【速報】仮想通貨取引所ビットフライヤー(Bitflyer)がLisk(リスク)の上場を発表!

【速報】仮想通貨アルトコインLisk、ビットフライヤーへ上場を発表

2018年1月31日、仮想通貨取引所ビットフライヤーにLisk(リスク)が上場することが発表されました。国内取引所でリスクを購入できるのはこれまではコインチェックのみでしたが、現在操業停止中のため、取引ができるのはビットフライヤーのみとなります。

ビットフライヤーのCEOである加納裕三氏によるこのツイッター投稿以降、様々な憶測が飛び交いリスクはその中の有力候補の1つでしたが、今回の発表で決定的となりました。

また、さらに言えば、Liskによるこのツイッター投稿との兼ね合わせから、今回のビットフライヤー上場はリスクではないかとの噂は絶えませんでした。


リスクとはそもそも?

リスクとはスマートコントラクトを実装出来るプラットフォームであり、サイドチェーンの機能を持ちDPoSと呼ばれる承認システムを採用しています。

イーサリアムと似ていますが、LISKではサイドチェーンを有効活用しているので、スマートコントラクトにバグが出た際に、メインチェーンへの影響を抑えることを可能にしています。


リスクに関しての詳しい内容は以下の記事をご覧ください。 

仮想通貨の一つ、リスク (LISK)は韓国の取引所への上場などから価格が大きく変動し注目を集めています。年末に控えたアップデートやリブランディングなど、その将来性や今までのチャートの動きを徹底解説します!

 


リスクの価格はどうなる?上昇はするのか?

価格上昇はする可能性が高いが・・・

では今回のビットフライヤー上場を受けリスクの価格は上昇するのでしょうか?

参考までにですが、以前monacoin(モナコイン)がビットフライヤーに上場した際は価格が高騰し、一時50円から2000円へと400%もの上昇を見せました。そのような事実を踏まえれば、リスク時価総額を考慮すると数倍までになることは考えにくいですが、リスクの大幅な価格上昇が予想されます。ちなみに、2018年1月31日15時20分現在リスクは約3100円となっています。


高値掴みに注意

ですがこのニュースを見た後にすぐ購入する人は注意しましょう。急激な価格上昇の際には利確売りによる下落がつきものです。モナコインの場合は、全てが直後に起こったわけではないですが高騰後2000円まで上昇し、その後下落、現在は1000円程度で推移しています。高値掴み(最高値で買ってしまってその後激しい下落が起こること)のリスクを考慮するようにしましょう。


リスク(Lisk)の現在と今後

最後に、仮想通貨リスクの今後について紹介します。

金融庁のホワイトリスト入り

今回の件を受けて、仮想通貨リスクも金融庁のホワイトリスト入りが明確となりました。これについては今後新たな情報が入り次第更新いたします。リスクによる上場をほのめかしたツイートが9月でその後もホワイトリストに入らなかったことを考えると、金融庁による審査はかなり厳しいものと予想されます。


なのでLiskがホワイトリスト入りしたことはLiskにとってかなりの好材料になるかとおもいます。


仮想通貨のホワイトリスクに関してもっと知りたい方は以下の記事をお読みください。

金融庁によって認可された取引所で扱われる仮想通貨の一覧、ホワイトリスト。対応通貨の一覧、認可取引所一覧、そしてホワイトリスト通貨を取引するうえでの注意すべき点などをコインオタクがまとめて解説しました!

 


2月20日にリブランディング

リスクは2月20日にリブランディングを控えています。他の仮想通貨の過去のリブランディングを鑑みても、価格の高騰を引き起こす可能性が高いです。タイミングもあいまって、リスクでも同様の高騰が考えられます。


リスクに関してもっと知りたい方は以下の記事をお読みください。 

仮想通貨の一つ、リスク (LISK)は韓国の取引所への上場などから価格が大きく変動し注目を集めています。年末に控えたアップデートやリブランディングなど、その将来性や今までのチャートの動きを徹底解説します!

 

bitflyerのリスク上場は販売所なのでスプレッドに注意

コインチェックの信頼が揺らいだ今、ビットフライヤーは国内で最も信頼が置ける取引所といっても過言ではありません。

ビットフライヤー公式サイト

ビットフライヤーの使い方やビットフライヤーについて気になる人はこちらの記事リンクからご覧になれます! 

ビットフライヤーの使い方が分からない!ビットコインや他の仮想通貨を買ってみたいけど手続きがめんどくさそうと思っている人は多いですよね。ここでは1から順番に丁寧に説明して行くので仮想通貨初心者は必見です!

  

bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本で最も人気のある仮想通貨取引所の一つで、ビットコイン取引高世界3位になるほど利用されています。初心者にオススメなビットフライヤーの評判や使い方を徹底解説します!

 

1つ注意して欲しいのが、bitflyerの上場は取引所ではなく販売所であることです。bitflyerはスプレッドがとても高いことで有名です。そのためリスクを取引所で取引できる取引所はありません。では、海外ではどうでしょうか?


有名なところに、中国の取引バイナンスがあります。binanceではリスクを取引所で低いスプレッドで取引することができます。また、現在人気が急上昇している取引所でもあります。

バイナンスの詳しい記事はこちらをお読みください。公式サイトは全編英語なので注意してください。

 

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

大人気の仮想通貨取引所、Binance。「取引してみたいけどどうすればいいかわからない・・・」というあなたのために、登録の仕方と認証の手順を画像付きでわかりやすく解説しました!ここからあなたも取引を始めましょう!

 

今最も抑えておくべき仮想通貨取引所、Binance。「取引を始めたいけど、全部英語でどうやっていいかわかんない・・・」と悩んでいるあなたのために、画像付きで入金・出金・取引方法まで全部画像付きでわかりやすく解説しました!

 


バイナンス公式サイト

 


まとめ

Liskは2月にリブランディングが控えていることもあり、今回のビットフライヤー上場はかなりのグッドニュースであるので、Liskの今後の動向や価格変動には着目していった方が良さそうです!