最近ローラを広告に起用したことでも話題のDMM Bitcoin。一部では手数料がとても安いとの話もありますが、それはほんとでしょうか?
実は気付かぬうちに無駄使いをしているかもしれません!DMM Bitcoinの公式ページでは絶対に明かされない隠された手数料をコインオタクが教えます!
手数料についてしっかり理解してお得に買い物をしちゃいましょう

 DMM Bitcoinの登録がまだな方はこちらから!


DMM Bitcoinの特徴と概要

DMM Bitcoinは株式会社DMM.comが運営する仮想通貨取引所です。ビットコインを含む7種類での仮想通貨でレバレッジ取引ができ、各種取引手数料がほぼ無料であるためとても人気の場所です。

DMM Bitcoinの詳しい概要は下の表のをご覧ください。

会社名株式会社DMM Bitcoin
設立日2016/11/7
金融庁登録番号関東財務局長 第00010号
代表取締役社長田口 仁
取り扱い通貨BTC,BCH,ETH,ETC,LTC,XRP,XEM
取引可能時間24時間365日
公式サイト

DMM Bitcoin の公式ホームページ


DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の手数料

DMM Bitcoinの手数料一覧

入金手数料無料(銀行手数料は負担)
出金手数料
無料
取引手数料無料
送金手数料無料(マイナー手数料を除く)
レバレッジ手数料0.04% / 日 

入金手数料

入金手数料とは、取引所・販売所内の自分の口座に日本円をチャージ(=入金)する際にかかる手数料のことです。

DMM Bitcoinでは銀行から振り込みをする上で「振り込み入金」とペイジーなどを利用し即時で反映される「クイック入金」を選ぶことができ、いずれも無料です(ただし銀行で発生する手数料は自己負担です。)

振込入金無料
クイック入金無料

通常の取引所ではクイック入金の手数料は高額(500円程度)であるため敬遠されがちですがDMM Bitcoinではクイック入金も主流の入金方法の1つです。

では入金手数料を他の主要取引所(GMOコイン、bitFlyer、bitbank)と比べて見ましょう。

取引所振込入金クイック入金
DMM Bitcoin無料無料
GMOコイン無料無料
bitFlyer無料324円
bitbank無料なし

DMM Bitcoinのクイック入金手数料は安い!

出金手数料

出金手数料とは、取引所・販売所内の自分の口座の日本円残高を外部の銀行口座に引き出す(=出金)する際にかかる手数料のことです。

取引所としてはなるべく取引所内に多くのお金を残しておいてもらうために出金手数料は高め(500円程度)に設定しているケースが多いですが、DMM Bitcoinでは何回出金しても毎回無料なのでこまめにお金を引き出すことができます

他社との出金手数料の比較は下記のようになります。

取引所出金手数料
DMM Bitcoin無料
GMOコイン無料
bitFlyer216円〜756円
bitbank
540円〜756円

DMM Bitcoinの出金手数料は安い!

取引手数料(売買手数料)

取引手数料(売買手数料)、仮想通貨の売買をするたびに発生する手数料のことです。

高いところでも0.2%程度ですがこちらもこまめに取引を行っているとなかなか大きな額を損することになります。ほとんどの取引所では取引手数料は無料であり、DMM Bitcoinでも無料です!

取引手数料を主要他社と比べてみましょう!

取引所取引手数料
DMM Bitcoin無料
GMOコイン無料
bitFlyer無料
bitbank無料

DMM Bitcoinの取引手数料は普通。

送金手数料

送金手数料とは、取引所・販売所内の自分の口座から他の口座・ウォレットに仮想通貨を送る際にかかる手数料です。

送金を実行してくれるマイナーに報酬として支払わる手数料(送金手数料は別名マイナー手数料)であり取引所・販売所に支払われるわけではありません。送金者は自分で送金手数料として支払う額を設定することができ、理論上は送金手数料を支払わらずともいつかは送金が行われますが、マイナーはある程度自分がどの送金を実行するか選ぶことができるので報酬があまりにも少ないといつまでたっても実行されない可能性があります。

そのため送金手数料はマイナーに自己負担でできるだけ多く払わなければなりません。ビットコインは送金詰まりがおきやすい仮想通貨で2017年の年末には送金手数料が6000円を超えました。

取引所や販売所では、そんな送金時のトラブルを回避するために送金の限界数量が設定されている場合が多いです。DMM Bitcoinではビットコインの最低数量0.001BTC、最高数量は10BTC、イーサリアムの最低数量は0.01ETH、最高数量は200ETHと限定されています。

DMM Bitcoinの送金手数料はごく普通。

レバレッジ手数料

レバレッジ手数料とは、自分のお金を担保に実際に持っているお金以上の額の仮想取引を行うことができるレバレッジ取引にかかる手数料です。

レバレッジ取引について詳しくはこちらをご覧ください。

ビットコインのレバレッジ取引って?ロスカットや税金の計算方法は?各取引所における最大倍率や手数料を徹底比較し、そこから見えてきたビットコインのレバレッジ取引ならではの特徴やリスクを惜しみなく紹介します!


では他の取引所と比較して見ましょう。

取引所レバレッジ手数料
DMM Bitcoin0.05%/日
GMOコイン0.04%~0.05%/日
bitFlyer0.04%/日
bitbank0.01%/日

DMM Bitcoinのレバレッジ手数料は普通。

目には見えない手数料「スプレッド」とは

上記でも申した通り、そもそも仮想通貨を買える主な場所には取引所販売所があります。

販売所では、販売所が購入額と売却額を指定して販売所と個人の間で取引が行われます。bitFlyerを例に見てみましょう!

販売所の例

販売所で指定される額はこまめに変化しますが、購入価格は相場より少し高く、売却価格は相場より少し安く設定されています。

この時は1BTCの相場が約1393000円であったのに対し、購入価格が1414935円・売却価格が1381129円でした。たとえば販売所で「10BTCを買いたい!」場合は14149350円を販売所に支払うことになり、逆に販売所で「10BTCを売りたい!」場合は販売所から1381129円がもらえることになります。

購入価格が売却価格より高く設定されているため、販売所でビットコインを買った直後にビットコインを売ると必ず損をします。「ビットコインを買ってから少し値上がりはしたけどそれでも今売ると損になっちゃう」ということもよくある話です。

このよう購入価格と売却価格に存在する差スプレッドといい、取引所の隠れた収入になっています。

一方で取引所ではユーザー同士が売買を行います。bitFlyerを例に取引所も見てみましょう。

取引所の例

 

画面の右側に見えるのがユーザーの注文が並んだ「板」と呼ばれる表です。

ユーザーは取引所の板に「〇〇円で××BTCを売ります」や「△△円で◇◇BTCを買います」などと書き込んでいき、それに応じてくれる相手が見つかればそのユーザー間で取引が行われます。あまりにも相場にあっていない注文をすると相手がみつからずいつまでたっても取引は成立しませんが、価格や量は自由に設定して注文できます。

そのため少しでも高く売りたい人と少しでも安く買いたい人の差から取引所でもわずかにスプレッドが発生していますが販売所とは異なり人為的なものではないためとてもズレが小さいのです。


販売所・取引所の違いについてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!

 DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は販売所

DMM Bitcoinは価格を人為的に設定している販売所にあたり、購入価格と売却価格の間にスプレッドが発生しています。

そのため、DMM Bitcoinだと「ビットコインを買おうとすると相場より高い」うえ「ビットコインを売ろうとすると相場より安い」のです。いくら手数料が安いといってもスプレッドが大きくては実質損をしている可能性があります

実際にDMM Bitcoinのスプレッドを見てみましょう。

DMM Bitcoinの2018年9月現在のビットコイン購入価格が733,206円、売却価格が714,206円でした。相場の購入額と売却額の平均値を723,706円とすると相場とおよそ1.3%ほどのズレがあります。

つまりDMM Bitcoinでは取引手数料は無料でも、ビットコインを売買するたびに実質1.3%もの手数料を支払っていることになるのです!

このスプレッドが知らぬ間に取られている手数料です。DMM Bitcoinのスプレッドを知らずに取引を重ねると気づいた時には大きな損をしてしまってることがあります。

結局DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は安いの?

GMOコイン・bitFlyer・bitbankとの比較

取引手数料はビットコイン(BTC)の場合

DMM BitcoinGMOコインbitFlyerbitbank
振込入金手数料(銀行)無料無料無料無料
クイック入金手数料(コンビニ・クイック入金)無料無料324円なし
出金手数料 無料無料216~756円540円~756円
取引手数料無料無料無料無料
送金手数料*無料無料0.0004 BTC無料
レバレッジ手数料0.04% /日0.04%~0.05%/日0.04%/日0.01%/日
スプレッド*1. 3% 1.19%1.2 %
ほぼ無し

*・・・すべて「販売所」のスプレッドを表示しています。


こうみると、やはり手数料が安い販売所はスプレッドが大きいことがわかります。やはり販売所も商売なのでどこかで必ず利益を生んでいます。何かが安いことがわかったなどこが高いのかも意識することが大切です。

なお、今回は「販売所」同士を比較したのでこの結果になっていますが、仮想通貨を買う際には「取引所」を利用する方が圧倒的に安いので、可能な限り取引所を利用するようにしましょう!おすすめの購入方法など詳しくはこちらをください。

仮想通貨ブームに乗っかりたいけどビットコインの購入方法がわからない...そんなあなたのためにビットコイン取引に必要な最低限の知識やメリット・デメリットを解説し、入金方法と購入方法を教えます!さっそく仮想通貨取引を始めてみよう!

 

DMM Bitcoinの利用はこんな時・こんな人におすすめ!

ここまで読むと「DMM Bitcoin実はビットコインの手数料高いみたいだし利用しなくてもいいや~」と思うかもしれませんがそんなことはありません!DMM Bitcoinを利用することがイイ場合もあります

アルトコインの取引をするとき

DMM Bitcoin最大の強みはアルトコインのレバレッジ取引ができることです!日本の取引所でアルトコインFXができる場所は少なくアルトコインのレバレッジ取引にはもっともおすすめの場所です。

多少の手数料を払ってでも安全性や利便性をとりたい人

DMMはFX取引で日本の口座登録数1位を獲得しておりトレーディングの経験が豊富です。その結果、アプリやチャートなどがとても見やすいという利便性に現れています。日本の超大企業が運営する仮想通貨販売所は初心者セキュリティを気にする人にはおススメです!


以上DMM Bitcoinの手数料について説明してきました。手数料そのものはとても安いですがスプレッドも含めて考えるとむしろ少し手数料が高めの取引所のような印象です。とはいうもののそこまで気になるほどでもないですし、そもそもビットコインの取引は取引所でやるのが最適です。DMM Bitcoinは信頼性から今後大きく成長していくことがほぼ確実です!登録は無料どころかいまなら1000円もらえるので速めに登録を済ませましょう!

DMM Bitcoinの手数料まとめ

  • 手数料は基本的に全部無料だがスプレッドがでかい
  • 販売所なので結局手数料は高め
  • アルトコインのレバレッジ取引にはとてもおススメ!
  • ビットコインの購入はココより取引所で!

 

DMM Bitcoinに登録して1000円ゲット!

 

2018年1月10日にオープンしたDMM Bitcoin(DMMビットコイン)。主要取引所になること間違いなしと言われてるけどどうやって登録するの?そんなあなたのためにすぐにできる登録法をご紹介!コインオタクがサクッと口座開設をお手伝いします