「ビットフライヤー(bitFlyer)での取り扱い仮想通貨には何があって、どんな特徴があるんだろう?」

なんて疑問をお持ちではないでしょうか?

ビットコイン取引量・資本金・ユーザー数において日本一を獲得しているビットフライヤー(bitFlyer)。

テレビのCMや電車の広告などでその名前を見かけたことがあり、興味を持っている人も多いと思います!

この記事では、ビットフライヤーの取り扱い仮想通貨についてそれぞれの特徴や将来性について詳しく解説していきます!

さらにコインオタク編集部が自信を持っておすすめする取引すべき仮想通貨もピックアップしました!

この記事を読んだらわかること

  • ビットフライヤーの取り扱い通貨全7銘柄、またそれらの特徴と今後・将来性
  • ビットフライヤーで取り扱うべきオススメの仮想通貨
  • 【比較】ビットフライヤーと他の取引所を取り扱い通貨数の違い
  • 日本円で購入可能なビットフライヤーの取り扱い仮想通貨

また、もしまだ口座開設されてない方は是非してみてください!登録は簡単に可能です!

いますぐビットフライヤーを始める

ビットフライヤー(bitFlyer)とは

ビットフライヤーとは、加納裕三氏(@YuzoKano)によって2014年1月に設立された金融庁公認の仮想通貨取引所です。

その特徴は

  • 資本金は41億円にのぼり、ザイフ約8億円やコインチェック約1億円などと比べて圧倒的に多く、企業としての信頼性が非常に高い
  • 三菱UFJやみずほフィナンシャルグループなどをはじめとする大企業が株主となっている
  • 日本最大規模の取引量・ユーザー数を誇っている
  • 日本の仮想通貨取引所では初の補償制度を設けている
  • 取引手数料が安い

などがあげられます。

さらに詳しい説明は以下のコインオタクの記事をご覧ください!

「テレビのCMや電車の広告でビットフライヤーって聞いたけど何なんだろう・・・?」「友達が最近ビットフライヤーで何万円も儲けたって話聞いて、始めたいけどなにがなんだかよくわからない(泣)」「リスクっていう仮想通貨が上場してすごいことになったらしいけど。。。」なんて思っていませんか?今回は誰もが一度は耳にしたことのあるbitFlyer(ビットフライヤー)について、網羅的にすべてのことを解説していきます!主要な見出しに対しては詳しく書いてある記事リンクを載せていますので、気になった方はぜひそちらも参考にしてみてください!この記事の要約ビットフライヤーは国内で一番信頼性の高い取引所!仮想通貨初心者はまず登録だけでもOK!ビットコインFX取引も可能で上級者も満足! ビットフライヤーで口座開設をする!目次bitFlyer(ビットフライヤー)とは【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴1】企業としての信頼性の高さ【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴2】手数料が安い!【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴3】取扱通貨は全部で7種類!bitFlyer(ビットフライヤー)のメリットbitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法 bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)でビットコインFX取引をしよう! bitFlyer(ビットフライヤー)の評価/評判・口コミ bitFlyer(ビットフライヤー)に関するQ&AbitFlyer(ビットフライヤー)まとめbitFlyer(ビットフライヤー)とは bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量・資本金・ユーザー数において日本一を誇る日本最大級の仮想通貨取引所です。ビットフライヤーどのような会社で、どのような特徴・メリット・デメリットがあり、評判や口コミはどうなのか、ビットフライヤーの使い方など、あらゆる観点から詳しくわかりやすくコインオタクがビットフライヤーについて説明していきます! bitFlyer(ビットフライヤー)の概要会社名      

ビットフライヤー(bitFlyer)の取り扱い通貨・アルトコイン全7銘柄一覧

現物取引(販売所)現物取引(取引所)レバレッジ取引(取引所)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)◯(*)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
モナーコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCH,BCC)◯(*)
リスク(LISK)

(*bitFlyer Lightning内でBTC建てでのみ取引可能)

現物取引では、全7銘柄購入可能となっています。しかし、気をつけてほしいのは『販売所』『取引所』で扱われている仮想通貨の種類が異なっているということです。

この2つの違いとしては、『販売所』とはビットフライヤー側が価格を設定しているため、売値が高く買値が低く設定されています。つまりビットフライヤー側に有利な値段設定になっています。『取引所』では、その仮想通貨の価格が市場原理によって決めるため公正な価格での取引が可能と言えるでしょう。

そのため『販売所』などでアルトコインを購入すると少し割高になってしまいますが、ただアルトコインを購入する場合、日本の仮想通貨取引所ではほとんど『販売所』となっているので仕方ないかもしれません。。。

『販売所』と『取引所』についての詳しい説明はコインオタクの記事を御覧ください 

  目次ビットコインを始めてみよう!販売所とは?取引所(交換所)とは?違い①販売所と取引所の価格差違い②取引相手結局どっちを使えばいいの?まとめ ビットコインを始めてみよう! ビットコイン、最近話題になってるしちょっとずつ名前聞くようになってきたけどまだよくわからない、、、 今回はそんな初心者向けの記事です!ビットコインを少し調べると必ず出会う単語「取引所」「販売所」について、わかりやすく解説していきます! 販売所とは?取引所(交換所)とは? まずあらかじめ断っておきましょう。ビットコインとはあくまで仮想通貨の1つ(通貨の中のUSドル、みたいな感じです)なので、今後は仮想通貨、と呼んでいきますね。 さて本題です。まずは、販売所と取引所を一言で説明してみましょう。仮想通貨において、 販売所とは、仮想通貨を店から購入する「売店」 取引所とは、仮想通貨を客同士が売買する「市場(いちば)、バザー」 のようなものです。また、取引所は交換所とも呼ばれますが、一般には「取引所」の方で呼ばれることが多いですので、本記事では今後は「取引所」を用いていきます。 具体的に説明していきましょう。 販売所とは、仮想通貨を販売所運営会社から直接購入できる場所のことです。販売、というと購入しかできないのか?と思われそうですが、実は通貨を売ることもできます。 取引所とは、人々が仮想通貨を売り買いする場所のことです。これには私たちも参加することができます。そこでは私たちが自分が所有している仮想通貨に値段をつけてそれを売ることができます(自分たちで値段を指定して売買することからこの仕組みを「指値(さしね)注文」と呼びます)。 実際の取引所のサイトはこんな感じです。「買い板/売り板」の部分が人々が指値注文をした履歴です。 ちなみにこれは国内最大手の取引所「コインチェック」の写真です。 このコインを買う・売るなど書いてある部分が販売所に相当する部分です。 では、販売所と取引所はどんな違いがあるのか?詳しく説明していきましょう。 違い①販売所と取引所の価格差

 もし『販売所』ではなく『取引所』でアルトコインを取引したい場合はbitbank.ccをおすすめします!

bitbank.ccについてのコインオタクの詳しい記事も合わせてご覧ください。

仮想通貨の取引所はなにを基準に選べばいいかわからなく、何も考えずに有名な取引所だからという理由でcoincheckやbitFlyerを使っていませんか?実はbitbank.ccという取引所は有名な取引所ではありませんが今皆さんが気付かないうちに払っている手数料がかなり安く抑えられます。なぜなら取引手数料が無料な上、スプレッドという見えない手数料がかからないからです。ここでは、仮想通貨取引所のbitbank.ccの手数料や使い方、特徴を徹底的に解説します。今後仮想通貨のトレードの際には、知らないうちに手数料が取られることなく、快適な取引が出来るようになります。目次Bitbank.cc(ビットバンク)とはBitbank.ccの特徴Bitbank.ccのメリットBitbank.ccのデメリットBitbank.ccの登録方法Bitbank.ccの使い方Bitbank.ccのQ&Aまとめbitbank.cc(ビットバンク)とは bitbank.ccの概要 社名ビットバンク株式会社設立2014年5月資本金11億3100万円所在地〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F代表取締役CEO 廣末紀之 ビットバンク株式会社は、平成29年9月29日、仮想通貨交換業の登録しました。登録番号:関東財務局長 第00004号 資本金についても、コインチェック:9800万円、Zaif:8億3000万円と大手取引所に比べても遜色ないです。そのため運営会社は信頼に当たるのではないでしょうか。 BTCNを運営 ビットバンク株式会社はビットコインニュースという仮想通貨メディアの運営もしています。仮想通貨の紹介記事やニュース、チャート分析など幅広くやっているので興味ある方は見てみましょう。 ビットバンクトレード(bitbank trade)という取引所も運営している ビットバンクトレードという取引所も運営しています。この取引所ではビットコイン先物証拠金取引(BTCFX)に特化している取引所です。FXトレードで短期間で大きな利益を出すには最適の取引所なのではないでしょうか。 ビットバンクトレードとは?レバレッジ取引に圧倒的おすすめの理由を解説!目次ビットバンクトレード(bitbank

また仮想通貨のFX取引が可能なのはビットコインのみです。ビットフライヤーFXでは、レバレッジ15倍とハイリスクハイリターンで取引することができます!

ビットフライヤー(bitFlyer)で購入できる仮想通貨の種類・銘柄ごとの特徴と今後・将来性を分析!

ビットコイン(Bitcoin,BTC)の特徴

通貨名(通貨単位)Bitcoin(BTC)
運用開始時期2009年
時価総額約17兆円(第1位)
1日あたりの取引量約7750億円
ブロック生成速度約10分

ビットコイン(BTC)とは、ナカモトサトシ氏によって発表された論文をもとに制作された世界初の仮想通貨です!

ブロックチェーンと呼ばれる改ざん不可能なシステムを利用することで、銀行などの中間業者を介さず個人間での送金決済を可能にします。以前と比べて、送金が圧倒的に早くなり、手数料も安くなることで新しいお金の形として期待されています。

さらに現在では実用化も進んでおり、日本ではH.I.S.やビックカメラなどで決済が可能です。

ビットコイン(BTC)の今後・将来性

ビットコインはほとんどの仮想通貨取引所で取り扱われていて、他の仮想通貨を取引するための基軸通貨となっています。そのため一日に膨大な量が取引され、価格の変動率が低く安定しているといえます。

しかしビットコインは、取引量が多すぎるために取引が遅くなってしまうというスケーラビリティ問題を抱えています。そのために、Segwit(セグウィット)の導入を検討したり、ライトニングネットワークを研究したりとさまざまな施策が打たれています。

このようにさまざまな開発していて多くの人が注目しているため、今後も安定している考えていいでしょう。

ビットコインの仕組みに関するコインオタクの記事も合わせてご覧ください。

  目次ビットコインの仕組みの簡単な説明ビットコインの送金の仕組みを図解!ブロックチェーン技術マイニング(採掘)システムビットコインの仕組みの問題点は?ビットコインに後から導入された技術ビットコインの仕組みに関するQ&Aビットコインの仕組みのまとめ ビットコインの仕組みの簡単な説明 ビットコインの仕組みをまずは簡単に説明していきたいと思います。個々の技術についてはあとで詳しく述べていきます。 ビットコインの仕組みの基本はブロックチェーン、マイニング(採掘)です。ブロックチェーンには過去の取引の履歴がすべて記録されていて、マイニングという膨大な計算力を必要とする作業によって、ブロックチェーンに記録された取引は必ず正しいということが保証されています。 お金がここにある、ということによってお金を持っていることが保証されてるわけではなく、今までにあった取引はブロックチェーンに書いてある通りで、マイニングのおかげでブロックチェーンに書いてあるのは全部正しいから自分のもってるお金は今これだけだよね、という確認のしかたができる仕組みになっています。イメージとしては、家計簿を正しくつけているから、財布や通帳の中を見なくても持ってるお金が分かっちゃう感じです。 ブロックチェーンやマイニングの仕組みの前に、取引つまりお金のやり取りはどのような仕組みで行われているのか見ていきましょう。 ビットコインの送金の仕組みを図解! ビットコインの送金はどのような仕組みで行われているんでしょうか。ビットコインの送金には電子署名という暗号技術が用いられています。この電子署名の仕組みを図を用いながら分かりやすく説明したいと思います。 AさんからBさんに1BTCを送る場合について見ていきましょう。この場合、「Bさんに1BTCを送りました」という契約書が書かれて、しかもその契約書がたしかにAさんによって署名されたものなのかを確認できることが大事になっていることに注意しましょう。 STEP1:Aさんが秘密鍵によって契約書を暗号化する

 イーサリアム(Ethereum,ETH)の特徴

通貨名(通貨単位)Ethereum(ETH)
運用開始時期2014年2月
時価総額約10兆円(第2位)
1日あたりの取引量約3450億円
ブロック生成速度約15秒

イーサリアム(ETH)とは、ビットコインに次ぐ時価総額を誇る非常に有名な仮想通貨です。ビットコインとは異なり、決済手段としての仮想通貨を目的としているわけではなくアプリケーション作成のプラットフォームになることを目的にしています。

最大の特徴は、スマートコントラクトと呼ばれる送金情報以外の様々な仕組みをブロックチェーン上に書き込むことを可能にしたシステムです。これにより、送金以外の様々なサービスを提供することが可能になります!

イーサリアム(ETH)の今後・将来性

イーサリアムはイーサリアムのブロックチェーン上に独自の仮想通貨を制作し、資金調達を行うICOが可能です。

また、Dappと呼ばれるイーサリアムのスマートコントラクトを利用した分散型アプリケーションを開発し、そのアプリケーション内で使える独自通貨(ERC20トークン)を利用したサービスを提供することが可能です。その利便性の高さから多くの企業が現在参加しており、今後もっと増えることが予想されます。そして、そのDappに価値がつくと、その基盤となっているイーサリアムはさらに価値が上昇するので、イーサリアムは将来性が非常に高いです。

仮想通貨市場に対するビットコインの影響力が低下していく中、今後はBTCに代わる基軸通貨として期待されています!

イーサリアムに関するコインオタクの詳しい記事も合わせてご覧ください。 

 仮想通貨について少し調べてみたり、取引所に登録してみたりすれば必ずといっていいほど目にするイーサリアム(Ethereum)。ビットコインは分かるけど、イーサリアムってなに?って思いますよね。ビットコインなどと比べるとイーサリアムはかなり複雑な構造になっているんですが、実は根幹となる技術をしっかり抑えれば理解ははそう難しくありません。この記事では、イーサリアムがどういった特徴を持っているのかを解説したあと、イーサリアムの持つ将来性を具体的に説明していきたいと思います!最後まで読めば、イーサリアムについて超詳しくなれること間違いなしです!目次仮想通貨イーサリアム(Ethereum)とは仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の基本情報・概要説明仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の特徴・メリット・デメリット仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の今後のイベント仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の価格推移と最新チャート分析!仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の将来性と問題【取引所】仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の購入方法【ウォレット】仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の保管方法仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の気になるQ&Aまとめ仮想通貨イーサリアム(Ethereum)とはイーサリアム(Ethereum)とは、スマートコントラクトやDApps(分散型アプリケーション)を構築できるプラットフォームのことで、Ethereum Foundationによって運営されています。このプラットフォームの基軸通貨であるEther(イーサ)は、ほぼ全ての取引所で取り扱われており、ビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨となっています。仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の基本情報・概要説明まずは、イーサリアムに関する基本情報をまとめたあとに、どんな仮想通貨なのか簡単に説明していきたいと思います。仮想通貨イーサリアム(Ethereum)の基本情報通貨名(通貨単位):Ethereum(ETH) 公開日: 2015年7月30日発行上限枚数: 91,786,546 ETH時価総額:下記参照 備考:ー 国内取り扱い取引所:bitFlyer,Zaif,GMOコイン,bitbank

 イーサリアムクラシック(EthereumClassic,ETC)の特徴

通貨名(通貨単位)EthereumClassic(ETC)
運用開始時期2016年7月
時価総額約360億円(第16位)
1日あたりの取引量約46億円
ブロック生成速度約15秒

イーサリアムクラシック(ETC)とは、The DAO事件(*)を発端に現在のイーサリアムと分裂した仮想通貨です。イーサリアムの分裂以前のブロックチェーンを利用しており、非中央集権的な仮想通貨を目指すコミュニティにより作られました。

イーサリアムと違いは発行上限を設けているという点で、それ以外はほとんど同じでしたがここ最近おおきくイーサリアムとの差異を明確にしようという動きがありました。

IoT(Internet of Things)への完全な対応を目指し、さらにサイドチェーンを導入しようとする動きをしています。

またECIP-1035という今後予定されているバージョンアップにおいて、イーサリアムクラシックに匿名性が追加されようとしています。匿名性が高まると、プライバシーの保護にはつながりますが、犯罪の温床になりかねないので政府からの規制が懸案事項です。

(*:ドイツの『The DAO』というサービスにおいて、そのシステムの脆弱性をつかれ当時の価格にして80億円相当のイーサリアムが盗まれてしまった事件のことです。詳しくは以下の記事を御覧ください。)

目次The DAOとは?The DAOの仕組みThe DAO事件の真相とは?The DAO事件から学ぶべきこと The DAOとは? The DAOとは、Ethereumのスマートコントラクトを使用して作られた非中央集権の分散型投資ファンドのICOプロジェクトです。The DAOが集めた資金は出資の資金として使われ、その出資先はThe DAOへの出資者によって決定されます。 まずそもそもイーサリアムやスマートコントラクトすらわからないという人は、下記のリンクからコインオタクのEthereumについての記事を参照ください。 イーサリアム(Ethereum)とは?買い方やチャート分析や将来性を教えます!イーサリアム(Ethereum)は、時価総額第2位の仮想通貨で、ビットコインを超えるほどのポテンシャルを持つかもしれないと言われています。イーサリアムの何が凄いのか、将来性はどのくらいあるのか、実際に買った方が良いのかを解説します!続きを読む スマートコントラクトとは?ブロックチェーン技術の新たな可能性を東大生が考察!時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。続きを読む   The DAOの仕組み The DAOを使って出資しようと考えている人は、Ethereum固有の通貨EtherでThe DAOが発行するToken(トークン)を購入します。 Tokenは現実世界でいうところの株券のようなもので、Tokenを購入することによって、出資者はトークン所持数に応じて、「実際に出資するか否か」の投票権を得ます。 そして、このTokenの購入に使われたお金は、出資のための資金に使われる、という寸法です。 逆に、出資を受けたい人は、The DAOに出資を受けてどのような事業を興すのか、また、それに必要な出資額はいくらで、それによってどれくらいThe DAOの収益が期待できるか、というプレゼンを行います。 そして、承認がおりて出資されれば、The DAOはその事業の利益をToken所持者に分配するという仕組みです。

 イーサリアムクラシック(ETC)の今後・将来性

現在、多くのイーサリアムのブロックチェーンを利用した複雑なシステムが開発され、なかなかイーサリアムクラシックのブロックチェーンを利用したサービスは登場していません。

IoTやサイドチェーンなどをしっかり導入してイーサリアムとは違う仮想通貨であることをアピールできるかが将来性を大きく決めると考えられます。

イーサリアムクラシックに関する詳しいコインオタクの記事も合わせてご覧ください

最近どんどん存在感を増してきている仮想通貨、イーサリアムクラシック(ETC)。「イーサリアムクラシックってどんな仮想通貨なの?特徴が知りたい!」あなたは今、そうお考えではありませんか?面白そうな仮想通貨なのでちょっと気になってる。だけど投資に踏み切れるほどの情報を持っていない・・・イーサリアムクラシックについての情報があれば、投資判断に役立てることができますよね。そんなあなたに朗報です。「この記事を読めば、イーサリアムクラシックについてあなたが知りたかった情報が手に入ります。」東大生がくまなく集めてまとめた情報は、必ずあなたの役に立つでしょう!それだけでなく、イーサリアムとの違いやイーサリアムクラシックの今後の展望も解説しているので、将来性への理解も深まること間違いなし!この記事ではイーサリアムクラシックの特徴はもちろん、チャートの動きや将来性、問題点、そして購入にオススメの取引所まで知りたいことを完全網羅して解説します!この記事が投資判断のお役に立てば幸いです!目次イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とはどのような仮想通貨か イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の基本情報・概要説明 仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の特徴・メリット・デメリットイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)と本家イーサリアムとの違い イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の今後の予定 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のチャート分析!相場から見る最新価格推移 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の今後は?問題点と将来性 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の購入にオススメの取引所2選イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のオススメウォレット3選 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)についてのQ&A イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のまとめイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とはどのような仮想通貨か 

  ライトコイン(Litecoin,LTC)の特徴

通貨名(通貨単位)Litecoin(LTC)
運用開始時期2013年5月
時価総額約1.3兆円(第5位)
1日あたりの取引量約1000億円
ブロック生成速度約2.5分

ライトコイン(LTC)とは、第二のビットコインになることを目指して作成された仮想通貨でビットコインのブロックチェーンを利用しています。その最大の特徴としては、ブロック生成速度がビットコインの4倍通貨発行量も4倍とその流動性の高さと実用性が特徴です。

また様々な新技術を積極的に導入しているため、通貨開発が日夜行われているのだろうなと信頼できます。例えば、Segwit(セグウィット)というスケーラビリティを大幅に向上させるシステムが導入されました。また、個人間での通貨の送受信をいったんオフチェーン上でまとめたうえで、オンライン上に効率的なトランザクション情報を書き込むことでマイクロペイメントを可能にするライトニングネットワークも2018年9月に試験的運用され成功しました。

ライトニングネットワークについて詳しい記事もあわせてご覧ください!

目次ライトニングネットワークとは?ライトニングネットワークの仕組みライトニングネットワークのメリットライトニングネットワークの懸念点・問題点ライトニングネットワークに関するQ&Aライトニングネットワークまとめ ライトニングネットワークとは? ライトニングネットワークとは、オフチェーン上でトランザクションをまとめてからブロックチェーン上に効率化されたトランザクションだけを送ることで、マイクロペイメントを可能にした技術です。ライトニングネットワークの導入には、Segwitの導入が必須なので、ビットコインにSegwitが実装されたことによってライトニングネットワークの実現性が高まったと話題になりました。手数料、スケーラビリティなどたくさんの問題を持ったビットコイン、モナコイン、ライトコインなどの弱点を解決する可能性を秘めた技術です。 まずはマイクロペイメントについて知ろう! マイクロペイメントとは、少額単位での支払いを可能にする送金システムのことです。一円以下での支払いが出来るので、デジタルコンテンツに対する支払いなどに向いています。例えば、動画視聴に対して1秒に0.1円といった支払いです。今の法定通貨でこれをやろうとすると、どうしてもクレジットカードで支払わなければならず、クレジットカードの手数料が5~10円程かかってしまうので秒単位での支払いをするには手数料がばかになりません。仮想通貨を用いることでより少ない手数料でマイクロペイメントを行うことができますが、ビットコインでもまだ問題があります。 それは、細かい額のトランザクションを作るときにやはりマイナーフィーがかかってしまうので結局手数料がかかってしまうことと、送金に10分かかることです。 マイクロペイメントに関して詳しく知りたい方はこちらの記事を読んで下さい!!!   マイクロペイメントとは?ビットコインや仮想通貨の可能性を東大生が解説マイクロペイメントとは、少額の決済が可能になるサービスです。今まで少額の決済をするのに手数料が決済価格よりも大きいなど、現実的ではありませんでした。今後仮想通貨を使って可能になる可能性があるマイクロペイメントの仕組みや将来性を解説します!続きを読む   ですが、そんな問題を解決する技術が存在して、それをペイメントチャネルといいます。

 ライトコイン(LTC)の今後・将来性

時価総額の観点から見てもビットコインの6%とまだまだ第二のビットコインと呼ぶに早いかもしれませんが、アルトコインの中では確固たる地位を築いています!

今後どのようにビットコインと差別化を図っていくのかに注目していきましょう。

ライトコインに関するコインオタクの詳しい記事も合わせてご覧ください。

目次ライトコイン(Litecoin)とは?ライトコインのチャート分析!ニュース・相場からみる最新価格推移ライトコインの問題と今後の将来性は?コインオタクの見解ライトコインの仕組み・特徴ライトコインのここが凄い!ライトコインのメリットライトコインにはこんなデメリットも・・・?!【ライトコインの入手方法】オススメの取引所3選【ライトコインの保管方法】おすすめウォレット4選ライトコインのQ&Aライトコインまとめライトコイン(Litecoin)とは? ライトコイン(Litecoin)とは、2011年ビットコインのソースコードをもとに作られた仮想通貨(アルトコイン)の一種で、特徴としては「ブロック生成速度が速い」「発行量が多い」ことが挙げられます。また、暗号化アルゴリズムもビットコイン(Bitcoin)と異なるものを利用していることで知られています。 ライトコインのチャート分析!ニュース・相場からみる最新価格推移 2018年2月7日現在のライトコインのチャートは以下のようになっています。今回はコインマーケットキャップを使用しています。 3月末ごろから価格が上がり始め、5月上旬、6月下旬、9月上旬に大きく上昇、その後大きく値を下げていることがわかります。それらの原因などについて見ていきましょう。 Segwit(セグウィット)の結果によって高騰 まず、5月上旬の高騰について見ていきましょう。これが起きたのは、5月11日に導入されたSegwit(セグウィット)が背景にあります。Segwitは、取引のサイズを小さくすることで1つのブロックに収納できる取引の数を増やす技術で、これによってスケーラビリティが大幅に向上しました。これを受けて、ライトコインに対する期待が高まり、価格の上昇に繋がりました。   Segwit(セグウィット)とは?仕組みやメリット、知らないとヤバい情報を教えます!ビットコインを語る上で外せないsegwit。技術的な話でよくわからない、色々な専門用語が出てきてよくわからない、そんなことを思っているあなた!segwitを砕いてわかりやすく説明します!知っておくべき用語の1つなので必見です!!続きを読む   ビットコインへの不安と、BitStampへの上場

 モナコイン(Monacoin,MONA)の特徴

通貨名(通貨単位)Monacoin(MONA)
運用開始時期2014年1月1日
時価総額約400億円(第65位)
1日あたりの取引量約22億円
ブロック生成速度約1.5分

モナコイン(MONA)とは、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)内のチャットをきっかけに、作成・流通した日本発の仮想通貨です。そのシステムはライトコインとほぼ類似しています。そのため、モナコイン独自の技術やシステムはほとんど存在しません。。。

特徴としては、世界で初めてSegwit(セグウィット)を導入した仮想通貨であることや、技術革新が全くないと言っても過言ではないにもかかわらずモナコインを支えるコミュニティの強さから、投機対象だけでなく実際の決済に使われ始めているということなどが挙げられます。

モナコイン(MONA)の今後・将来性

モナコインは現在5ちゃんねるを中心に実際に決済手段として広まりつありますがビットコインやライトコインなどと比べると、技術的革新が存在しないためシェアを奪うのは難しく一部のコミュニティ内で使われるだけの通貨になってしまう可能性が高いと考えられます。そのため価値が上昇するのは難しいのではないでしょうか。。。

しかし、日本発の仮想通貨ということで多くの人が支持しているのも事実ではあります。そのため今後の動向に注目していきたいです!

モナコインに関するコインオタクの詳しい記事も合わせてご覧ください。

目次モナコイン(monacoin)とは?モナコインのチャート分析!相場から見る最新価格推移モナコインの問題と将来性~今後の展望について、コインオタクの見解~モナコインの仕組みは?モナコインのメリットは?モナコインのデメリット【モナコインの買い方】オススメ取引所紹介【モナコインの保管方法】オススメのウォレットモナコインについてもっと知りたい!Q&Aコーナーモナコインのまとめ モナコイン(monacoin)とは? モナコイン(monacoin)とは、2014年1月1日に5ちゃんねるのチャットが発端で流通が開始した、日本発の仮想通貨です。 モナコインのチャート分析!相場から見る最新価格推移 ここ一年のモナコインのチャートは以下のようになっています。(2018年1月26日現在)1年前は1MONA=3円ほどの価値しかなかったモナコインは、なんとこの一年で約200倍になりました!ではその一部始終を追いかけていきましょう。まず、このチャートでは微々たる変化ですが、5月から6月にかけて20円→80円ほどになっています。これは、モナコインの半減期とアルトコインブームが被ったためです。このころはビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の各銘柄が高騰しました。その後、中国の仮想通貨規制などの影響で一時価値を下げ、10月頭に再び高騰しました。50円→300円(一時700円台にも)と爆発的な高騰ですね。 これは、あの大手仮想通貨取引所bitFlyerがモナコインの取り扱いを始めたからです。「そんだけで価値が6倍になるとかマジ?」と思われるかもしれませんが、アルトコインは、このように大手取引所で取引が開始されただけでコインの価値が爆上がりすることがあります。そして極めつけは11月末~12月頭の高騰です。1ヶ月の間に330円→1200円(最大2200円!)と約4倍も高騰しました。この原因は大きく分けて2つあります。まず一つ目は有名トレーダーcis氏がモナコインへ購入を公言したことです。モナコインは9割ネタで投資ではないです1000万ちょっとしか買ってないしたぶん投げ銭とか、イベントの景品とかにして使ってしまいそうでも今の時価総額低いし名前が良いから30倍もワンちゃん?— [email protected]株 先物 FX 仮想通貨 ドラクエ (@cissan_9984) November 30, 2017

 ビットコインキャッシュ(BitcoinCash,BCH,BCC)の特徴

通貨名(通貨単位)BitcoinCash(BCH,BCC)
運用開始時期2017年8月1日
時価総額約2.7兆円(第4位)
1日あたりの取引量約700億円
ブロック生成速度約10分

ビットコインキャッシュ(BCH,BCC)とは、2017年8月に大手マイニンググループ主導でビットコインがハードフォークした際に生じた仮想通貨です。大きな特徴として、現在のビットコインのスケーラビリティ問題を解決するのにSegwit(セグウィット)を導入するのではなく、ブロックサイズを大きくすることで解決しようとしたことです。そのため、ビットコインキャッシュではビットコインのブロックサイズの8倍にまでしました。

マイニングするためにはフルノードになる必要があります。しかしブロックサイズが大きくなったことにより、ブロックチェーン自体の容量も大きくなってしまい、マイナー以外がフルノード(ブロックチェーンの全記録を自分のパソコンにインストールしている人)になるための障壁が高くなり、なかなかフルノードになりたがる人がいません。そのためフルノードになっているのがマイナーばかりになり、マイナーにすべての情報が集まってしまう中央集権的な仮想通貨になってしまうのではないかと問題となっています。

ビットコインキャッシュ(BCH,BCC)の今後・将来性

ビットコインキャッシュは、大手マイニンググループ主導でビットコインのスケーラビリティ問題を解決するためにつくられた仮想通貨です。現在のビットコインに何らかの不具合が生じた場合はもちろんビットコインの代替になる可能性はあります。

ただ、ビットコインキャッシュはマイナーにかなり有利な仮想通貨ということで今後マイナー以外のユーザーが増えていくのかが争点になると思います。マイナーが何をマイニングするかによって仮想通貨の実用性が決まってしまうのは、せっかくの非中央集権的な機能を特徴とするビットコインの良い点を活かせてない気がします。。。

2018年のロードマップでは2018年2月15日までに今年行われる2回の大きなアップデートの具体的な内容が決定すると発表されています。この発表によっては大きく価格が上昇する可能性もあります。そのため今年一年間の動向はしっかりおっていきましょう!

ビットコインキャッシュに関するコインオタクの詳しい記事も合わせてご覧ください。

取引所などでビットコインキャッシュの名前を見て、「ビットコインとはなにが違うんだろう」と思っている人は多いのではないでしょうか。実は、ビットコインキャッシュはビットコインよりも優れている部分も多いのです。この記事では、ビットコインキャッシュとビットコインとの違いを比較し、それぞれがどのようなメリット・デメリットを持っているのか、また将来性やチャートの分析も解説します。この記事を読んだあなたはビットコインキャッシュが今後どうなっていくのか、悩むことなく、自信を持って投資するか決めることが出来るようになります!目次仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)とは仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の基本情報・概要説明仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の特徴・メリット・デメリット仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の今後のイベント仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の価格推移と最新チャート分析仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の将来性と問題【取引所】仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の購入方法【ウォレット】仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の保管方法仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の気になるQ&A仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)のまとめ 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)とは ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークで生まれた通貨で中国のマイナーたちによって作られました。ブロックサイズが8MBで、ビットコインの最大の問題とも言える送金が遅く手数料が高いという問題を解決しています。ビットコイン初のハードフォークコインとして注目を集め、現在は国内海外問わず、ほとんどの取引所で取り扱われています。 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の基本情報・概要説明まず、ビットコインキャッシュの基本情報をまとめた後に特徴を簡単に解説します。 ビットコインキャッシュの基本情報 通貨名(通貨単位):ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)公開日:2017年8月1日 発行上限枚数:21,000,000 BCH承認アルゴリズム:Proof of Work(SHA

 リスク(LISK,LSK)の特徴

  
通貨名(通貨単位)LISK(LSK)
運用開始時期2016年5月24日
時価総額約4000億円(第14位)
1日あたりの取引量約120億円
ブロック生成速度約10秒

リスク(LSK)とは、DPoSと呼ばれる承認システムを採用し、スマートコントラクトやサイドチェーン機能を持った仮想通貨です。スマートコントラクトといえばイーサリアムを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、イーサリアムとは異なりサイドチェーン機能を備えています!!

サイドチェーン機能とは簡単に説明すると、メインのブロックチェーンには数多く存在するサイドチェーンへのリンクが書かれており、サイドチェーン上にそれぞれの新機能やスマートコントラクトが書かれているというシステムです。

これにより、スケーラビリティを大幅に向上することが可能になり、メインチェーンにバグや問題が見つかった場合の対処が簡単になったりと様々なメリットがあります。

またリスクにおけるサイドチェーンを書くのに用いられる言語がイーサリアムとは異なり、Javascriptが採用されているため多くのプログラマーが参加しやすくなっています。

リスク(LSK)の今後・将来性

リスクは全体的に良い点がとても多いです!!サイドチェーンによって大きく様々な問題を解決することができます。ただネックなのは、イーサリアムとの差別化を大きく図れるところがサイドチェーン機能とJavascriptで書けることしか存在しないということです。イーサリアムも常に進化しているため、サイドチェーンに変わるような新機能を生み出すかもしれません。そうなると、後発で認知度や利用者数が少ないリスクはかなり不利な立場と言えるでしょう。

今後の動きに注目していきたいです。

リスクに関するコインオタクの詳しい記事も合わせてご覧ください。

Liskは非常に人気が高く日本での知名度も高いことから、「Liskのことを名前だけ知ってるけど、どんな通貨なのか知りたい」「Liskに投資してみたいけど将来性はあるのか知りたい」「Liskの問題点や欠点についても知りたい」といった様々な疑問を持っている方々がご覧になっているかと思います。この記事では、まずLiskの仕組みや特徴を初心者にもわかりやすく説明し、投資をする上で重要な将来性や今後の課題、チャート分析や今後のファンダメンタル情報も上級者向けに解説しています。Liskの将来性についてもコインオタク編集部独自の切り口から僕達の見解を解説していきますので、ぜひ読んで下さい!目次仮想通貨Lisk(リスク)とは仮想通貨Lisk(リスク)の基本情報・概要説明仮想通貨Lisk(リスク)の特徴・メリット・デメリット仮想通貨Lisk(リスク)の今後のイベント仮想通貨Lisk(リスク)の価格推移と最新チャート分析仮想通貨Lisk(リスク)の将来性と問題【取引所】仮想通貨Lisk(リスク)の購入方法【ウォレット】仮想通貨Lisk(リスク)の保管方法仮想通貨Lisk(リスク)の気になるQ&A仮想通貨Lisk(リスク)のまとめ 仮想通貨Lisk(リスク)とは リスク(Lisk)とは、スイスに会社を持つLisk Foundationが開発している仮想通貨のプロジェクト名です。2016年に14000BTCを集めたICOとして始まり、現在は国内最大級の取引所であるbitFlyerやcoincheckで取り扱われていて、国内でも有数の人気を誇っています。 仮想通貨Lisk(リスク)の基本情報・概要説明 まずはLiskに関する基本情報をリストアップした後に、Liskがどのような機能をもつ仮想通貨なのかを簡単に説明していきます。Lisk(リスク)の基本情報通貨名(通貨単位):Lisk(LSK) 公開日:2016年5月24日 発行上限枚数:上限なし(発行枚数は減少) 時価総額:下記参照 備考:--- 国内取り扱い取引所:bitFlyer, coincheck 海外取り扱い取引所:bitbay, Binance, Huobi, Poloniex, HitBTC, etc 公式サイト:https://lisk.io/ 公式ツイッター:@LiskHQ

ビットフライヤー(bitFlyer)で取引すべきオススメの仮想通貨!!


ビットフライヤー(bitFlyer)で取引するのにオススメの仮想通貨はビットコイン(Bitcoin)です!

ビットフライヤーは非常に取引量が多く、個人レベルだったらどんな注文も基本的にすんなり通ります。さらに、ビットコインなら『取引所』(=個人・個人間)で取引可能なのでお得に取引できます。

ビットフライヤーでの取引方法・使い方については以下のコインオタクの記事を御覧ください! 

「口座は作ってみたけどまだ日本円入金してない。。。」「仮想通貨取引したいけどなんどかこわい...」なんて人はいませんか?この記事では、国内最大の仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設したのはいいけど実際どうやって使っていいかわからず、全く活用してないなんて人もいるのではないでしょうか。この記事では、bitFlyerの使い方を網羅的にわかりやすく説明していきます!もしまだbitFlyerを利用していない方はこれを読んで今すぐ始めましょう!!bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量日本一を誇る日本最大級の仮想通貨取引所です。2014年に設立した比較的新しい取引所でビットコインの他にビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコインを取り扱っています。ビットフライヤーは日本の他の取引所に比べて資本金が多いです!ビットフライヤーと並んで有名なコインチェックは資本金1億円程度、ザイフでも8億円くらいですが、ビットフライヤーは資本金41億円を有しています。これだけ資本金が多いと倒産リスクも低く、安心して利用できます。今すぐbitFlyerを始める(この記事内ではビットコイン購入方法のみを書いていますがアルトコイン購入方法もほぼ同じなので参考にしてみてください!)bitFlyerの概要について知りたい方は以下の記事がオススメです! ビットフライヤー(bitFlyer)とは?手数料や評判使い方を網羅的に教えます!bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本で最も人気のある仮想通貨取引所の一つで、ビットコイン取引高世界3位になるほど利用されています。初心者にオススメなビットフライヤーの評判や使い方を徹底解説します!続きを読む目次仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)に登録しよう!【bitFlyerの使い方】日本円を入金!【bitFlyerの使い方】日本円を出金! 

取り扱い通貨数で他の取引所と比較!

仮想通貨取引所取り扱い通貨数
bitFlyer(ビットフライヤー)7種類
Zaif(ザイフ)14種類
DMM bitcoin(DMMビットコイン)7種類
GMOコイン5種類
bitbank.cc(ビットバンク)6種類
Binance(バイナンス)100種類超
Poloniex(ポロニエックス)70種類程
Bittrex(ビットレックス)250種類超

(2018年2月現在)

ビットフライヤー(bitFlyer)は取り扱い通貨数7種類と国内の仮想通貨取引所のなかでは、平均的な仮想通貨取り扱い数となっています。どの通貨も将来性は高く、かなり安定している通貨が多いので、初心者はまずビットフライヤーに上場している通貨を購入して間違いないと思います。

ただ、他の海外の仮想通貨取引所では、国内の取り扱い通貨数とは比べ物にならないほど多種多様な仮想通貨が扱われています。そのため、ある程度仮想通貨に慣れてきたら海外の取引所で取引するのも良いかもしれません!

今最も熱い海外の仮想通貨取引所はBinance(バイナンス)です。ぜひコインオタクの記事を読んで登録してみてください!

世界最大規模Binanceで今すぐ仮想通貨取引を始める!

目次仮想通貨取引所Binance(バイナンス)とは【Binanceの特徴1】手数料が安い!【Binanceの特徴2】独自コインを発行している【Binanceの特徴3】日本語対応しているBinanceの今後BinanceのメリットBinanceのデメリットBinanceの登録方法Binanceの使い方Binanceまとめ   仮想通貨取引所Binance(バイナンス)とは   Binanceは上海に本社所在地を持つ仮想通貨取引所です。2017年7月に設立されて以降、取引所の注文処理速度の速さが注目され、認知度が上がりました。Binanceでは月に1回Community Coin of the Monthというプログラムがあり、投票で人気上位に挙がった仮想通貨を上場しているという点が特徴的です。 CEOは有名な中国取引所OKCoinの元CTO(最高技術責任者)やブロックチェーンの元開発トップであるChangpeng Zhao氏で、彼の会社Beijie Technologyによって管理されています。2017年8月には同じくOKCoin共同創業者で、中国のインターネット産業で最も尊敬され、影響を与えた一人と言われるYi He氏がBinanceに参加しています。よって企業にいる役員の経歴面では、信頼のおける取引所と言えます。 Binance公式サイトはこちら 【Binanceの特徴1】手数料が安い! Binanceは手数料が安く、取引手数料は一律0.1%!日本での取引手数料は2%程なので、日本の取引所と比べれば非常に安いです!そのうえ手数料は後述するBNBを利用することでなんと半額になります! BTC現物取引手数料をBittrexとPoloniexとで比較してみると、 Biance:0.1% Bittrex:約0.25% Poloniex:0.15~0.25% アルトコイン現物取引手数料を比較してみると、 Binance:0.1% Bittrex:0.25% Poloniex:0.15~0.25% BTC送金手数料を比較してみると、 Binance:0.0005BTC Bittrex:0.001BTC Poloniex:0.0005BTC

ビットフライヤー(bitFlyer)内の日本円で購入可能な仮想通貨一覧

日本円との取引
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCH)
リスク(LISK)

ビットフライヤー(bitFlyer)では全ての仮想通貨が日本円での取引が可能になっています。そのためビットコインを購入しないと仮想通貨取引ができないということはありません!

ビットフライヤー(bitFlyer)の取り扱い通貨まとめ

いかがでしたか!

これでビットフライヤー(bitFlyer)の取り扱い通貨についてはバッチリだと思います!ここで挙げられた通貨はどれも人気が高く将来性も十分にあるので、初心者の方はまずビットフライヤー銘柄の仮想通貨を買って間違いないと思います!!

ビットフライヤーでは2018年1月31日にリスクが上場するなど、コンスタントに取り扱い通貨が増えているので今後もその動向に注目です!

またここまで読んで興味を持たれた方は口座開設してみても良いかもしれません。

無料でビットフライヤーの口座開設をする