「COMSAって一体何なんだろう??」

そのような疑問をお抱えではありませんか?

昨年2017年秋に約100億円を調達することに成功し、話題になったCOMSA。一体どういうものなのか気になりますよね!

この記事では、COMSAに関して詳しくお伝えします!

 

Zaif公式サイトからCOMSAに参加する 




COMSAとは 

COMSAの概要 

COMSAは、日本企業が簡単にICOを行えるように国内大手取引所Zaifを運営するテックビューロ社が作ったプロジェクトです。

COMSAに参加するには、COMSAが発行しているCMSトークンを購入する必要があります。

2017年11月ごろに約100億円を調達することに成功し、一躍話題となりました。

 

 テックビューロ社について知りたい方はこちら

現在、テックビューロは不動産・エネルギー業界といった多くの業界から注目を集めています。革新的なブロックチェーン技術mijinの開発やCOMSAのICOでの莫大な資金調達など話題の絶えない注目企業の気になる実態と将来性について考察します。

 

ブロックチェーン同士を繋げる

COMSAでは、別々のブロックチェーン上の複数のトランザクションをまとめて同時に決済することで結果的に一つのものとして決済できます。



簡単に言うと、これまでいくつもSTEPを踏まなければできなかった取引が、COMSA上で簡単にできるようになるということです。

このようなことができるのは、ペッグ通貨というものが採用されているからです。

ペッグ通貨というのはある通貨に価値が連動する通貨という感じで、例としてはTetherという仮想通貨があります。

これによって、COMSA上でBTCやNEMやUSDやJPYやETHなどのペッグ通貨を出すことで、BTCのブロックチェーン上でNEMのトランザクションや、JPYのトランザクションなどができるようになります。

Tetherについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 

USドルと価格固定された通貨、Tether。仮想通貨相場がどんなに荒れていても価値がほとんど変化しないことから注目を集めており、多くの取引所で基軸通貨として導入されている。その仕組みについてわかりやすく徹底的に解説!

 

COMSAのメリット


COMSAのメリット

  • 日本でのICOがより簡単に!
  • 将来的に日本の仮想通貨市場が活性化!
  • COMSA上でのICOにお得に参加できる

 日本でのICOがより簡単に!

COMSAは、企業がICOを行うのを簡単にします!

企業がICOを用いて資金調達をするには、ホワイトペーパーの整備・ブロックチェーンの導入など様々な手続きを行う必要があります。

しかし、ICO未経験という企業がものすごく少ない為、ICOをどのようにすればいいか全く分からないという企業がほとんどです。

COMSAは、そんな企業をお助けします!資金調達から、発行したトークンの扱いなど幅広くICOをサポートします!

 ICOについて詳しく知りたい方はこちら

仮想通貨を調べているとよく出てくる「ICO」というワード。理解したいけど、少し難しそうだな…という印象をお持ちの方が多いと思います。でも大丈夫!これを読み終えたあなたは「ICO」についてしっかりと友達に説明できるようになります!

 

将来的に日本の仮想通貨市場が活性化 !

COMSAのおかげで将来的に日本の仮想通貨市場は活性化すると考えることができます!

日本企業がCOMSAを用いてICOをより簡単に行えるようになり、ブロックチェーン技術が多く導入される。システム利用の為に仮想通貨への需要が増える。結果として仮想通貨市場全体が盛り上がる。

まるで机上の空論かのような理想に聞こえますが、COMSAが・ICOが社会に普及されればこれも可能です!ただこの流れができるには少し長い目で見守る必要はあるでしょう。

COMSA上でのICOにお得に参加できる

ICOを実施する企業やプロジェクトは独自のトークンを発行します。

今後COMSAを利用して行われるICOにおいて、CMSトークンを利用してトークンを購入することで5%のボーナスが付与されます。

例えば、Aという会社がICOを行ってAコインを発行したとします。

CMSトークンを用いて、そのAコインを100枚購入した場合、5%分のボーナスが付き合計105枚のAコインが獲得できるということです。


Zaif公式サイトはこちら

COMSAのデメリット

COMSAのデメリット

  • 法整備が未完成
  • トークンに発行上限がない

 法整備が未完成

仮想通貨バブルと言われた2017年は、簡単に資金調達ができたことから詐欺まがいのICOも乱発しました。

その為現在の日本のICOに対する情勢は厳しいものになっています。

COMSAが資金決済法の中で法的にどのような位置付けになるかは未だ議論中です。

トークンに発行上限がない

COMSAのICOの場合、トークンの発行上限に制限がありません。

また、販売が終わると同時に全購入量と同等のトークンが追加されます。

例えば、トークンセールで1億円分の購入があったとすると、セールが終わったと同時に追加で1億円分のトークンが発行されます。

この追加発行のうち約55%は、トークンセールの貢献者に配布されるのですが、残りの約45%は経営側に渡ります。

トークンセールが終わると同時に2倍の量が発行されてしまうので、セールが終わった瞬間にトークンの価値が下がる可能性があります。


COMSAのこれまで

トークンセールを開始

COMSAは、登録者に対して2017年10月2日14時から11月6日の14時までの間のみCMSトークンを販売しました。

*現在は既に販売は終了しているので、CMSトークンを購入できるのは取引所のみとなっています。

109億円を調達成功

COMSAは結果的に約109億円を調達することに成功しました。

この額は、これまでのICO調達金額ランキングでは15位の大型ICOです。

ICOの案件中止

当初COMSAのホワイトペーパーには、2017年中12月にはプレミアムウォーター株式会社、Looop社、クリプトマイニングジャパンら三社がCOMSAのプラットフォーム上でICOを行うと書かれていました。しかし2017年度中には行われることはありませんでした。

2018年1月31日に上記三社のICOの実施を再検討するとの公式アナウンスをテックビューロ社は出しました。


COMSAの現状

事業化に向けた整備強化・法整備

今年2018年2月にテックビューロ社は、COMSAプラットフォームの事業化に向けた態勢を強化しているとの発表をしました。

仮想通貨に関する改正資金決済法が施行されてたから、法律に準じた事業を展開できるようにテックビューロ社が尽力しています。

今後法整備が完璧に整えばICOの案件も進んでいくでしょう。

日本での新規ICOプロジェクトは当面見送り

2018年8月、テックビューロ社は日本での新規ICOプロジェクトは当面見送りにするとの声明を発表しました。

現在ICOにより発行されるトークンの法的位置付け、自主規制の内容について業界界隈では議論がされています。

テックビューロ社は、日本国内でこの事業を進めていくには、これらの議論を待つ必要があると考えており、国内における新規ICOプロジェクトは困難だと判断しました。


COMSA(CMSトークン)の購入

CMSトークン値動きについて


COMSAで販売されたCMSトークンは、当初1トークン約110円で販売されていました。

トークンセールが終了し、ZaifでのCMSトークンの取引が開始された時には、瞬間的に2000円ほどの値段がつきました。

残念ながらICO案件の相次ぐ延期のニュースによって人々の熱は冷め、チャートで見て分かるように安定した右肩下りを描いています。

2018年12月現在では、1トークン約10円前後で取引が行われています。

今後、ICO案件の発表や法整備が整ったなど良いニュースがあれば値段が一気に上がりそうですが、現状は何とも言えません。今後に期待です。

Zaifで購入できる 

Zaif

国内では唯一ZaifでのみCMSトークンを購入することができます!

確かに購入はできますが、当初の10分の1ほどの価値に下がってしまっている為購入はよく考えてからの方が良いかもしれません...

ただ!ICO案件が発表されたり、法整備の完了などCOMSAが盛り上がることを想定して、今のうちに安く購入しておくという手も考えられます!


Zaif公式サイトはこちら 

 Zaifについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

徹底調査!Zaif(ザイフ)のすべて[2018年08月版] Zaif評価 比較ランキング順位 手数料 会社の信 [...]

 

COMSAについてのQ&A

マイニングはあるの?

COMSAはテックビューロによって管理されている中央集権的なものです。マイニングを行うことがありません。

ホワイトペーパーってどう読むの?

誰でも公式ホームページからダウンロードして読むことができます。日本の企業で作られたコインなので、他の通貨のホワイトペーパーとは違い日本語と英語で書かれているため英語が苦手な日本人からすると読みやすいです。その結果日本のCOMSAの記事やブログは他の通貨に比べて多いです。


COMSAまとめ


いかがでしたでしょうか?

今回はCOMSAについて説明しました。

現状は、法整備の関係もあり陽の目を見ないCOMSAですが今後事業が成功する可能性は大いにあります!

今後のCOMSAの動向に注目です!

COMSAまとめ

  • COMSAは企業のICOをサポート!
  • すでに約100億円の調達に成功!
  • Zaifから購入可能!
  • 法整備の関係でプロジェクトは停滞中...

 

Zaif公式サイトはこちら