儲け確実と噂のビットコインのアービトラージ(裁定取引)のやり方とは?

ビットコインの取引所は今や世界中に無数にあり、それぞれの取引所毎にビットコインの価格が決められています。当然、全く同じように取引が行われる取引所は二つとして存在しないので、それぞれの取引所毎に決められるビットコインの価格は常に微妙に異なります。この取引所間で生じる価格差を利用して利益を出す投資テクニックをアービトラージ(裁定取引)といいます。(サヤ取りとも呼ばれます。)

分かりやすい例として、A取引所で1BTC = 60万円の時に、B取引所では1BTC = 61万円であれば、A取引所で買った1BTCをすぐにB取引所に送金して売却すれば、差額の1万円が儲けになります。ただし、この方法だと送金している間に価格差がなくなったり価格が暴落してしまう恐れがあるので、実際のアービトラージではA取引所で1BTCを買うと同時にB取引所で1BTCを空売り(ショート)して、A取引所とB取引所で価格差がなくなった(例えば価格が60万5000円になった)時にA取引所の1BTCを売却し、B取引所の1BTCを買い戻すことで1万円の利益を得ます。

まとめると、アービトラージとは同じ物の価格が二つの取引所で異なった時に、高い方を空売りして低い方を買い、価格差がなくなった時に反対取引をして利益を出す投資手法です。


ビットコインでアービトラージが行われる理由 

市場が成熟しておらず、価格差が発生しやすい

 アービトラージは、理論上は複数の市場ごとに価格が決まっているもの全てで使えるテクニックです。しかし資本主義が成熟した現代においては、利益が出せるほどの価格差が市場間で生まれるということはほとんどないです。ところが、ビットコインにおいては市場が成熟していないため、比較的大きな価格差が取引所間に生じやすい状況になっています。日本国内の取引所においても、大きい時は5000円〜1万円の価格差が生まれることがあります。このためにビットコインのアービトラージが注目を集めています。

海外への送金手数料が少ない

例えば、海外の取引所と国内の取引所の価格差を利用したアービトラージをしたい場合、予め海外の取引所にも入金しておく必要があります。これがFXの場合はドルなどの外貨を海外の取引所に送金する必要があり、日数がかかる上に高額の手数料を取られます。しかしビットコインの場合、海外の取引所への送金も国内間の送金と遜色ない時間で済みますし、手数料も0.0005BTC程度(300円程度)です。このように取引所間での送金にかかるコストが少ないことが、ビットコインでのアービトラージを有利にしています。

値動きの度合いや活発さに関係なく利益が出る

ビットコインはまだまだ値動きが激しく、「適切なタイミングでの売買で利益を出す」というのは半分運任せであると言えます。ところが、アービトラージであれば、一方で空売りして一方で買っているので、高騰しようが暴落しようが損失は出ませんつまり、ビットコインの高いボラティリティがリスクにならないのです。きっちり価格差がある時に取引し、価格差が閉じた時に反対取引をすればリスク無しに確実に利益を出せます。

ボラティリティに関するコインオタクの記事は以下になります。

株やFX,仮想通貨の取引をやっている方,興味のある方なら「ボラティリティ」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。ボラティリティとはどういうものか知ったつもりになっていませんか?コインオタクがどこよりも詳しく分かりやすく説明します!

 アルトコインはアービトラージに向かない?

ビットコインでアービトラージができるのであれば、アルトコインでもできると思われるかもしれません。ですが、現段階ではアルトコインでのアービトラージは難しいです。少なくとも日本国内ではアルトコインは販売所で売買するしか無く、高いスプレッドが発生してしまうからです。そのため、アルトコインはアービトラージどころか、短期での売買にも不向きな状況です。

 

アービトラージのデメリット 

価格差が開くのを待つ必要がある

ビットコインの価格変動自体は、ある程度その時のニュースや出来事、技術的な進展に基いているので、大まかな予測や仮説を立てることは可能です。ですが、取引所間の価格差というのは純度100%の気まぐれで、全く予測できません。そのため、アービトラージでチャンスをつかもうと思うと、価格差が開くのをチャートの前で延々と待ち続けることになります。

あなたがプログラミングに長けていて、アービトラージを自動化できるのであれば話は変わってきます。そうでなく、手動でアービトラージをやろうとするのは、時間がいくらあっても足りないでしょう。

 儲けが小さい

仮に、「時間をかけても確実に利益を出したいんだ!」と意地でもアービトラージをやりたい方、普通に働いた方がよっぽどいいでしょう。なぜならアービトラージの儲けは非常に小さいからです。例えば60万円前後ビットコインの価格差が6000円になったとしても、元手が10万円程度であれば良くて1000円程度の儲けにしかなりません。そして1000円程度であればビットコインは平気で変動します。

一日中ずっとチャートにかじりついて得る1000円と、高くなっている時にぱっと売って利益確定する1000円、どちらがコスパがよいかは明らかです。元手がよほど大きくない限り、アービトラージは大儲けができない取引方法なのです。

約定リスクがある

では、元手が大きければ大儲けできるのでしょうか?アービトラージでは、狙った価格で約定させることが非常に重要です。 ところが、額の大きな注文は約定するのに時間がかかり、その間に価格が動いて結局不利な価格で取引することになってしまいます。また大きな注文は市場にもインパクトを与えますので、それだけで値段が動いてしまう可能性もあります。この約定リスクによって資金力があっても思い通りに儲けを出せない可能性が高いのです。

 

ビットコインでアービトラージをする時に役に立つツール&ソフト3選

Cryptowatch (ツール)

Cryptowatchでは、各取引所のリアルタイムな価格をまとめて見ることができます。「そもそもどれだけの価格差があるのか?」ということを知る上でもとても見やすいでしょう。Coincheckが見れないのが残念です。

 COINIGY(ツール)

COINIGYは、仮想通貨のアービトラージに特化したチャートやマトリックスを提供しているサービスです。「ArbMatrix」というアービトラージ用のマトリックスでは、取引所間での差額をリアルタイムで閲覧することができ、どの取引所で買ってどの取引所で売ればいいのかを知ることができます。

運営会社の情報もオープンですので、安心して使えそうです。ただし、「ArbMatrix」の機能を使うには、月額$15の有料会員になる必要があります。

 BTC ARB(自動化ソフト)

BTC ARBは、Windowsにインストールして使うアービトラージの自動化ソフトウェアです。Coincheck、Zaif、Bitflyerの3つの取引所に対応しているようです。無料でダウンロードして使うことができますが、完全に自己責任でお願いします。制作元が不明ですが、UIが似ていることからこちらのブログの方が作られたものであると思われます。(どちらにせよ素性は分かりません。)


まとめ

 アービトラージは、理論上はリスク無しに儲けを出せる投資テクニックです。ですが、実際には時間をかける必要がある上に儲けがとても少ないというデメリットがあるので、「アービトラージを自動化できるスキルがある」「大きな資金力がある」の二つを満たさない限りは、手を付けるべきではないでしょう。また、資金力があったとしても約定リスクにより思い通りの利益が出せないことも頭に入れておくべきです。

ビットコインと言えど、リスク無しで大儲けできるほど、世の中は甘くないのです。