【完全ガイド】ビットフライヤー(bitFlyer)の登録・口座開設方法を画像つきで解説!

「ビットフライヤーってどうやって登録すればいいんだろう・・・?」と悩んでいませんか?

口座開設は登録することが多いし複雑だし、なんだかハードル高く感じちゃいますよね。

しかし、もう迷う必要はありません。

この記事では、ブラウザとスマホアプリ両方からの登録方法を画像つきでわかりやすく解説しました!

これを読みながら登録すれば迷うことなく簡単にビットフライヤーで口座開設ができます。

ビットフライヤーの登録・口座開設のお役に立てれば幸いです。

この記事を読んだらわかること

  • ブラウザ・スマホ両方からの登録方法
  • 2段階認証の登録方法
  • ビットフライヤー登録に関するよくあるQ&A

 また、この段階ですでにビットフライヤーの口座開設に興味のある方は簡単に登録できますので、ぜひ登録してみてください。

公式サイトはこちら!

ビットフライヤー(bitFlyer)に登録しよう!

ビットフライヤーに登録する際のポイント

  • 仮想通貨取引をするには「トレードクラス」になることが必須!
  • 口座開設に必要なものはメールアドレス、本人確認書類、銀行口座の3つ
  • 登録にかかる日数はおよそ3~5日
  • 登録費用や登録継続は完全無料!
  • スマホアプリからも簡単に登録可能!

 「ウォレットクラス」と「トレードクラス」

サービス一覧ウォレットクラストレードクラス
仮想通貨の預け入れ・送金
仮想通貨の購入・売却
日本円の出金
bitWireの利用 / ビットコイン決済

bitFlyer Lightning
現物 
FX 
Futures 
現物 
FX 
Futures 
最大仮想通貨送金額/決済額7日間で10万円制限なし
最大仮想通貨売買金額制限なし

ビットフライヤー(bitFlyer)にはアカウントグレードというものが存在します。以前は6種類ありましたが、いまは「ウォレットクラス」と「トレードクラス」の2つのみとなっています。

「ウォレットクラス」では、基本的には仮想通貨の決済手段機能のみ付与されており、仮想通貨の取引機能は一切できない状態になっています。

「トレードクラス」では、「ウォレットクラス」の機能に加え、仮想通貨の取引が可能となっています。そのため、仮想通貨取引をするには「トレードクラス」になることが必須条件です!!

もちろんこの記事では、「トレードクラス」になるまでの流れを丁寧に説明します。

登録に必要なものは3つだけ!

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設に必要なものは

  • メールアドレス
  • 本人確認書類
  • 銀行口座

の3つのみです。

登録にかかる時間(日数)は最速3日!

登録にかかる時間(日数)はおよそ3~5日程度です。本人確認書類をビットフライヤー側が確認し精査するため、時間が少々かかります。一週間たっても登録できない場合は、メールにて連絡を取ってみてください。(ビットフライヤーには電話対応サービスがないことには気をつけてください!)

また、ネットには2分で登録できるなどといった記事もありますが、「ウォレットクラス」までの登録を指していることに注意してください。2分で登録できるの段階では、仮想通貨取引はできません。

登録料はもちろん無料!迷ったらとりあえず登録しよう!

登録費用や登録継続にお金は一切かかりません!

「登録したけど、やっぱり気が向かなくなったので放置」でも大丈夫です。

むしろ大手海外取引所Bitterxのように、ビットフライヤーの登録者数が急増し対応が間に合わなくなり新規登録者受け付け中止も考えられるため、はやめに登録したほうが良いかもしれません。

スマホアプリからも簡単に登録可能!

スマホアプリからでも簡単に登録できます!

登録方法自体はそこまでブラウザと変わらないですが、この記事ではスマホアプリからの登録も画像つきで詳しく説明していきます。


今すぐビットフライヤーで口座開設をする!

【ブラウザ編】ビットフライヤーの登録方法

パソコンのブラウザからの登録方法を解説していきます!丁寧に見ていきましょう。

ビットフライヤー登録への6ステップ!

  • STEP1:メールアドレスの登録
  • STEP2:本人情報の登録
  • STEP3:本人確認書類の提出
  • STEP4:取引目的等の確認
  • STEP5:銀行口座の登録
  • STEP6:あとははがきの郵送を待つだけ!

 STEP1:メールアドレスの登録

上の赤い囲みの部分にメールアドレスを入力すると、以下のようなメールが届きます。

そこで元の画面に戻ってキーワードを打ち込みます。

画面が移動するとチェックボックスが出てくるので全てにチェックしてください。

するとビットフライヤーの取引所のホーム画面に移動することができます。

こちら↓

STEP2:本人情報の登録

まずは本人情報の登録から。

名前・生年月日・住所を登録しましょう。

また余談ですが、携帯電話番号か固定電話番号のどちらかを入力しないと先に進めませんが、実は適当な電話番号でも大丈夫です。

携帯電話番号は、二段階認証というセキュリティを高める機能のために使うときもありますが、それ以外の方法でも二段階認証は設定できるので、もし電話番号がなければ適当な番号を入力しておきましょう。

STEP3:本人確認書類の提出

身分証明書として使えるのは、運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(顔写真あり)、健康保険証、年金手帳、福祉手帳、住民票の写し、印鑑登録証明書、在留カード、特別永住者証明書、外国公的書類の12種類で、この中からどれか1つ提出すれば大丈夫です。

以前までは本人と身分証明書が一緒に写った写真も必要だったのですが、2018年2月1日現在では必要ないです。

STEP4:取引目的等の確認

1分で終わる簡単なステップ!

STEP5:銀行口座の登録

入出金に使う銀行口座を登録しましょう。まずここで銀行口座を登録することでビットフライヤーに日本円を入金し、仮想通貨取引が可能になります。

登録する内容としては、銀行名・支店名・口座種別・口座番号・口座名義です。

入出金手数料の安い登録すべきオススメの銀行については記事の下の方のQ&Aをごらんください!

STEP6:あとははがきの郵送を待つだけ!!

住所確認のために、登録した住所に確認はがきが数日で郵送されます。

ただ実はコインオタク編集部の私が確認したところ、このはがきを受け取る前でも入金や仮想通貨取引できました!

【スマホアプリ編】ビットフライヤーの登録方法

スマホアプリからでも登録の流れはほとんどおなじになります!!

スマホアプリからのビットフライヤー登録の7ステップ!

  • STEP1:ビットフライヤーのスマホアプリをインストール
  • STEP2:メールアドレスの登録
  • STEP3:本人情報の登録 
  • STEP4:本人確認書類の提出
  • STEP5:取引目的の確認
  • STEP6:銀行口座の登録
  • STEP7:あとははがきの郵送を待つだけ!!

 STEP1:ビットフライヤーのスマホアプリをインストール

まずはビットフライヤーのスマホアプリをインストールするところから始まります。

とりあえずインストールしてみましょう。

App Storeで今すぐ始める!

Google Playで今すぐ始める!

STEP2:メールアドレスの登録

アカウント作成ボタンをクリックすると上のような画面になり、メールアドレスを要求されるので入力しましょう。

また同意すべき内容をよく読んでからクリックしましょう。すべて完了して右上のアカウント作成を押すと右図のようになるので、メールアプリを起動しメールを確認してください。

このようなメールが来るので、赤枠で囲ったリンクを押せば、ビットフライヤーのアカウント登録が完了しました!という画面に自動的に飛びます。

STEP3:本人情報の登録 

これから本人登録を行う場合はメニューバー内のマイアカウントページで行っていきます!!


名前・生年月日・住所を登録しましょう。

また余談ですが、携帯電話番号を入力しないと先に進めませんが、実は適当な電話番号でも大丈夫です。

携帯電話番号は、二段階認証というセキュリティを高める機能のために使うときもありますが、それ以外の方法でも二段階認証は設定できるので、もし電話番号がなければ適当な番号を入力しておきましょう。

STEP4:本人確認書類の提出

身分証明書として使えるのは、運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード(顔写真あり)、健康保険証、年金手帳、福祉手帳、住民票の写し、印鑑登録証明書、在留カード、特別永住者証明書、外国公的書類の12種類で、この中からどれか1つ提出すれば大丈夫です。

以前までは本人と身分証明書が一緒に写った写真も必要だったのですが、2018年2月1日現在では必要ないです。

STEP5:取引目的の確認

1分で終わる簡単なステップです。

STEP6:銀行口座の登録

入出金に使う銀行口座を登録しましょう。まずここで銀行口座を登録することでビットフライヤーに日本円を入金し、仮想通貨取引が可能になります。

登録する内容としては、銀行名・支店名・口座種別・口座番号・口座名義です。

入出金手数料の安い登録すべきオススメの銀行については記事の下の方のQ&Aをごらんください。

STEP7:あとははがきの郵送を待つだけ!!

住所確認のために、登録した住所に確認はがきが郵送されてきます。およそこの工程が終了して数日で届くと思います。

ただ実はコインオタク編集部の私が確認したところ、このはがきを受け取る前でも入金や仮想通貨取引できました!

二段階認証のすすめ

二段階認証を強くおすすめします!!

セキュリティの観点から二段階認証は絶対にしたほうが良いです!少し面倒ではありますが、ハッキングが実際に起きたときにはもう手遅れになってしまうのでできることは早めにしておきましょう。

STEP1:設定からセキュリティ設定へ

まずはホーム画面から設定にとび、そこからセキュリティ設定に行きます。

そして下の図にあるような二段階認証を設定するをクリックします。

STEP2:SMS、認証アプリまたはメールによる設定を選択

オススメは認証アプリで登録することです。

メールだと登録の際に使ったので、セキュリティは高くないです。

またビットフライヤーは運営の対応があまり早くないので、メールで登録してしまうとサーバーが落ちている場合などの運営が忙しいときにに二段階認証コードが送られてこないことがあります。

認証アプリは『Google Authenticator』か『Authy』がおすすめです。

STEP3:QRコードを読み取る!

表示されているQRコードを読み取り完了です。

簡単なので、できるだけ早く二段階認証をしましょう。

登録が終わったら実際に仮想通貨を買ってみよう!

まずは入金を済ませよう!

日本円を入金しないことには仮想通貨の取引は始まりません。

まずは日本円の入金の仕方について見ていきましょう!

ビットフライヤーに入金するには入出金をクリックします。

ビットフライヤー側の口座の情報が出てくるのでこの口座に振り込めば大丈夫です。この入金も確認作業が入るので実際に反映されるまでに銀行の営業日にもよりますが少し時間がかかります。このとき各金融機関ごとに銀行振込手数料がかかります。

日本一の仮想通貨取引所ビットフライヤーでの入金法を教えます!仮想通貨の取引を始めるには入金が不可欠!やり方はもちろん、どの入金法をどういう時に利用すべきかがわかります。最も安い方法でお得に取引をしましょう!!

 クレジットカード購入は絶対ダメ!

クレジットカードで仮想通貨を購入したり、日本円を入金したりすると24時間毎日いつでも可能なのでとても便利ですが、なんと手数料が購入料金の10%もかかってしまいます!

つまり10000円分買ったら11000円も払わなければならないということです!!10%も手数料取られてたらたまりませんよね。。。

なるべく銀行振込することをおすすめします!

(2018年3月9日にてクレジットカード購入サービスは終了するそうです。)

取引所でのビットコインの買い方を解説!

ビットコインの買い方には色々ありますが基本的には日本円を入金してそれを元手にビットコインを購入するという方法です。

ビットコインを購入できるところは、『販売所』と『取引所』が存在しますが、オトクな『取引所』での購入方法を解説します。

ビットコイン取引所をクリックするとこのような画面が出てきます。

ここでは直近の売り買いの情報がどんどん流れていきます。相場をもとにビットコインの数量とレートを入力し、売りまたは買いを押せば取引を申し込めます。その条件で納得するユーザーが現れれば取引は成立するわけです。

ビットコインを送金したい場合はどうすればいい?

入出金→BTCご送付とクリックします。

ここからビットコインの送付を行えます。送付先のビットコインアドレスと送付数量を入力すれば送付が行えます!

ラベルという欄は後々誰に送ったものだったかを認識するためのもので、自分でわかりやすいメモを残せるという機能です。入力が必須の項目ではありませんが入力しておいた方が便利でしょう。

また優先度というは手数料のようなものでこれを設定するとより早く送付が承認されるというものです。手数料なしだとなかなか送付が承認されないようだったら設定してみた方が良いかもしれません。

ビットフライヤーの使い方について詳しく知りたい方は以下のコインオタクの記事をお読みください!

ビットフライヤーの使い方が分からない!口座開設したは良いけど、何から始めればいいかわからんくて放置してしまっている…なんて人は多いと思います!ここでは1から順番に丁寧に説明して行くので仮想通貨初心者は必見です!

ビットフライヤー(bitFlyer)の登録に関するQ&A

入出金手数料の安い登録すべきオススメの銀行は?

住信SBIネット銀行がおすすめです!

ネット銀行はあまり信用出来ないという方もいるかもしれませんが、日本円入金の際にメガバンクなどでは手数料が毎回300円程度掛かるのに対して、住信SBIネット銀行は月一回の入金手数料が無料です。

さらに他の大手仮想通貨取引所であるビットフライヤー、Zaif、bitbank.ccなどと提携しておりほとんどの仮想通貨取引所と対応しているので便利です。

オトクで便利な住信SBIネット銀行を利用しましょう。

メールアドレスを変更したいけどできるの?

変更することは可能です!

ただユーザー自身が変更することはセキュリティの観点からできないので、メールアドレスを変更するには、ビットフライヤーにメールで問い合わせをしてから、ビットフライヤー側から電話確認があり、ビットフライヤー側が登録情報を変更するという形になるので、数日は掛かることが予想されます。

アカウントが凍結されてしまって、凍結解除したいです。

一定回数以上間違ったパスワードを入力してしまうと、セキュリティの観点から一定時間ログインできなくなってしまうそうです。

ただ一定期間なので、待ってれば治るそうなので、そこまで心配する必要はないと思います。

ただもしパスワード変更をしたいという場合はこちらから変更してみてください。

登録口座を変更したい場合どうすればいい?

銀行口座の追加、削除は自由にできます

追加の場合は「日本円入金」のタブから「銀行口座情報を追加する」に入り、そこから銀行口座情報を追加してください。

削除の場合は別の銀行口座を追加登録したあとこちらから依頼すると可能です。

未成年でも登録可能?

未成年でもビットフライヤーへの登録は可能です!ただ保護者の同意書が必要となります。必要書類は

  • 保護者の承諾書(こちら)への署名捺印のある原本
  • 保護者の方の顔写真付本人確認資料(写しで可)※氏名、生年月日、住所、顔写真が掲載必須項目です。

の2つです。これらをビットフライヤー本社宛に郵送し、承認されることが必要です。

実際どのくらい登録者数がいるの?

2017年11月の時点で100万人カウントダウンキャンペーンが行われていたので、2018年1月現在では、おそらく100万人を超えていると予想されるでしょう!

また、コインチェックのネム流出事件もあり、ますますビットフライヤーにユーザーが流れていることが予想されます。

ビットフライヤー登録に関するよくあるQ&Aまとめ

  • 住信SBIネット銀行を利用しよう!
  • 登録してるメールアドレスは変更可能
  • アカウント凍結されても少し待てばなおる!
  • 銀行口座の追加、削除は簡単にできる
  • 未成年でも登録可能!ただし、保護者の同意書必要
  • 登録者は100万人超え!

ビットフライヤー登録のまとめ

いかがでしたか?

これさえ読めば今すぐ簡単にビットフライヤーの登録ができると思います!

いまやユーザーの登録が急増して、一時新規ユーザー受付を制限するような取引所も現れています。

いつでも取引できるように、口座開設だけでも早くして、機会を逃さないことが大事だと思います。

この記事が一人でも多くの方の助けになれれば幸いです。

ビットフライヤーを始める

ビットフライヤーの評判が気になる方は以下のコインオタクの記事も御覧ください!

日本国内最大の取引所の一つであるbitFlyer。仮想通貨を始めたいあなた、広告で見た’bitFlyer’の文字が気になるあなた、取引所選びに悩むあなた。そんなユーザー全てのために、bitFlyerの生の声、届けます。