仮想通貨Bread(ブレッド・BRD)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説


現在のBread(BRD)のレート



Bread(BRD)とは?概要・基本情報まとめ


概要

Breadは、モバイルウォレット「Bread Wallet」の開発チームによって開発されたトークンです。

BreadはUberが車両を持たない最大の輸送会社であるように、ユーザーの資産を一切持たない世界最大の分散型金融機関になろうとしています。

Breadでは、様々な仮想通貨を一つのウォレットで管理します。その上、世界各地に既に存在するサービスと連携し、今まで銀行のようなサードパーティが行っているサービスを全て、ユーザーがモバイル端末一つで出来るようになることを目指しています。

Breadが分散型という理由は、ユーザーの資産が仮想通貨のブロックチェーンに直接つながっているからで、もしBreadが破産したり、サーバーがハッキングされてもユーザーの資産は安全に守られ、自分のデバイスの中に保護されます


基本情報まとめ


通貨名(通貨単位):Bread(BRD)

公開日:2017年12月24日

発行上限枚数:160,000,000

備考:ERC20トークン

取扱取引所:Binance

公式サイト:https://token.breadapp.com/jp/

公式ツイッター:https://twitter.com/breadapp

ホワイトペーパー:https://d2n2g5n187q8lu.cloudfr…

ソースコード:https://github.com/breadwallet

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/0x5…


Bread(BRD)の特徴・メリット・デメリット


新たな銀行のあり方を創出

BRDトークンによって、分散型金融期間としての機能を備えることが出来ます。

今まで銀行などのサードパーティを通じて行っていることをユーザーが自分の端末から実行できます。

受取・・・給与を直接口座に振り込んだり、支払いの受取が出来ます。

支払い・・・デビットカードの機能も備えることが出来ます。

貯金・・・無期限に保管出来ます。

送金・・・24時間いつでもすぐに仮想通貨を送金出来ます。

銀行機能・・・レンディングサービスや仮想通貨のエスクロー取引も行えます。

取引・・・仮想通貨の取引をウォレット内で行うことが出来ます。

投資・・・仮想通貨の売買をして資産を有効的に使うことが出来ます。


既に実績を出しているサービス

Bread walletは既に世界約120カ国でリリースされていて、約2,000億円相当の資産がBread内に存在しているウォレットです。

今、最速で成長しているビットコインウォレットです。

既にサービスが提供されていてそれが人気なので運営に対する信頼感があります。


Breadトークン(BRD)の使い道

様々なプロモーションやプレゼント企画でBreadトークンを獲得する事ができます。

また、Breadトークンを持っていると以下のような特徴があります。

優待価格 

仮想通貨の売買などのBreadのアプリで提供されるサードパーティーのサービスを利用するには手数料がかかりますが、BRDで支払うとその手数料が割引されます。


無料利用権

トークンのポートフォリオ管理など通常手数料が発生する機能について、BRDを一定以上保有している人は無料で利用出来ます。


保有者限定サービス

Breadウォレット内に一定以上トークンをもっているユーザーは新機能などを速く利用出来たり、開発ロードマップで次に知れる機能を知れたり、大量にトークンを持っているユーザーのみが参加するネットワークイベントがあります。


今後のロードマップ

今後4期の四半期に渡ってのロードマップは以下です。

  1. イーサリアム・・・イーサリアム、およびERC20トークンの送信・受信・保管が出来るようになる。
  2. ポートフォリオ管理・・・既存の金融機関おける資産管理プラットフォームでポートフォリオ管理が出来ます。
  3. 売買に関する追加機能・・・既存の仮想通貨交換所と提携し、仮想通貨売買が出来るようになります。
  4. 分散型の資産取引・・・お互いを信頼出来なくても取引が出来ます。
  5. その他金融サービス・・・、仮想通貨を直接ユーザーのウォレットに送る給与の直接振込みや、個人間の融資、自動引き落とし、定期預金などを分散型で提供します。
  6. 決済のオープンプラットフォームの開設・・・ユーザーは個人情報を何度も入力することなく、安全に店に提供できます。


Bread(BRD)の最新チャート!相場からみる価格推移


公開直後は価格が上がり1月12日には最高値1BRD=$2.78を記録しました

その後価格は下がっていき、今は1BRD=$0.9217です。(2018年2月2日現在)


【Bread(BRD)の買い方】取引所で購入する



Binance

Binanceは中国の取引所で、手数料が0.1%ととても安くなっています。

取扱通貨数は70種類以上で、最近価格が上っているものを多く含んでいます。Binanceに上場されている通貨やこれから上場する通貨は注目です。

また、取引所独自のコインBNBを発行していて、BNBで取引をすると取引手数料が最大0.05%まで安くなります。

Binanceの登録はこちら! 

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 


【Bread(BRD)の保管方法】ウォレット


My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを保管する人はみんな使っていると言えるほど有名なデスクトップウォレットです。

セキュリティはハードウェアウォレットやペーパーウォレットよりは低いですが、相当高いほうでハッキングにあったりウイルス感染しない限りは安全です。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Trezor

Trezorはハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットのセキュリティはペーパーウォレットと同じく最も高いので、多くの仮想通貨を保管している人はマストアイテムです。デメリットとしては価格が高いことと、みんなが欲しがるのであまり買えないということです。


Trezorの購入はこちらから!


Bread(BRD)の将来性

Breadが目指している分散型金融機関は、もし開発が成功すれば本当に仮想通貨を持っている人みんなBread walletを持っているような状態になると思います。

ですが、やりたいことが壮大過ぎて本当に開発が成功するかはわかりません。

2018年中にはかなり開発が進むようなので、開発状況を見てBreadの将来性を見極めましょう。


Bread(BRD)まとめ

Breadはユーザーの資産を一切持たない世界最大の分散型金融機関になろうとしています。

まとめると、

・ユーザーがモバイル端末一つで既存の金融サービス全部出来る

・既にウォレットのユーザーがかなり多く、実績がある

・今後の将来性は開発次第

というような仮想通貨です。




CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!