料を抑える時に気をつけること ビットコイン手数料って高騰するの?価格変動に伴う手数料の変化 まとめ  はじめに  ビットコインを運用する時に気になるのが手数料ですよね。でも手数料っていろいろ種類があるし調べるのはめんどくさいです。 そこでこの記事では、取引所の手数料一覧や手数料の仕組みをコインオタクがわかりやすく解説していきます。さらに複雑な手数料の種類をコインオタクがていねいに整理し、後半では手数料の変動や今後にもふれていきます。 みなさんがビットコインの手数料に関して持っている悩みや不安を少しでも解消し、ビットコインをより楽しんでもらえるようになっていただければ幸いです。 ビットコイン手数料って安い?高い?取引所の手数料一覧  まずはじめに取引所ごとの手数料を比較してみましょう。ここでは出金手数料、クイック入金手数料、売買手数料に限定して表にしています。 2017年11月現在  やはりなんといっても注目なのはビットポイントですね。ビットポイントは手数料無料を売りにする取引所で売買手数料だけでなく出金手数料も無料です。 さらにザイフにも注目です。他の取引所が売買手数料無料で横並びしている中、よく見るとザイフの売買手数料はマイナスです。これは売買するたびに手数料がもらえることを示しています。(マイナス手数料については後の章で詳しく解説します。) また、ビットフライヤーでは出金手数料が安くなっており、大きな金額を投資し利益を上げた際には重宝しますね!登録がまだの方は下のリンクからどうぞ! ビットフライヤーに登録する! コインチェックでは売買手数料が無料になっています。売買手数料が無料の取引所って実は少なくて、アルトコイン(ビットコイン以外)の取扱数やその使いやすさでユーザーも多い取引所ですので、コインオタクとしてはコインチェックにも登録しておくことをおすすめします!下のリンクからどうぞ!

 

アルトコインの取引手数料が安くない

 さきほどメリットのところで「アルトコインのスプレッドが狭い」と紹介したのでアルトコインの購入コストが低いと思った人もいるかと思います。ですが実際そうとは言えないのです。

 たしかに、アルトコインを取引する際には販売所を使うよりもビットトレードで板取引したほうがコストが低くなります。ですがアルトコインの板取引ができる取引所と取引手数料を比較すると、ビットトレードの手数料は決して安くないことがわかります。

 例えばザイフ、ビットバンクと比較するとビットトレードの手数料が高めなのがわかりますね。

 取引手数料   2018年2月現在

ビットトレードビットバンクザイフ
ETH0.2%(メイカー)
0.25%(テイカー)
無料無料(メイカー)
0.1%(テイカー)
XRP0.25%(メイカー)
 0.45%(テイカー)
無料取扱なし
MONA0.3%(メイカー)
0.7%(テイカー)
無料無料(メイカー)
0.1%(テイカー)
BCC0.3%(メイカー)
 0.7%(テイカー)
無料無料(メイカー)
 0.3%(テイカー)
LTC0.3%(メイカー)
0.7%(テイカー)
無料取扱なし

 (注)ビットバンクは2018年6月30日まで取引手数料無料キャンペーンを実施中(2018年2月現在)

初心者向きとはいえない

 ビットトレードは初心者向きの取引所とは言えません。というのもまず初心者に人気のビットコインの手数料が高いです。さらにアルトコインに関しても販売所がないためすべて板取引しなければいけません。これはアルトコインが好きな中~上級者にとっては嬉しいかもしれませんが初心者向きとは言えないと思います。

 加えてビットトレードはユーザーが多くないため初心者からしてみれば不安だと思います。初心者としては、多くの人が使っているメジャーな取引所のほうが安心ですよね。

認知度が低く取引量が少ない

 ビットトレードはまだ認知度が低く、そのため取引量も少ない取引所です。特に取引量が少ないことは重大なデメリットだといえます。というのもビットトレードはビットコインもアルトコインもすべて板取引のみの取引所なので十分な売り手と買い手が存在しないと市場が正常に機能しなくなります。

 ですからアルトコインの購入コストが低いからといって安心できない部分があります。ユーザーが少ないため買いたい価格で買えない、売りたい価格で売れないという可能性を考えておく必要があります。

BitTrade(ビットトレード)の評判・口コミ

ビットトレードでリップルを取引

 ビットトレードはツイッターやLINEの公式アカウントで毎日ビットコインのチャート分析を配信しています。ビットコインを取引している人には嬉しいですね。

まとめ

 ここまで記事を読んでいかがだったでしょうか。ビットトレードを使ってみるにあたって不安はなくなりましたか?やはり取引所を使うにあたって、コインオタクの評価や実際に使っている人の声は大切なはずです。

 コインオタクの評価では、ビットトレードは下のような中~上級者にオススメです。

ビットトレードはこんな人にオススメ!

  • アルトコインが好きな人
  • 仮想通貨の板取引に慣れてきた人
  • テクニカル分析がしたい人

 またビットトレードを実際に利用している人の評判では下のような声が多く聞かれました。

ビットトレード利用者の声

  • リップルを取引したい人にオススメ
  • 毎日チャート分析を配信してくれる
  • ビットバンクと似ている

 コインオタクの評価や利用者のリアルな口コミを聞いてビットトレードを使ってみたくなりましたか?今すぐビットトレードに登録したい人も、まだ迷っている人も、下のリンクからビットトレードを使ってみましょう!

BitTrade(ビットトレード)に登録する!


CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!