現在のWalton(WTC)のレート



Walton(WTC)とは?概要・基本情報まとめ


概要

ブロックチェーン技術とRFID技術を組み合わせた、IoT(Internet  of Things)に応用出来るプラットフォームです。

あらゆるもののデータを安全かつ透明性を持って共有できるビジネスモデルです。

Waltonの目的は、製造、流通、管理をスムーズに行うことが出来るような社会になることです。


基本情報まとめ


通貨名(通貨単位):Walton(WTC)

公開日:2016年11月30日

マイニングシステム:PoST(Proof of Stake & Trust)

ブロック生成速度:

発行上限枚数:100,000,000 WTC

備考:ERC20トークン

取扱取引所:Binance,Kucoin,HitBTC

公式サイト:https://www.waltonchain.org/

公式ツイッター:@Waltonchain

ホワイトペーパー:https://www.waltonchain.org/upload/1498826072890.pdf

ソースコード:ー

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/0xb7cb1c96db6b22b0d3d9536e0108d062bd488f74

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2127069.0

Walton(WTC)の特徴・メリット・デメリット

RFID技術とは

Waltonの名前の由来はCharlie Walton(チャーリー・ワルトン)という人物です。

Charlie Walton(チャーリー・ワルトン)という人物はRFID技術を発明した人で、RFID技術を始め、50以上もの特許を取得しています。

ワルトン氏は2011年11月30日に亡くなっていますが、ワルトン氏に敬意を示し、その丁度5年後の2016年11月30日にWTCのプロジェクトが発足しました。

RFID技術とは、ID情報を埋めたRFタグから電磁界や電波を使用した近距離の通信で情報をやりとりする技術です。

RFIDタグを読取機にかざすことで情報の表示・登録・更新が出来るようになります。

身近な例で言うと、Suicaなどが挙げられます。

このデータをクラウドで管理する、つまりブロックチェーンと組み合わせることでIoTへの応用が期待されています。


Walton Chain

ブロックチェーンとRFID技術の統合した、独自のブロックチェーンです。

このWalton Chainは完全なデータの共有、絶対的な情報の透明性を備えた、信頼できる追跡可能なシステムです。


メリットとしては、以下です。

・高いセキュリティ

・追跡することが出来る

・偽造防止出来る

・トラストレスで分散化されている

・労働コストを削減

これによりビジネスで必要な情報をブロックチェーンで共有するチェーンシステムを作ります。

全てのデータはブロックチェーンのもと安全に共有されます。



幾つかの親チェーンと、子チェーンでできています。

例えば、アパレル業界に関しては、生産、倉庫管理、物流、店舗と言った親チェーンがあり、これらのそれぞれの下に様々な子チェーンが存在します。

例えば物流という親チェーンの下には、発注確認、輸送、発送確認の子チェーンが存在します。



トークンの使用法


1.関連する商品を購入するための通貨として使用できます。
2.IoTの信用のための測定の単位として使用することができます。
3.IoTの仕事量または質のための測定の単位として使用することができます。
4.価値の保管または価値移転の方法として使用することができます。

今後のロードマップ

Walton Chainでは、今後の4段階のロードマップが考えられています。

フェーズ1

RFIDに基づく衣服システム統合スキームを開発しました。このシステムはTries、SMEN、Kaltendinに実装されています。

独自のRFIDビーコンチップの研究開発を開始します。IoTとブロックチェーンの完全な組み合わせを達成します。

アプリケーションを広げていくためのテンプレートを作成します。

フェーズ2

RFIDビーコンチップが量産され、衣料品のカスタマー向けの小売および物流に使用されます。

安全で信頼できるP2Pの物流情報チャネルを構築し、ビジネス自動化管理情報プラットフォームを提供します。

注文の遅れや間違った注文をなくします。

フェーズ3

RFIDにより商品の情報を確認することで、正しさと信頼性を保証することができます。

材料源と生産品質を検証し、品質問題の原因を追跡することができます。また、偽物を排除することが出来ます。

フェーズ4

資産情報収集ハードウェアのアップグレードと反復、およびブロックチェーンのデータ構造の改善により、将来すべての資産をWaltonchainに登録することが出来ます。

WaltonChainは広く使われ、世界の生産体制と人々の生活を変えます。

Walton(WTC)の最新チャート!相場からみる価格推移

公開日は、2017年8月28日で、1WTC=$1.06で取引が開始されました。少しずつ価格が上がり、12月のはじめまでは価格は1WTC=$4~7でした。

12月の初頭から価格が上がり始め、1月28日には最高値1WTC=$43.89を記録しました。

現在はその反動で価格が下がり、1WTC=$21.27です。

(2018年2月5日現在)


【Walton(WTC)の買い方】取引所で購入する


Binance

Binanceは中国の取引所です。手数料が0.1%ととても安くなっています。

取扱通貨数は70種類以上で、Binanceに上場されている通貨には、最近価格が上っているものを多く含んでいるので注目です。

また、独自のコインBNBを発行していて、BNBで取引を行うと取引手数料が最大0.05%まで低くなります。

Binanceの登録はこちら! 

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

Kucoin

Kucoinは、第二のBinanceと言われるなど手数料などの機能面はほぼBinanceと同じです。

Kucoinも独自のコインを発行していますがそのコインを持っているだけで毎日配当がもらえるので簡単に言うとKucoinの株みたいなものです。


Kucoinの登録はこちら!

Kucoinは香港系の取引所でBinanceに続き、話題になっている仮想通貨取引所です。Kucoinの発行している仮想通貨を持つことで配当がもらえるなど、特殊な仕組みが導入されているKucoinの仕組みや使い方、登録方法を解説します!

 

【Walton(WTC)の保管方法】ウォレット


My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを保管する人ならみんな使っているのではないかと言うほど有名なウォレットです。デスクトップウォレットで、セキュリティは相当高いほうです。秘密鍵も自分で管理するタイプです。なので、ハッキング被害やウイルスに感染したりしない限りは安全です。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Trezor

Trezorはハードウェアウォレットです。セキュリティはペーパーウォレットと同じく最も高いです。デメリットとしては価格が高いことと、みんなが欲しがるのであまり買えないということです。


Trezorの購入はこちらから!


Walton(WTC)の将来性




Waltonの目的は、製造、流通、管理をスムーズに行うことが出来るような社会になることです。

これは販売・小売業全てに応用できるので、計画が順調に進めばユーザーも増えると思います。

また、IoT関連の仮想通貨であるIOTAが高騰したことからもわかるようにIoTと仮想通貨のつながりが注目を浴びています。

懸念点としては、競合が多く、IOTA、VeChain、Wabiなどが存在していますが、Waltonが採用しているRFIDシステムは、既に製造業などにおいて、生産、物流、倉庫、チェーン店などの間の情報伝達として長年使われているという優位性があります。

そのため、開発が順調に進めばかなり期待出来るのではないでしょうか。


Walton(WTC)まとめ

Waltonはブロックチェーン技術とRFID技術を組み合わせた、IoT(Internet  of Things)へ応用出来るプラットフォームです。

3つのポイントをまとめると、

・あらゆるもののデータを安全かつ透明性を持って共有できる追跡可能なシステム

・トークンを使用して価値の移転や保管が出来る

・将来にはかなり期待できる