仮想通貨INS Ecosystem(アイエヌエスエコシステム・INS)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説

当サイトで申し込みの多い人気取引所はこちら!
取引所 特徴 公式HP
FX取引高世界一のGMOインターネットが運営する国内最大の販売所。手数料は基本すべて無料!初心者はまずココ!
国内で唯一リップルやビットコインキャッシュのFXができる取引所。
いまなら口座開設だけで1000円もらえるキャンペーン中!
国内では珍しくアルトコインを取引所形式で購入できる場所。
少しでも仮想通貨を安く購入したいトレーダーに人気!


現在のINS Ecosystem(INS)のレート



INS Ecosystem(INS)とは?概要・基本情報まとめ


概要


INS Ecosystemは、食料品メーカーと消費者を直接繋ぐ分散型オンラインプラットフォームです。


現状、食品業界は小売り業者が食品の売上において多くのシェアを占めていて、その割合は市場の9割ほどです。小売り業者を挟むことで、運送、販売、マーケティングなどのコストがかさむため、商品の価格は30%~50%上乗せされています。

また、消費者の選択を制限します。

例えば、近くのコンビニのお気に入りの商品がある日コンビニに売られなくなったので生産中止になったかと思ってネットで調べてみたらたくさん売っていたという経験はありませんか?このように消費者は自分の好きなものを買えず、小売業者が選んだものの中で欲しいものを買わなければいけません。

メーカー側としても、小売業者に取り扱ってもらわなければ自社の商品が売れないので、消費者に届くことのない、小売業者向けの無駄なプロモーションをしなければならず、その費用は売上の17%にも及びます。


INSではこのような問題を解決するために、ブロックチェーンとスマートコントラクトを使って、消費者とメーカーを直接つなぎます。

なので消費者は生産者から小売業者を挟まず直接食料品を買うことが出来るようになり、上記の問題を解決します。


INSトークンはメーカーと消費者を結びつけるロイヤリティプログラムを促進する手段になります。支払いに使用することが出来るようになります。

基本情報まとめ


通貨名(通貨単位):INS Ecosystem(INS)

公開日:2017年9月

発行上限枚数:50,000,000

備考:ERC20トークン

取扱取引所:BInance,Kucoin,Liqui

公式サイト:https://ins.world/

公式ツイッター:@INS_Ecosystem

ホワイトペーパー:https://ins.world/ja/INS-ICO-W…

ソースコード:https://github.com/ins-ecosyst…

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/0x5…

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index….

公式ブログ:https://blog.ins.world/?gi=5a6…

INS Ecosystem(INS)の特徴・メリット・デメリット

消費者へのメリット 

店頭よりも安い高品質な食料品

小売店でかかる運送、販売、マーケティングなどのコストがかからないため、安く購入することが出来るようになります。

食料品をオンラインで簡単かつ便利に購入 

スマホ一台からでも簡単に購入することが出来ます。また家までの配達も可能になります。

供給業者の選択肢は無制限 

小売業者を挟まないので、小売業者が取り扱っているものの中から選ぶのではなく、自分でメーカーから選ぶことが出来ます。

メーカーのメリット 

価格設定と価格表記を完全コントロール 

小売店でかかる運送、販売、マーケティングなどのコストがかからないため、メーカー本来の価格を設定し売ることが出来ます。

消費者に対する直接的なマーケティングやプロモーション

消費者に届かない、小売業者に対しての無駄なプロモーショにお金を使う必要がなく、マーケティングのコスト節約になります。

高速かつ詳細な顧客からのフィードバック

素早く詳細なフィードバックを直接顧客からもらうことが出来るので、顧客のニーズを把握することが出来ます。

なので、小売業者が選ぶ商品のラインナップではなく、顧客が選ぶ商品のラインナップを用意することが出来るようになります。



今後のロードマップ


2018 Q1 INSプラットフォームの開発

2018 Q2 INS 消費者およびフルフィルメント用アプリとインターフェイスの開発

2018 Q3 供給業者 SDK の開発

2018 Q4 立ち上げ

2019年以降 地理的拡大とエコシステムの育成


INS Ecosystem(INS)の最新チャート!相場からみる価格推移


取引開始は1月15日で1INS=$8.26で取引が開始されました。

公開直後は大きく価格が下がり、一度1月19日に価格が上がったものの、ずっと緩やかに下降しています。

最高値は公開直後の1INS=$8.26です。


【INS Ecosystem(INS)の買い方】取引所で購入する



Binance

Binanceは中国の取引所です。手数料が0.1%ととても安く、また取扱通貨数は70種類以上です。

Binance銘柄は最近価格が上っているものを多く含んでいるので、今Binanceに上場していてまだ価格が低いものや、今後上場する通貨には注目です。

また、取引所独自のコインBNBを発行していて、BNBで取引を行うと取引手数料が最大0.05%まで安くなります。

Binanceの登録はこちら! 

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

Kucoin

Kucoinは、第二のBinanceと言われるなど手数料などの機能面はほぼBinanceと同じです。

Kucoinも独自のコインKCSを発行していますが、KCSは持っているだけで配当がもらえるので簡単に言うとKucoinの株みたいなものです。


Kucoinの登録はこちら!

Kucoinは香港系の取引所でBinanceに続き、話題になっている仮想通貨取引所です。Kucoinの発行している仮想通貨を持つことで配当がもらえるなど、特殊な仕組みが導入されているKucoinの仕組みや使い方、登録方法を解説します!

 

【INS Ecosystem(INS)の保管方法】ウォレット


My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを保管するウォレットでは最も有名なデスクトップウォレットです。デスクトップウォレットはセキュリティが相当高く、秘密鍵も自分で管理するタイプなので、ハッキング被害やウイルスに感染したりしない限りは安全です。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Trezor

Trezorはハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットのセキュリティはペーパーウォレットと同じく最も高いです。

ですが、価格が高かったり、人気で買えなかったりと入手が難しいです。


Trezorの購入はこちらから!



INS Ecosystem(INS)の将来性


IDG社の試算によると、2015年には980億ドルだったオンライン食料品販売の市場規模は2020年には2900億ドルにまでなると予想されています。また、現状数百のメーカーがINS Ecosystemへの参加を検討していることからも需要はあると思います。

ですが、オンラインで食料品を販売するシステムは今もたくさん存在し、Amazonなどでも食料品は売っています。そのため、ブロックチェーンをわざわざ使う価値があるのかは疑問です。

また、INSは食料品を買うことに特化している仮想通貨ですが、食料品以外でも使える、決済用の仮想通貨で代用が出来る可能性が高いです。

なので、INSのトークン自体に価値がつくかはわかりません。


INS Ecosystem(INS)まとめ

INS Ecosystemは食料品メーカーと消費者を直接繋ぐ分散型オンラインプラットフォームです。

小売業社を挟まないことで消費者、メーカーどちらも様々な利益を享受します。

オンラインでの食料品販売は今後市場規模が大きくなっていくと思いますが、それにINSを用いなくても、決済用の仮想通貨(それこそビットコインとか)で代用出来る可能性が高く、INSの価値が上っていくかはわかりません。


1;95;0c