「bitFlyer(ビットフライヤー)の取り扱い通貨ってなに?」

と悩んでいる方も多いかと思います。

確かに、取引所によって取り扱い通貨が違い、わかりにくいですよね。

そこでこの記事では、bitFlyerの取り扱い通貨はもちろん、取り扱い通貨の特徴と将来性をコインオタクが詳しく解説しています。

この記事を読めば、bitFlyerが将来性のある通貨を豊富に取り扱っていることがわかるかと思います。


bitFlyer(ビットフライヤー)の取り扱い通貨一覧

bitFlyerの取り扱い通貨は以下の通りです。

現物取引(販売所)現物取引(取引所)レバレッジ取引(取引所)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)◯(※)
イーサリアムクラシック(ETC)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCH,BCC)◯(※)
リスク(LISK)

(※)bitFlyer Lightning内でBTC建てでのみ取引可能


bitFlyerには、販売所と取引所があります。

販売所の現物取引では、すべての通貨を取り扱っていますが、取引所の現物・レバレッジ取引ではビットコインのみ取り扱っています。

販売所は、いつでも簡単に取引ができますが、手数料が少し高く設定されています。

販売所は、手数料は安いですが、注文が通らないこともあります。

ビットコインをお得に購入したい場合は、取引所をおすすめします。

仮想通貨の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。

 

ビットコイン(BTC)の特徴と将来性

ビットコイン(BTC)の特徴 

ビットコインとは、正体不明の経済学者「ナカモト・サトシ」が2009年に発表した世界初の仮想通貨で、決済手段として用いる事を目的としています。

ビットコインは仮想通貨の中で最も有名で、時価総額が1位の仮想通貨です。

ブロックチェーン技術が発明されるきっかけであり、通貨という概念に革命を起こしたと言っても過言ではありません。

【ビットコイン(BTC)の基本情報】

通貨名(通貨単位)Bitcoin(BTC)
開発者
運用開始時期2009年1月
取引承認方式PoW(プルーフ・オブ・ワーク)
発行上限枚数2100万BTC
時価総額 約7.4兆円(1位)
ブロック生成速度約10分

ビットコイン(BTC)について詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック↓

ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている仮想通貨です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!

ビットコイン(BTC)の今後・将来性

ビットコインの知名度は、他を圧倒しています。

そのため、仮想通貨業界に参入してくる企業がある場合、まず最初にビットコインが導入される可能性は高いです。

世界共通の通貨となる可能性も秘めているため、将来性のかなり高い通貨でしょう!

また、今後スケーラビリティ問題を解決できれば、さらに人気が出るでしょう。

ビットコイン(BTC)は今後どうなるか気になりますよね?この記事では、ビットコインの将来性が高い理由や、過去の価格暴落・高騰の歴史、今後を左右する要因、さらには著名人のビットコインの価格予想まで解説しています!

イーサリアム(ETH)の特徴と将来性

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアムは世界中に開発者チームが存在していますが、ビットコイン同様、中央管理組織はありません。

スマートコントラクトという契約の履歴を自動化する仕組みを実装した、分散型アプリケーション(DApps)の開発に用いることができます。

イーサリアムはアプリ開発を可能にして、様々なサービスを人々に提供出来るプラットフォームになることが目的の仮想通貨です。

実際、ほとんどのICO(新規仮想通貨公開)でイーサリアムが利用されています。

【イーサリアム(ETH)の基本情報】

通貨名(通貨単位)Ethereum(ETH)
開発者Vitalik Buterin
運用開始時期2014年7月
取引承認方式PoW(PoSに移行予定)
発行上限枚数上限なし
時価総額約1.5兆円(2位)
ブロック生成速度約15秒

イーサリアムについて詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック↓

イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの仕組みや将来性、今後、チャートなどをコインオタクが徹底解説します!

イーサリアム(ETH)の今後・将来性

イーサリアムは、現在ICOやDAppsなど様々な場面で実用化されています。

また、認証方式をPoWからPoSへの移行や匿名性の強化などのアップデートが予定されています。

これらのアップデートにより、イーサリアムの実用性が高くなり、価格が大幅に上昇する可能性は高いです。

2019年にイーサリアムの価格が20万円まで上昇すると予想している専門家もいるほどです。

イーサリアムは2019年コインオタクが最も注目、期待をしている通貨です。将来性は豊富で、今後の社会において活躍する場面は多いでしょう。そんなイーサリアムの今後の価格予想を紹介するとともに価格上昇の可能性があるイベントを説明します!

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴と将来性

 イーサリアムクラシック(ETC)の特徴

イーサリアムクラシックは、80億円相当のイーサリアムがハッキングによって盗難されたThe DAO事件がきっかけとなって誕生しました。

ハードフォークによってハッキング自体をなかったことにしようとしましたが、中央集権的な介入に反発が起き、イーサリアムから分裂しました。

そのためイーサリアムクラシックは基本的にイーサリアムと機能は同じですが、非中央集権を徹底しています。

【イーサリアムクラシック(ETC)の基本情報】

通貨名(通貨単位)Ethereum Classic(ETC)
開発者
運用開始時期2016年7月
取引承認方式PoW
発行上限枚数2億1000万~3000万ETC
時価総額約510億円(18位)
ブロック生成速度約15秒

 イーサリアムクラシックについて詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック↓

イーサリアムクラシック(ETC)について特徴や将来性、購入方法まで徹底解説します!イーサリアム(ETH)から分裂した時価総額16位の仮想通貨イーサリアムクラシックを、チャート分析や口コミから評価します!

イーサリアムクラシック(ETC)の今後・将来性

イーサリアムクラシックは、IoT(Internet of Things)の分野での活用を目指しています。

IoTとは、あらゆるモノをインターネットに接続し、効率的に稼働させることで、人の生活をより豊かにしていくための技術です。

IoTは市場価値が、2020年には3兆ドルに成長すると言われているほどで、この分野にうまく活用できればイーサリアムクラシックは将来性が高いと言えるでしょう。

ライトコイン(LTC)の特徴と将来性

ライトコイン(LTC)の特徴

ライトコイン(LTC)とは、ビットコインを補完する商取引媒体を目指した通貨です。

ビットコインはブロックの生成に時間がかかることや、総発行枚数が2100万枚と少ないことが通貨としては弱点になると考えられていました。

ライトコインのブロック生成速度はビットコインの4倍の速度の2.5分、総発行枚数はビットコインの4倍の8400万枚で、日常的な決済に利用することが期待されています。

【ライトコイン(LTC)の基本情報】

通貨名(通貨単位)Litecoin(LTC)
開発者Charlie Lee
運用開始時期2011年10月
取引承認方式PoW
発行上限枚数8400万LTC
時価総額約3200億円(5位)
ブロック生成速度2.5分

ライトコインについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェック↓

ライトコインは、日本ではそこまで人気の高い通貨ではないですが、実はアメリカでは結構人気な通貨なんです。ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」と言われるその所以は?この記事でその全てを理解できること間違い無し!

ライトコイン(LTC)の今後・将来性

ライトコインはビットコインと似ていて突出した特徴はないものの、ブロック生成スピードが早いです。

また発行枚数が多いため、希少性が生まれにくくなっています。

手数料も安いことから、決済手段として、とても優秀な性能を持っています。

少額決済にも使いやすくなり、仮想通貨の実生活への導入に大きく貢献する通貨だと考えられます。

仮想通貨のライトコイン(LTC)の今後について徹底予想します!ライトコインは2019年現在時価総額5位の優良コインです。この記事では、特徴や過去のチャートから将来性を予想していきます。購入におすすめの取引所もご紹介!

モナコイン(MONA)の特徴と将来性

モナコイン(MONA)の特徴

モナコインは日本の掲示板サイト「2ちゃんねる」から誕生し、日本発の仮想通貨として人気があります。

モナコインはライトコインを元に開発されています。

そのため機能性が高く、「Segwit(セグウィット)」を実装しているため処理速度がとても早いのが特徴です。

【モナコイン(MONA)の基本情報】

通貨名(通貨単位)Monacoin(MONA)
開発者ワタナベ
運用開始時期2014年7月
取引承認方式PoW
発行上限枚数1億512万MONA
時価総額約34億円(108位)
ブロック生成速度約90秒

 モナコインについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェック↓

モナコイン(MONA)は日本発で、送金速度が速く実用性の高い仮想通貨です。この記事では、モナコインの特徴や将来性、評判、おすすめの取引所などを詳しく解説しています。

モナコイン(MONA)の今後・将来性

モナコインはコミュニティがとても活発で、イベントが開催されたり、モナコイングッズが販売されてりしています。

また、日本国内では決済手段として徐々に普及してきており、動画配信などにおいての「投げ銭」としても利用されています。

イベントなども行われており、今後さらに人気が出る可能性位は十分にあります。

モナコインの2019年最新の価格予想や将来性について解説します。日本の2ちゃんねるから生まれ、熱狂的なファンの多いモナコインは価格はどうなっていくのか、将来性はありそうかなど気になるポイントをまとめていきます!

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴と将来性

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークできた通貨で、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために誕生しました。

そのため、ビットコインキャッシュのブロックのサイズは、ビットコインの8倍の8MBとなっています。

ビットコインに比べ、実用性が高いのが特徴となっています。

【ビットコインキャッシュ(BCH)の基本情報】

通貨名(通貨単位)BitcoinCash(BCH,BCC)
開発者
運用開始時期2017年8月
取引承認方式PoW
発行上限枚数2100万BCH
時価総額約2500億円(6位)
ブロック生成速度約10分

ビットコインキャッシュについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック↓ 

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインのハードフォークで生まれた仮想通貨です。決済にも使われる可能性の高い仮想通貨の特徴・買い方のような基本的なことから将来性・チャート分析など発展的なことまでどの記事よりもわかりやすく解説します!

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後・将来性

ビットコインキャッシュは、ビットコインのメリットはそのまま残し、問題点であった部分を改善している仮想通貨なので、非常に将来性は高いと考えられます。

海外の取引所にはビットコインキャッシュを基軸通貨として扱う取引所も存在しており、ビットコインに代わる仮想通貨となる可能性も秘めているのです。

また、ビットコインキャッシュはハードフォークなしでブロックのサイズを32MBまで拡大できます。

そのため、今後決済などでビットコインキャッシュが頻繁に使われるようになっても今と同じような速度・手数料で利用することができます。

ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年にビットコインのハードフォークにより誕生してからビットコインの代替として注目、期待されています。そんなビットコインキャッシュは今後価格を伸ばすのでしょうか?コインオタクがまとめました!

リスク(LSK)の特徴と将来性

リスク(LSK)の特徴

Liskはスマートコントラクトを実装している、分散型のアプリケーッションを構築するためのプラットフォームです。

そのプラットフォーム内で使われている通貨がLSKです。

リスクではサイドチェーン上でスマートコントラクトを利用して、安全で高速な取引の処理を実行しています。

そのためリスクでは、サイドチェーンでハッキング被害を受けても、メインチェーンに被害を及ぼすことなく対処することができます。

【リスク(LSK)の基本情報】

通貨名(通貨単位)Lisk(LSK)
開発者Max Kordek,Oliver Beddows
運用開始時期2016年9月
取引承認方式DPoS
発行上限枚数上限なし
時価総額約150億円(34位)
ブロック生成速度約10秒

リスクについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック↓ 

LISK(リスク)は、イーサリアムとよく比較されたり、国内取引所で取り扱いが開始されて知名度が上がっている仮想通貨です。本記事では、LISKの特徴や今までのチャートの動き通して、将来性を徹底解説します!

リスク(LSK)の今後・将来性

リスクでは世界的に有名なプログラミング言語Javascriptを使用しています。

エンジニアの多くがJavascriptを使用できるため、DAppsの開発に参加しやすいという特徴を持っています。

そのため、今後リスクを利用したDAppsが開発され、そのアプリの利用者が増えれば必然的に仮想通貨としての価値も上昇すると考えられます。

取り扱い通貨数で他の取引所と比較

bitFlyerの取り扱い通貨数を他の有名な取引所と比較しました。

仮想通貨取引所取り扱い通貨数
bitFlyer(ビットフライヤー)7種類
DMM bitcoin(DMMビットコイン)7種類
GMOコイン5種類
bitbank.cc(ビットバンク)6種類
Binance(バイナンス)150種類以上

ビットフライヤー(bitFlyer)は取り扱い通貨数7種類と国内の仮想通貨取引所のなかでは、平均的となっています。

どの通貨も将来性は高く、かなり安定しているので、初心者はまずビットフライヤーに上場している通貨を購入して間違いないと思います。

ただ、他の海外の仮想通貨取引所では、国内の取り扱い通貨数とは比べ物にならないほど多種多様な仮想通貨が扱われています。

そのため、ある程度仮想通貨に慣れてきたらBinance(バイナンス)のような海外取引所で取引するのも良いかもしれません!

世界最大規模のBinanceで仮想通貨取引を始める!

bitFlyer(ビットフライヤー)の取り扱い通貨まとめ

いかがでしたか?

今回は、bitFlyerの取り扱い通貨について解説しました。

bitFlyerは現在7種類の仮想通貨を取り扱っており、どの通貨も人気が高く、将来性も豊かです。


ただ現在bitFlyerは、金融庁から業務改善命令を受け、新規登録を受け付けていません。

新しくbitFlyerの口座を開設したい方は、公式サイトで最新情報を確認しながらしばらく待つ必要があります。

今すぐに仮想通貨取引をしたい方は、セキュリティ万全のGMOコインで口座開設をすることをおすすめします。

GMOコインで今すぐに口座開設をする