マイクロソフト、ブロックチェーン技術を利用した非中央集権型の認証システム構築の計画を発表


マイクロソフトが計画する「非中央集権型」認証システムとは


「非中央集権型」認証システムを理解するには、先に既存の「中央集権型」認証システムについて知っておくと簡単です。

既存の「中央集権型」認証システムは、現在色々なアカウントのログインシステムに用いられているもので、企業や政府などが個人情報を管理・保管する必要があります。

これに対して、マイクロソフトが計画する「非中央集権型」認証システムは、中央に管理者がいない場合でも個人情報の紐付け、あるいはログインが正常に行われるようにするものです。ビットコインにおいて、管理者が存在しないにも関わらず、マイニングによって送金が正常に行われる様子と似ています。

マイクロソフトは、ブロックチェーンの持つこのような「トラストレス」な特性を活かして、プライバシーの保護個人情報のセルフコントロール権力による介入の防止といった要件を併せ持つ認証システムの構築を目指しています。

*ここで言う「ブロックチェーン」はビットコイン、イーサリアム、ライトコインのような「パブリックブロックチェーン」であり、マイクロソフトはそれらの通貨をモデルとして挙げています。

このシステムは、分散型ID(Decentralized IDs, DIDs)」という形でマイクロソフト社の認証サービス「Microsoft Authenticator」に導入される予定であることも明かされています。


ブロックチェーン活用における課題と解決策は?


ブロックチェーンを活用する上で避けて通れないのが、スケーラビリティ問題です。この問題はマイクロソフトも認識しており、スムーズな利用環境を構築するために、解決案を提示しています。

具体的には、「レイヤー2システム」の採用です。「レイヤー2システム」とは、ライトニングネットワークサイドチェーンSegWitといった技術の総称で、オフチェーンスケーリングと呼ばれるものに当たります。

マイクロソフトは、これらの技術を採用することで世界規模での使用に耐えること非中央集権性の維持を両立することができるとしています。


コインオタクの見解


認証システムにブロックチェーンを活用する、というコンセプトは、これまでの通貨支払いシステムとしてのブロックチェーンの役割を拡張するものになります。私たちの実生活にも分かりやすい形で関わってくるという点で、今回の計画は注目を集めると考えられます。

同時に、この計画ではビットコインやイーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題の解決策の探求も行われています。仮想通貨を支える根本技術の進化に貢献するものになるかもしれません。期待が高まります。


 参考:newsbtc


 

コインオタクではTwitterでも情報を配信しています!ビットコインの相場分析について毎日必ずツイートしているので@CoinOtakuを是非フォローしてください!!