現在のSTRAKS(STAK)のレート


STRAKS(STAK)とは?概要・基本情報まとめ


概要

Signatum(SIGT)というコミュニティ手動の主導の通貨が開発されていましたが、開発チームの情報操作による相場操作が判明し、開発チームが逃亡しました。そのコミュニティメンバーがリブランドして立ち上げた通貨がSTRAKSです。

電子商取引、つまりネット上での決済で使われることを目的とした通貨です。

たくさんの新技術を採用しているということで話題になっています。


基本情報まとめ


通貨名(通貨単位):STRAKS(STAK)

公開日:2017年12月17日

マイニングシステム:PoW

発行上限枚数:1億5000万枚

取扱取引所:CryptoBridge、Stocks.Exchange

公式サイト:https://www.straks.io/

公式ツイッター:@STRAKSproject

公式ニュースサイト:https://straks.news/

ソースコード:https://github.com/straks/stra...

blockchain explorer:https://straks.info/

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index....

STRAKS(STAK)の特徴・メリット・デメリット



新技術を多数導入

セグウィット4xに対応している

→セグウィットを導入し、更にブロックサイズを4倍にしたものです。

ライトニングネットワーク互換性あり

→手数料(マイナーフィー)が減り、送金スピードも上がります。また、マイクロペイメントが可能になります。

アトミックスワップ互換性あり

取引所などのサードパーティを介すことなく、個人間で種類が違う通貨を交換出来ます。

i2p(インビジブルインターネットプロジェクト)実装中

→取引が匿名化されます。

ゼロコインプロトコル実装中

→ゼロ知識証明を使って送金先、送金元、送金額をわからないようにします。

マスターノードを採用

→ブロックチェーンのフォークが起こりづらくなり、取引の承認も高速化されます。

ハッシュアルゴリズムがLyra2rev2

→ビットコインとは異なるアルゴリズムを採用しているので、ASIC耐性があり、マイニングが中央集権的になりません。


ロードマップ

詳しくは、こちらに書いてあるのですが、今後のロードマップは以下のようになっています。



2018Q1 – STRAKSのネットワーク全体の統計情報を管理出来るダッシュボードの作成

2018Q2 – STRAKSを基軸通貨としたユーザーが商品やサービスを交換出来るマーケットの作成

2018Q3 – eコマースの可用性を高め、STRAKSの利用率を高めます。

2018Q4 – ゼロコインプロトコルにより匿名化機能を実装します。


STRAKS(STAK)の最新チャート!相場からみる価格推移

公開日は1月2日で、1STAK=$2.04で取引が開始されました。そこから徐々に高騰し、1月8日には最高値で、1STAK=$38.43でした。

直後は反動で暴落し、その後は徐々に下降していきました。

現在は1STAK=$3.49ほどです。

【STRAKS(STAK)の買い方】取引所で購入する


CryptoBridge

CryptoBridgeは普通の取引所とは違い、分散型取引所です。

分散型取引所は取引所を信頼することなく、個人間で取引ができます。

 

目次分散型取引所(DEX)とは分散型取引所のメリット分散型取引所のデメリット分散型取引所を利用したプラットフォーム3選まとめ   分散型取引所(DEX)とは 分散型取引所(DEX)とは、中央管理者を介さず、個人間で直接仮想通貨のやりとりができる取引所のことです。ちなみに、DEXはDecentralized EXchangeの略です。最近注目され始めている次世代型の取引所ですが、その仕組みを説明するために現在主流になっている中央集権取引所との違いに注目しながら見ていきたいと思います!! 中央集権型取引所の仕組み BittrexやPoloniex,Coincheckなどに代表される現在主流の中央集権型取引所では、それぞれの取引所を運営する中央管理者が存在します。多くのユーザーは取引所に連携しているウォレットを利用したり、アカウント発行を取引所内で行ったりするため、その取引所に対して秘密鍵や個人の仮想通貨の資産を預けている形になっています。つまり、ユーザーは取引所という場所をお金や個人の情報預けても大丈夫だと信用しています。しかし、MtGox事件などに見られるように、中央集権型取引所は人の手で運営されているため、内部不正や外部からのハッキングなど様々な危険を孕んでおり決して安全だと言えなくなっています。絶対公平による安全性の高さが評価されているブロックチェーン技術を利用した仮想通貨が、実は安全ではなかったなんて矛盾してますよね(笑) マウントゴックス(MtGox)で資産ゼロ? リスクを知らないのは超危険!世界最大のビットコイン交換所が破綻したマウントゴックス事件。流行にのって適当に取引を始めると大変なことになるかもしれません。自分の資産を守るために知っておく、マウントゴックス事件の概要とその後について解説します!続きを読む  1月26日にはなんとあのコインチェックで、580億円相当のNEMが盗まれるという、大規模なハッキング事件がありました。国内の取引所で、ある程度信頼度も得ていたコインチェックでもハッキングが起こってしまったので、やはり中央集権型の取引所に全信頼をおいてしまうのは危険なように感じます。 分散型取引所の仕組み

 

CryptoBridgeの登録はこちらから!


Stocks.Exchange

Stocks.Exchangeは、誰も知らないような草コインが数多く上場している取引所です。

二段階認証も存在しセキュリティは低くはないです。


Stocks.Exchangeの登録はこちらから


【STRAKS(STAK)の保管方法】ウォレット

公式ウォレット

公式で出しているウォレットです。

こちらからダウンロード出来ます。


取引所のウォレット

公式で出しているウォレット以外で保管出来るとことがないので、取引所のウォレットで保管するしかありません。

しかし、STRAKSはそもそも取引所も大手の取引所で扱われているわけではないので、倒産リスクなどもあり、あまりおすすめできません。


STRAKS(STAK)の将来性



STRAKSは匿名性も高く、今話題になっている技術を大体取り入れているので、今後価値が上っていく可能性が高いです。

アトミックスワップを採用している通貨は基軸通貨としての有用性も高いので、もしかしたらビットコインに変わる存在になるかもしれません。

懸念点としては、様々な技術を採用して、本当に開発がうまくいくのか、や脆弱性が見つかるのではないか、ということです。

STRAKSの開発状況に注目していきましょう。


STRAKS(STAK)まとめ

STRAKSは様々な新技術を採用し、決済に使われることを目的にした通貨です。特徴をまとめると、

・匿名性が高い

・ASIC耐性がある

・P2Pで異なる種類の通貨を交換出来る

・送金が高速で手数料も安い

です。今後の開発状況には注目しておきましょう。