「 Binanceの取引手数料は世界一安いと聞いたけど実際はどうなんだろう?」なんて思っていませんか?

たしかに、取引所の手数料をしっかり把握しておくことは、取引を続けていく上で自分の利益を下げないための重要な項目ですよね。

この記事では、Binanceでの手数料4つを解説した後、他の取引所と手数料を比較表を用いて分かりやすく比べていきます。

ぜひこの機会に、Binanceの手数料を知り、海外取引所で取引を始めてみましょう!


Binance(バイナンス)とは?

Binance(バイナンス)とは、2017年7月に香港で誕生した取引所です。驚くことに、半年あまりでユーザー数が600万人を超え、取引高世界一になった、世界で最も有名と言っても過言ではない取引所です。

社名Binance
設立2017年7月
拠点モナコ
代表取締役Chang Peng Zhao
取扱い通貨数約140(2018年11月)

Binanceの特徴

  • 取引手数料が安い
  • 取扱い通貨が150を超える
  • セキュリティ面の信頼度が高い

 以上の3点から、多くのユーザーが利用する取引所です。

セキュリティの高さは実際に起きた事件で裏付けられた事実です。2018年に入り、3月、7月と二度の不正アクセスを受けたBinanceでしたが、二度とも資産を流出させることはなく、事件の数時間後にはサーバーを復旧させました。その間に取引できなかったことをもって、数日間取引手数料を無料にするという手当も迅速でした。


国内取引所では、何かしらの事件が発生すると、数か月新規口座開設を停止していることを考えると、Binanceはセキュリティの対策をしっかりしていると言えるでしょう。

このように、手数料が安く、信頼も高いBinanceを、海外取引所という理由で利用しないのは非常に勿体ないと言えるでしょう!

 バイナンスについてさらに詳しく知りたい方はこちらへ↓

徹底調査!Binance(バイナンス)の全て[2018年3月版] Binance評価 比較ランキング順位 手数 [...]


今すぐBinanceで新規登録!

Binance(バイナンス)の手数料一覧表

Binanceでかかる手数料は全部で4つあります。

Binanceでかかる手数料4種類

  • 取引手数料:仮想通貨の注文をするタイミングでかかる手数料
  • スプレッド:売値と買値の価格差分が手数料
  • 入金手数料:入金するときにかかる手数料
  • 出金手数料(送金手数料):出金するときにかかる手数料

 

取引手数料(BNBを使用しない)取引手数料(BNBを使用)スプレッド入金手数料出金手数料(送金手数料)
0.1%初年度0.05%ほぼなし無料通貨ごとに手数料が設定されている

この手数料の一覧から分かる通り、手数料として特に気を付けなければならないのは、取引手数料と出金手数料の2つであることがお分かりいただけたと思います。

では、取引手数料と出金手数料について、それぞれ詳しく解説していきます!

Binance(バイナンス)の取引手数料

Binanceの取引手数料は世界一安いと言われていますが、その理由は取引手数料にあります。Binanceの取引手数料はどの通貨でも(メイカー・テイカーに関わらず)一律で0.1%かかります。これは、世界で主要な仮想通貨取引所の手数料と比べると非常に安いです。取扱い通貨が非常に多い海外仮想通貨取引所である、BittrexやHuobiは、それぞれ0.25%、0.2%とBinanceに比べると手数料の設定が高いです。

BNBを使うとさらにお得!

BNBとは、Binanceが独自に発行している仮想通貨で、Binance内の各手数料を支払う際などに使用します。

Binanceの取引手数量は上記の通り、一律0.1%とすでに安いのですが、取引手数料の支払いにこのBNBを用いることでなんと半額の0.05%の手数料で取引できるようになります。ただし、この手数料50%OFF期間はBinanceサービス開始の最初の一年間のみ適用され、その後利用し続けることで年々その割引率は下がっていきます。

1年目2年目3年目4年目5年目
50%OFF
25%OFF12.5%OFF
6.75%OFFなし

5年目にはBNBを使っても使わなくても手数料が取引額の0.1%必要になります。まだ、口座開設をしていないという方は50%OFFの恩恵を受けれるので、ぜひこの機会に新規口座開設して、お得に取引をしてみて下さい

Binanceで今すぐ新規口座開設!

BNBについてさらに詳しく知りたい方はこちらへ↓

Binanceの発行するトークン、BNB。「実際持っててどんな意味があるの?」「今後の将来性はあるの?」そんな疑問をお持ちではないですか?この記事ではBNBの利用法と将来性について、詳しく解説します!

 

スプレッドが狭い

Binanceはユーザー数が非常に多く流動性が高いので、取引を行う際にかかるスプレッドが非常に狭いです。スプレッドとは、買値と売値の価格差のことを指します。スプレッドが広いと、購入した通貨の価格が売値以上の価値になるまで待たなければなりません。つまり、スプレッドが広ければ広いほどユーザーが利益を上げるのに時間がかかるということです。

Binanceは板取引なので、販売所のようにスプレッドが運営会社から上乗せされないので安いです。

それだけなら、国内の取引所となんら変わりませんが、Binanceはユーザーが1000万人と非常に多いので、それに応じてユーザーの注文量も多くなります。

したがって、ユーザーは自分が指定した価格の注文をより通り易くなります。国内取引所では、アルトコインなどのマイナーな通貨を取引するユーザー数が少ないがために、望む価格が通らないことを見越した値段設定をしていたと思いますが、Binanceでは希望価格に近い値段で通貨を売買できます。

スプレッドについて、さらに詳しく知りたい方はこちらへ↓

仮想通貨取引所を調べたら、誰しもが「手数料無料」という文字が目に触れたことがあると思います。取引をする上ではこれ以上にない魅力ですが、そんなおいしい話があるでしょうか?実は、この影にはスプレッドというものが潜んでいるのです。。。

 Binance(バイナンス)の出金手数料(送金手数料)

出金手数料(送金手数料)は冒頭で説明した通り、通貨ごとに設定されています。

Binanceからの出金手数料は通貨によって異なり、このページから確認することができます。

主要通貨の出金手数料一覧表

通貨名最小引落し通貨量

出金手数料(送金手数料)

ビットコイン(BTC)0.002BTC0.0005BTC
イーサリアム(ETH)
0.02ETH0.01ETH
リップル(XRP)
22XRP0.25XRP
ライトコイン(LTC)0.002LTC0.001LTC
イオス(EOS)0.2EOS0.1EOS
ネオ(NEO)1NEO0NEO

この表から見て分かる通り、ビットコインの引き出し手数料は0.0005BTCで、ネオは無料です。つまり、通貨によって手数料が変わるので、自分が取引する通貨の手数料は必ずチェックして下さい。

なお、手数料は引出し量に応じて変動しないので、頻繁に引き出さず一度に引き出すことをおすすめします。例えば、ビットコインの場合、少量(例0.002BTC)を引き出しても、大量(例1BTC)で引き出しても、手数料は変わらず0.0005BTCです。

Binance(バイナンス)と主要取引所の手数料比較一覧表


取引手数料の比較一覧表

取引所名取引手数料
Binance(海外)0.1%(初年度0.05%)
Bittrex(海外)0.25%
Huobi(海外)0.2%
Liquid by Quoin(国内)無料
bitbank.cc(国内)無料(※1)
(※1)bitbank.ccは2018年11月現在、2019年1月4日まで全ペア手数料無料キャンペーン中です。

この表を見ると、国内取引所も一緒に比べるとなると、Binanceの取引手数料はそこまで安いとは言えません。しかし、やはり海外の取引所の中では、手数料は安いです。

スプレッドの比較一覧表

取引所名スプレッドスプレッド(%)
Binance(海外) 0.00001BTC0.018%
Bittrex(海外)0.00003BTC0.05%
Huobi(海外)0.000008BTC0.013%
Liquid by Quoine(国内)0.000813BTC0.3%
bitbank.cc(国内)0.000199BTC1.3%

以上の表から分かる通り、スプレッドはどこの取引所も考慮する必要がない程狭いということが分かります。

なお、今回はBTC/ETHの通貨ペアでスプレッドを比較しました。

出金手数料(送金手数料)の比較一覧表

取引所名ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ネオ(NEO)
Binance(海外)0.00050.00610
Bittrex(海外)0.0005
0.00610.025
Huobi(海外)0.0010.0050.10
Liquid by Quoin(国内)無料無料無料無料
bitbank.cc(国内)0.0010.0050.15

以上の表から分かるように、こちらも国内取引所に比べると、海外取引所の方が手数料が高いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、Binanceの手数料を大きく4つに分け、特に手数料としてかかる、取引手数料と出金手数料について詳しく説明してきました。

これで、Binanceの手数料が他のアルトコイン銘柄を大量に取り扱う海外取引所に比べて安いことが皆さんに伝わったのではないかと思います!

取引手数料が0.1%だと、一見海外の取引所と大差ないと思われますが、BNBを用いて支払いを行うと半額です!BNBを利用して手数料を抑え、お得に取引を始めてみましょう!

最短2分で登録!今すぐBinanceで新規口座開設!