現在のZCoin(XZC)のレート






ZCoin(XZC)とは?概要・基本情報まとめ


概要

ZCoinはゼロ知識証明を用いて匿名性を高めた仮想通貨です。Bitcoinのプライバシーの問題を解決すべくゼロ知識証明を使っている通貨ですが、Zcashとは違いZCoinは送金額を第三者からでも確認出来ます。外部攻撃を受けた際に追跡できるため、Zcash​よりもセキュリティが高いです。


基本情報まとめ


通貨名(通貨単位):ZCoin(XZC)

公開日:2016年10月6日

マイニングシステム:Proof of Work(Lyra2RE)

ブロック生成速度:10分

発行上限枚数:21,000,000 XZC

取扱取引所:Binance,Bittrex,Cryptopia

公式サイト:https://zcoin.io/

公式ツイッター:@zcoinofficial

ホワイトペーパー:https://zerocoin.org/media/pdf/ZerocoinOakland.pdf

ソースコード:https://github.com/zcoinofficial

blockchain explorer:https://explorer.zcoin.io/

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1638450

公式ブログ:https://zcoin.io/blog/

公式フォーラム:https://www.reddit.com/r/zcoin…

ZCoin(XZC)の特徴・メリット・デメリット

ゼロコインプロトコルを採用​

ビットコインのブロックチェーンでは透明性が高く、全てのトランザクション履歴がブロックチェーンに記録され、それを誰でもネット上で確認出来るので​ビットコインアドレスを個人情報と結び付けられたら持っている資産や取引情報を全て知られてしまいます。​

ZCoinはこのビットコインのプライバシーを解決すべく匿名性の高い通貨になっています。匿名性を高める技術としてはゼロコインプロトコルを使用していて、ゼロ知識証明により匿名性が担保されています。同じくゼロ知識証明により匿名性を高めている仮想通貨にZcashがありますが、送金元、送金先、送金額がわからないZcashに対し、ZCoinは送金額を外部から確認できます。なので匿名性という観点で言えばZcashのほうが高いですが、送金額がわかることによって外部からの攻撃の際に追跡が可能なため、セキュリティはZCoinのほうが高くなっています。


Znodesを採用

​最近のハードフォークでリリースされたサービスです。

ゼットコインはZnodesという取引の正当性を承認する、マスターノードのようなものを採用しています。Znodesは取引の承認だけでなく今後マイニングもZnod行っていく予定です。Znodesになるためには1000XZCを担保に預けなければいけないので不正を働くインセンティブが低く、信頼できるノードになっています。逆にZnodesになるインセンティブとしては取引の承認作業を行うことで報酬がもらえることです。



ZCoin(XZC)の最新チャート!相場からみる価格推移

(2018年2月22日現在)

2016年10月16日に取引が1XZC=$0.3678で開始されました。​取引開始の直後は少し価格は上がりましたが、基本的には価格は取引開始直後の価格ほどで停滞していました。ですが5月ぐらいから価格が徐々に上っていき、2017年6月22日には最高値1XZC=$19.03を記録しました。ですがその後も価格が大きく変化することはなく1XZC=​$7~13を推移していました。ですが、11月中旬ほどから価格が上っていき、12月26日には最高値を大きく更新し、1XZC=​$139.77を記録しました。

現在はその反動で価格が暴落し価格は1XZC=$​55.28です。


【ZCoin(XZC)の買い方】取引所で購入する



Binance

Binanceは中国の取引所です。手数料が0.1%ととても安くなっています。

取扱通貨数は70種類以上と多く、最近価格が高騰した通貨を多く含んでいるので上場する情報や既にBinanceに上場している通貨には注目です。

また、取引所独自のコインBNBを発行していて、BNBで取引を行うと取引手数料が最大0.05%まで安くなります。

Binanceの登録はこちら! 

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

Bittrex

Bittrexは世界で最も大きい取引所の一つです。手数料が0.25%で少し高めですが、取扱通貨数が多く250種類以上です。


Bittrexの登録はこちら!

Bittrex(ビットレックス)とはアメリカに本社がある仮想通貨取引所です。Bittrexの特徴は?強みは?取扱通貨数が世界一?絶対に知っておきたい情報、コインオタクが全部教えます!

 

【ZCoin(XZC)の保管方法】ウォレット

公式ウォレット​

​公式で出しているウォレットです。

デスクトップウォレットとモバイルウォレットが存在します。


こちらからダウンロードできます

Coinomi

70種類以上の仮想通貨を保管出来るモバイルウォレットです。​シェイプシフト(Shapeshift)とチェンジリー(Changelly)といった両替所とつながっていて、ウォレット内で仮想通貨のトレードが行えます。日本語対応もしているので使いやすいです。デメリットとしてはオープンソースでないことで、内部犯行のリスクがあります。


Coinomi(コイノミ)に登録する

目次CoinomiとはCoinomiの仕組みCoinomiは実際どう?コインオタクの見解CoinomiのメリットCoinomiのデメリットCoinomiのおすすめユーザーCoinomiの使い方Coinomiについての気になるQ&ACoinomiまとめ Coinomiとは Coinomi(コイノミ)とは、70種類以上仮想通貨を管理することのできるモバイルウォレットのことです。保管機能を持つウォレットとしての役割だけでなく、シェイプシフト(Shapeshift)とチェンジリー(Changelly)といった両替所と直接つながっており、ウォレット内で仮想通貨を交換することができます。2017年12月現在ではAndroid版しかリリースされていませんが、公式ホームページを見るとios版についてもcoming soonと表記されているのでまもなくリリースされることでしょう。 ではそんなCoinomiを詳しく見ていきましょう。 Coinomiの仕組み Coinomiはモバイルウォレット(mobile wallet)アプリ! Coinomiはモバイルウォレットです!!モバイルウォレットとは、スマートフォンやタブレットで使用できるアプリを通じて秘密鍵を管理するウォレットのことです。モバイルウォレットは、取引所内のウォレットと異なり、自分で秘密鍵を管理できるという点でハッキングリスクが低かったり、ハードウェアウォレットと異なり持ち運びが便利というメリットがあります。逆にスマートフォンやタブレットの電源がなかったら使えないというデメリットもあります。 モバイルウォレットについてコインオタクが詳しく書いた記事は以下になります。 モバイルウォレットを使おう!仮想通貨をスマホで保管する方法を紹介!モバイルウォレットは「出先でスマホから仮想通貨を管理したい!」というあなたの要望に応えてくれる、かゆいところに手が届くウォレットです。今回は、そんなモバイルウォレットの仕組みやオススメアプリを紹介します!続きを読む  Coinomiの対応通貨 ・Bitcoin・Bitcoin Cash・Bitcoin Gold・Dash・Dogecoin・Ecoin・Ethereum・Ethereum Classic・Game Credits

 

ZCoin(XZC)の将来性

匿名性が高いコインは有名なもので、Dash、Monero、Zcashがあります。また、vergeのように最近価格が高騰した仮想通貨も存在するので匿名性の高い通貨は今後も価格が上る可能性が高いです。

また匿名性が高い通貨というのは匿名性を高めるためにトランザクションが大きくなり、スケーラビリティ問題を起こしやすいです。そのためXZCがどれほどスケーラブルなのかはZCoinの将来性を図る上で大きな要素になるのではないでしょうか。

ですが、匿名性が高いというのは、プライバシーが高く決済には向いている一方で、マネーロンダリングや麻薬の売買など違法なことにも使われやすいです。そのため法規制のリスクがある、というのは懸念点です。


ZCoin(XZC)まとめ

​Zcoinは、ビットコインのプライバシーの問題点を解決した匿名性通貨です。特徴をまとめます。

ZCoinまとめ

  • ゼロ知識証明を使って匿名性を高める
  • Zcashとは違い取引額は公開される
  • Znodesというマスターノードのような仕組みを採用