「仮想通貨のイーサリアムクラシック(ETC)ってどういう通貨?イーサリアム(ETH)とどう違うの?」

と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに、将来性や評判について気になりますよね!

そこで、イーサリアムクラシックの特徴から購入方法までコインオタクが徹底解説します!

この記事を読み終わったら、自信を持ってイーサリアムクラシックに投資できるようになります!

仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)とは?

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)は、イーサリアム(Ethereum/ETH)から分裂した仮想通貨です。

【イーサリアムクラシックの基本情報】

通貨名イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
通貨単位ETC
公開日2016年7月20日
時価総額約435億円(16位)
発行上限上限なし

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴

イーサリアムがハードフォークして誕生した仮想通貨 

イーサリアムクラシックの誕生は、The DAO事件を契機にして起こりました。

The DAO事件とは、2016年6月17日に80億円相当のイーサリアムが盗まれてしまったという事件です。

これによって価格が暴落したイーサリアムへの対応策として、ソフトフォーク後にハードフォークをするという方法が取られました。

ハードフォークとは、仮想通貨のアップデートに伴うブロックチェーンの分岐のことを言います。

この結果、イーサリアムが二つに分岐し、ハードウォーク後の新しいブロックチェーンを持つのが正式なイーサリアムハードウォーク前の古いブロックチェーンを持つのがイーサリアムクラシックとなりました。


The DAO事件についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!↓

The DAOは、世界中から注目された超有名な人気ICOでしたが、システムの脆弱性を突かれ時価80億円程の資金を盗まれるという事件を起こしてしまいました。その事件の内容や今後への影響をコインオタクが真剣に考察しました!

スマートコントラクト(自動契約)が書ける 

イーサリアムクラシックのシステムでは、イーサリアムと同じスマートコントラクト技術が用いられています。

そのため、ユーザー一人一人が独自に契約システムを設計することができるのです。

これによって、契約の実行をブロックチェーン上で正確に行うことができます。

イーサリアムクラシックは、資産管理の柔軟なプラットホームとしても期待されています。


スマートコントラクトについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェック!

時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。

IoTの実現を目指す 

プログラムに基づく自動的な契約締結をする技術スマートコントラクトにより、IoTの実現を目指しています

IoTとは、Internet of Thingsの略で、モノのインターネットと訳されます。

この考えは、今までインターネットに繋がっていなかったものを繋ぐというものです。

IoTが実現すると、離れたモノ同士でのデータの送受信が人手を介さずに可能になるかもしれません!

イーサリアムクラシック(ETC)の仕組み 

サイドチェーン

イーサリアムクラシックはスケーラビリティ対策として、サイドチェーンという技術を導入しています。

イーサリアムクラシックという大きな親チェーンで処理が間に合わないことなどを助けるのがサイドチェーンです。

これによって、機能が拡大され、機能を加えたり、処理速度を速くしたりすることができます。

サイドチェーンについてもっと知りたい方はこちらの記事もチェック!↓

サイドチェーンは次世代のブロックチェーンと呼ばれている技術です。そのすごい技術を詳しく解説します。今後の投資において、仮想通貨間の関係がとても重要な指標になってきます!投機ではなく投資をしたい方は必見です!

DApps

DAppsとは、Decentralized Applicationsの略で、ブロックチェーンを用いた非中央集権的なアプリケーションという意味です。

イーサリアムクラシックのスマートコントラクトというプログラムでできています。

DAppsでは、管理者がおらず、所有者のみが自由に変更することができます。

そのため、アプリのデータを資産として所有することができるという特徴があります!

イーサリアムクラシック(ETC)の評価

イーサリアムクラシックの評価
評価基準5段階評価
知名度★★★★☆ 4点
将来性★★★☆☆ 3点
投資リスク★★☆☆☆ 2点
買いやすさ★★★★☆ 4点
実用性★★★☆☆ 3点

知名度

★★★★☆

イーサリアムが時価総額3位の主要アルトコインです。

そのため、それの分岐であるイーサリアムクラシックの知名度もそこそこあると言えます。

将来性

★★★☆☆

IoT分野での活躍が見込まれます

サイドチェーンの導入により、通信速度にも期待できます。

投資リスク

★★☆☆☆

イーサリアムのセキュリティに携わっていた人のほとんどが新イーサリアムに流れています。

関わっている技術者が少ないのはリスクとなるでしょう。

買いやすさ

★★★★☆

国内取引所CoincheckDMM Bitcoinで取引をすることができます。

日本円で買うことができるので、買いやすいと言えるでしょう。

実用性

★★★☆☆

IoTはあらゆるものをインターネットで繋ぐという考え方でとても実用性があります

実証実験が未定となっているのが不安要素です。

仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の今後・将来性

イーサリアムクラシックは、IoT分野で活躍することが予想されています。

IoTは近年注目されているため、今後イーサリアムクラシックが普及していく可能性は高いです。

サイドチェーンの導入も見込まれているため、通信速度の向上など将来性があります。


仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の価格

ここでは、イーサリアムクラシックの過去から現在までの価格推移と、取引の注意点について詳しく解説していきます!

イーサリアムクラシック(ETC)最新価格・相場・チャート

(2019年2月5日時点) 

現在の価格は、1ETCあたり425円となっています。

最近では、イーサリアムクラシックに51%攻撃が成立したという情報で、2019年1月7日未明から11日にかけて130円の暴落がありました。

仮想通貨の時価総額2位のイーサリアムから派生した「イーサリアムクラシック(ETC)」に対して51%攻撃が成功したとイーサチェーンが発表している。イーサリアムクラシックの価格、ひいては仮想通貨市場への影響を過去の事例から分析した。

イーサリアムクラシック(ETC)の取引のポイント

過去の価格推移

発行されてから約半年は、ずっと黄ばいで時価総額128億円超でした。

2017年5月に急騰し時価総額2446億円、2018年1月ごろには4824億円まで成長しました。

これは、2017年12月にあったイーサリアムクラシックの「半減期」が原因だと考えられます。

その後は価格が下がっていき、現在の時価総額は460億円に落ち着いています。

取引の注意点

イーサリアムクラシックは、イーサリアムとほぼ同じ特徴や機能を持つため、イーサリアムの価格に大きく影響されます。

イーサリアムの価格変動に注意が必要です!

 イーサリアムの今後について知りたい方はこちらの記事もチェック!↓

イーサリアムは2019年コインオタクが最も注目、期待をしている通貨です。将来性は豊富で、今後の社会において活躍する場面は多いでしょう。そんなイーサリアムの今後の価格予想を紹介するとともに価格上昇の可能性があるイベントを説明します!

IoTの実証実験が企業間で積極的に行われるようになれば、価格の上昇が見込まれます。

今後の取り組みに期待しましょう!

ウォレットで保管

取引所で購入したイーサリアムクラシックはウォレットで保管しましょう!

ウォレットに保管することによって、仮想通貨をより安全に保管することができます。

イーサリアムクラシックの保管におすすめのウォレットは、Ledger Nano Sです。

 Ledger Nano Sはコールドウォレットの一種ハードウォレットのため、オフラインで管理することができます。

また、取引所の影響を受けないため、倒産などの事態が起きても問題ありません。

入出金が簡単のため、誰にでも使いやすいウォレットです!

ハードウォレット、Ledger Nano Sでイーサリアムクラシックを保管する

Ledger Nano Sの購入方法を知りたい方はこちらの記事をチェック!↓

Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します

仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の評判・口コミ 

IoTで生活が楽になる

 IoTの導入で、時間に余裕ができることに期待しています

30代 会社員

今後の開発に不安

開発会社のETCDevの停止したことは不安ですね

寄付金や投資金不足が今後の開発に影響がありそうです。

50代 会社員

イーサリアムとの差別化に期待

目立った違いがなければ、ETCよりETHの方が魅力がありますね

今後の差別化に期待しています!

大学生 

仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)の購入、おすすめ取引所2選

イーサリアムクラシックがどのような仮想通貨かわかったところで、購入方法についてご紹介します!

Coincheck(コインチェック)

イーサリアムクラシックに購入におすすめの取引所はCoincheck(コインチェック)です!

コインチェックは、アプリが使いやすいことが特徴です。

デザインがとてもわかりやすくなっているため、売り買いに迷うことはありません!

また、販売所形式のため、値段設定など気にせず購入することができ、初心者にもとてもおすすめの取引所です!

Coincheckでイーサリアムクラシックを購入する!

 コインチェックの評判について知りたい方はこちらの記事をチェック!↓

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin

イーサリアムクラシックでより利益を出したい場合は、DMM BitcoinでのFX取引をおすすめします!

DMM Bitcoinでは、レバレッジ取引ができるのが特徴です。

そのため、資金の5倍まで取引することが可能です!

また、取引/入出金手数料が無料なので、手数料の心配をする必要もありません!

ハイリスクハイリターンの取引なので、初心者は注意が必要です。

DMM BitcoinでイーサリアムクラシックをFXで購入!

DMM Bitcoinの評判について知りたい方はこちらの記事をチェック!↓

 イーサリアムクラシックの購入方法について具体的に知りたい方は、こちらの記事もチェック!↓

ハードフォークやトークンのエアドロップなど、最近注目を集めているイーサリアムクラシック。「この仮想通貨の購入にはどの取引所が一番お得なの?」そんな疑問を解消するため、コインオタクが徹底調査しました!

仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)のマイニング (PoW)

イーサリアムクラシックを得るためのもう一つの方法マイニングについてここでは説明していきます。

PoWとは、Proof of Work(プルーフオブワーク)といい、計算量に比例して成功しやすくなる仕事のことを言います。

PoWにおいて、取引の承認を行い、ブロックをブロックチェーンに繋げる仕事がマイニングです。

ハッシュ関数に無差別に数字を代入することによってマイニングを行い、これを最初に成功させた人は報酬を受け取ることができます。

PoWについてもっと知りたい方はこちらの記事をチェック!↓

プルーフオブワークは仮想通貨の取引の承認システムの一つです。これはいったいどんな仕組みでどういう特徴を持っているのでしょうか?プルーフオブワークに伴うマイニングという作業や、プルーフオブステークとの違いについても説明します!

仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC) まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、イーサリアムクラシックの特徴から購入方法、マイニングまで詳しく解説してきました。

イーサリアムクラシックは、IoT実現に向けてこれから期待できる仮想通貨です!

価格も安めなので、少額購入しておいても損はないでしょう!

Coincheckでイーサリアムクラシックを購入する!