仮想通貨Eidoo(エイドゥ・EDO)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説

当サイトで申し込みの多い人気取引所はこちら!
取引所 特徴 公式HP
FX取引高世界一のGMOインターネットが運営する国内最大の販売所。手数料は基本すべて無料!初心者はまずココ!
国内で唯一リップルやビットコインキャッシュのFXができる取引所。
いまなら口座開設だけで1000円もらえるキャンペーン中!
国内では珍しくアルトコインを取引所形式で購入できる場所。
少しでも仮想通貨を安く購入したいトレーダーに人気!




Eidoo(EDO)のリアルタイムチャート



Eidoo(EDO)とは?概要・基本情報まとめ


概要

Eidooはブロックチェーンとユーザーとのインターフェイスです。ユーザーエクスペリエンスを最も重視し、1つのシンプルなアプリで、複数の通貨の保管や、ICOへの参加、分散型取引所の利用など様々なことが可能です。つまり、誰でも簡単に仮想通貨を扱えるようにするプラットフォームです。

利用者はiphone/androidともにスマートフォンにアプリをインストールしてこのサービスを利用出来ます。ユーザーフレンドリーを一番に考えたサービスと言えるでしょう。


基本情報まとめ


通貨名(通貨単位):Eidoo(EDO)

公開日:2017年10月2日

発行上限枚数:90,708,326枚

備考:ERC20トークン

取扱取引所:Binance,HitBTC,Bitfinex

公式サイト:https://eidoo.io/

公式ツイッター:@eidoo_io

ホワイトペーパー:https://eidoo.io/docs/EIDOO_Te…

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/0xced4e93198734ddaff8492d525bd258d49eb388e

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2243926.0

公式ブログ:https://medium.com/eidoo


Eidoo(EDO)の特徴・メリット・デメリット


HDウォレット

Ethereum、Bitcoin、およびすべてのERC20トークンを単一のバックアップパスフレーズ共通のウォレットで管理できます。将来的には様々な通貨で対応して行く予定です。軽量アーキテクチャのおかげでフルノードになる必要もなく、セキュリティ面でもEidooの独自のリカバリーツールにより高いセキュリティを保てます。秘密鍵の管理はユーザーが行い、デバイスによって暗号化されているので安全です。

また、新たなERC20トークンに関しては、詐欺や誤解がないようにEidooによって「信頼できない」とラベル付けされます。

その他、政府が個々人に発行する公開鍵とEidooウォレットを紐付け、ウォレットが使えなくなった時でも復旧を可能にする機能も実装される予定です。

匿名性を重視するよりも安全性を重視しているといった印象です。


Eidooハイブリッド交換

今後分散型取引所のような機能も扱っていく予定です。

交換所は管理人が存在せず、また自分の資産を取引所のウォレットに預ける必要もありません。(なので分散型と言われています。)

最初はETHとERC20トークンの交換をして、ETH/BTCも取り入れていく予定です。技術的にはアトミックスワップを導入予定です。


ICOエンジン

スマホやタブレットを使って簡単にICOに参加することが出来ます。

Eidooのアプリ内で簡単に参加したいICOを選んで、トークンを購入することが出来ます。

デビットカードの発行

今後、ウォレットに貯蔵されている暗号通貨をデビッドカードにチャージ出来る機能も予定されています。

本当にアプリ一つで全ての作業が行えるようになりそうですね。


Eidoo(EDO)の最新チャート!相場からみる価格推移

取引を開始した2017年11月8日には、1EDO=$1.98でした。そこから基本的には値段は徐々に少しずつ上昇していきました。

大きく変化したのは12月の後半あたりからで、Binanceに上場したのに伴い価格は高騰していきました。1月9日には、最高値を記録し、1EDO=$6.99でした。

今はその反動で価格は暴落して1EDO=$3.5あたりで停滞しています。

(2018年1月29日現在)


【Eidoo(EDO)の買い方】取引所で購入する

Binance

Binanceは中国の取引所です。手数料が0.1%ととても安くなっています。

取扱通貨数は70種類以上で、Binanceに上場されている通貨には、最近価格が上っているものを多く含んでいるので、一攫千金が狙えるかもしれません。

また、取引所独自のコインBNBを発行していて、BNBで取引をすると手数料が安くなり、最大0.05%まで低くなります。

Binanceの登録はこちら! 

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

HitBTC

HitBTCは手数料が0.1%で、取扱通貨に関してもICO直後のものを多く扱っていて、草コインに投資したい!という人には特におすすめです。

ですが運営会社がイギリスで登録されているものの、その実態は全くわかりません。このような運営情報がわからないというのはかなり問題で、持ち逃げやセキュリティに問題があった時など自分の資産を失ってしまうので気をつけて取引しましょう。


HitBTCの登録はこちら!

 

HitBTCはICO直後の仮想通貨を多く上場しているので、ICO投資を考えている人は必ず知っておくべき取引所だと思います。またビットコインのハードフォークに一早く対応しているので、貰ったコインをすぐ売りたい人なども知っておくべき取引所です。

 

 

【Eidoo(EDO)の保管方法】ウォレット


My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereumトークンを保管する人ならみんな使っていると言うほど有名なウォレットです。

My Ether Walletはデスクトップウォレットで、セキュリティは相当高く、秘密鍵も自分で管理するタイプなので、ハッキング被害やウイルスに感染したりしない限りは安全です。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Eidooで保管

Eidooはウォレット機能があるプラットフォームなので、Eidooで保管するのもいいと思います。



Eidoo(EDO)の将来性



Eidooは、ユーザーフレンドリーを第一に考えたウォレット機能を持つプラットフォームです。

今後アプリ一つで全ての動作をこなすことができるようになることを目指しています。

このようなUIUXに特化したプラットフォームは、仮想通貨の今の問題であるITリテラシーの高い人しか使えないという問題を解決することが出来ます。なので将来的にかなり価値を持つ可能性がありますが、今の段階ではまだ開発が始まったばかりで、まだ将来どうなるかわかりません。

将来性は今後の開発次第といった感じでしょうか。



Eidoo(EDO)まとめ

Eidooはユーザーフレンドリーを第一に考え、誰でも簡単に仮想通貨を扱えるようにするプラットフォームです。機能としては

・HDウォレット

・分散型取引所

・スマホからの簡単なICO参加

・デビットカード

などが実装予定です。

今後の開発に期待しましょう。


1;95;0c