仮想通貨DigixDAO(デジックスダオ・DGD)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説​


DigixDAO(DGD)とは?概要・基本情報まとめ


概要

Digix DAO(デジックスダオ)は、イーサリアムのブロックチェーンを使って金(ゴールド)をトークン化するプロジェクトです。

金の所有権の証明にスマートコントラクトとPoAという仕組みを使っています。

金の所有権の証明の情報はブロックチェーン上に書き込まれるので、透明度が高く誰でも閲覧でき、価値の証明が可能になっています。

シンガポールに存在するDigix DAOによって現物の金は管理されていて、シンガポールで金の現物とデジタルアセットを交換できます。


基本情報まとめ

通貨名(通貨単位):Digix DAO(DGD)

公開日:2016年3月29日

備考:ERC20トークン

システム:Proof of Asset

発行上限枚数:2,000,000 DGD

取扱取引所:Binance,Houbi,HitBTC

公式サイト:https://digix.global/

公式ツイッター:@DigixGlobal

ホワイトペーパー:https://www.dgx.io/whitepaper.pdf

ソースコード:https://z.cash/technology/index.html

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/dgd

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1417151.0

公式ブログ:https://medium.com/@digix


DigixDAO(DGD)の特徴・メリット・デメリット




Proof of Assetを採用



現物の金をトークン化するために、以下の情報をデジタル化し、ブロックチェーンに書き込みます。このプロセスをPoA verificationと呼びます。

・登録日時

・金の重さ

・品質保証者

・保有者

・外部監査人

そしてこの情報をPoA Asset CardというEthereumブロックチェーン上のトークンにして埋め込みます。簡単に言うと金とその証明書をまとめて、トークン化した、という感じです。しかし、これでは分割や支払いには向かないので、分割可能な別のトークンのDigix Tokens(DGX)というものが存在します。

1DGXは1グラムの金の価値を表し、PoA Asset CardからDGXは生み出されます。例えば、金100gに対して100DGXを作れます。

これをスマートコントラクトで自動で行うことで、価値のトレード、変換を自動的に信頼不要な形で可能にします。

PoA Asset CardをDGXに変えるスマートコントラクトをMinster smart contract、その逆をRecaster smart contractといいます。

この仕組みによって、透明性が高くDigixを信頼することなく、ブロックチェーンの情報を元に金の所有権を判断することが出来ます


DGDについて

DGDは、クラウドセールで売りに出されたDigix DAOのトークンです。DGDの保有者には四半期に一回、配当という形でトレードや金との交換時に出る手数料などの分の収益の一部が配られます。また、プロジェクトの方向性を決める投票の権利も与えられるので、簡単に言うと、Digix DAOの株のような働きをします


DigixDAO(DGD)の最新チャート!相場からみる価格推移

2016年4月18日に取引が開始されました。当時の価格は1DGD=$31.61でした。その後、価格は落ち、2017年5月ほどまでは1DGD=$10ほどで停滞していましたが、そこから高騰し、6月11日には、1DGD=$101.74を記録しました。その反動で価格は落ち、しばらく価格はおおきな暴落も大きな暴騰もなく、1DGD=$70~$90を停滞していました。その後、大きく価格が上ったのは12月始めあたりからで、現在2月2日は最高値で1DGD=$382.4です。この高騰は、ビットコインの価格が暴落したことと、TetherのUSDTに対する不信感などから金に価値を逃がそうと考えた人が多く、仮想通貨から金に変えるプロセスが大変なので、一旦Digix DAOにしようという人が多かったためだと思います。

(2018年2月2日現在)


【DigixDAO(DGD)の買い方】取引所で購入する


Binance

Binanceは中国の取引所です。手数料が0.1%ととても安くなっています。

取扱通貨数は70種類以上です。Binanceに上場されている通貨には、最近価格が上っているものを多く含んでいるので、Binanceに上場している通貨やこれから上場する情報には注目しておきましょう。

また、取引所独自のコインBNBを発行していて、BNBで取引をすると取引手数料が最大0.05%まで安くなります。

Binanceの登録はこちら! 

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

HitBTC

HitBTCは手数料が0.1%で、取扱通貨に関してもICO直後のものを多く扱ってるので、草コインに投資して一攫千金を狙っている人にはおすすめです。

問題点としては、運営会社がイギリスで登録されているもののその実態が全くわからないことです。このような運営情報がわからないというのはかなり問題で、持ち逃げやセキュリティに問題があった時など、自分の資産を失ってしまうので気をつけて取引しましょう。


HitBTCの登録はこちら! 

HitBTCはICO直後の仮想通貨を多く上場しているので、ICO投資を考えている人は必ず知っておくべき取引所だと思います。またビットコインのハードフォークに一早く対応しているので、貰ったコインをすぐ売りたい人なども知っておくべき取引所です。

 


 

【DigixDAO(DGD)の保管方法】ウォレット


My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを保管する人ならみんな使っているのではないかと言うほど有名なウォレットです。デスクトップウォレットで、セキュリティは相当高いほうです。秘密鍵も自分で管理するタイプです。なので、ハッキング被害やウイルスに感染したりしない限りは安全です。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Trezor

Trezorはハードウェアウォレットです。セキュリティはペーパーウォレットと同じく最も高いので、多くの仮想通貨を持っている人にとってはマストアイテムです。デメリットとしては価格が高いことです。


Trezorの購入はこちらから!



DigixDAO(DGD)の将来性

現実世界に存在する価値のあるものをブロックチェーンに記録するというプロジェクトなので金に限らず、他の様々なアセット(銀とか)でも可能になると思います。ですが、まず金を持つ人たちの考えとしては、ボラティリティが低く価値の保存としての役割ですが、装飾的価値など、現物で保管しているということに価値を見出している人も多いと思います。また、ある意味ビットコインはデジタル社会におけるゴールドという見方も出来るので、わざわざ数のステップを踏んで手数料をたくさんかけてまで、ゴールドをデジタル化することに価値があるのかは疑問です。

また金をDigix DAOの運営は多く保管しているはずなので、強盗に遭ったりする可能性もあり、リスクとも言えます。

なので、現物のアセットをデジタル化するという発想は面白いですが、結局現物を取られるというリスクがつきまとうので、価値保存の新しい形として普及していくかは怪しいと思います。


DigixDAO(DGD)まとめ

Digix DAOは、イーサリアムのスマートコントラクトを利用してゴールドをデジタルに変えるプロジェクトです。

まとめると、

・PoAによって透明性を高くしている

・DGDは、Digix DAOの株のようなもの

・Digix DAOの金の保管方法に不安が残り、強盗に遭うリスクなどがある

という特徴があります。



CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!