「ビットコインのウォレットって何使えばいいか分からない...」 

そのようなお悩みを抱えてはいませんか?

最近巷を騒がせた流出事件もあって、ビットコインの保管には何だか不安がありますよね!

そんな悩める方のために、コインオタクがこの中から選べば間違いないと言える、ビットコインの保管に適したウォレットを厳選しました!

この記事ではウォレットとは何かどうして必要なのかおすすめウォレットまで一気に解説・紹介します。

これを読めば、ウォレットについて詳しく知られるだけなく、自分にあったウォレットを入手することができるはずです。

結局、ビットコインのおすすめウォレットはこの3つ!

  • DMM Bitcoinのウォレット:自分で管理ができない初心者向け
  • Trezor:絶対に資産を守りたいビットコインの大量保有者向け
  • Ginco:エアドロップなど別の機能も利用したい方向け

『超簡単に管理できるけど、セキュリティに不安が...』 と言われるウェブウォレットでも、【DMM Bitcoin】なら大丈夫!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは超大手企業のDMM.comが運営する仮想通貨取引所です。。

日本最大手のセキュリティは伊達じゃありません!

初心者の方は、取引は簡単にできて、セキュリティも最高峰のDMM Bitcoinを選べば間違いないでしょう。

\会社の信頼性No.1!/

初心者はDMM Bitcoinのウォレットを使おう!

 

ビットコインのウォレットとは

ウォレットというものについて、きちんと理解していますか?

ここでは、ウォレットという概念と、それが必要な理由、そしてウォレットにどんな種類があるのかを説明します!

ウォレットはビットコインを保管するための場所

ビットコインのウォレットは、簡単に言うと『ビットコインを保管するための場所』です。

ビットコインを含む全ての仮想通貨は、ブロックチェーンというデータ上で管理されています。「○○円分のビットコインの塊を、△△さんが持っている」という形で管理されます。これは、ビットコインアドレスという住所のようなものに紐づけられており、ウォレットはそれを生成・管理しています。

このアドレスにアクセスし、自分のアドレスにいくらあるかを確認したり、他の人に送金したりする際の手間を仲介してくれるのがウォレットです。

 

仮想通貨ウォレットの仕組み・メリット・注意点などをまとめた記事はこちら↓

コインチェックのハッキング騒動を受けて自分で仮想通貨を保管する人が増えています。その保管先である「ウォレット」の仕組みや種類、仮想通貨別のオススメにいたるまで徹底解説していきます!これさえ読めば今日からあなたもウォレットマスター!

 

ホットウォレットとコールドウォレットの違い

ウォレットには、オンラインで秘密鍵を管理するホットウォレットオフラインで管理するコールドウォレットの2種類があります。

仮想通貨を保管するときは、ハッキングのリスクがほとんどないコールドウォレットを利用しましょう

インターネットに繋がれたまま管理するホットウォレットだと、セキュリティが低く資産が盗まれる危険性が高まります。

取引所には、ホットウォレットを利用しているところとコールドウォレットを利用しているところの両方があります。

取引所が前者の場合には、自分でコールドウォレットを用意して通貨を保管するようにしましょう。

 コールドウォレットについて詳しくはこちら↓

コールドウォレットとは、オフラインで仮想通貨の管理をするのに必要な秘密鍵を保管しておくウォレットのことです。インターネット接続が無い分ハッキングのリスクをなくすことができます。この記事ではコールドウォレットの特徴・メリットを紹介します!

 

 

5種のウォレットから自分に合わせて選ぼう!

実は、ビットコインのウォレットには、大きく分けて以下の5種類があります!

5種類のウォレット

  • ウェブウォレット:様々な端末から一括操作可能で利便性No.1
  • ハードウェアウォレット:持ち運び簡単で安全に管理できる
  • モバイルウォレット:スマホやタブレットで簡単に操作できる
  • デスクトップウォレット:パソコンで操作できて多機能・高性能
  • ペーパーウォレット:一番安全に管理できてハッキングリスクは0

 

利便性・セキュリティ・使用する端末などが、大きく異なり、それぞれにメリット・デメリットがあります。以下、それぞれのウォレットの特徴と、各種類でコインオタクが厳選したウォレットを紹介します!

 

デスクトップ上で保管するデスクトップウォレット


ウォレット名 日本語 特徴
Electrum 対応 もっとも多機能かつ高性能で人気
Copay 対応 PCとスマホ両方で使える
Bitcoin core 対応 ビットコイン開発者には必須

デスクトップウォレットはパソコンで管理できるウォレットです。

デスクトップウォレットは、古くから存在するものが多く、既に開発が進んでいて多機能・高性能なのが売りです。

安心できるPC上でちょっとビットコインに触れてみたいと言う方や、開発を進めたいという方におすすめのウォレットです。

 

デスクトップウォレットについての詳しい記事はこちら↓

仮想通貨のウォレットのうち、最もスタンダードなデスクトップウォレット。取引所以外のウォレットを探している方や、デスクトップウォレットについて知りたい方のためにメリット・デメリット、オススメを紹介します

 

 

Electrum

Electrumは、古くから存在し、今尚多くのユーザに支持を得ているビットコイン用ウォレットです。

Window,Mac,Linuxなど、主要OS全てに対応しており、迷ったらElectrumを選んでおけば大丈夫です。

使用していない時にオフライン化しハッキングリスクを下げる「コールドストレージモード」や、複数の秘密鍵で管理するマルチシグネチャ」によって、セキュリティを高めることができます。

Electrumのダウンロードはコチラ

Electrumについて詳しくはこちら↓

初心者でもカンタンに使えるほどわかりやすいUI、Electrum。古くから存在する古参ウォレットで、多くのビットコインユーザーから信頼されています。今回はその特徴や評価をカンタンに解説していきたいと思います!

 

 

Copay

Copayは、デスクトップ版とモバイル版の両方が存在します。

スマホとPCどちらでも同じウォレットを利用することができるのが大きなメリットですね。

また、複数の端末で使えることと、マルチシグネチャ機能を組み合わせて、2段階認証の様な管理をすることもできます!

Copayのダウンロードはコチラ

Copayについての詳しい記事はこちら↓

ここではビットコインのウォレットであるbitpay/copayを紹介します!様々な端末に対応しており、決済サービスでもあるbitpay/copayについて登録方法や使い方までわかりやすく解説します!!

 

 

Bitcoin core

Bitcoin coreはビットコインエンジニアが作った公式の管理クライアントです。ビットコインネットワークと直接やり取りして、ビットコインを管理します。

堅牢性は極めて高いのですが、使用するためには、ブロックチェーンの全データを自分のパソコン内にダウンロードする必要があります。開発者向けの様なもので、操作性や機能性が高いとはいえず、初心者の方にはあまりおすすめしません。

ビットコインで開発をしようと思っている方には必須とも言えるウォレットです。

Bitcoin coreのダウンロードはコチラ

 Bitcoin Coreについて詳しくはこちら↓

ビットコインについて調べていたあなたは「Bitcoin Core」という言葉を目にしたのではないでしょうか。今回はビットコインの公式ウォレットであるBitcoin Coreの使い方、メリット・デメリットなどについて詳しく解説します!

 

 

ネット上で保管するウェブウォレット


ウォレット名 日本語 特徴
DMM Bitcoin 対応 セキュリティが高い
Blockchain.info 対応 ビットコイン送金の手数料が最安
Coinbase Wallet 非対応 Dappsゲームのトークンを一括管理できる

ウェブウォレットは、利用者はIDとパスワードだけを管理し、秘密鍵とアドレスをウェブサイト側が管理するウォレットです。

特に、多くの仮想通貨取引所がこのシステムを採用しており、取引所でビットコインを置いておけるのにはこういう背景があります。

最大のメリットとして、複数の端末から同じウォレットを操作することができます。

また、セキュリティのために自分で管理しなければいけないものはほとんどありません!

しかしながら、ハッキングや、不正操作によって秘密鍵を流失されてしまうと、簡単にビットコインを盗まれてしまうという危険性もあります。

 

ウェブウォレットについて考察した記事はコチラ↓

仮想通貨のウォレットにはいくつか種類があります。そのなかでも、サーバーで大勢のウォレットをまとめて管理するタイプのウォレット、ウェブウォレットについて紹介します!ウェブウォレットとは何か、どんなメリット・デメリットがあるのかをわかりやすくま

 

 

DMM Bitcoin

ウェブウォレットを選ぶ際、最も重要なのは、セキュリティの高さです。

この点でおすすめできるのは、【DMM Bitcoin】です。

超大手企業のDMM.comが運営している為、安全性・信頼性は非常に高いです。

高いセキュリティと手抜き管理を同時に可能にするDMM Bitcoinは、初心者にうってつけのウェブウォレットです!

\ 会社の信頼性No.1! /

DMM Bitcoin公式サイトでいますぐ入手!(無料)

DMM Bitcoinについて詳しくはこちら↓

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!
 

 

Blockchain.com

Blockchain.info

Blockchain.comは取引所以外のウェブウォレットの中だと唯一日本語対応しているウォレットです。

最安手数料でのビットコインの送受金ができたり三段階のセキュリティを設けていたりと、ユーザの利便性を高めるための機能が多く搭載されています。

取引所以外のウェブウォレットを探している方は、Blockchain.comを選んでおけば間違いありません。

 

Blockchain.comの登録はコチラ

Coinbase Wallet

Coinbase Walletは、アメリカの取引所Coinbaseが提供しているウォレットです。

ブロックチェーンゲーム(Dappsゲーム)のトークンに対応しているので、ゲームで獲得した通貨をこのウォレット1つで管理することができます

ただし、日本語には対応していないので注意しましょう。

Coinbase Walletの登録はこちら

Coinbaseについて詳しくはこちら↓

コインベース(Coinbase)はアメリカの大手仮想通貨取引所です。海外の仮想通貨取引所を使おうかと思ってるけど違いがよくわからないという方は必見!コインベースの特徴から登録のしかたや使い方までコインオタクがどこよりも詳しく解説します!

 

 

スマホ上で保管するモバイルウォレット

ウォレット名 日本語 特徴
Ginco 対応 日本発のウォレット
Breadwallet 対応 UIがわかりやすく、使いやすい
Copay 対応 モバイル・デスクトップの両方に対応

モバイルウォレットはスマホやタブレットなどいつも持ち歩いている携帯端末で管理できる、アプリタイプのウォレットです。

将来的に店でビットコイン支払いをする際などに、サッとQRコードを読み込めるモバイルウォレットはとても便利!

指紋認証や二段階認証と組み合わせて、セキュリティの高いものが多いです。

モバイルウォレットについての詳しい記事はこちら↓

モバイルウォレットは「出先でスマホから仮想通貨を管理したい!」というあなたの要望に応えてくれる、かゆいところに手が届くウォレットです。今回は、そんなモバイルウォレットの仕組みやオススメアプリを紹介します!

 

 

Ginco

Gincoはビットコインウォレットの中でも珍しく、日本の企業が作ったウォレットです。

抜群の使いやすさと、対応通貨の多さで、ぐんぐんユーザ数を伸ばしている、今大注目のウォレットです!

iOS版を最初にリリースし、今はAndroid版の開発を進めています。海外では、異なる通貨間の交換をGinco内で行えるDEX機能を搭載し、日本での対応も間に望まれます!

さらに、公式のサポートの下で、エアドロップを時々行なっています。Gincoに登録しておくだけで、無料で仮想通貨が獲得できるんです!

Ginco - 仮想通貨ウォレット

Ginco - 仮想通貨ウォレット

Ginco Inc.無料posted withアプリーチ

Gincoの登録はこちら

Gincoについて詳しくはこちら↓

Gincoというウォレットをご存知ですか?仮想通貨を取引所に置きっ放しにする危険性が指摘される最近、颯爽と現れた日本産ウォレットです。日本企業による日本人のためのウォレットの特徴・登録・使い方を易しく説明します!

 

 

Breadwallet

BreadwalletはiOS、Androidのどちらにも対応していますが、日本語に対応しているのはiOS版のみです。

UIが非常にわかりやすく、初心者でも簡単に使えます。ビットコインの他に、イーサリアム、ビットコインキャッシュも保管できます。

BRD - ビットコイン ウォレット

BRD - ビットコイン ウォレット

breadwallet LLC無料posted withアプリーチ

 

Breadwalletの登録はこちら

 Breadwalletについて詳しくはこちら↓

iPhoneユーザーに以前から人気のBreadwallet(現在はBreadに改名)。そのメリットや使い方を、ウォレットを初めて使う方にもわかりやすく解説します!この記事を読んでBreadwalletを使いましょう!

 

 

Copay

Copayは古参のウォレットで、「マルチシグネチャシステム」という複数の秘密鍵を一つのアドレスに結びつけることで安全性を向上させる仕組みを採用しています。

iOS、Androidでリリースされており、共に日本語対応しています。

Copay Bitcoin Wallet

Copay Bitcoin Wallet

BitPay, Inc.無料posted withアプリーチ

Copayの登録はこちら

 Copayについて詳しくはこちら↓

ここではビットコインのウォレットであるbitpay/copayを紹介します!様々な端末に対応しており、決済サービスでもあるbitpay/copayについて登録方法や使い方までわかりやすく解説します!!

 

 

実物に保管するハードウェアウォレット

ウォレット名 日本語 特徴
Trezor 対応 ハードウェアウォレットでは最も有名
Ledger Nano S 対応 リップルなど数多くの通貨に対応
CoolWallet 対応 カード型で持ち運びに便利

ハードウェアウォレットは、それ自体がハードウェアになっているウォレットです。USBのようだったり、カードだったり、色々な形があります。

ハードウェアウォレットは、その他のウォレット(多くは無料)と比べて、10000円以上と高額で、偽物の販売・ウイルスの混入などの危険性が高いです。

購入する際は、絶対に公式もしくは公式販売代理店から買いましょう!

 

ハードウェアウォレットについて、詳しく説明した記事はこちら↓

「仮想通貨を厳重に管理したい・・・」そんなあなたにピッタリの、安全性抜群なハードウェアウォレットを紹介します!さらに、人気機種を3つ紹介し、それぞれの機能やサービスを比較しました!あなたも手軽に、安全に仮想通貨を管理してみませんか?

 

 

Trezor

Trezor

Trezorは、ハードウェアウォレット界でもっとも有名なウォレットの一つです。

PCとUSBケーブルで接続して、公式ホームページからウォレットのページにいくことでウォレット操作をすることができます。

値段は13,800円と競合のLedge Nano Sと比べて少しだけ安く、保有可能通貨も必要十分なものは揃っています

具体的には、ビットコインだけでなく、Dash、Zcash、ライトコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、イーサリアムトークンの補完が可能です。ビットコイン以外にも手を出したい方にオススメです。

Trezorを購入する

 Trezorについての詳しい記事はこちら↓

Trezor(トレザー)はあなたの大事な仮想通貨を守ります。この記事では、Trezorについて機能や・メリット・デメリットをはじめ、コインオタクのトレーダーの分析・総合評価、購入方法から使い方まで徹底的に解説します。

 

 

Ledger nano S

Ledger Nano S

Ledger nano Sもまた、ハードウェアウォレットのなかでは上のTrezorと並んで有名です。

こちらは、Trezorと比べて取り扱い通貨がグッと多くなり、他のウォレットでは対応していない少しマイナーな通貨も安全に管理できます!

特に、リップルはLedger Nano Sにしか対応しておらず、リップルを保管したい場合は、Trezorを選んではいけません。

 

Zaifが日本の公式販売代理店をしており、下のページで買えます。

ZaifでLedger nano Sを購入する

Legder Nano Sについて詳しくはこちら↓

Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します

 

 

CoolWallet

Coolwallet

CoolWalletは、上の二つのウォレットとは知名度こそ劣りますが、デザインや機能性にこだわった台湾発のウォレットです。

ビットコインを含めた5通貨と、イーサリアムトークンに対応しています。

デザインと機能性に大きな特徴があり、「カード型なので財布に入れて携帯し、必要な時、Bluetoothでスマホ操作ができる」優れものです。

CoolWalletを購入する

紙に印刷して保管するペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、秘密鍵を紙に記入しておくだけの極めてシンプルなウォレットです。

ハードウェアウォレット同様、オフラインで管理できるため、ハッキング等のリスクは全くありません。

 

ペーパーウォレットについて詳しく知りたい方はこちら↓

デジタルな仮想通貨をアナログなペーパーウォレットで保管!?コールドウォレットの一種であるペーパーウォレットは他のウォレットに比べてハッキング被害のリスクが小さいです。ここではその特徴や作り方などを紹介します!

 

 

 bitaddress.orgという、ペーパーウォレット作成用のサイトを使った作り方は、以下の画像の様な手順です。

bitaddress

  1. bitaddressで画面に従ってアドレス・秘密鍵を生成する。
  2. 保管したいビットコインを、取引所や別のウォレットから、生成したアドレスに対して送金する。
  3. 秘密鍵の文字列もしくはQRコードを、紙か写真の形で厳重に保管する。

上の様に、たった3ステップで作成・保管ができてしまいます!

また、取り出したい場合は、秘密鍵を別のウォレットで読み込みます。

セキュリティと手軽さが大きなメリットですが、紛失・汚染などで秘密鍵を失ってしまうとどうすることもできなくなってしまう危険性もあります。

 

bitaddressでペーパーウォレットをつくるならコチラ

 

ビットコインのウォレットに関するQ&A

ここでは、ビットコインのウォレットについて、よくある質問にお答えします。

ウォレットとアドレスって何が違うの?

 

ウォレットは「ビットコインを保管する場所」と言った様に、明確な定義がありません。

それに対し、アドレスはビットコインの送受金をするための住所のようなものです。

ウォレットは、アドレスに加えて、秘密鍵・公開鍵・ユーザ名などをひっくるめて管理しています。

 

ビットコインのアドレスについて詳しく説明した記事はこちら↓

ビットコインアドレスとは、ビットコイン専用のアドレスのようなものです。ビットコインの取引をしていて、ウォレットを使っていて、バーコードや、長い英数字に見覚えありませんか?そんなビットコインアドレスの背後にある技術や生成の仕組みを解説します!

 

 ウォレット間の送金に手数料ってかかるの?

まず、ウォレット間の送金、というより、ウォレットを利用して、各アドレス間でビットコインを送受金しています。

その際にかかる手数料ですが、基本的にウォレットは手数料を取っていません

しかし、ブロックチェーンを管理するマイナーに対して払う手数料があり、それを多く払うほど、送金が速く済む仕組みになっています。

 

ビットコインの送金にかかる手数料について説明した記事はこちら↓

ビットコインの送金手数料は一時期6000円を超えるなどとても高騰しました。この記事ではビットコインの送金の仕組みから送金手数料高騰のわけを紐解き、また、手数料の安い取引所を比較し紹介します

 

日本語対応してるウォレットってないの?

今回紹介したウォレットの多くは、一応日本語に対応しています。

しかし、流暢な、読める日本語ではないものが多いです。

完全に日本語のGincoを除いては、基本的な前提知識がないと、初心者の方には操作しづらいと思います。

 

日本語完全対応!Gincoの利用はコチラ

ビットコインのアドレス生成の仕組みを教えて!

やり取りのたびに別のQRコードが発行されるのに、復元フレーズは一通りでいいことに疑問を抱かれた方もいるのではないでしょうか?

実はビットコインウォレットでのアドレスは、階層的決定という面白い仕組みで作られています。

端的にいうと、一つの種となる文字列を元に、全ての秘密鍵・アドレスを生成する仕組みです。

 

ビットコインのアドレス生成の秘密をわかりやすく説明した記事はこちら↓

HDウォレットという言葉を知っていますか?ほとんどの仮想通貨ウォレットで利用されているアドレス生成の仕組みです。ランダムウォレットとの違いをふまえ、HDウォレットの仕組みやメリットデメリットを解説します!

 

ビットコインのウォレット まとめ

ビットコインのウォレットまとめ

  • ウォレットは安全にビットコインを管理するツール
  • ビットコインのウォレットには大きく分けて5種類ある
  • 安全性・操作性・デザインなどから自分に合うのを選ぼう!

いかがでしたでしょうか?

今回はビットコインのウォレットについて種類や特徴をまとめてきました。

 ウォレットは、安全なビットコインの運用に必要不可欠です。

多くの種類がありますが、慎重に、自分に合うものを見つけて下さい!

\ おすすめ取引所No.1 /

DMM Bitcoinの登録はこちら