イスラム圏最大手、サウジアラビアのアル・ラジヒ銀行が国際送金手段としてリップルネットワークの導入試験に成功


イスラム圏最大級の金融機関、アル・ラジヒ銀行がリップルネットワークを導入

イスラム圏最大の金融機関である、アル・ラジヒ銀行が安価かつ安全で高速な国際送金手段としてリップルネットワークの導入試験に成功しました!

同行はサウジアラビアとヨルダンの支店間での送金を試験的に運用していました。


リップルネットワークはサンフランシスコに運営母体のある仮想通貨ネットワークで、ブロックチェーン技術を利用した分散台帳が特徴で、資産を低価格で直接高速で移送させることのできる技術として将来性を見込まれています。


リップルについてはこちらの記事で詳しく説明しています!

目次リップル(XRP)とはリップルの価格推移は?最新チャート分析リップルの将来性、問題は?コインオタクの最新分析と今後の展望リップルの仕組みは?ビットコインとの違いは?リップルの凄さ!将来性はお墨付き!リップルにはこんなデメリットも・・・?!【リップルの入手方法】オススメの取引所3選【リップルの保管方法】ウォレット3選リップルの気になるQ&Aリップルまとめ     リップル(XRP)とは リップル(Ripple)とは、Ripple Inc.によって開発されたILPとXRP Ledgerを複合的に用いた送金・決済システムの名称です。リップル内での基軸通貨はXRPで仮想通貨であり、決済にかかる時間や手数料が小さくて済むという特徴があります。 このことからリップルは将来的に銀行間の国際送金システムでの活用など、現実世界で果たす役割が大きくなることが予想され、期待を集めています! リップル社について リップルについてきちんと理解するためにはリップル社の存在を知る必要があります。 リップル社はアメリカ合衆国カリフォルニアに本拠地を置いています。リップルの開発自体は2004年に始まりましたが、2013年になってリップル社により通貨としてのリップルが発行されました。 リップル社がリップルネットワークを作ることを計画し、そこで使われるのが仮想通貨XRP(これをリップルと呼ぶこともある)ということに注意が必要です。 リップルの価格推移は?最新チャート分析 *2017/10/11 現在 リップルの通貨、XRPの価格推移を見てみましょう! 2017年5月にXRPは大きく高騰しました。要因としては、リップル社によるロックアップ発表に起因する流量安定化への期待、Googleによる出資や三菱東京UFJ銀行ら金融機関によるシステム採用のニュースから来る将来性への期待などがあります。 その後は落ち着きを見せていましたが、8月には後述のSWELL開催発表により値を上げ、10月にはSWELL開催が近づき注目の集中を反映して再び値を上げています。 価格の高騰についてはコインオタクの記事で紹介しています。 


世界中の金融機関で使われるリップルネットワーク

リップルネットワークをはじめて導入したのはアラブ首長国連邦のナショナルバンクオブアブダビ(NBAD)です。アラブ首長国連邦は国際送金量世界四位の国で、リップルネットワークによって得られた利益も大きいと考えられます。


他にも三菱東京UFJ銀行、サンタンデール銀行、メリルリンチ、ロイヤルバンクオブカナダなどがリップルネットワークを利用しており、今回のアル・ラジヒ銀行もそのリストに名を連ねることになりそうです。


このニュースの影響は?

これはまたかなりポジティブな材料です!成功したと言うことは、今後本格導入もありうるかも?

つい先月日本のメガバンクMUFJがリップルネットワーク上で利用できるトークン、MUFJコインの計画を発表したばかりですが、このニュースで最近上がり調子のリップルが更に勢いをつける可能性があります。

また、1/30にアラブの仮想通貨取引所BitOasisでリップルが上場したという情報もあり、今後アラブマネーが流れ込んでくる可能性も考えられます。


リップルの購入にオススメの取引所を以下の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください!

リップルを手にしてみたいけどどこで買うのが一番いいのかわからない、そんなことで悩んでいませんか?この記事を読めば自分にもっともあった取引所・販売所がわかります!実際にリップルのトレードを行っている東大生たちが話し合いもっとも優れた購入場所を決定しました。購入の前に必要な基礎事項をおさらいし、国内でリップルを取り扱っているすべての取引所・販売所を解説し、手数料や使い勝手を比較した結果最後にはコインオタク独自のランキングを紹介しています。これであなたも自信をもって取引所を選ぶことができます!目次リップル(XRP)とは①基礎知識~販売所と取引所ってどう違う?~②基礎知識~手数料の種類は?~③基礎知識~口座開設には何が必要?カンタン口座開設~リップル(XRP)を取り扱っている日本国内の取引所は4種類!国内取引所の手数料比較リップル(XRP)を取り扱ってる日本国内の販売所は3種類!国内販売所の手数料・スプレッド比較以前は海外の取引所での購入が主流だった!?結局リップルは(XRP)はどこで買えばいい?おすすめ購入場所ランキングまとめリップル(XRP)とはリップルとはXRPを通貨単位とする現在時価総額2位の仮想通貨で、ブロックチェーンを使わない珍しい特性からほかの仮想通貨と比べても決済スピードが速く手数料が安い特徴を持ちます。既存の金融システムと相性がよく近年世界中の多くの銀行と提携をしているため今後需要が大きく増えていくのではないかと予想されています!今回はそんなリップルを買える場所を紹介していくわけですが、その前にいくつか購入に必要な知識を見ておきましょう!リップル(XRP)とは?銀行でも導入される仮想通貨の将来性を解説!リップル(XRP)とは、オンライン送金・決済が可能なネットワーク、及びそこで使われる仮想通貨の名称です。決済の所要時間・手数料が少ないことから、リップルは将来的に銀行間のオンライン決済などに利用されることが予想され、期待を集めています!続きを読む 


参照:Successful Ripple Trial – Largest Saudi Arabian Bank Utilizing Crypto-Solution