Aion(AION)のリアルタイムチャート


Aion(AION)とは?概要・基本情報まとめ


概要


今後ブロックチェーン技術は主流事業や政府により広く採用されていくと思います。そしてそれらはおそらく一つ一つの事業に対して別のブロックチェーンを使うはずです。その中で、企業秘密などのブロックチェーンで公開されたくない情報までも公開されてしまうことや、1980年代のPCのように、相互運用が出来ないことは大きな問題です。また、今ビットコインでも問題になっているスケーラビリティの問題も含め、ブロックチェーンがもっと広範囲で使われるには、スケーラビリティ、プライバシーと相互運用性の問題を解決しなければいけません。この問題を解決するために作られたのがAionです。

つまり、Aionはブロックチェーンのスケーラビリティ、プライバシー、相互運用性などの問題を解決するために設計された多層ブロックチェーンシステムです。


基本情報まとめ


通貨名(通貨単位):Aion(AION)

公開日:2017年9月25日

発行上限枚数:465,934,587 AION

取扱取引所:Binance,Kucoin

備考:ERC20

公式サイト:https://aion.network/

公式ツイッター:@Aion_Network

ホワイトペーパー:https://aion.network/whitepapers.html

ソースコード:https://github.com/gonuco/aion.erc.contract

blockchain explorer:https://etherscan.io/token/0x4CEdA7906a5Ed2179785Cd3A40A69ee8bc99C466

bitcointalk(フォーラム):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2206362.0

公式ブログ:https://blog.aion.network/

Aion(AION)の特徴・メリット・デメリット

複数のブロックチェーンをつなげる

Aionは高性能ブリッジメカニズムを使ってブロック間の通信を簡単にします。

Aionのブロックチェーンとイーサリアムのブロックチェーンの間など、異なるブロックチェーン間でデータや値を移動出来ます

また、Aion-1というソフトウェア実行プラットフォームを利用することで、他のすべてのAionネットワークに接続し、ユーザーがガバナンス、発行、参加をカスタマイズできるブロックチェーンを作成出来ます。なので、情報を秘匿しつつ他のブロックチェーンに情報を移動できます。



スケーラビリティ問題の解決策に!

AIONは複数のブロックチェーンに渡ってアプリケーションを動作させることでスケーラビリティの問題の解決策になったり、パフォーマンスが改善されます。AIONによってサードパーティの介入が出来るようになり、ビットコインで問題になっていた、送金づまりの問題や手数料が高いことを解決することが出来ます。また、複数のブロックチェーンで分けて保管することにより、ブロックチェーンに大量のデータをストックすることも出来ます。


組織の信頼度が高い

EEAの立ち上げメンバーであり、理事会のメンバーでもあるNucoという組織が手がけるブロックチェーンプロジェクトです。EEAというのはイーサリアムのブロックチェーンを使ってDappを作っていこうという組織で、EEAに参加している多くの企業へプロジェクトをアピールできるのは有利な点でしょう。

また、Nucoは「カーネル」と呼ばれるブロックチェーンプラットフォームを提供していて、開発資金が潤沢にあるため、開発が途中でできなくなったり資金がなくなるなどの可能性が低く、組織の信頼度は高いといえるでしょう。



Aion(AION)の最新チャート!相場からみる価格推移

取引の開始は2017年12月27日で、1AION=$5.80で取引が開始されました。

1月初旬からICON、Wanchainとの相互運用同盟を結んで、異なるブロックチェーン間の相互通信能力を向上させる目的の三者同盟を結ぶことや、仮想通貨全体の盛り上がりに合わせて価格が高騰し、2018年1月9日には最高値1AION=$11.31を記録しました。その後はその反動で価格は落ち、今は1AION=$4.3823ほどで安定しています。



【Aion(AION)の買い方】取引所で購入する


Binance

Binanceは中国の取引所です。手数料が0.1%ととても安くなっています。

取扱通貨数は70種類以上で、最近価格が上っているものを多く含んでいるので、Binanceに上場されている、もしくは上場する予定の通貨には注目です。

また、Binanceが発行している通貨のBNBを使って取引をすることで取引手数料が最大0.05%まで低くなります。

Binanceの登録はこちら! 

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

Kucoin

Kucoinは、第二のBinanceと言われるなど手数料などの機能面はほぼBinanceと同じです。

Kucoinも独自のコインを発行していますがそのコインを持っているだけで毎日配当がもらえます。


Kucoinの登録はこちら!

Kucoinは香港系の取引所でBinanceに続き、話題になっている仮想通貨取引所です。Kucoinの発行している仮想通貨を持つことで配当がもらえるなど、特殊な仕組みが導入されているKucoinの仕組みや使い方、登録方法を解説します!

 

【Aion(AION)の保管方法】ウォレット


My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを保管する人ならみんな使っているのではないかと言うほど有名なデスクトップウォレットです。デスクトップウォレットはハードウェアウォレットの次ぐらいにセキュリティが高く、ハッキングやウイルスに感染しない限りは安全です。

My Ether Walletの登録はこちら!

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!

 

Trezor

Trezorはハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットのセキュリティはペーパーウォレットと同じく最も高いです。

デメリットとしては価格が高いことと、人気であまり買えないことです。


Trezorの購入はこちらから!


Aion(AION)の将来性


Aionのプロジェクトは他のコインに対し、競合になるというよりも協力する通貨です。なので、Bancorと提携を結んだり、ICON、Wanchainとの相互運用同盟を結んで、異なるブロックチェーン間の相互通信能力を向上させる目的の三者同盟を結ぶなどとマーケティングが盛んです。

今後もっと大きな通貨と提携するかどうかがAionの将来性を決めるでしょう。



Aion(AION)まとめ

Aionはブロックチェーンのスケーラビリティ、プライバシー、相互運用性などの問題を解決するために設計された多層ブロックチェーンシステムです。

特徴としては、

・複数の異なるアルゴリズムを採用しているブロックチェーン間でデータや価値を移せる

・大容量のデータを保管出来る

・スケーラビリティ問題の解決

・プライバシーを保てる

などが挙げられます。

今後はどのコインと提携した、などの情報に注目していきましょう。