「イーサリアムのウォレットを探しているけど、どれを買えばいいのかがわからない」

そう悩んではいませんか?

最近ハッキング事件が多発している中でウォレットの必要性は増しているけど、種類が多すぎて違いがよくわからないですよね

そんなあなたに朗報です!

仮想通貨にとっても詳しい東大生がイーサリアムのウォレットを実際に使ってみて、最もおすすめのウォレットを紹介します

この記事では写真とともにおすすめのイーサリアムウォレットBEST6をランキング形式で紹介しています。

もうウォレット選びに迷うことはありません!

自分にぴったりのウォレットを見つけ今日から安全な仮想通貨ライフを送りましょう

初心者はCoincheckのウォレットを使おう!

イーサリアムのウォレットとは

イーサリアムの保管場所となる

イーサリアムなど仮想通貨を保管するには、専用のお財布が必要で、このお財布のことをウォレットと呼んでいます。


ウォレットは、秘密鍵と公開鍵の2つを管理しています。

秘密鍵というのは、約70桁のランダムの文字列です。

他人とは100%被らないので、その文字列が自分の資金を預けるウォレットのパスワードとなります

この秘密鍵がバレると、だれでも簡単に資金を盗み出せてしまうので、秘密鍵の保管方法は自分の資産を守るにおいて、とても重要になってくるのです。


また本格的に仮想通貨を取り扱う人は、一つのウォレットだけでなく複数のウォレットを手に入れると良いでしょう。

もし1つを紛失しても、資産を全て失うという危険を避けることができます。


ウォレットについて詳しく知りたい方はこちらの記事へ↓

仮想通貨を安全に保管するためには、ウォレットを使う必要があります。ウォレットには様々な種類があり、対応OSや対応通貨がそれぞれ違います。ウォレットの種類、種類別のおすすめウォレットを紹介していきます。

 イーサリアムについて詳しく知りたい方はこちらへ↓

イーサリアム(Ethereum)は、時価総額第2位の仮想通貨で、ビットコインを超えるほどのポテンシャルを持つかもしれないと言われています。イーサリアムの何が凄いのか、将来性はどのくらいあるのか、実際に買った方が良いのかを解説します!

 

ウォレットは5タイプ

ウォレットには大きく分けて、

  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット
  • モバイルウォレット
  • ウェブウォレット
  • デスクトップウォレット

の5種類のウォレットがあります。以下の表がそれぞれの特徴です。

ウォレットのタイプ特徴安全性利便性管理場所
ハードウェアウォレット実物に移して安全に保管したいコールドウォレット
ペーパーウォレット究極の安全性×コールドウォレット
モバイルウォレットスマホやタブレットで手軽に管理ホットウォレット
ウェブウォレット複数端末で1ウォレットを管理
ホットウォレット
デスクトップウォレットパソコンで多機能に管理ホットウォレット

管理方法の「コールドウォレット」と「ホットウォレット」ですが、

コールドウォレットとは、ネット環境と隔絶されたオフラインのウォレット

ホットウォレットとは、ネット接続がされているオンラインのウォレット

ということです。

ハッキングによる資産流出事件は、ホットウォレットでの資産管理が原因です。その点コールドウォレットは、そもそもウォレットにアクセスすることができないので、セキュリティ面でとても安心な資産管理方法なのです。


それではさっそく、イーサリアムのおすすめウォレットを紹介していきます!


イーサリアムおすすめウォレットランキング

  • 1位:Coincheckのウォレット(ウェブウォレット)
  • 2位:Ledger Nano S(ハードウェアウォレット)
  • 3位:Trezor(ハードウェアウォレット)
  • 4位:MyEtherWallet(デスクトップウォレット)
  • 5位:Jaxx(モバイルウォレット)|沢山の仮想通貨を扱いたい人向け
  • 6位:bitaddress.org(ペーパーウォレット)

【第1位】Coincheckウォレット|セキュリティ抜群の取引所と連携

コインチェックのバナー

Coincheckは東証一部に上場している大手企業マネックスグループが運営する国内最大規模の取引所です。 

運営がしっかりしているため、セキュリティは他のどの取引所よりも強く万全です。

ユーザーの資金は、取引で必要な分以外は、コールドウォレットで管理されているので、大規模な資産流出をふせぐことができます


特に仮想通貨初心者にとっては、Coincheckに資産を預けるだけでこのウォレットを使える、という使いやすさが非常にありがたいでしょう。

Coincheckウォレットのポイント

  • ウォレットのタイプ:ウェブウォレット
  • 運営会社が超大手で信頼度が高い
  • 資産の一部がコールドウォレットで管理
  • おすすめユーザー:難しい設定を避けたい初心者の方

 

Coincheckの公式ホームページ

Coincheckについてさらに詳しく知りたい方はこちらへ↓

コインチェックの現在の評判やメリット・デメリットを口コミとともに解説します。新規口座開設を再開したコインチェック(coincheck)の現状を、2018年11月時点の最新情報でお届けします!


【第2位】 Ledger Nano S|世界トップクラスの信頼性

Ledger Nano Sはもっとも有名でもっとも人気なハードウェアウォレットです。価格は1万円ほどですが、自分の資産をこの先ずっと保管するものなので、必要経費とと言えるでしょう。

リップルに対応していることがTrezorとの大きな違いです。イーサリアムとともにリップルも保管したいという人にもおすすめできます。

リップルのほかにも24種類の通貨を管理することができます。


なお、購入する際は、下記のような公式の購入サイトから、購入してください

ハードウェアウォレットに、不正なソフトが仕込まれ、資産が盗まれるという事件が発生しているです。

Ledger Nano Sのポイント

  • ウォレットのタイプ:ハードウェアウォレット
  • 価格:1万円
  • リップルを含め24種類の仮想通貨を管理できる
  • おすすめユーザー:沢山の仮想通貨を安全に管理したい人

 

Ledger Nano Sの購入はこちら!!

Ledger Nano Sについてさらに詳しく知りたい方はこちら↓

Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します

 

【第3位】Trezor|安全性が高く使いやすいと評判

Trezorは、ハードウェアウォレットで人気なウォレットです。

人気の理由の一つとして、PINコードの設定によるセキュリティを高めることができるということです。

PINコードとは起動時に必ず入力する10桁の暗証番号です。

この暗証番号を設定しているので、万が一盗難されても、Trezor内の資金を盗むことはできません

加えて、イーサリアムの他に、ビットコインやDASH、ライトコインなど14種類の仮想通貨も保管できます。

ハードウェアそのものの値段が、1万円〜1万5千円と少し高いのがネックです。

しかし、かなり安心して保管できますし仮想通貨を扱っていく人にとってはお手頃だと思います!

Trezorのポイント

  • ウォレットタイプ:ハードウェアウォレット
  • 価格:1万円~1万5千円
  • PINコードでオフライン環境のセキュリティも向上
  • 14種類の仮想通貨を保管できる
  • おすすめユーザー:ウォレット本体の盗難被害も未然に防ぎたい人

 

Trezorの購入はこちら

Trezorについてさらに詳しく知りたい方はこちらへ↓

Trezor(トレザー)はあなたの大事な仮想通貨を守ります。この記事では、Trezorについて機能や・メリット・デメリットをはじめ、コインオタクのトレーダーの分析・総合評価、購入方法から使い方まで徹底的に解説します。

 

【第4位】MyEtherWallet|日本語対応有り

MyEtherWalletは、デスクトップウォレットで自分で秘密鍵を管理するタイプのウォレットです。

デスクトップウォレットなので、PCがウイルスにかかったりハッキングされたりしなければ安全です。

秘密鍵の保管方法は、ハードウェアウォレットと連携したり、ペーパーウォレット化して保管することもできる

ので、非常に利便性高いと言えます


嬉しいことに、日本語対応のウォレットです!

イーサリアムのウォレットは、日本語対応のないものがかなりの確率で存在するので、ありがたいですね


MyEtherWalletの対応通貨は、イーサリアム・イーサリアムクラシックなど、イーサリアムのブロックチェーン上に存在する全てのトークンです。

そのほかの仮想通貨には対応していないので、イーサリアムを中心に投資している方にはおすすめです。

MyEtherWalletのポイント

  • ウォレットのタイプ:デスクトップウォレット
  • 日本語対応あり
  • 秘密鍵の保管方法:ハードウェアウォレットと連携、ペーパーウォレット化 etc.
  • おすすめユーザー:複数のイーサリアム系列のトークンを保有している人

 

MyEtherWalletのリンクはこちら

MyEtherWalletについて知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

【第5位】Jaxx|対応通貨が豊富

Jaxxは、たくさんの対応通貨に対応しているということが最大の特徴です。

対応通貨は80種類を超え、さらに今後も追加されていく見込みです。

マイナー通貨に先行投資して、儲けたいと考えている方にはJaxxのウォレットはおすすめです。

加えて、JaxxはAndroid、iOS、Windows、Mac、Linuxに対応していてGoogle Chrome、FireFoxといったブラウザでも使用することができます。スマホで使えるモバイルウォレットとして利用できるので利便性が高いことがメリットです。

しかし、日本語対応はされていないので、利用される場合は念頭に置いておくとよいかもしれません。

Jaxxのポイント

  • ウォレットのタイプ:モバイルウォレット
  • 80種類を超える仮想通貨を管理できる
  • 複数のデバイスから利用できる
  • 日本語対応なし
  • おすすめユーザー:沢山の仮想通貨を扱いたい人

 

Jaxxを始めたい!Jaxxについて知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください!

この記事では様々な仮想通貨を管理できるウォレットJaxxを紹介します!リスクを考えて複数仮想通貨を保有している人も多いと思いますが、色々仮想通貨を持っていると、どこで何を管理しているか把握が難しい…そんな時に役立ちます!

 

【第6位】bitaddress.org|コストが最小限

bitadress.orgは、ペーパーウォレットです。

秘密鍵を紙に印刷しなければならないので、手間はかかりますが、大きな金額を安全に、そして長期的に保管することができます。

秘密鍵の記載された紙を作成する費用は、無料なので、紙の印刷代のみがこのウォレットを作る上でかかる費用です。

ただし、1つの紙に対し、管理できる通貨は1つなので、複数の仮想通貨を保管したい方には不便だと思われます。

イーサリアムのみを、確実に守り、そして安く済むウォレットを手に入れたい方におすすめです!

bitaddress.orgのポイント

  • ウォレットのタイプ:ペーパーウォレット
  • ウォレット作成費がほぼ無料
  • 1枚につき、1つの仮想通貨を管理
  • おすすめユーザー:セキュリティを一番重視する人

 

bitaddress.orgで今すぐウォレットを作る

イーサリアムのウォレットに関するQ&A

送金の時"ガス"っていうのが出てくるけどなにそれ?

簡単に言うとガスとはイーサリアムを送金する際にかかる手数料のことです。しかし普通の手数料と違うのは、自分でその額を設定できることです!

手数料を自分で決められるってどういうこと?って一瞬なるかもしれません。

手数料が自分で決められるなら0円かそれができなくてもできる限り安く設定するに決まってるじゃないかって思いますよね。


しかし、手数料を高く設定するちゃんとしたメリットもあるんです!

仮想通貨というものは「いつ」「誰が」「誰に」「いくら」送金したのかを、マイナーが更新していくことで取引が成り立っているものでした。

これがとても重要で、自分が設定したガス(手数料)はこのマイナーに支払われます

マイナーは、どの取引を承認するかを選べるので手数料が低い取引よりも、高く設定されている取引を優先して承認しようとするはずです。

つまり、ガスを高く設定すればその取引が早く承認され、送金スピードが早くなるというメリットがあるのです!


デフォルトのガスの値で送金が何度も失敗してしまう場合はもう少し高く設定すれば成功すると思います

今すぐ送金したい!という方でなければ、とりあえず各ウォレットのデフォルトのまま手続きを続ければ大丈夫です!


ICOに参加して新しいトークンを受け取るには?

 ICOとは、企業が簡単に資金調達する方法です。

イーサリアムプラットフォームではトークンを発行することができ、この機能を使ってICOが行われています。

ICOに参加するとこの新しいトークンを受け取ることができますが、ICO直後はウォレットがこの新しいトークンに対応していない場合があります。

この場合は「カスタムトークンの追加」を行えばトークンをウォレットに反映させることができます。


 Ethplorer 

このサイトでICOのプロジェクト名やトークン名を検索してContract Address、Symbol、Decimalsの3つのデータを控えておきます。そして各ウォレットでカスタムトークンの追加というページを開き、指定された場所にこれらの値を入力すればトークンは反映されます!ICOに参加する人はおさえておきましょう。


 ICOについてさらに詳しく知りたい方はこちらへ↓

今世界で大注目の新しい資金調達の方法であるICOですが、実際にどうやって行うのか、またどうやって参加するのか、メリットやリスクはなんなのか、わからない方も多いかと思います。そんなICOについて東大生が解説してみました。

 

イーサリアムのウォレットまとめ

イーサリアムのおすすめウォレットをランキング形式で紹介していきました。

それぞれのウォレットにメリット、デメリットがあるので自分の運用方法に合わせてウォレットを選んで使っていきましょう!

あなたに最適のウォレットが見つかったならば幸いです。