現在の0x(ZRX)のレート


0x(ZRX)とは?概要・基本情報まとめ


概要

0xは簡単に言うと分散型取引所(DEX)のプロジェクトです。管理者のいない非中央集権型の取引所を形成します。DEXは送金スピードも早く、取引手数料もかかりません。

イーサリアムのブロックチェーン上で発行されているトークン同士を手数料がほぼ無料で交換するための仮想通貨です。

これにより、提携しているDapp間で流動性が生まれます。

今まではマイナーなDAppを利用する際にそのマイナーなDapp専用の仮想通貨を使わなければいけませんでした。しかし、0xを使うことで、ETHでマイナーなDappの使用料を支払うことが出来るようになります。

すでに0xプロトコルを利用しているプロジェクトは多数あります。

目次分散型取引所(DEX)とは分散型取引所のメリット分散型取引所のデメリット分散型取引所を利用したプラットフォーム3選まとめ   分散型取引所(DEX)とは 分散型取引所(DEX)とは、中央管理者を介さず、個人間で直接仮想通貨のやりとりができる取引所のことです。ちなみに、DEXはDecentralized EXchangeの略です。最近注目され始めている次世代型の取引所ですが、その仕組みを説明するために現在主流になっている中央集権取引所との違いに注目しながら見ていきたいと思います!! 中央集権型取引所の仕組み BittrexやPoloniex,Coincheckなどに代表される現在主流の中央集権型取引所では、それぞれの取引所を運営する中央管理者が存在します。多くのユーザーは取引所に連携しているウォレットを利用したり、アカウント発行を取引所内で行ったりするため、その取引所に対して秘密鍵や個人の仮想通貨の資産を預けている形になっています。つまり、ユーザーは取引所という場所をお金や個人の情報預けても大丈夫だと信用しています。しかし、MtGox事件などに見られるように、中央集権型取引所は人の手で運営されているため、内部不正や外部からのハッキングなど様々な危険を孕んでおり決して安全だと言えなくなっています。絶対公平による安全性の高さが評価されているブロックチェーン技術を利用した仮想通貨が、実は安全ではなかったなんて矛盾してますよね(笑) マウントゴックス(MtGox)で資産ゼロ? リスクを知らないのは超危険!世界最大のビットコイン交換所が破綻したマウントゴックス事件。流行にのって適当に取引を始めると大変なことになるかもしれません。自分の資産を守るために知っておく、マウントゴックス事件の概要とその後について解説します!続きを読む  1月26日にはなんとあのコインチェックで、580億円相当のNEMが盗まれるという、大規模なハッキング事件がありました。国内の取引所で、ある程度信頼度も得ていたコインチェックでもハッキングが起こってしまったので、やはり中央集権型の取引所に全信頼をおいてしまうのは危険なように感じます。 分散型取引所の仕組み

 

基本情報まとめ


通貨名(通貨単位):0x(ZRX)

公開日:2017年8月11日

発行上限枚数:1,000,000,000 ZRX

備考:ERC20トークン

取扱取引所:Binance,Poloniex,Houbi,Bitfinex

公式サイト:https://0xproject.com/

公式ツイッター:@0xProject

ホワイトペーパー:https://0xproject.com/pdfs/0x_white_paper.pdf

ソースコード:https://github.com/0xProject

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/ZRX

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index....

公式ブログ:https://blog.0xproject.com/lat...

公式フォーラム:https://forum.0xproject.com/

0x(ZRX)の特徴・メリット・デメリット



オフチェーンオーダーリレー オンチェーン決済

0xプロトコルでは、注文はオフチェーンで行うため、手数料を大幅に削減し、ブロックチェーンの負担が少なくなり、スケーラビリティ問題がおこりません。中継者は、取引の中継を行うごとに手数料をもらえます。誰でも中継者になることが出来ます。


トラストレスな交換

Ethereumの分散型ネットワーク上に構築されているため、取引失敗やサーバーダウンなどが起こらず、取引においてカウンターパーティーリスクがありません

共有流動性

標準的なAPIを共有することにより、中継者は容易に流動性プールを集約し、より多くの中継者がオンラインになるように流動性を中心にネットワーク効果を生み出すことができます。

オープンソース

0xはオープンソースで無許可で自由に使用できます。

無料で知られているカウンターパーティと直接取引するか、また中継者ににいくつかのZRXトークンを支払って、流動性プールにアクセスします。



DAppのビルディングブロック

0xプロトコルは交換機能を必要とするDAppのためのプラッガブルなビルディングブロックです。

すでにWebアプリケーションやスマートコントラクトで0xを使用している多くの開発者が存在します。


分散化されたガバナンス

分散化された機構は、所有権を明確にし、ガバナンスロジックを導くためにトークンを使用します。

0xは、分権化された組織がシームレスかつ安全にスタートアップ資本の所有権を交換できるようにします。

予測市場

分散型の予測市場プラットフォームは、現実世界の出来事の成果に財政的に関わるトークンを生成します。

0xは、これらのトークンをすぐにトレード可能にします。

安定したトークン 

安定したトークンのような新たな金融商品は、成功するために、効率的で流動的な市場が必要です。

0xは、これらのトークンが安定したままでいることを可能にする基本的な経済メカニズムを推進します。

分散ローン

効率的な融資には、投資家が融資をして買った株や仮想通貨などを売ることが出来る流動的な市場が必要です。

0xはすべての融資残高の市場価格を効率的に決定することを可能にします。

ファンドマネジメント

分散型ファンドマネジメントは、ファンドマネージャーが合意する前にアセットに投資することを制限します。

ファンド管理のスマートコントラクトに0xを導入することで、上記の制約を実現出来ます。


0x(ZRX)の最新チャート!相場からみる価格推移

取引開始は10月17日で1ZRX=$0.2208でした。そこから12月中旬までは価格が停滞し、1ZRX=$0.2〜0.3でした。そこから価格が高騰し、1月13日には1ZRX=$2.5を記録しました。ですがそこから価格は暴落し、現在は1ZRX=$1.05です。

(2018年2月5日現在)


【0x(ZRX)の買い方】取引所で購入する

Binance

Binanceは中国の取引所です。手数料が0.1%ととても安くなっています。

取扱通貨数は70種類以上で、最近価格が上っているものを多く含んでいます。なのでBinanceに上場されている通貨やこれから上場する通貨には注目です。

また、取引所独自のコインBNBを発行していて、BNBで取引を行うと取引手数料が最大0.05%まで安くなります。Binanceの登録はこちら! 

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

Poloniex

Poloniexは世界で最大の取引所の一つです。手数料が0.25%で少し高めですが、取扱通貨数が多く、セキュリティもしっかりしています。


Poloniexの登録はこちら!

 

ポロニエックス(Poloniex)とは   上級者はポロニエックスを使っている ポロニエックスは、アメリカに拠点がある2014年に開設された世界最大級の仮想通貨取引所です。アメリカの取引所のため、日本人にとっては少し敷居が高いと思われるかもしれません。しかしメジャーなアルトコインを一通り扱っている種類の豊富さと、洗練されたチャートの使い勝手が良いことなどから、日本でも仮想通貨取引の上級者に好んで使われている取引所の1つです。 ポロ二エックスの概要 運営会社Poloniex, Inc.所在地1013 Centre Road Suite 403-B Wilmington, Delaware, USACEOTristan D'Agosta設立2014年1月WEBサイトhttps://[email protected] ポロニエックスで取引を始めよう!! 【ポロニエックスの特徴1】70種!仮想通貨の種類が多い ポロニエックスでは70種の仮想通貨を取り扱っています。どの仮想通貨を取り扱うのかはPoloniexが独自の基準で決めていますが、2017年9月には3つのアルトコインが追加されるなど、今後もさらに種類が増えていくことが予想されます。 ポロニエックスで取り扱っている有名仮想通貨(2017/10/17現在) BTC / Bitcoin LTC / Litecoin REP / Augur VTC / Vertcoin ETH / Ethereum NXT / NXT DGB / DigiByte DOGE / Dogecoin XMR / Monero ZEC / Zcash BTS / BitShares ETC / Ethereum Classic STR / Stellar BCH / Bitcoin Cash XEM / NEM CLAM / CLAMS XRP / Ripple DASH / Dash SC / Siacoin STRAT / Stratis 【ポロニエックスの特徴2】手数料が安い ポロニエックスの取引手数料は、Makerの場合0.15%、Takerの場合0

  

【0x(ZRX)の保管方法】ウォレット


My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを保管する人ならみんな使っているといって過言でないほど有名なウォレットです。デスクトップウォレットで、セキュリティは相当高いです。秘密鍵も自分で管理するタイプです。なので、ハッキング被害やウイルスに感染したりしない限りは安全です。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Trezor

Trezorはハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットのセキュリティはペーパーウォレットと同じく最も高いです。

デメリットとしては価格が高いことと、人気であまり買えないことです。


Trezorの購入はこちらから!


0x(ZRX)の将来性

まず、分散型取引所というのは今後コインチェックのような中央集権的な取引所に被害があるたびに、需要が出て来ると思います。

また、イーサリアムは今後も仮想通貨全体のプラットフォーム的な存在になると思っていて、イーサリアムのスマートコントラクトを利用したDappは今後も増えていくと思います。

そしてそれらの仮想通貨をお互いに簡単にやり取りする必要があるため、0xはイーサリアムのスマートコントラクトを利用したDappが増えれば増えるほど需要が出る通貨です。

なので今後仮想通貨の流行に合わせて、0xの需要も上っていくと思います。


0x(ZRX)まとめ

0xは、イーサリアムのブロックチェーン上で発行されているトークン同士を手数料がほぼ無料で交換するための仮想通貨です。

オフチェーンで取引を行うため、ブロックチェーンを圧迫することなく、スケーラビリティの問題のソリューションにもなります。

既に0xを利用している仮想通貨が数多く存在していることや、今後もイーサリアムのスマートコントラクトで作られたDAppが増えていくという予想を元に考えると、0xの需要は増えていくと思います。