Centra(CTR、セントラ)とは

Centraとは、多種類の仮想通貨で利用できるデビットカードです。MasterCard加盟店ならどこでも使えるのが特徴で、2017年7月にICOを行い、33億円の投資を集めました

トークンはイーサリアムベースで開発された、ERC20トークンです。


CTRのチャート分析!相場から見る最新価格推移

まずは市場に登場してからの流れを見ていきましょう。これは、CTR/USDの2017年9月26日~2018年1月14日までのチャートです。

ICOが終了し、市場で取引され始めてからしばらくは下り調子でしたが、Vergeを皮切りに起こった草コインブームによって12月後半に一気に高騰しました。


次に、これは2018年1月に入ってからのチャートです。

1月4日に、VISA系のデビットカードが使用不可能になったことのあおりを受けてか、直接関係無いCentraまで価格が下がりました。



Centraの問題点と将来性

強力な競合が多い

仮想通貨デビットカードの分野には、TenX、バンドルカード、TokenCardといった競合が沢山います。特に同じくイーサリアムベースのTenXは同じ知名度が高く、ユーザー数や市場規模もCentraよりかなり大きいです。

そういった競合をさしおいて、仮想通貨デビットカードのメジャーになるのは少し難しいかもしれません。


需要がかなり大きい

仮想通貨で決済を可能にするデビットカードのニーズはとても大きいと思われます。

これまで、ビットコインをはじめとする仮想通貨はトランザクションの承認にかかる時間の問題などから、決済手段として不十分だと考える人が少なくありませんでした。しかし、Centraをはじめとする仮想通貨デビットカードの登場によって決済通貨としても十分通用するようになりました

今後仮想通貨のメジャーな決済手段になる可能性が高く、将来性が非常に高いサービスだといえるでしょう。

Centraが他の仮想通貨デビットカードに対しどれだけ差別化できるかというのが今後の課題になりそうです。


Centraの仕組み

Centraの概要

通貨名:Centra(セントラ)

通貨単位:CTR

ICO開始:2017年7月

発行上限:68,000,000CTR

承認方法:PoW

公式サイト:こちら


仮想通貨を利用した決済

Centraでは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、Zcash、モネロ、DASH、CTRが決済に利用可能です。

大まかな決済の流れとしては、

  1. Centra公式ウォレットに仮想通貨をあらかじめ移しておく
  2. デビットカードを店頭で提示
  3. Centra独自のエンジンによってウォレット内のあらかじめ選択しておいた通貨を法定通貨に即座に両替、支払い完了

という形になります。

このように通常のデビットカードと全く同じ感覚で仮想通貨決済ができる一方、Centraを利用するためには会員登録とCTRによる年会費の支払いなどが必要です。

では、会員の詳しい条件を見ていきましょう。

カードランクについて

会員は、カードの色によって全部で三種類存在します。なんかクレジットカードみたいですね。

これらのカードを発行する条件として、ユーザーは一定数以上のTRCを持っていなくてはいけません。そして、カードで買い物を行うと、その額の数%が本人にキャッシュバック、そして買い物額の0.8%がCRTトークンになってCTR保有数に応じてユーザーに再分配されます。

ブルーカード

これが一番スタンダードなカードです。以下、特徴を列挙します。

年会費:50ドル(支払いはCTRで行う)

発行条件:50CTR以上の保有

一日の利用上限:5000ドル

一日の引き下ろし上限:500ドル

キャッシュバック:0.2%

ゴールドカード

ブルーカードよりゴージャスになりました。そのぶん年会費、発行条件を満たすための必要額、利用上限、引き下ろし上限の桁がだいぶ増えました。

年会費:100ドル分のCTR

発行条件:10,000CTR以上の保有

一日の利用上限:20,000ドル

一日の引き下ろし上限:1000ドル

キャッシュバック:0.5%

ブラックカード

これが最上位に位置するカードです。なんと、従来のサービスに加え、24時間コンシェルジュが付くという贅沢さ。また、バブルを髣髴とさせるチタン製カードへのアップグレード(見た目が変わるだけ)も可能です。

もちろん発行には今まで以上のCTRが必要になります。

年会費:500ドル分のCTR

発行条件:100,000ドル

一日の利用上限:100,000ドル

一日の引き下ろし上限:3000ドル

キャッシュバック:2%


Centraのメリット

複数の仮想通貨に対応している

CTR以外に7種類ものメジャーな仮想通貨に対応しており、ビットコイン以外にもそれらの通貨を主に利用しているユーザーも手間なく利用できます。

また、多数の通貨に対応していることで、対応通貨のうち今後価値が下がりそうなものを選んで決済することでちょっとお得、というテクニックも使えます。

今後も対応通貨を増やしく予定だそうなので、どんどん実用性が上がっていくことに期待できそうです。


Mastercardに対応している

デビットカードには、VISAとMastercardという二大大手企業が存在しています。Centraはそれらのうち、Mastercardと提携しており、世界中の加盟店で利用することができます。一方、VISAは2018年1月初旬に、自社と提携して仮想通貨系デビットカードの決済を行っていたWave crestという企業に対し、提携の打ち切りを打診し、これによってTenXなどの多くの仮想通貨系デビットカードが使えなくなりました。


それに対しCentraはMastercardと提携しており、いまのところ発行会社の提携解除などの大きなアナウンスがありません。ただし、このことがイコール提携を切られる心配がない」ということではないので注意してください。


Centraのデメリット

ICO形態のせいで集団訴訟された

CentraはICO公開の際に、メイウェザーなどの有名人を起用して大々的にキャンペーンを行いました。その際に、ICOに投資するリスクや、有価証券への投資との違いといったことの説明を十分に行わなかったとして、なんと証券法違反で集団訴訟されてしまったのです。

もちろん、このことは現在のCentraに問題があることを意味しません。しかしながら、「集団訴訟された」という事実によって敬遠される可能性はあるでしょう。


カード会社から梯子をはずされるリスク

再三カード会社の提携の話をしていますが、これで最後なのでもう少しお付き合いください・・・。

このリスクは、VISA系の多くの仮想通貨デビットカードが使えなくなったことで明らかになったように思います。

というのも、今回の使用停止の原因って仮想通貨プラットフォームの開発者側に大きな非があるわけではないんですよね。サービスの仲介役となるカード発行業者に不備があったせいでこのような事態になったわけです。

つまり、「決済を担当する大企業⇔カード発行会社⇔プラットフォーム開発者」というデビットカードの構造上、避けられないリスクになっているわけです。

もしCentraのカード発行元も似たような問題を起こして、MastercardがVISAと同じ決断を下した場合、CTRの価値もがくっと下がることが予想されます。実際、TenXの通貨PAYの価格は使用停止のアナウンス後に約30%下落しています。



Centraの購入にオススメな取引所

Binance

誕生して半年で世界有数の仮想通貨取引所となったBinance。その利点はなんといっても豊富な草コインのラインナップにあります!

Binanceでしか取り扱っていない草コインも多くあり、その中にはTRIGやXPといった最近の注目通貨も含まれています。

Binanceはここから!

Binanceについてもっと知りたい人はこちらの記事も合わせてご覧ください!

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

 

HitBTC

HitBTCはイギリスに本拠地を置く仮想通貨取引所です。この取引所では、ICO直後の仮想通貨を先物取引(IOU)することができるため、そういった取引に興味のある方にオススメです!

HitBTCはここから!

HitBTCについてもっと知りたい人はこちらの記事も合わせてご覧ください!

HitBTCはICO直後の仮想通貨を多く上場しているので、ICO投資を考えている人は必ず知っておくべき取引所だと思います。またビットコインのハードフォークに一早く対応しているので、貰ったコインをすぐ売りたい人なども知っておくべき取引所です。

 

Centraの保管にオススメなウォレット

Centra Wallet

Centraの公式ウォレットです。Centraカードを使う際にはこのウォレットにCTRを含む各種仮想通貨を保存しておかなくてはいけません

ブラウザ版とスマホアプリ版が存在していて、利用には会員登録が必要です。


ブラウザ版はこちら!

Android版はこちら!

iOS版はこちら!

MyEtherWallet

MyEtherWalletでは、イーサリアムとイーサリアムトークン(ERC20トークン)の管理を簡単に行うことができるデスクトップウォレットで、CTR以外にもERCトークンを保有している場合にオススメです。MEWは、ブラウザから簡単に利用でき、安全性も結構高いため、オススメです。

MyEtherWalletはここから!

詳しい使い方についてはこちらの記事をご覧ください。

Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!


CentraについてのQ&A

仮想通貨デビットカードの一部は使えなくなったって聞いたけどCentraはどうなの?

利用が止まったのはVISAと提携していたデビットカードのうち、Wave crestという決済仲介会社が発行母体になっていたものだけです。

ですから、Mastercardと提携しているCentraは問題なく使用することができます


Centraトークンって会費以外の使い道ないの?

現状では会費、会員クラスの決定、そしてカードの決済通貨の一つという3つの役割しかありません。


Centraまとめ

仮想通貨をデビットカードを介すことで実用的な決済手段にするサービス、かなり将来性がありそうですね!ただカード会社がこのサービスに対してどのような対処を今後とるのかに大きく注目する必要があります。

また、Centraが競合とどう差別化するのかにも注目したいところです。