QUOINEX(コインエクスチェンジ)の評判や口コミから知るメリットとデメリット!

QUOINEXを使う上で、どのような特徴があってユーザーの評判はどうなのか、は知っておきたいところですよね。

この記事では、ユーザーの実際の声をわかりやすくまとめています!

さらに、その口コミなどから見えてくる特徴を総合的に考え、どのような人にQUOINEXが向いているかを解説しています!

取引所選びで悩んでいる方必見です


早速QUOINEXに登録する!

 <QUOINEXの特徴を解説した記事はこちら>

  目次QUOINEXとは?【QUOINEXの特徴1】手数料【QUOINEXの特徴2】外貨ペア【QUOINEXの特徴3】レバレッジQUOINEXのメリットQUOINEXのデメリット QUOINEXの登録方法QUOINEXの使い方 ICO通貨QASHとは?Q&A まとめ QUOINEXとは?  QUOINEXはビットコイン取引手数料が無料なことで少し話題の取引所です。ここでは、コインオタクが基本的な情報について解説します。 QUOINEXの読み方 まずはQUOINEXの読み方についてですが、めちゃめちゃ読みづらいですよね。そのまま読んだ「クウォイネックス」ではありません。 これで「コインエクスチェンジ」と読みます。この記事ではアルファベット表記しますので、読み方は頭の片隅にいれておいてください。   QUOINEXの概要 運営会社QUOINE株式会社所在地東京都千代田区平河町2-7-3会社HPhttps://quoine.com/資本金約20億円 (資本準備金含む)取扱通貨BTC/ETH/BCH/ETC/XEM/XRP/LTC/QASH 運営会社のQUOINE株式会社は日本のみならず、シンガポールにグローバル事業開発部をおき、テクニカル及びカスタマーサポートはヴェトナムで行うなどアジア全体で仮想通貨系フィンテックビジネスを展開しています。QUOINEX以外にもう一つQRYPTOS(クリプトス)という取引所や世界中の人々との取引を可能にする仮想通貨プラットフォームLIQUID(リキッド)なども展開しています。 会社のホームページも整備されていて、日本語と英語の両方に対応していて、仮想通貨に尽力し、グローバルに事業を展開していく気概が感じられます。   【QUOINEXの特徴1】手数料 取引所を見る上で、気にしなければいけないのはもちろん手数料です。QUOINEXの取引手数料というと、BTC/JPYの取引手数料が現物取引でもレバレッジ取引でも無料になっています。 その他にも法定通貨の入金手数料や仮想通貨の入出金手数料が無料になっていますし、レバレッジ取引において含み損が大きくなりすぎたときに自動的に行われる強制的な決済であるロスカットにおける手数料も無料です。  

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)とは?

QUOINEXとは、日本を本拠地に、シンガポール、ベトナムに拠点を構えるアジア最大級の仮想通貨取引所のひとつで、QUOINE社が運営しています。2017年9月に、日本で初となる金融庁の認可を得た取引所となりました。コインチェック騒動が起きてしまった今、金融庁のお墨付きという点でユーザーの安心を得ています。

先日のBTC取引高が国内で日本一になりました!コインチェックからQUOINEXに逃げてくる人が少なからずいるということがわかります。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の評判・口コミ

手数料の評判はいい!

手数料に関しては、入金、送金、BTC取引手数料が無料であるため、ポジティブな意見が多いです。


 スプレッドは狭い!

QUOINEXのスプレッドについては、正直Twitterで触れられていることがあまりありません。上のような普段の狭さを褒めるツイートが少しと、下のような異常なタイミングについてのネガティブなツイートの両極のツイートが少しずつという感じです。

この異常なスプレッドの広さは1月の中旬のBTC暴落時に起きたものです。これは、QUOINEX内の流動性があまり高くないのが原因かと思われますので、ユーザー数が順調に増えている今、このような事態が起こるということを普段から意識、懸念する必要はないでしょう。

ただ、スプレッドに関してのネガティブな口コミが上のような異常事態のものばかりであることから、普段ユーザーはQUOINEXのスプレッドに関してネガティブな印象は持っていないと考えられます。利用者は満足しているのでしょう。


アプリは使いにくい

QUOINEXが公式に出しているアプリがあるのですが、これに関しては評判ははっきり言って悪いです。UIがとても良くないようです。コインチェックのアプリは初心者も手軽に使えるUIの良さですから、やはりそれと比べると。。。ということなのでしょう。

ちなみに、App storeのユーザーレビューがこちらです。

やはり厳しい意見が多いです。評価の平均点も、5点満点で1.8点です。


入出金、送金処理が遅く使い勝手が悪い

入金や出金、送金のスピードがあまりにも遅く、素早く小回りの利いた取引ができないようです。

入出金や送金といった資産を動かすことについての評判はすこぶる悪いです。遅い上に対応が悪いということです。

出金にかかる時間について、公式が言及する目安は以下の通りです。

お客様が出金リクエスト受領についてのメール(件名)【QUOINEX(コインエクスチェンジ):日本円出金のリクエスト受領のお知らせ】を受信されてから、通常3営業日に処理を行いますが、前後する場合もございます。
*土日祝日については処理を行いません

Source: QUOINEX 公式

この目安からしたら、ツイートのケースはやはり処理に時間がかかりすぎていると言えるでしょう。


QUOINEX(コインエクスチェンジ)の6つのメリット!

日本で唯一QASHを扱っている

2017年11月にQUOINEXによってICOが行われた、いま特にその将来性が注目されているQASHを取り扱っている日本の取引所はQUOINEXだけです。QASHをいち早く、かつ日本の取引所で安心してゲットしたいならQUOINEXでしょう。

<QASHの解説記事はこちら!>

取引所の口座ををいちいち国内と海外で作るのめんどくさい・・・仮想通貨が全体的に流動性が低くて思うように取引ができない・・・なんて思っていませんか?QASHはそんな問題を解決しちゃう「LIQUID」プラットフォームの代表通貨です!この記事ではQASHやLIQUIDの細かい仕組みからメリット、デメリットまでホワイトペーパーよりわかりやすく解説しています!QASHを買うならQUOINEX!目次QASH(キャッシュ)とは?ICOが大成功?QASHのJPY建てチャート!!上場後の価格(price)変動を解説!QASHの問題点と将来性!QASHの仕組み!ホワイトペーパーからわかることQASHのメリット!QASHのデメリット【QASHの入手方法】オススメ取引所3選【QASHの保管方法】オススメWallet3選QASHに関する気になるQ&AまとめQASH(キャッシュ)とは?ICOが大成功?QASHとは、QUOINE株式会社が発行する仮想通貨で同社が提供する通貨取引プラットフォーム「LIQUID」を代表するものです。2017年11月6日AM1:00から9日AM00:59までの3日間ICOが行われました。当初は11月の1ヶ月ほどICOを実施する予定だったのですが、同月中盤に予定されていたビットコインのSegwit2x実装が仮想通貨界に大きなダメージをもたらすとされていたため、運営が投資家たちのことを考慮して3日間に短縮されました。1QASH=0

 

とはいうものの、Quoinexの口座開設に1ヶ月ほど時間がかかってしまうため、一刻も早くQASHを取引したいならHuobiをおすすめします!中国の取引所なので、今後中国政府の仮想通貨規制強化という動きが強まるとどうなるかはわかりませんが、取り扱い通貨数も豊富で日本語にも対応しています!

Huobi公式サイトへ

対応通貨ペアが多い

QUOINEXで取引できる通貨ペアは2月10日現在53種類あります。これは、アルトコインの取扱数が多いのではなく、対応している法定通貨数が多い(JPY=日本円、USD=米ドル、EUR=ユーロ、AUD=豪ドル、SGD=シンガポールドル、HKD=香港ドル、CNY=人民元、IDR=インドネシアルピア、PHP=フィリピンペソ、INR=インドルピーの10種類)からです。マイナー通貨建てでも仮想通貨取引ができるようにして、マイナー通貨と仮想通貨の間の流動性を高めたいというのがQUOINE社が掲げる標榜です。


安心のセキュリティ

コインチェックの問題が発生してから、日本国内では仮想通貨取引をする上でのセキュリティへの意識がとても高まっています。コインチェックは、顧客の資産を常にオンラインであるホットウォレットで保管していたそうですが、QUOINEXは資産は常にコールドウォレットで保管している、とすでに発表しています。さらに複数の秘密鍵を使うマルチシグも導入しており、セキュリティは強固です。

 <今話題のコールドウォレットをコインオタクが解説>

「仮想通貨関連の事件が絶えないけどどうしたら仮想通貨を安全に管理できるのだろう、、。」そんなあなたにはコールドウォレットがオススメです!この記事を読めば安全に仮想通貨を管理できるコールドウォレットについてすぐにわかります!写真や動画とともに具体的なコールドウォレットも紹介しているので手にせずともイメージが浮かぶでしょう!コールドウォレットが何なのかからはじまり、作り方や使い方、オススメのウォレットまでもを解説します。これであなたも話題のコールドウォレットを丸わかり!セキュリティ性能を大きくあげましょう!目次コールドウォレットとはコールドウォレットの特徴コールドウォレット(ペーパーウォレット)の作り方コールドウォレット(ペーパーウォレット)の使い方コインオタクの選ぶおすすめハードウェアウォレット3選コールドウォレットについてのQ&Aコールドウォレットまとめ コールドウォレットとは コールドウォレットとは、秘密鍵をオフラインで管理するタイプの仮想通貨ウォレットのことです。インターネットに繋がれたデバイスは、ハッキングのリスクが常に付きまとうので、アプリウォレットなどと比べると格段にセキュリティの高まった仮想通貨の保管方法だと言えます。※2018年1月26日17時30分現在、コインチェックではNEMの入金、出金、売買ができない状態になっています。この原因として、コインチェックがハッキングされたのでは?という噂が広がっています。この真偽は別として、取引所単位でも個人単位でも、仮想通貨はハッキングにより盗まれてしまう可能性は常にあります。コールドウォレットのような、安全性の高いウォレットになるべく保管しましょう。また、コインチェックのハッキング騒動や今後、自分で出来る対策について興味のある人は以下の記事を読んでみてください! コインチェックが580億円の仮想通貨ハッキング被害。あなたのお金を守る2つの対策法コインチェックがハッキング被害にあったらしいけど仮想通貨はもうおしまい!?まったくそんなことはありません!事件の内容と対応策を勉強してしっかりと自分の頭で今回の事件を理解しましょう。チャートに与えた影響も要チェック!続きを読む  コールドウォレットの特徴 bitFlyerやコインチェックなど、多くの取引所も採用する安全性の高さ

 

ラインでのサポート体制

他の取引所はサポートの問い合わせはメールでしか受け付けていないのがほとんどですが、QUOINEXはラインでの問い合わせも受け付けています。ラインの方がメールよりも手軽に問い合わせできるのでライトユーザーにとってはありがたい機能だと思います。

※ですが2018年2月10日現在、ラインでのサポートは停止されています。再開などの新しい情報が入ってっきたらその都度追記していきたいと思います。


レバレッジは国内最大25倍まで!

QUOINEXのFX取引では、日本国内最大タイとなる25倍のレバレッジをかけることができます。BTC、ETH、QASHと、対応している通貨がBTCだけでないのも魅力的です。さらに、QUOINEXは法人アカウントも登録することができるのですが、こちらはレバレッジ最大50倍までかけることができます!

※追記

法人アカウントでのレバレッジ50倍サービスは提供を終えました。したがって、法人アカウントもレバレッジは最大25倍での取引となります。

<レバレッジ最大100倍の海外取引所、BitMEX!> 

目次BitMEX(ビットメックス)とは?【BitMEXの特徴1】最高レバレッジ倍率100倍!【BitMEXの特徴2】レバレッジ取引は追証なし!【BitMEXの特徴3】日本語表示に対応BitMEXのメリットBitMEXのデメリットBitMEXの登録方法BitMEXの使い方!入金・取引の方法を解説BitMEXの出金方法と注意点!BitMEXのQ&ABitMEXまとめ     BitMEX(ビットメックス)とは? BitMEXは香港をベースとする仮想通貨の取引所です。海外取引所の中ではそこまでメジャーなわけではありませんが、特徴的なのはそのレバレッジ!最高100倍の倍率は、これまでの国内取引所での取引で満足できなかった人におすすめです。まずは、BitMEXという取引所について詳しく調べてみましょう!   ビットコインのレバレッジ取引についてはこちらも参照してください! ビットコインのレバレッジは何倍?取引所の倍率比較やリスク分析も!ビットコインのレバレッジ取引って?ロスカットや税金の計算方法は?各取引所における最大倍率や手数料を徹底比較し、そこから見えてきたビットコインのレバレッジ取引ならではの特徴やリスクを惜しみなく紹介します!続きを読む   BitMEXの概要 会社名HDR Global Trading Limited会社所在地Republic of Seychelles (BitMEXオフィス自体は香港)会社HPhttps://www.bitmex.com資本金不明   取扱通貨 XBT, BCH, ETH, ETC, ZEC, DASH, XMR, LTC, XRPの9種類 *XBTはビットコインのことです。BitMEXではXBTという名前の通貨を使い、言わば仮想取引を行っているので、100倍という高倍率のレバレッジが可能になるのです。 【BitMEXの特徴1】最高レバレッジ倍率100倍!

 

日本で初めて金融庁の認可を受ける

冒頭でも少し触れましたが、QUOINEXは日本で最初に金融庁の認可を得た仮想通貨取引所です。QASHのICOが注目された理由のひとつとして、金融庁が認可した仮想通貨交換事業者による初のICOだからというのもあります。


QUOINEX(コインエクスチェンジ)の3つのデメリット!

口座開設が遅い

口座開設について、上のようなツイートがとても多く見られます。口座を開設してから本人確認書類をアップロードして審査してもらうわけですが、それに時間が非常にかかっているようです。審査を待っている間は頻繁に、口座開設の申請が殺到していて処理に時間がかかっている、という旨のメールが送られてきます。

現状、審査が通って自由に入金、出金できるようになるまでに1ヶ月ほどかかると考えたほうがいいと思います。


出金の反映が遅い

評判のところでも述べましたが、出金にかかる時間が長く、ユーザーは不便に感じているようです。一部のユーザーは本当に出金の申請が通っているのか、と不安に感じてサポートに問い合わせるも反応がない!ということも起こっているようです。しかし実際に出金の申請をしてから、結果的に本当に資産が自分のところに返ってこなかった事例は起こっていないようです。


追証アリ

基本的にロスカットされるので追加証拠金がそもそも発生しないのですが、相場の動きが激しく、ロスカットが間に合わずに証拠金を上回る損失が出てしまった場合、その損失分を支払わなければいけません。ちなみに、QUOINEXでのロスカットは次のように行われます。

1 証拠金維持率が110%に回復するまで保有するポジションのうち1BTC当た りの評価損の大きいポジションから一つずつ反対売買して決済します。
2 ロスカット注文は、成行で決済注文を行います。
3 不足金が出た場合、仮想通貨の引出し・金銭の出金を行うことができなくなりま
す。

Source: https://quoine-prod.s3.amazonaws.com/uploads/policy_document/term_document/16/4__E5_8F_96_E5_BC_95_E3_83_AB_E3_83_BC_E3_83_AB-revise_20180125_2.pdf?AWSAccessKeyId=AKIAJEYBLS2EIX4SRT6A&Signature=kLznPngzbsK4s/rXZSIPa4L5kMw%3D&Expires=1518252396


QUOINEX(コインエクスチェンジ)についてのQ&A

BTC貸出サービスはどうやって使うの?

QUOINEXには、BTCを貸し出して金利を得よう!というサービスが2017年9月まであったのですが、現在日本のアカウントではできなくなっています


QUOINEX(コインエクスチェンジ)の評判まとめ


QUOINEXの評判・特徴まとめ

  • QASHを取引できる
  • 口座開設に時間がかかる
  • 入出金の反映が遅い
  • アプリも使いづらい
  • セキュリティは安心

 いかがでしょうか?Quoinexが以上のような評判を持つことがおわかりいただけましたか?

以上のような総合的な特徴から考えて、日本の取引所で安心してQASHを取引したい人にはQUOINEXはおすすめです!これから取り扱うアルトコインの数も更に増えていくと考えられますので、口座を持っていて損はないと思います!

QUOINEX公式サイトへ



CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!