イーサリアム(ETH)の取引所ならココ!購入のおすすめランキングを手数料比較と共に紹介します

当サイトで申し込みの多い人気取引所はこちら!
取引所 特徴 公式HP
FX取引高世界一のGMOインターネットが運営する国内最大の販売所。手数料は基本すべて無料!初心者はまずココ!
国内で唯一リップルやビットコインキャッシュのFXができる取引所。
いまなら口座開設だけで1000円もらえるキャンペーン中!
国内では珍しくアルトコインを取引所形式で購入できる場所。
少しでも仮想通貨を安く購入したいトレーダーに人気!

「イーサリアムを買ってみたいけど、取引所がたくさんあってどれにすればいいのかわからない。」そう悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

できるだけ信頼できる取引所で、できるだけ安くイーサリアムを買いたい。もし、その安さや信頼性などをまとめて比較してくれたら簡単に取引所を選べて最高ですよね!

そんな方のために、コインオタクが「手数料の安さ」「サーバーの強さ」「信頼性」「使いやすさ」「初心者向け度」の5つのポイントから取引所を評価・比較し、おすすめの取引所ランキングを作りました!

もちろん取引所にはそれぞれ異なる特徴があるので一概には言えないのですが、総合的なおすすめ度からランキングを作り、しかもそれぞれがどんな人に向いている取引所なのかもまとめました。

今回は、おすすめ取引所ランキングやイーサリアムを取り扱う主な取引所の一覧の紹介に加え、取引所を選ぶ際の判断基準も解説します!

この記事を読んで納得のいく取引所選びをしていただければ幸いです!


イーサリアム(Ethereum)とは

イーサリアムとは、ブロックチェーンを利用してスマートコントラクトを実行する分散型プラットフォームのことです。このプラットフォーム上で用いられている通貨の名称もイーサリアム(Ethereum)で、通貨単位は ETHです。

このスマートコントラクトとブロックチェーン技術の相性は非常によく、将来より実用化されていくことが期待できます。


<イーサリアム、スマートコントラクトについて詳しくはこちら>

  目次イーサリアム(Ethereum)とはイーサリアムのチャート分析。相場からみる最新価格推移イーサリアムの問題と将来性。コインオタクが分析したイーサリアムの今後の展望 イーサリアムの仕組みは?ビットコインと何が違うの?イーサリアムのここが凄い!イーサリアムのメリットイーサリアムにはこんなデメリットも・・・?!【イーサリアムの入手方法】オススメの取引所4選【イーサリアムの保管方法】ウォレット3選イーサリアムのQ&Aイーサリアムまとめ イーサリアム(Ethereum)とは イーサリアムとは、スマートコントラクトや分散型アプリケーション(Dapps)を構築し実行する分散型プラットフォームの名称です。このイーサリアムのネットワーク内で使用される通貨の名前も同様に「イーサリアム」と呼びその通貨単位が「イーサ(Ether)」です。イーサリアムは現在時価総額2位の仮想通貨です。 めちゃざっくりとした説明をすると、ビットコインにスマートコントラクトという機能をつけたのがイーサリアムというような感じです。イーサリアムではブロックチェーン上にお金のやり取りに加えて契約の情報も書き込むことが出来ます。 スマートコントラクトについて知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください! スマートコントラクトとは?ブロックチェーン技術の新たな可能性を東大生が考察!時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。続きを読む   イーサリアムのチャート分析。相場からみる最新価格推移 (2017年7月20日現在) イーサリアムの価格推移です。2017年3月以降の価格の爆上がりは、仮想通貨の認知度が上がってきて投資家やトレーダーが参入してきたことと、ICOがめちゃ加熱していたことがあげられます。 ICOの多くはイーサリアムのスマートコントラクトを使っているので、ICOに参加するにはイーサリアムが必要であり、ICOの盛り上がりによりイーサリアムの需要が大きくなったからです。

 

目次スマートコントラクトとはスマートコントラクトのメリット スマートコントラクトの問題点・課題・脆弱性スマートコントラクトの将来性・活用事例スマートコントラクトの気になる疑問を解決!スマートコントラクトまとめ スマートコントラクトとは 一言で言うとスマートコントラクトとはプログラムに基いて自動的に実行される契約のことです。これだけだと具体的なイメージがわからないと思うので詳しく解説していきます。 ブロックチェーンを用いたスマートコントラクトの仕組み スマートコントラクトをブロックチェーンと組み合わせることで、当事者間の私的な取引をプログラムとしてブロックチェーン上で記載し、契約の執行条件が満たされたら自動的に契約が執行される仕組みを作ることができます。これにより取引に付随する様々な作業を自動で執行できるようになり不正取引が減ったり、世の中の仲介業者がやっていることを自動化できるなど、かなり画期的で、今後の世界を変える可能性を秘めています。 そもそも契約とは、 契約定義イベント発生価値の交換、契約執行決済 という4つでできていて、スマートコントラクトでは、2〜4を自動で行うことができます。 ですが、これでもまだイメージが掴めないと思うので身近な具体例を用いて考えてみましょう。 スマートコントラクトの身近な具体例 実はスマートコントラクトの概念は、ビットコインができるよりも昔からある概念です。1994年にNick Szaboというコンピューター科学者・法学者・暗号学者によって提唱されていて、初めに導入された例として自動販売機を上げています。自動販売機はお金を入れると商品が自動で出て来ます。これは人と人との間で売買の合意があるわけでもなく、何かの売買契約書を交わしたわけでもなく、機械によって自動で執行された契約という意味では、スマートコントラクトの事例であるといえます。上の契約とは、の話に当てはめると、 制約条件を満たす額のお金(買うものの値段)を入れてボタンを押すと、商品が出て来るという契約を定義する人が訪れてお金を入れてボタンを押す商品が出て来るお金が自動販売機のものになる と言った工程のうち2~4は自動で執行されます。 スマートコントラクトのメリット

 

結局1番のおすすめ取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)!

イーサリアムを購入するのに最もおすすめな取引所はbitFlyerです!

詳しくは後のランキングで述べますが、bitFlyerは国内でも有数の仮想通貨取引所で、ビットコインやイーサリアムの取引高が日本一です!

デザインもシンプルで使いやすく、スマホアプリでも取引ができるうえ、販売所もあるため初心者の方でも簡単に取引をすることができます。

また、仮想通貨の取引所ってなんか怖いなと思う方も多いかもしれませんが、株主に大企業が揃っていたりと信頼性も十分です!

bitFlyerの登録はこちらから!

【取引所の選び方】イーサリアムを買ううえで失敗しないための判断基準は?

イーサリアムを買う前に!確認すべき4つのポイント!

  • 手数料・スプレッドの安さ
  • サーバーの強さ
  • 信頼性
  • 使いやすさ

 それでは、イーサリアムを買ううえでまずしなければならない取引所選び」において失敗をしないために確認しておくべき4つのポイントを紹介していきます。

初めてだから何を基準に決めればいいかわからないという方は是非チェックしておいてください!

手数料・スプレッドの安さ

これは多くの人に共感していただけると思うのですが、同じものを買うならできるだけ安く買えた方がいいものです。

仮想通貨取引所を使うにあたって、入金から取引、出金までいろいろなポイントで手数料がかかります。スプレッドとは取引の際にかかる手数料の一種のようなものです。(詳しくは後述します。)

入金や出金の手数料は大体の取引所で大きな差はないのですが、取引手数料とスプレッドに関しては取引所ごとにかなり違いがあります。取引額が大きくなるとこの手数料による金額の差もより大きくなっていきます。

したがって、できるだけ損をせず取引するためにはこの取引手数料・スプレッドを確認しておくことはとても大切です!

サーバーの強さ

これもなんとなくわかっていただけるとは思うのですが、取引所のサーバーは強いに越したことはありません

サーバーが弱いと取引や出金などの注文が殺到した時に落ちてしまってしばらく使うことができない!なんてことにもなりかねません。実際に何度かサーバーが落ちている取引所も少なからずあります。

サーバーが強い取引所を選ぶことでより快適に取引をすることができます。

信頼性

仮想通貨の取引所においては、これまでにも何度かお金が不正に流出するといった事件がありました。こうした事件では被害額がかなり大きくなるのでテレビなどのメディアでも報道されやすく、聞いたことがある人も多いと思います。

取引所には一度自分の大事な資産を預けることになる訳ですから、取引所が信頼できることはとても大切です。

使いやすさ

取引所において取引をするうえで、使いやすさは当然大切です。

チャートや売買板が見やすかったり、注文の欄がわかりやすかったり、スマホアプリでも簡単に取引ができたりすると、かなり使いやすいと言えます。

逆に、チャートがわかりにくかったり売買板と注文欄が同時に見れなかったりと使い勝手が悪いと注文ミスなども起こりかねないので、事前に使いやすさを調べておくのも大切です!


イーサリアム(ETH)取引所おすすめランキング【国内編】

ここでは、イーサリアムの取引をするうえででオススメの国内取引所を、以上で紹介した4つのポイント「手数料・スプレッドの安さ」「サーバーの強さ」「運営元の信頼性」「使いやすさ」に加えて、仮想通貨を初めて買うという方も多いと思うのでどのくらい「初心者向け」か、という点も含めたの5つの観点から評価したレーダーチャートと共に紹介していきます。

ただし、「手数料・スプレッドの安さ」については、イーサリアムに限定した評価です。手数料やスプレッドについての具体的な比較は「手数料・スプレッド比較」をご覧ください。

またイーサリアムに関しては国内にも販売所だけでなく取引所があって安い手数料で買えるうえ、国内の方が運営元の信頼性がある取引所も多いため、イーサリアムの購入に関しては海外よりも国内の取引所でするのがおすすめです!!

イーサリアム購入におすすめな国内取引所ランキング

  • 1位 bitFlyer:信頼感と使いやすさで初心者でも安心な取引所
  • 2位 Zaif:取り扱い通貨が豊富で取引手数料も安い取引所
  • 3位 bitbank.cc:手数料が無料!チャートも使いやすい取引所
  • 4位 GMOコイン:FXでも大成功したGMOの信頼性抜群の取引所

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

数ある取引所の中で最もおすすめなのは bitFlyer です!

運営会社株式会社 bitFlyer
設立2014年1月9日
所在地東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
公式HPhttps://bitflyer.jp/ja/
資本金41億238万(資本準備金を含む)

bitFlyerはビットコインの取引量が日本一ということで有名で、現在はイーサリアムの取引量も日本一となっています。

bitFlyerは、株主に日本の大企業を揃えていたり、三井住友海上火災保険株式会社と提携していたりと、何よりも信頼性があります。また、UIもよくスマホアプリでも取引ができたりと、かなり使いやすいです。

また、販売所もあるため初心者でも簡単に取引をすることができます。

bitFlyerはこんな人におすすめ!

  • 初めて仮想通貨を買う人
  • 運営の信頼性を重視する人
  • スマホアプリで簡単に取引をしたい人

 

bitFlyerの登録はこちらから!

<bitFlyerについて詳しくはこちら >

「テレビのCMや電車の広告でビットフライヤーって聞いたけど何なんだろう・・・?」「友達が最近ビットフライヤーで何万円も儲けたって話聞いて、始めたいけどなにがなんだかよくわからない(泣)」「リスクっていう仮想通貨が上場してすごいことになったらしいけど。。。」なんて思っていませんか?今回は誰もが一度は耳にしたことのあるbitFlyer(ビットフライヤー)について、網羅的にすべてのことを解説していきます!主要な見出しに対しては詳しく書いてある記事リンクを載せていますので、気になった方はぜひそちらも参考にしてみてください!この記事の要約ビットフライヤーは国内で一番信頼性の高い取引所!仮想通貨初心者はまず登録だけでもOK!ビットコインFX取引も可能で上級者も満足! ビットフライヤーで口座開設をする!目次bitFlyer(ビットフライヤー)とは【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴1】企業としての信頼性の高さ【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴2】手数料が安い!【bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴3】取扱通貨は全部で7種類!bitFlyer(ビットフライヤー)のメリットbitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法 bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)でビットコインFX取引をしよう! bitFlyer(ビットフライヤー)の評価/評判・口コミ bitFlyer(ビットフライヤー)に関するQ&AbitFlyer(ビットフライヤー)まとめbitFlyer(ビットフライヤー)とは bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量・資本金・ユーザー数において日本一を誇る日本最大級の仮想通貨取引所です。ビットフライヤーどのような会社で、どのような特徴・メリット・デメリットがあり、評判や口コミはどうなのか、ビットフライヤーの使い方など、あらゆる観点から詳しくわかりやすくコインオタクがビットフライヤーについて説明していきます! bitFlyer(ビットフライヤー)の概要会社名      

 

Zaif(ザイフ)

Zaifは、bitFlyerやcoincheckと並ぶ日本三大取引所の一つです。

運営会社テックビューロ株式会社
設立2014年6月16日
所在地
大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
公式HPhttps://zaif.jp/
資本金8億3,013万円(資本準備金を含む)

Zaifは、なんと言ってもビットコインの取引手数料がマイナスとどこよりも安いことで有名です。イーサリアムの取引手数料もmaker0%、taker0.1%とかなり安いです。また、国内では珍しく多くの種類のアルトコインを取引することができます

その他のサービスとして低コストからの積立ができるので、取引の仕方はあんまりわかんないけど買っておきたいという初心者の方や、安全に投資していきたいという方にもおすすめです。

しかし、たまに落ちてしまうことがあったり、スマホアプリが使いづらかったりと、サーバーの強さや使いやすさはbitFlyerに劣ります。 

Zaifはこんな人におすすめ

  • 販売所ではなく取引所で安く取引をしたい人
  • イーサリアム以外にも色々なアルトコインを取引してみたい人

 

Zaifの登録はこちらから!

 <Zaifについて詳しくはこちら>

目次Zaif(ザイフ)とは【Zaifの特徴1】手数料が破格のマイナス0.05%【Zaifの特徴2】低コストの積み立てができる!【Zaifの特徴3】日本最高のレバレッジ最大25倍(先物取引)のAirFX取引ZaifのメリットZaifのデメリットZaifの登録方法・本人確認手順Zaifの使い方ZaifのQ&AZaifはいかがでしょうか? Zaif(ザイフ)とは Zaifの概要 まずは、Zaifを管理する会社はいったいどんな会社なのかを説明しておきたいと思います。 社名:テックビューロ株式会社 設立:2014年6月16日 資本金:8億3,013万円(資本準備金含む) 代表取締役:朝山貴生 代表の朝山貴生氏は、1996年に株式会社Overtexを創業、1998年にはアメリカのシリコンバレーにおいて4D Matrix Incを設立、そして2014年に同社を設立した、という経営に関して輝かしい経歴を持ってらっしゃる方です。そのような方が代表を務める会社が運営するZaifとはいったいどういったサービスなのか徹底解説していきたいと思います。 Zaifの公式ホームページはこちら! 【Zaifの特徴1】手数料が破格のマイナス0.05% Zaifの最も特筆すべき項目として現物取引の手数料がマイナス0.05%という破格の設定がなされているということが挙げられます。現物取引の手数料がマイナス~%ということは、仮想通貨の売買の取引をすればするほどお得ということになります。現物の取引をすると、手数料を支払うのではなくて逆に利用者のボーナスになるのです。仮想通貨の最大手のbitFlyerでは現物の取引手数料は0.01%~0.05%かかり、日本で最大のビットコイン取引所のCoincheck(コインチェック)の手数料は無料ではありますがマイナスではありません。他の取引所も無料のところは複数ございますが、マイナスというのはZaifを除いてなかなかございません。このように、現物取引の手数料という観点で見たときに、Zaifは非常に魅力的な取引所であると言えます。 実は、マイナス0.05%というのは10月13日付で始まったもので、それまでは手数料はその五分の一であるマイナス0

 

bitbank.cc(ビットバンク)

bitbank.cc は、bitFlyerやZaifに比べると知名度やユーザー数で劣りますが、コインオタクとしてはおすすめの取引所です! 

運営会社ビットバンク株式会社
設立2014年5月
所在地東京都品川区西五反田7丁目20-9  KDX西五反田ビル7F
公式HPhttps://bitbank.cc/
資本金11億3100万円(資本準備金を含む)

bitbank.ccは取引手数料が全ペア無料(2018年3月31日までのキャンペーン)と他のどの取引所よりも安くイーサリアムの取引ができます!

チャートも多様なテクニカル分析に対応し、かなり見やすくなっています。

初心者の方には特におすすめということはありませんが、手数料が無料でチャートも見やすいので、初めてでも十分使えると思います。

bitbank.ccはこんな人におすすめ!

  • できるだけ安くイーサリアムを買いたい人
  • テクニカル分析をガンガンしていきたい人

 

bitbank.ccの登録はこちらから!

 <bitbank.ccについて詳しくはこちら>

目次そもそもbitbank(ビットバンク)とは?bitbank(ビットバンク)の評判は?bitbank(ビットバンク)のメリット・デメリットまとめ そもそもbitbank(ビットバンク)とは? bitbankは、ビットバンク株式会社によって運営されている日本の取引所です。アルトコイン(特にリップルやモナコイン)が安く買える取引所であるbitbank.ccと、ビットコインのFXトレードを行っているbitbank tradeが存在します。普通ビットバンクと言ったらbitbank.ccのほうをさすので、この記事内ではbitbank.ccの評判からメリット・デメリットまで解説します。 運営会社 運営会社ビットバンク株式会社所在地〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20−9ホームページhttps://bitcoinbank.co.jp/ 資本金 11億3100万円 代表取締役CEO廣末紀之 ビットコインニュース(BTCN) ビットバンク株式会社は、ビットコインニュースという仮想通貨のメディアを運営しています。このサイトではニュースからチャート分析、通貨の解説など幅広く行っているので、気になる方は見てみましょう。 ブロックチェーン大学校 ビットバンク株式会社はブロックチェーン大学校の運営もしていて、ブロックチェーンエンジニアのための教育プログラムを行っています。 このようにビットバンク株式会社は日本でブロックチェーン自体を盛り上げようとしていると言った印象です。 取扱通貨 取扱通貨は全部で6種類で、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)です。 また、取扱通貨ペアは、BTC/JPY、ETH/BTC、XRP/JPY、XRP/BTC、LTC/BTC、MONA/BTC、BCH/BTC、BCH/JPYの8種類です。 目次そもそもbitbank(ビットバンク)とは?bitbank(ビットバンク)の評判は?bitbank(ビットバンク)のメリット・デメリットまとめ bitbank(ビットバンク)の評判は? bitbank(ビットバンク)のポジティブな評判や口コミ 手数料が無料 なんじゃこりゃああああああああ手数料無料だと!!!!ビットバンクに移そうかな・・・半分


GMOコイン

GMOコインはあのGMOグループの会社が運営する仮想通貨取引所です!

運営会社GMOコイン株式会社
設立2016年10月
所在地東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
公式HPhttps://coin.z.com/jp/index.ht…
資本金17億5800万円(資本準備金を含む)

GMOコインのグループ会社にはFXの取引高が5年連続世界一と圧倒的な成功を収めているGMOクリック証券があります。

したがって、運営の信頼性やサーバーの強さは抜群です!GMOコインはまだオープンしたばかりですが、GMOが仮想通貨事業に参戦するとなるとこれからかなり伸びていくと考えられます。

しかし、販売所しかなく取り扱う通貨の種類も少ないので、普通に現物取引をする方というよりもビットコインのFXをしたいという方におすすめです。

もちろん、初心者の方で安さよりも信頼性を重視するという方はGMOコインがいいと思います!

GMOコインはこんな人におすすめ!

  • サーバーの強さを重視する人
  • ビットコインのFXにも興味がある人

 

GMOコインの登録はこちらから!

<GMOコインについて詳しくはこちら> 

追記は全て2018年1月26日に行いました。今後も状況が変わり次第更新していきます。 目次GMOコインとは?GMOコインの評判は?おすすめする理由3つ!【GMOコインの特徴1】手数料が安い!【GMOコインの特徴2】レバレッジの追加証拠金制度なし!スプレッド小さい!【GMOコインの特徴3】提示された価格で売買可能!GMOコインのメリットは??GMOコインを使う上での注意点は…?GMOコインの登録方法、3つのステップGMOコインの使い方。入金、売買はどうやるの?GMOコインのQ&A!GMOコインまとめ   GMOコインとは? GMOコインは比較的新しくできた仮想通貨取引所です。インターネットサービスで有名なGMOグループが運営し、初心者からある程度仮想通貨の知識のある方まで幅広くおすすめできます。GMOコインはどのようなサービスなのか、特徴や注意点などもまとめてお伝えします! GMOコインの概要 GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネットグループ傘下にあるGMOコイン株式会社が運営しています。GMOコインでは仮想通貨の売買と仮想通貨FXのサービスが利用できます。2016年10月の登場以降アップデートを重ね、今ではとても使いやすい取引所になりました。 以下、GMOコインの概要をまとめて見てみましょう。 会社名GMOコイン株式会社会社住所〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー会社HPhttps://coin.z.com/jp/index.html資本金17.58億円   取扱い通貨 ・取引可能BTC(ビットコイン), ETH(イーサリアム), BCH(ビットコインキャッシュ)*2017年10月現在・2017年度中に追加予定LTC(ライトコイン), ETC(イーサリアムクラシック), XRP(リップル)※追記現時点でLTC、XRPは追加されていますが、ETCは未だ追加されていません。 GMOコインの評判は?おすすめする理由3つ! freemlなどで実績のあるGMOが運営!

 

その他の主な国内取引所一覧

イーサリアムは主要な通貨の一つなので、これまでで紹介してきた取引所以外にも、国内にはイーサリアムを扱うたくさんの取引所があります。

ここでは、その中の主な取引所を一覧にしました。

その他国内の主な取引所一覧

  • DMM Bitcoin
  • BitTrade
  • BITPoint
  • QUOINEX
  • みんなのビットコイン

 

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのグループ会社にはDMM FXがあります。DMM FXは口座数が国内一位になっており、FX業界でかなり成功しています。

そのDMMの運営する取引所ということで、GMOコインと同様にこれからの伸びが見込まれます。

また、アルトコインのレバレッジ取引もできるので、レバレッジをかけて一気に儲けたいという方にはおすすめです。

DMM Bitcoinの登録はこちらから

<DMM Bitcoinについて詳しくはこちら>

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは DMM Bitcoinとは2018年1月11日に新しくオープンした日本の仮想通貨販売所です。あの大企業DMMが運営していることからオープン前から期待の声が寄せられていたため話題にはなりましたが、実際にどうなのかがわからずに登録せずにいませんか? この記事をよむとオープンから2週間ほどたった現在の評判がわかりどんなとき・どんな人に有用なのかがわかります!Twitterなど実際のユーザーからの声を集めているので正しい評判を知ることができます。 オープン前にはわからなかったメリットやデメリット、Twitterの生の声などを紹介していきます! DMM Bitcoinにまだ登録していない方はこちらから DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録・口座開設方法!今なら1000円貰える!2018年1月10日にオープンしたDMM Bitcoin(DMMビットコイン)。主要取引所になること間違いなしと言われてるけどどうやって登録するの?そんなあなたのためにすぐにできる登録法をご紹介!コインオタクがサクッと口座開設をお手伝いします続きを読む   目次DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリットDMM Bitcoin(DMMビットコイン)のデメリットDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判まとめ DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリット 手数料が安い! DMM Bitcoinはビットコイン・イーサリアムの現物手数料がすべて無料であることで評判が高いです!とくにクイック入金が無料であったり出金手数料が無料であることはほかの取引所と比べてもかなり安いです!クイック入金なら反映に時間がかからないので振り込みによる反映(通常数時間程度)を待てない人におすすめですし、こまめに出金したい人にとってもこの料金設定は大きなメリットでしょう! 入金手数料無料出金手数料 無料取引手数料無料送金手数料無料(マイナー手数料を除く)レバレッジ手数料0.04% / 日  運営団体がすごい! DMM Bitcoinを運営しているDMM.comはゲームや電子書籍、FXなど幅広いジャンルのネット販売を手がける日本の超大企業です!なかでもDMM

 

BitTrade(ビットトレード)

BitTradeは販売所ではなく取引所です。取引手数料は若干高めと言えますが、販売所ではなくスプレッドはありません。

デメリットとしては、取引量がまだ少なく価格の流動性があまり高くないということがあります。

BitTradeの登録はこちらから

BITPoint(ビットポイント)

BITPointも、販売所ではなく取引所です。取引手数料は無料になっています!

ビットコインに関しては最大25倍のレバレッジ取引ができますが、こちらはスプレッドが広いため短期で大きな利益を出すのは難しいかもしれません。

BITPointの登録はこちらから

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEXは対応している法定通貨の種類がかなり多いのが特徴です。そのため、FX出身の人にもおすすめです。

取引手数料は、BTC/JPYは無料なのですが、他のアルトコインに関するペアは0.25%となっています。

ただ、多少見づらかったり出金・送金に時間がかかったりと使いにくい点もあるので注意も必要です。

QUOINEXの登録はこちらから

<QUOINEXについて詳しくはこちら> 

  目次QUOINEXとは?【QUOINEXの特徴1】手数料【QUOINEXの特徴2】外貨ペア【QUOINEXの特徴3】レバレッジQUOINEXのメリットQUOINEXのデメリット QUOINEXの登録方法QUOINEXの使い方 ICO通貨QASHとは?Q&A まとめ QUOINEXとは?  QUOINEXはビットコイン取引手数料が無料なことで少し話題の取引所です。ここでは、コインオタクが基本的な情報について解説します。 QUOINEXの読み方 まずはQUOINEXの読み方についてですが、めちゃめちゃ読みづらいですよね。そのまま読んだ「クウォイネックス」ではありません。 これで「コインエクスチェンジ」と読みます。この記事ではアルファベット表記しますので、読み方は頭の片隅にいれておいてください。   QUOINEXの概要 運営会社QUOINE株式会社所在地東京都千代田区平河町2-7-3会社HPhttps://quoine.com/資本金約20億円 (資本準備金含む)取扱通貨BTC/ETH/BCH/ETC/XEM/XRP/LTC/QASH 運営会社のQUOINE株式会社は日本のみならず、シンガポールにグローバル事業開発部をおき、テクニカル及びカスタマーサポートはヴェトナムで行うなどアジア全体で仮想通貨系フィンテックビジネスを展開しています。QUOINEX以外にもう一つQRYPTOS(クリプトス)という取引所や世界中の人々との取引を可能にする仮想通貨プラットフォームLIQUID(リキッド)なども展開しています。 会社のホームページも整備されていて、日本語と英語の両方に対応していて、仮想通貨に尽力し、グローバルに事業を展開していく気概が感じられます。   【QUOINEXの特徴1】手数料 取引所を見る上で、気にしなければいけないのはもちろん手数料です。QUOINEXの取引手数料というと、BTC/JPYの取引手数料が現物取引でもレバレッジ取引でも無料になっています。 その他にも法定通貨の入金手数料や仮想通貨の入出金手数料が無料になっていますし、レバレッジ取引において含み損が大きくなりすぎたときに自動的に行われる強制的な決済であるロスカットにおける手数料も無料です。  

 

みんなのビットコイン

みんなのビットコインは「みんなのFX」を運営するトレーダーズグループが運営する取引所です。QUOINEXと業務提携をしており、同じシステムを使っています。

みんなのビットコインも法定通貨を多数扱い、またチャートが見やすく、初心者の方でも簡単に使うことができます。

みんなのビットコインの登録はこちらから

 <みんなのビットコインについて詳しくはこちら>

目次みんなのビットコインとは?【みんなのビットコインの特徴1】レバレッジ【みんなのビットコインの特徴2】手数料【みんなのビットコインの特徴3】セキュリティみんなのビットコインのメリット みんなのビットコインのデメリット みんなのビットコインの登録方法みんなのビットコインの使い方Q&Aまとめ みんなのビットコインとは? みんなのビットコインは「みんなのFX」で有名なトレーダーズグループが作った取引所です。トレイダーズグループは他にもQUOINEXも運営しています。FXですでに実績を上げていることで、現在多くの注目を集めています。FXと同様先物取引に特化したみんなのビットコインの特徴を見ていきましょう。   会社の概要 会社名みんなのビットコイン株式会社所在地〒105-0013 東京都港区浜松町一丁目10番14号 住友東新橋ビル3号館7階ホームページhttps://min-btc.com/資本金3000万円取…  上場企業が運営に携わっているということで、やはり安心感が増します。 実施中のキャンペーン   現在みんなのビットコイン自体が実施しているキャンペーンはありませんが、lifemedia (ライフメディア)というアンケート回答やキャンペーンへの応募などでポイントがたまり、そのポイントを現金やギフトコードに換金可能なサイトがあるのですが、そこからみんなのビットコインに登録しビットコインを取引すると150Pがたまるキャンペーンがあります。以下のリンクから確認してみてください。 ライフメディアで確認する! 【みんなのビットコインの特徴1】レバレッジ  いくつかの仮想通貨の取引所では、取引所側に自分の仮想通貨を証拠金として預けることで、証拠金の何倍かの金額で取引することができるのですが、その証拠金にかける「てこ」をレバレッジといいます。これがみんなのビットコインでは国内最大の25倍まで可能です。また、仮想通貨は価値の変動が激しいので、価値の変動にともなって追加証拠金を払わなければならない取引所もあるのですが、みんなのビットコインは追証なしです。ロスカットは証拠金維持率が110%以下になると発生し、120%以下でアラートが生じます。

 

イーサリアム(ETH)取引所おすすめランキング【海外編】

ここでは海外のおすすめの取引所を紹介していきます。海外の取引所は、基本的に日本の取引所に比べて取り扱い通貨の種類がかなり多くなっています。

ただし、日本語には対応していないので注意も必要です。

イーサリアム購入におすすめな海外取引所ランキング

  • 1位 Binance:手数料激安!アルトコイン取引高世界一の取引所
  • 2位 Poloniex:チャートも見やすく使いやすい取引所
  • 3位 Bittrex:取り扱い通貨数世界一の取引所
  • 4位 Bitfinex:ビットコイン取引高世界一の取引所

 

Binance(バイナンス)

Binanceは、最近人気を博してきている仮想通貨取引所です。

取り扱う通貨の種類はかなり豊富で100種類を超えており、アルトコインの取引量は世界最大です。

取引手数料もとても安く、一律0.1%で、BNB(バイナンスコイン)を使うとさらに半額の0.05%になります。

チャートの表示の仕方も2種類ありかなり見やすいです。

Binanceの登録はこちらから

 <Binanceについて詳しくはこちら>

この記事では、香港に本拠地を置く世界最大級の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」の評判やクチコミを紹介していきます! そもそもBinanceがどのような趣旨の取引所なのかを知りたい方は、こちらの記事をご覧ください! Binanceとは?今絶対に知っておくべき仮想通貨取引所の今後や特徴を解説!2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!続きを読む 目次Binance(バイナンス)の現状Binanceのポジティブな評判、クチコミBinanceのネガティブな評判、クチコミQ&ABinanceの評判まとめ Binance(バイナンス)の現状 大量の草コインラインナップ バイナンスの大きな特徴の一つに、「草コイン充実度の高さ」があり、無名の草コインに投資して大きなリターンを狙う人から高く評価されています。 公式でユーザーによる「次に上場して欲しい草コイン投票」を実施するなど、草コインの新規上場にも積極的な様子がわかります。 Vote for your coin! The Second Session of “Community Coin per Month” Starts!#Binance #Altcoins https://t.co/ZrFdUyc4pF pic.twitter.com/bndqZGLle6— binance (@binance_2017) September 30, 2017 ただし、草コインを豊富に取り扱っていることには悪い側面も存在します。 Binanceはホームページが日本語に対応していたり(2018年1月20日現在は非対応)、日本法人を展開しようとしていたりと日本進出に積極的です。 が、時に激しく価値が変動し、アマチュア投資家が多大な損失をこうむる可能性のある草コイン取引を金融庁は快く思っていません。そのため、このように「日本進出して金融庁認可の取引所になるのは現実的ではなさそうだ」というクチコミも広まっています。

 

Binanceはこんな人におすすめ

  • 安い手数料で取引をしたい人
  • イーサリアムだけでなく多くの通貨取引したい人
  • 自分で上場させたい通貨があり投票に参加したい人

 

Poloniex(ポロニエックス)

Poloniexはアメリカに拠点を置く世界最大級の取引所です。

よくBittrexと比較されることがあるのですが、手数料に関しては若干Poloniexの方が安いです。また、チャートも見やすいと評判です。

サーバーがあまり強くなく、たまに取引ができなくなってしまったりもするので、その点で注意は必要です。

Poloniexの登録はこちらから

 <Poloniexについて詳しくはこちら>

ポロニエックス(Poloniex)とは   上級者はポロニエックスを使っている ポロニエックスは、アメリカに拠点がある2014年に開設された世界最大級の仮想通貨取引所です。アメリカの取引所のため、日本人にとっては少し敷居が高いと思われるかもしれません。しかしメジャーなアルトコインを一通り扱っている種類の豊富さと、洗練されたチャートの使い勝手が良いことなどから、日本でも仮想通貨取引の上級者に好んで使われている取引所の1つです。 ポロ二エックスの概要 運営会社Poloniex, Inc.所在地1013 Centre Road Suite 403-B Wilmington, Delaware, USACEOTristan D’Agosta設立2014年1月WEBサイトhttps://[email protected] ポロニエックスで取引を始めよう!! 【ポロニエックスの特徴1】70種!仮想通貨の種類が多い ポロニエックスでは70種の仮想通貨を取り扱っています。どの仮想通貨を取り扱うのかはPoloniexが独自の基準で決めていますが、2017年9月には3つのアルトコインが追加されるなど、今後もさらに種類が増えていくことが予想されます。 ポロニエックスで取り扱っている有名仮想通貨(2017/10/17現在) BTC / Bitcoin LTC / Litecoin REP / Augur VTC / Vertcoin ETH / Ethereum NXT / NXT DGB / DigiByte DOGE / Dogecoin XMR / Monero ZEC / Zcash BTS / BitShares ETC / Ethereum Classic STR / Stellar BCH / Bitcoin Cash XEM / NEM CLAM / CLAMS XRP / Ripple DASH / Dash SC / Siacoin STRAT / Stratis 【ポロニエックスの特徴2】手数料が安い ポロニエックスの取引手数料は、Makerの場合0.15%、Takerの場合0

  

Poloniexはこんな人におすすめ

  • シンプルで使いやすいチャートを求める人
  • 主要なアルトコインや十分な取引量を求める人

 

Bittrex(ビットレックス)

Bittrexも、Poloniexと同様にアメリカに拠点を置く世界最大級の取引所です。

Bittrexは、現在大手の仮想通貨取引所の中では取り扱い通貨数が世界最多となっています。

ただし、利用者数が多いこともありますが最近サーバーが落ちることが時折あり、現在は新規登録はできなくなっています

Bittrexの登録はこちらから

 <Bittrexについて詳しくはこちら>

目次Bittrex(ビットレックス)とは【Bittrexの特徴1】世界で最も有名な取引所!【Bittrexの特徴2】海外の取引所【Bittrexの特徴3】取引通貨数が世界一!Bittrexのメリット…圧倒的に豊富な通貨の種類Bittrexのデメリット…日本語対応は?Bittrexの登録方法・ログイン方法を解説!Bittrexの使い方!指値・逆指値での注文方法も解説!BittrexのQ&ABittrexのまとめ   Bittrex(ビットレックス)とは *2017年12月追記:12月25日現在、Bittrexは新規口座開設受付を停止中です。期間は不明です。また情報が入り次第更新します。 *Bitfinexも同様に新規口座開設を停止中です。現在口座開設可能な主要な海外取引所はPoloniexやBinanceです。 Bittrex(ビットレックス)は世界で最も有名な仮想通貨取引所の一つです。海外の取引所にも興味が出てきたけれど、どこを使えばいいのかわからない、という人には間違いなくおすすめできます!それではまず、Bittrexの概要を見ておきましょう。 Bittrexの概要 会社名Bittrex.Inc会社所在地Las Vegas, NV United States会社HPhttps://bittrex.com/home/about資本金不明 取扱通貨 多数(250種類以上) *2017年10月現在 【Bittrexの特徴1】世界で最も有名な取引所! Bittrexは、世界で最も有名な取引所と言っていいでしょう。世界で有名な取引所には他にPoloniexがありますが、それと合わせてBittrexは2トップとなっています。その圧倒的な取引量(2億7000万ドル、2017年10月現在)は日本の大手取引所を遥かに凌駕します。Bittrexは今世界中で一番勢いのある仮想通貨取引所です! 【Bittrexの特徴2】海外の取引所

 

Bittrexはこんな人におすすめ

  • 多くのマイナーなコインにも手を出してみたい人
  • Poloniexのサポートでは不安だという人

 

Bitfinex(ビットフィネックス)

Bitfinexは、香港に拠点を置く取引所です。

取り扱う通貨は30種類ほどでそこまで多くないのですが、レンディングという貸し出しのサービスを提供しています。

またTrading Viewを採用しており、チャートは見やすく使いやすいです。

現在は新規登録はできるものの、取引を開始するには10,000ドル相当の資金が最低限必要となるので、初心者の方には敷居が高いかもしれません。

Bitfinecの登録はこちらから

 <Bitfinexについて詳しくはこちら>

目次Bitfinex(ビットフィネックス)とは?【Bitfinexの特徴1】レンディングサービスを提供【Bitfinexの特徴2】セキュリティは以前より強固に【Bitfinexの特徴3】手数料・レバレッジは国内取引所と同じくらいBitfinexのメリットBitfinexのデメリットBitfinexの登録・ログイン方法Bitfinexの使い方!入金・送金・レンディングのやり方説明BitfinexのよくあるQ&ABitfinexまとめ   Bitfinex(ビットフィネックス)とは? *2017年12月追記:12月25日現在、Bitfinexは新規口座開設受付を停止中です。期間は不明です。また情報が入り次第更新します。*2018年1月追記:1月31日現在、Bitfinexは親会社を共にするTether社のドル保有の問題で現在米国商品先物取引委員会(CFEC)から招集を受けています。また情報が入り次第更新します。 *Bittrexも同様に新規口座開設を停止中です。現在口座開設可能な主要な海外取引所はPoloniexやBinanceです。 Bitfinex(ビットフィネックス)は香港資本の仮想通貨取引所です。色々と仮想通貨取引所見てきたけれど今は海外で良さそうなところがないか探している、そんなあなたにおすすめです。ではまず、Bitfinex(ビットフィネックス)について詳しく見ていきましょう! Bitfinexの概要 会社名iFinex Inc.会社所在地Central, Hong Kong会社HPhttps://www.bitfinex.com資本金不明 取扱通貨 ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルなどを中心に40種類以上 (話題のIOTAも扱っています!) 過去に数回のハッキング被害 Bitfinex(ビットフィネックス)を語る上で忘れてはならないのがこのハッキング被害です。実はBitfinexは大きなものだけで過去に2回、2015年と2016年にハッキングの被害を受けています。

 

Bitfinexはこんな人におすすめ

  • 取引上級者で十分な金額を動かす人
  • レンディングをしたい人

 

イーサリアムの手数料・スプレッド比較

取引所と販売所 / 手数料とスプレッド

ここまでいろいろな取引所を紹介して来ましたが、実は取引所の中にも、厳密には「販売所」と呼ばれるものもあります。だいたいはこの販売所は取引所と併設されていることが多いのですが、アルトコインに関しては販売所しかないというところも国内だとよく見受けられます。

では、この取引所と販売所の違いは一体なんなのでしょうか?

まず取引所について。取引所では、「個人と個人」の間で取引が行われます。ここでは、買い手と売り手が同じ条件での売買に合意することで取引が成立します。

例えば、ある人が「1ETHを10万円で買いたい!」という注文を出したとします。この時、この注文はその瞬間に通るわけではなく、「1ETH=10万円のレートで売るよ!」という注文を出す人が現れない限り取引が成立しません。また、「そのレートで0.7ETHだけ売るよ!」という注文があると、もちろん1ETH分を買うことはできないので、0.7ETHだけを7万円で買うことになります。

それに対して、販売所では「個人と販売所」の間で取引が行われます。ここでは、販売所の提示する金額で売買を行うことになります。したがって、金額の指定はできないものの、注文を出すとその場で取引は成立し、指定した量の売買をすることができます。例えば、販売所側が「1ETHを11万円で売るよ」という提示をしていた場合、買いたい人が「1ETH買います!」という注文を出すと、その場で11万円で1ETHを購入することができるのです。


さて、これだけみると販売所の方が便利だと思うかもしれませんが、ここでスプレッドの存在が問題になります。実は、販売所では買う価格と売る価格に価格差があり、その時のレートよりも買うときは高く売るときは安くなります!この時のレートと買える価格との開きをスプレッドと言います。

取引所では取引の際に取引手数料がかかるのですが、スプレッドとこれは別物なので注意して下さい。ホームページなどに手数料が無料!などと書かれていても、販売所ではスプレッドはまた別で存在します。


手数料・スプレッド一覧

取引所ごとのイーサリアムの(現物の)取引手数料・スプレッドは以下の通りになっています。

ただし、スプレッドは固定ではないのであくまで参考程度にしておいてください。

取引所名取引手数料スプレッド
bitFlyer0.20%約4%
Zaifmaker 0%/taker 0.1%
DMM Bitcoin約2.5%
BitTrademaker 0.2%/taker 0.25%
bitbank.cc0%
BITPoint0%

QUOINEX

0.25%
GMOコイン約6%
みんなのビットコイン0.25%
Bitfinexmaker 0.1%/taker 0.2% ※1
Bittrex0.25%
Binance0.1% ※2
Poloniexmaker 0.15%/taker 0.25% ※3

(ここではスプレッドの欄の「ー」は販売所がないこと、取引手数料の欄の「ー」は販売所しかないことを意味します。)

※1 過去30日以内の取引高が500,000ドル以上になると手数料は最小でmaker0%/taker0.1%まで安くなっていきます。

※2 Binanceでは、取引手数料をBNB(Binance Coin)で支払うと半額の0.05%になります。

※3 600BTC以上の取引になると手数料は最小でmaker0%/taker0.05%まで安くなっていきます。


これを見ると、取引所によって取引手数料には大きな違いはないものの、やはり取引手数料とスプレッドはかなり大きさが違うことがわかります。できるだけ安く手に入れたい時と確実に手早く手に入れたい時でうまく使い分けましょう!


追記:2月14日

Binanceでは(システムアップデートに伴うメンテナンスの補填として?)2月24日まで取引手数料70%オフ、つまり0.03%となるキャンペーンを行っています!


イーサリアムの出金手数料について

イーサリアムの送金時には、マイナーへの報酬として手数料が必要です。この手数料はGAS(ガス)の量と価格によって決まります。このガスの量などはそう金額によって変わったりもするので、一定額で決まっているわけではありません

イーサリアムを取引所から出金するという時にはもちろん送金することになるので手数料がかかります。取引所側が設定している出金手数料の中には大抵これは含まれていますが、「出金手数料は無料」と書かれていても、マイナーへの報酬は別だということもあるので、出金時にはよく確かめてください。


イーサリアムの取引所に関するQ&A

取引所間の価格差ってどうなってるの?

取引所では個人間で取引が行われるため、取引所間には当然価格差が生じます。もちろん、同じイーサリアムについての取引なのでその価格差はあまり大きくなりませんが、そうした価格差を利用して利益を出すことをアービトラージ(裁定取引)と言います。

こうした取引所間の価格差を自分で同時に確認するのは難しいですが、CoinGeckoCryptowatchといったサイトで確認することができます。


目次儲け確実と噂のビットコインのアービトラージ(裁定取引)のやり方とは?ビットコインでアービトラージが行われる理由アービトラージのデメリット ビットコインでアービトラージをする時に役に立つツール&ソフト3選まとめ儲け確実と噂のビットコインのアービトラージ(裁定取引)のやり方とは? ビットコインの取引所は今や世界中に無数にあり、それぞれの取引所毎にビットコインの価格が決められています。当然、全く同じように取引が行われる取引所は二つとして存在しないので、それぞれの取引所毎に決められるビットコインの価格は常に微妙に異なります。この取引所間で生じる価格差を利用して利益を出す投資テクニックをアービトラージ(裁定取引)といいます。(サヤ取りとも呼ばれます。) 分かりやすい例として、A取引所で1BTC = 60万円の時に、B取引所では1BTC = 61万円であれば、A取引所で買った1BTCをすぐにB取引所に送金して売却すれば、差額の1万円が儲けになります。ただし、この方法だと送金している間に価格差がなくなったり価格が暴落してしまう恐れがあるので、実際のアービトラージではA取引所で1BTCを買うと同時にB取引所で1BTCを空売り(ショート)して、A取引所とB取引所で価格差がなくなった(例えば価格が60万5000円になった)時にA取引所の1BTCを売却し、B取引所の1BTCを買い戻すことで1万円の利益を得ます。 まとめると、アービトラージとは同じ物の価格が二つの取引所で異なった時に、高い方を空売りして低い方を買い、価格差がなくなった時に反対取引をして利益を出す投資手法です。 ビットコインでアービトラージが行われる理由  市場が成熟しておらず、価格差が発生しやすい  アービトラージは、理論上は複数の市場ごとに価格が決まっているもの全てで使えるテクニックです。しかし資本主義が成熟した現代においては、利益が出せるほどの価格差が市場間で生まれるということはほとんどないです。ところが、ビットコインにおいては市場が成熟していないため、比較的大きな価格差が取引所間に生じやすい状況になっています。日本国内の取引所においても、大きい時は5000円〜1万円の価格差が生まれることがあります。このためにビットコインのアービトラージが注目を集めています。


取引所からの送金方法は?時間はどのくらいかかる?

イーサリアムを取引所から別の取引所やウォレットに移動させたい時には、送金をすることになります。

大抵の取引所では、国内だと「出金」、海外では「Withdraw」という欄があるので、ここからイーサリアムを選択し、出金額や送金先のアドレスを入力します。

送金にかかる時間はだいたい数分〜数時間だと言われていますが、取引所による処理の時間もあるので一概には言えません。また、取引が多過ぎると送金詰まりが起きることもあり、このような時はかなり遅くなることもあります。

また、何日待っても送金が完了しない!という時は、登録した送金アドレスがコントラクトアドレスではないかという確認もしてみるといいかもしれません。コントラクトアドレスとはイーサリアムのスマートコントラクトに関するアドレスで、取引所のウォレットからは直接送れないことがあります。そんな時にはMyEtherWalletを利用しましょう!

<コントラクトアドレスについて詳しくはこちら>

目次コントラクトアドレスとはコントラクトアドレスには送金できないってどういうこと?送金できない場合の対処法コントラクトアドレスに関するQ&Aまとめ コントラクトアドレスとは イーサリアム(Etherum)などの、スマートコントラクトを用いて契約情報をブロックチェーン上で管理しているプラットフォームでは、ビットコインなどのように行われた取引内容を記録するのではなく、まずコントラクト(契約内容)をブロックチェーンに書き込み、それからそのコントラクトの内容を実行しています。 そして、このコントラクトに与えられたアドレスこそがコントラクトアドレスなんです。 したがって、他の多くの仮想通貨において送付先となるアドレスとは少し性質が違うということになります。 それではこのコントラクトアドレスに関してしばしば起こっているトラブルについて詳しく説明していきます。 「イーサリアムやスマートコントラクトって何…? 」という方はコインオタクの記事を読んでみてください! イーサリアム(Ethereum)とは?買い方やチャート分析や将来性を教えます!イーサリアム(Ethereum)は、時価総額第2位の仮想通貨で、ビットコインを超えるほどのポテンシャルを持つかもしれないと言われています。イーサリアムの何が凄いのか、将来性はどのくらいあるのか、実際に買った方が良いのかを解説します!続きを読む スマートコントラクトとは?ブロックチェーン技術の新たな可能性を東大生が考察!時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。続きを読む   コントラクトアドレスには送金できないってどういうこと? よくあるトラブル・悩みとは まず送金に関してよくあるトラブルとして、送金アドレスを間違えてしまってお金が消えてしまった…というものがあります。 これに関しては、送金アドレスを手で入力せずにコピペをする、完了する前にもう一度しっかり確認を行うなどの対処法が考えられます。 しかし、アドレスをコピペしたし間違えていないのに送金ができていない場合もあります。

 <MyEtherWalletについて詳しくはこちら>

目次MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とはMyEtherWalletの仕組みMyEtherWalletは実際どう?コインオタクの見解MyEtherWalletのメリットMyEtherWalletのデメリットMyEtherWalletのおすすめユーザーMyEtherWalletの使い方MyEtherWalletについての気になるQ&AMyEtherWalletまとめ MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは Myetherwalletとは、ブラウザから利用できるイーサリアムおよびイーサリアムトークン向けのウォレットです。 利用時にはMetamask、Trezor、Ledger Nano Sとの連携あるいは自分の秘密鍵、Keystoreファイル、ニーモック文節、パリティ文節のいずれかを入力する必要があります。 MyEtherWalletへ MyEtherWalletの仕組み MyEtherWalletはデスクトップウォレット MyEtherWalletは、PC上で操作可能なデスクトップウォレットです。 ウェブウォレットのようにサーバー上に秘密鍵を保存しているわけではないため、たとえMyEtherWalletのサーバーにサイバー攻撃がなされてもあなたの秘密鍵が漏洩することはないので安心ですね。 また、ハードウェアウォレットと連携したり、ペーパーウォレット化して使用することも可能です。 デスクトップウォレットについてもっと知りたい方はこちらをどうぞ!     デスクトップウォレットとは?メリット・デメリットとおすすめを紹介!仮想通貨のウォレットのうち、最もスタンダードなデスクトップウォレット。取引所以外のウォレットを探している方や、デスクトップウォレットについて知りたい方のためにメリット・デメリット、オススメを紹介します続きを読む   MyEtherWalletの対応通貨 イーサリアム、イーサリアムクラシック、全てのイーサリアムトークンに対応しています。 イーサリアムトークンと言われてピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、有名どころではAugurやGolemがそれにあたります。 AugurやGolemについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

 

まとめ

さて、ここまでイーサリアムを購入することができる取引所について一通り見てきました。この記事を読んだ方には損をしないように、また自分の目的に合うように取引所をしっかり選んで欲しいと思います!

特にこだわりはないかなという方のためにもう一度確認しておくと、最もおすすめなのはbitFlyerです!

取引所について詳しくなったらいよいよイーサリアムを買っていきましょう!

bitFlyerの登録はこちらから!





1;95;0c